GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

東京喰種 トーキョーグール√A 第11話「溢花」感想。ど、どちら様ですか!? フクロウの正体はやはり。

CCG、痛恨の采配ミス。かと思いきや“逆ラスボス”アリマ捜査官、参戦!

イメージ 1

イメージ 39

 ちょくちょく出てきてた真っ白眼鏡のアリマさん、強すぎ問題発生。目が点になるほどの強さ……?
 今期、ラスボスかと目された“巨大フクロウ”を圧倒してましたが
 どういう理屈なのだ……?

 意外と難しいんだなぁ、コーヒー淹れるのって……。よ、カネキ♪

“女フクロウ”エト
 また、やはり策謀家ビッグフクロウ=包帯喰種=小説家でしたが、どないなカグネですねん!?
 立ち位置上、他にキャラはいないとは思いましたが
 スタイリッシュな縮み方であった。

 店長と娘、カネキとヒデ、次々と再会する中、走りっぱなしの董香ちゃんの出番はこの後すぐ!(多分)

回想・篠原『ジューゾー? 私はお前が死んだら哀しいよ……』

イメージ 2

 人が死ぬなんてありふれた事と公言するジューゾー、絶叫……。

フクロウ討伐、終戦…?
 ようやく「フクロウ」を倒したと思ったCCGの前に
 本物の“隻眼のフクロウ”に率いられたアオギリの大軍が出現、疲弊した彼らを圧倒していった。

 だが遅れてきたCCG捜査官「アリマ」の前に、フクロウは撤退

 亜門と相討ちになったカネキはヒデに救われ
 また、芳村を救い脱出した“隻眼のフクロウ”はカグネを解き、アオギリの包帯女「エト」へと変わる。

 あんていくがフクロウの巣だと、嘘の通報をした小説家、彼女こそ店長の娘だったのだ。

 次回、最終話「研  」

カネキ『通っても……、良いですか?』

亜門『ああ…、ダメだ』

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

 だが断る

CCG最大の失策
 討伐完了、歓喜に酔ったCCGは「アオギリ」の軍勢に不意打ちを受け、甚大な被害を出す。
 特等チームもフクロウにより壊滅――――。

 何ィィィィッ!? フクロウが…、もう一体だと……!?

 それ以前に、フクロウがボスなら「配下のアオギリ」が出てくるはずでしょ!?
 さすがにCCGが無警戒すぎる!

 また、フクロウがジューゾー君をいたぶってますが、知り合いなのかただの趣味か?

回想・亜門『この世界は間違っている…、歪めているのはお前たち喰種だ!』

回想・カネキ『歪めているのは、喰種だけじゃない…、あなたもだ!』

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

 設計しなおしたってレベルじゃないよ!?

無意味な対決
 一方「あんていくに向かいたい」カネキと、任務として死守する亜門、二人の無意味な激闘は続く。
 彼を止める必要など無い事は、亜門にも察せられたが―――。

 お前が設計しなおしてくれたんだ…、壊すわけにはいかない!

 亜門、クインケが「棍棒」から「刃」へ!
 構造変化しすぎィ!?

 亜門君が最初から使ってたコレは同僚の女性の形見、それをアキラが再設計したらしい。アキラすげぇ!

タタラ『法寺はどこだ……?』

滝澤二等『法寺さんは、お前なんかに負けるもんかぁぁぁぁっ!』

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

 法寺さんと対のクインケを持つって事は、将来性のある青年だったのでしょうに……。

滝澤、戦死
 亜門支援を命じられ、アキラが抜けた穴を独りでカバーしていた滝澤だったが、タタラと遭遇。
 監獄では「特等」すら瞬殺した彼に、滝澤が敵うはずもなく――――。

 政道…、さん……?

 ロボットめいた無敵幹部「ノロ」により殺害。
 ヒデ、これを目撃。

 またここで明らかに「ノロ」に目を付けられたヒデが、なぜ無傷だったのかはまだ不明……?

