GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

ユリ熊嵐 第10話「ともだちの扉」感想。またも明らかになる真相、るる賢い! “あの子”の扱いがひどいっ!?

「欲望の象徴」蜜子に続き、まさかのメカこのみ復活でゲース! ひどい!

イメージ 35

イメージ 26

 メカ復活した「このみ」に笑ってたら、裁判所トリオが“断絶の壁そのもの”っぽい描写があったり
 るるの吐露、るるを死なせない為に「クマは嫌いだ」と見送る紅羽と
 一気に過ぎてしまう回でした!

 あたしは……、友達を排除させたりしないっ!

紅羽とるると
 変身が解け、我が身が危ういというリスクを承知で、全部話してくれたるるの告白
 同じく、彼女の為に「友達じゃない」と突き放す紅羽

 最後に包囲されるショッキングな展開といい、愛情も友情も楽しさもあるし、ヒキが強くてズルい!

澪愛『いつかきっと、人とクマが友達でいられる日が来るわ……』

イメージ 2

 友達の扉、11年前もここから逃がしたのか。

我が身を捨てて
 母が望み、絵本にした「紅羽と銀子の未来」とは、種族の壁を越えた友情を築く事だった。
 自分とユリーカが、最後まで越えきれなかった断絶の壁を
 娘には越えてほしい、と。

 クマを憎む紅羽は、頭では拒むがるるという「友達」を憎みきれず、彼女を救うべく奔走する。

 るるを「ともだちの扉」から壁の向こうへ逃がすも
 これを目撃された紅羽は、ユリ少女たちに「クマと内通した裏切り者だった」と誤解を受けてしまう。

 次回、Episode11

るる『あの車は?』

蝶子『クマ殲滅の為に開発された、特殊車両よ♪』

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

 まさかの復活Ⅱ、お元気そうで何よりです

クマにはクマを!
 早朝、とある探し物をしていたるるは、“殺熊光線車”を引き連れたクマ狩り部隊と遭遇。
 コントのように、彼女たちから言い逃れるのだが―――。

 死んだクマをサイボーグ化して、発電するシステムなの! 毒を以って毒を制す!

 蜜子ラブの末、謀殺されたこのみ!
 まさかの再登場!?

 発想がおかしい(褒め言葉)。

クール『何故、百合城銀子を裏切るような真似をしたのでしょう……?』

『百合ヶ崎るるは、スキが叶う事を願っていたはずです。矛盾しています』

イメージ 8

 クールはほんとうにばかだなぁ。

アナタのスキは本物?
 そのるるは、銀子を裏切り彼女を死なせかけた前科がある
 クールは疑問に思うのだが――――。

 スキには様々な形がある、だからこそ、クマリア様はお尋ねになるのかもしれない。アナタのスキは本物?

 ダブルでツッコミを喰らうクール。
 るるは、銀子がスキだからこそああしたのだと。

 実にセクシー! ……ってアレ、そういえば今回「シャバダトゥ」って一回も言ってないよ!?

紅羽『これが絵本の続き…、お母さんが、私に伝えたかった未来……?』

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

 出会うと同時にキスする二人、セクシー!?

「絵本」が伝える未来
 月の絵本、その続きは「二人が己の姿を打ち砕き」、勇気を振り絞って出会い旅立つ結末。
 冒頭のように、母は二人が“種族の壁”を越えるよう望んでいた。

 私と銀子が断絶を越える……? 人とクマが…? そんな未来、ある訳ないわ!

 ユリーカをクマと知って、なお友達でいた澪愛。
 けれど、結ばれる事はなかった。

 だからこそ彼女は、娘がクマと仲良くなった姿に、希望を見たのかもしれません。それがセクシー!

紅羽『それ、お母さんの!』

るる『帰しに来たがう――――』

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

 クマと結ばれるとかありえん!と言いつつ、るるに優しい紅羽。ツンデレ

風呂場にて
 やがて、銀子が撃たれた際に飛んでったペンダントを探し出したるるが、泥だらけで訪れた。
 紅羽は放っておけず、今度は自ら風呂を貸す。

 銀子が、そう思ってるから、がう…………

 わしわし洗いながら、何故「私が純花を殺した」と銀子が言ったか、を考える二人。
 だって、銀子自身がそう思っているから。

 見殺しにした事を、自分が「殺した」も同然だと思っているから―――。

るる『銀子は、純花ちゃんに嫉妬したんだよ……、でも、それは私も同じ』

『くれちんに、銀子のスキを奪われた気がして―――』

イメージ 15

 クールが疑問に思った告白も、るるが紅羽に嫉妬したから、それが転じた故だと。
 スキって気持ちは、ままならない。

 るるは銀子が好きで、銀子の「紅羽が好き」って気持ちを後押ししたくて、ここを訪れた。

 けど覚悟していた以上に、それを見るのは辛かった。
 だから、あんな事を言ってしまったと。

紅羽『やっぱり、ペンダントが鍵だったのね―――』

るる『ね? 二人は友達だったでしょう?』

イメージ 16

イメージ 17

 難攻不落紅羽城。

紅羽の結論
 やがて、オルゴールから「紅羽と銀子は友達だった」証拠が見つかるが、紅羽の記憶は戻らず
 また、銀子をスキになるなんて無理だと言い切った。

 人とクマ、私達の間には“断絶”がある……、誰もそれは越えられない。

 厚い種族の壁。
 物理的に、心理的に阻む“断絶”の壁。

 ちゃんと仲良くなった紅羽とるるが素敵でしたが、やっぱりダメか……。

蝶子『たいへんよ椿輝さん! あなた、クマに狙われているわっ!』

『百合城銀子と、百合ヶ崎るるは、人に化けたクマだった……』

イメージ 18

イメージ 19

 以前は、クマバサミ仕掛けてただけレベルだったのに!

