GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

ガンダム Gのレコンギスタ 第25話「死線を越えて」感想。死人も技術も、過信してはいけない!

ジーラッハのGは愛情のG! 最大の死線、“地球の重力”に挑むカップル二人!

イメージ 27

イメージ 16

 気狂いになってしまったマッシュナーは意外にも戦死、大気圏降下失敗でクリム艦の艦長戦死など
 今週も戦死者が続出する中、輝いたのはルインとマニィの愛!
 そしてG-セルフの異常な高性能!

 俺とマニィが一緒に助かるには、この方法しかないと思った…、失敗した時には、一緒に死ぬ事になる…!

いいわよ、ルイン…!
 おいガールフレンドがいない奴の事も考えてやれ!
 まったくイチャつきおって!

 激戦という以上に、みんなして地球の重力を怖がり、地球の景色に感動する、舞台はスタート地点へ!

『そんなに上手くいくかねぇ?』『ロックパイが言ってるんだよっ!』

イメージ 2

 開始早々、マッシュナーさんがもうアカン

元気のGは重力のG!
 月面軍残党は、マッシュナー狂気の「低軌道コース強襲」で、フルムーン奪取に賭けた。
 が、マスク部隊に阻止されあえなく戦死する。

 やがて彼女を追ったクリム隊も低軌道へ降り、マスク部隊に「上空」を押さえられる。

 マスクの上官、クンパの策は「このまま地球へと各艦隊を落とし、決着をつける」本土決戦
 各陣営は大気圏降下に慌て、クリムの母艦はMS隊を残して爆沈
 クリムはミックと共に地球へ降りた。

 地球、クリム隊とメガファウナ、そしてマスク以下「キャピタル・アーミィ」の大勢力が対峙する。

 次回、最終話「大地に立つ」

アイーダ『父は軽率すぎたんです……』

『時代に迎合しようとして、力関係に負けた人なんです――――』

イメージ 3

 広くてヒーターの効く、G-ルシファのコクピットで憩うベルリ達。

フル・ムーン争奪戦!
 マスク隊が管理するフルムーンシップを奪おうと、月面軍&アメリア軍が踊っていた頃。
 アイーダは父を思っていた。 

 地球では這いつくばっていたアメリア人が、ヘルメスの薔薇の地図に踊らされて――――

 亡父へ、厳しい評価が飛び出すアイーダ
 新技術というイノベーション、革新に踊らされたと評価する。
 
 しかし、父が求めたイノベーションメガファウナやGを生み、彼女を護っているのも確かなのだ。

フラミニアさん『戦場を見てきたからって、ここは宇宙ですよ!?』

マニィ『ユグドラシルが心配じゃあないんですかっ!』

イメージ 4

 待てマニィ! 嫉妬は良くないってマスク先輩も言ってた!

勝利を我が手にするんだろ!
 フルムーンを奪い、低軌道から一発逆転に賭けるマッシュナー月面軍の意図を見抜き
 各部隊は、その傍のガランデン(アーミィ)に集中。

 バララに手柄を立てられたら……、ルインを盗られちゃうじゃないッ!

 これに、バララが返り討ちにあったと知らぬマニィも出陣
 戦場は混迷を増す。

 少なくとも、クリムがいるだけで戦場は混迷度ニ割り増しと言える。

ドニエル艦長『旗艦の指揮をとるのは姫様です――――』

イメージ 5

 対し、アイーダの父率いる「旗艦」を失ったアメリア軍は、指揮権をアイーダに委譲。
 泣きじゃくるアイーダを艦長らは叱咤する。

 私には出来ないよ、ステア!

 なぜステアさんに言う!?
 そして、アンタには出来るんだヨ!と言う力強いステアさんのお言葉!

トワサンガ艦長『それもロックパイの指示だってのかァ!?』

マッシュナー『そりゃそうでしょっ!』

イメージ 25

イメージ 6

イメージ 7

 以前は今世紀最先端の技術集団かと思われた、月面艦隊の哀れな最期……。

ドレット艦隊の最期
 その頃、低軌道から強引に加速してアーミィを抜けようとしたマッシュナー達は
 マスク隊と金星、連合部隊に一蹴されていた――――。

 一緒だねぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇっ!