ビッグフクロウ『は、ハッハハハハハハハハ―――――』

イメージ 13

 一方、法寺さん以下「対フクロウ・チーム」は、篠原特等のみ生死不明ながら、他は全員生存。
 圧倒的な強さを持つはずのビッグ・フクロウですが
 ジューゾーいじめにご満悦。

 その他、CCG一般部隊は死屍累々の有様に――――。

カネキ『お名前、聞いてもいいですか………?』

亜門君『亜門…、亜門鋼太朗だ……!』

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

 董香同様、アキラさんも間に合わず。その生死は……?

ダブルノックアウト
 唯一、亜門くんのみ「アオギリ幹部」眼帯こと、カネキと相打ちに持ち込むも戦闘不能に。
 カネキくん、素顔を晒してしまいましたが――――?

 出会い方さえ違ったら、ゆっくり話してみたかった……!

 筋トレマッチョ亜門君と読書家カネキ。
 その共通の話題とは……?

 めちゃくちゃぎこちない会話になりそうですが、果たして叶う日は来るのでしょうか?

和修指揮官『――――間に合ったか』

隻眼のフクロウ『来ぃぃぃたァ……!』

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

 て、店長を喰いおった!?

切り札「アリマ」
 だが、十年前の第一次討伐で手傷を負わせた男“アリマ捜査官”が参戦し、状況は激変。
 彼は単騎でフクロウを圧倒、撤退に追い込む。

 お、おい!? なんだこいつら、きゅうにげんきに……!?

 アリマさん強すぎ問題。
 結果、他の部隊も急激に士気を取り戻す。

 クインケの開発に手間取ったって辺りなのでしょうけど、ビッグフクロウが完全に手玉に!?

カネキ『急がなきゃ……、董香ちゃん…、みんな……、みんな………!』

『僕が…、僕が……、助けるんだ…、僕が………!』

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

 えらく時間がかかってますが、董香ちゃん、あんていくに向かったワケではないのか?

それぞれの再会
 一方、「皆を守る」という意思に突き動かされたカネキは、ボロボロになりながら路地で倒れ
 彼と刺し違えた亜門の姿に、あのアキラが膝を付く。

 意外と難しいんだなぁ、コーヒー淹れるのって……。よ、カネキ♪

 そして、アオギリ幹部に見つかったはずのヒデ
 まさかの再会。

 一応同僚、カネキの名を出して通してもらったのか? 遂に再会してしまったか……。

フクロウ『あぁ……、気持ち悪ぅ……』

芳村店長『エト……?』

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

 やはり、ビッグフクロウはオーバーボディだったか。キン肉マン風に言えば。

親子フクロウ
 一方、父である店長を喰ったと思ったら、「丸呑みにして運んだ」だけだったビッグフクロウ。
 その強力なカグネを解いた姿は、人気小説家であった。

 おとーお、さん?

 思わせぶりな「アオギリの包帯」。
 そして、ヒナミちゃんの友達で「カネキが憧れる人気小説家」。

 しかしてその実体は、かつてさらわれた店長の実子、その本名は「エト」という――――。

EDは、親子たちを中心に

イメージ 1

イメージ 34

イメージ 35

 真戸親子になぜか笑っちゃいますが、独りぼっちのエトで〆るのはズルいわ…。

人と喰種の狭間より
 絶対的に強いと思っていただけに、ビッグフクロウが圧倒されるシーンにはビックリ。
 CCGってば、強さの開きがドラゴンボール並み。

 その正体はやはり新キャラではなく、あんていくが「フクロウの巣」と通報した人気小説家か。

 成長期ってスゴいね!
 もとい、喰種の環境で「小説家になった」って何気に凄い。

 いよいよ次回でラストのはずですし、原作者さん自らストーリーを再整理したと聞いてますが
 カネキを改造した理由や、人と喰種の間で、カネキが至る答えといった
 回答、主題的なものはどこまで行くのでしょう?

 次回、最終話「研  」