マタギ兵団、突入!
 しかし、遺品から「銀子とるるの正体」に気付いた蝶子達に、平穏は破られる。
 紅羽はいち早く、るるを逃がす事を選んだ。

 解らないわ、でも、きっとこれが正しい事なのっ!

 本格的な武装組織になってる!?
 今までの反省か、どんどん「クマ対策」が派手になってるユリ少女陣営!

るる『くれちんの記憶が失われた理由、知ってるかもしれない』

『クマが女の子になる為には、ある取引をするの』

イメージ 20

イメージ 21

 クマショック!?

“ユリ裁判”の正体
 逃げる傍ら、紅羽が銀子を忘れたのは、銀子が「ユリ裁判で放棄した」為ではないか? とるるは言う。
 変身する代価に、「大切なもの」を放棄する必要があるという。

 百合ヶ崎るるは、第三者に変身の秘密を明かしました。只今を以って、ユリ承認は解除されます

 るるは契約を強制解除。
 結果、ただのクマに戻ってしまうクマシュール!

 辻褄がおかしい部分も?

紅羽は「母の存命中に」銀子の記憶を失っている

イメージ 1

 今回の冒頭の通り、銀子を母が逃がす前に紅羽は記憶を失っています。

整理
 二人が友達になる
 紅羽、銀子に関する記憶を無くす
 母、銀子を「クマ世界」に帰し、その帰路にユリーカに食われる。

 銀子が人間に化ける「ユリ承認」を、クマ世界へ帰される以前に行っていたなら、話がおかしいはず。

 どういう事なのでしょう?

るる『ごめんね、本当の事を言っちゃったから女の子でいられなくなったんだ』

蝶子『見ィつけた……♪』

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

 手前の子がかわいい。

見ィつけた♪
 が、るるがクマに戻ってしまったのと時同じくして、蝶子率いる「殺熊光線車」が稼動。
 走るクマに、その照準を合わせ―――。

「撃てぇー!」「撃ちますぅー!」「ゲス♪」

 緊張感マックスなのに緊張感ゼロ!?
 哀れ、健気なるるは、焼き熊になってしまったかに思われた―――――、が。

蝶子『このクマ……、蝶・違う!』

イメージ 25

 残念、クマ違い!

 ああそうかアレだ!
 前回、「私は紅羽を食べるわ♪」ってユリーカが叫んだ直後に、女子生徒食べてたクマだ!

 アレですよ きっと! 

紅羽『(あたしは……、友達を排除させたりしないっ!)』

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

 お包みされたるる、可愛すぎ問題。

ともだちの扉
 るるは、紅羽によって庇われ「ともだちの扉」へと運ばれた、紅羽は思い出したのだ。
 かつて自分は、そこで銀子と出会ったのだ、と。

 いいえ、あなたは私の友達じゃない。言ったでしょ? 私はクマを許さない――――、二度と戻ってこないで!

 るるの身を思った紅羽は、彼女を「友達じゃない」と拒絶。
 二度と、ここに来てはならないと脅す。

 我知らず母が銀子を逃がした時と、全く同じように、真逆の言葉でるるを逃がす。

紅羽『―――これで、良かったのよね……?』

蝶子『やっぱり“悪”はあなただった……! チョー見たわよ!』

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

 最初からあなた達がダイキライで、最初からダイスキだった

誤解曲解重包囲
 その姿を、「紅羽がクマとつるんで学校を襲わせていた」と誤解され、生徒たちの重包囲を受ける。
 これは誤解されても仕方ない……、のか?

 償って貰うわよ……、椿輝紅羽、私達が失った友達の命! さあ狩りはこれからが本番よ!

 本番って、もう積んでるじゃないですかー!
 これ以上どうすんの!?

 なるほど、「紅羽のクラスばかり狙われている」というウワサは、この前振りだったのか!

銀子『見つけた……、私はあの子を食べるよ。がうがう』

イメージ 34

 ところがぎっちょん、丸一話出番がなかった渦中のクマ、銀子がひっそり狙っている。
 この場で紅羽を奪うのか、それとも?

 また、紅羽が記憶を取り戻したのはただの偶然なのか?

 記憶喪失が、銀子のユリ承認ゆえなら
 記憶が戻ったのは、今の銀子が「それ」を手放してしまったから、という可能性もあるのでしょうか?

次回、紅羽が受ける「ユリ裁判」とは?

イメージ 35

イメージ 36

 ラストは、ユリ裁判で〆。

EDカットも更新!
 エンディングイラストも七話以来に変更され、ぐいぐい三人の距離が縮んでますね!
 あと、周りに転がってるぬいぐるみって「全部オス」?
 るるの弟と裁判トリオ。

 前回は銀子の「動機」を掘り下げて動かし、今回は紅羽を思い切り掘り下げる!

 るるが「撃たせた」理由とか
 唐突だった、幼い紅羽が銀子と友達になった理由もふわっと解説。

 意外というと失礼ですが、疑問だった部分をちゃんと後で掘り下げてて、意外に解りやすい!
 その回答も含めて、右肩上がりで面白くなります
 次回も、銀子はどうするのか!

 後、マタギ軍団がけっこう可愛いと思います(重要)。