 マッシュナーさん死んだ…!?
 彼女の異常は、ニュータイプ的なものではなく本物の気狂いだったのか……。

 月面勢が、金星に「技術遅れ」を揶揄されるのも哀しい。 

チッカラ『これが戦争かぁ……』

クン・スーン『戦争が文化を進歩させるとは、キア隊長のお言葉でした……』

イメージ 8

 人が爆散しゆく有様を見て、珍しいものを見たといわんばかりな金星勢。
 前々回では、惑って死んでしまった金星の人もいましが…。

 軍隊に憧れるという彼女達は、この戦いを「良きもの」自分達にプラスなものと見ている。

 死なんて自分らには起こりえない
 そんな彼女たちの戦争観が、すごく端的に見えるワンシーン。

ベルリママ『クンパ大佐もここに降りたのです、怖がってる職員を励まさないと』

ゲル法皇『ああ……』

イメージ 9

 法皇様は、一緒に地球に下りましょうと不安げ。

舞台は出発点へ
 一方、アーミィはクンパ大佐により「敵を地球に誘い込む」作戦が立案、遂行されていた。
 敵は少なくなったが、新たな兵器を多数擁している。

 やはり地球で戦争……

 だから、ホームグラウンドである地球でケリをつけよう、って感じか。

クリム『低軌道だから、上空から攻めてくるのは解るが……』

ミック『大型機一機って、正気じゃないですよ!?』

イメージ 10

イメージ 1

イメージ 26

 マニィ機、ジーラッハ超強ぇぇぇぇえ!?

下がり行く軌道
 先ほど、低軌道から進行したトワサンガ部隊を追いかけた為、アメリア軍も低軌道に。
 これをジーラッハ以下、マスク&金星人が強襲。
 地球へと「押し下げて」いく。

 戦況はフルムーン争奪戦から一転し、地球へ地球へと下がっていく状況に!

 アメリア軍も「大気圏降下装備」は持っている
 そうこうしている内に、アーミィの作戦通り「地球に向かう」格好となってしまったようだ。

チッカラ『アイツら、重力は気にならないのかい…? 股がスースーするのに』

クン・スーン『チッカラ、なに怖気づいてるんだ!』

イメージ 12

 そんな事より、大気圏に突っ込んだら死んじゃう事の方が気になる金星コンビ。
 おしっこ出そう!
 気合を入れよう!

 なんだこのやりとり!?

アイーダ『出撃前の命令どおり、ベルリはガランデンを説得する!』

『アネキの、私の命令でしょっ!』

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

 ガランデン=マスク母艦ですよね……、無茶苦茶な作戦立ててませんか姫様!?

“大気圏寸前”の乱戦
 低軌道、更に乱入してきたG-セルフの「牽引ビーム」により、マスク機は拘束。
 この主役機、なんでもありか!?

 ベルリはいっぱい良い目にあってきたんだから、残りはあたし達に頂戴よ!

 むしろマニィ達に肩入れしたい!
 そう思わせるほど、圧倒的にベルリは推移してゆく

 そうする内に、いよいよ各陣営は大気圏ギリギリ、ここからは「落ちる」のみとなって――――。

ミック『なんで逆噴射をかけないんだ! 形が複雑なんだぞ!?』

アメリア艦長『形が複雑……!?』

イメージ 23

イメージ 27

イメージ 16

イメージ 17

 クリム母艦のエロ艦長、コーティングを過信しすぎて散る。そして……。

死線を越えて
 遂に大気圏に突入した各陣営、アメリア母艦は爆沈するが、他陣営は次々降下に成功。
 中でも、マスク大尉はドラマチックだった。

 俺とマニィが一緒に助かるには、この方法しかないと思った…、失敗した時には、一緒に死ぬ事になる…!

 素のルイン・リーに戻り、マニィと帰る決意を見せるマスク。
 本作、もっとも恋が熱い男だったか!

 マニィと息を合わせ、耐熱装備と減速を同時に行い、無事に大気圏を越えてゆく。

アイーダ『ベルリは、MS隊の動きが怪しいって警戒に出たんです!』

艦長&ステア『大気圏突入中だぞ!?』『ベルリ、クレイジー!』

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 24

 ついでにベルリのカーチャンも腹黒クンパと共に、懐かしのグライダーで地球へ。

「地球」帰還
 一方、ベルリはGの性能を使いこなして単独降下し、マスクはますます警戒。
 油断している隙に、叩き落そうと構える。

 単独で大気圏突入を成し遂げた高性能、そんなものをベルリのような奴に持たせておくのは危険なのだよ!

 被差別階級を自負し、“選ばれし者”を憎むマスク。
 その凶刃は天才ベルリに届くか?

 初の地球にキャッキャウフフな金星人も引き連れ、物語は再びスタート地点、ギアナへ!

予告『次回、見てくれるキミに感謝っ!』

イメージ 11

 で、これがクリム機「ダハック」で5月発売予定……、イケメンじゃないか!

死線「大気圏」
 とーにかく、カオス極まりない危険な大気圏突入の回!
 やっぱり地球ってのは怖い!

 ロックパイに導かれたというマッシュナーの狂気が、みんなを低軌道に集め、地球に落としちゃった格好。

 あれよあれよと状況が推移していく、Gレコらしい混沌回。
 それもこれも、いよいよ次回でラストです。

 ラストにして初代ガンダム第一話を踏襲した、そんなサブタイが描く姿とは!?

 次回、最終話「大地に立つ」
 早過ぎる!