GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

夜ノヤッターマン 第10夜「ヤッターマン十二神将包囲網」感想、サブタイの存在感! 黒幕“ヤッターマン”登場っ!

黒幕の正体は王道! 十二神将は色物! クライマックス突入!!

イメージ 13

イメージ 31

 やー、待ってましたのドクロベエさま登場と、意外に良キャラで面白いヤッター十二神将の登場回!
 キャラ付けが濃いめで、後半のテキトーっぷりが愛せる十二神将
 で、アレが“夜ノヤッターマン”か。

 懐かしきドロンボーの末裔たちよ! ようこそだべぇ~~~~~~~~~~~っ!

登場だべぇ~!
 で、やっぱり黒幕は「旧ドロンボーの親玉」ドクロベエだった、と種明かし!
 この酷い世界を作ったのは、やっぱりコイツか!

 一話の冒頭からして、おしおきだべぇ~!って叫びと共に世界が滅んでましたしね。長い伏線。

ドロンジョ『ヤッターメトロポリス……!』

イメージ 2

 六話冒頭で全景が出てますが、実は、この町全体が「ドクロの形」なんですよね。

裏返る善悪
 首都ヤッターメトロポリスにたどり着いた一行は、民を虐げ、繁栄を貪るヤッターマンに怒る。
 だが、待ち受けていた主幹部隊「ヤッター十二神将」の猛攻に
 あっさり捕縛されてしまった。

 そんな彼女らに、ドロンボー戦役から生き続ける統治者・ヤッターマンが、手ずから助命を命じる。

 思いもかけぬ歓待を受けるドロンボーたち。
 姿を現した“ヤッターマン”とは、他ならぬ旧ドロンボーの主・ドクロベエその人であった――――。

 次回、第十一夜

ガリナ『それで、この後の予定は?』

ドロンジョちゃん『この後は……、えっと、まずは………?』

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

 今週、アルエットの作画が可愛いドロンジョさまの作画が丸い(断言)。

リーダー逆転の図
 冒頭、たっぷりと回想をはさみつつ、ヤッターメトロポリス攻略を「ガッちゃんが」形にした。
 この旅で、ホンット大きく成長しましたよね。

 多分、あそこがヤッターマンのいるところだと思うんだ。

 今できる事から、まずは順当な潜入作戦を立てていくガッちゃん。
 ドロンジョちゃん役立たず!

 しっかし、生暖かく見守るボヤッキー&トンズラーがホント良い。

ガッちゃん『どこも……、同じだね…』

ドロンジョ『うん…、どこも……、闇の世界………、地獄!』

イメージ 6

イメージ 7

 このタワーが、旧作ドロンボーがやられるシーン、「爆発オチ」のオブジェって寸法か。

夜ノメトロポリス
 毎度、お馴染み鳥人間コンテスト方式で潜入した一行に、ヤッター兵たちは気付かない。
 そもそも、空を飛べるヤツなんぞいないからね
 仕方ないね。

 首都も外縁部は薄汚い工業地帯、そして中央は見違えるほど煌びやかなメトロポリス

 なんでしょう、この北朝鮮からクレームが来そうな描写
 地獄、闇の世界を統治するヤッターマン

 これを称して夜ノヤッターマン、って寸法なんでしょうね。

アナウンサー『偉大なるヤッターマン様は、日々、身を粉にしておられますっ!』

ヤッターマン様は死ぬ事も許されず――――』

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

 四話で強制労働を命じられたダンナさん、地味に再登場。

地上の楽園
 都市、強制労働部に降りた一行は、ヤッターマン統治の正統性を語る政権放送に辟易する。
 彼らが旧大戦で民を守り、今も、荒れた外界から護っている、と。

 ヤッターマンは素晴らしい、正義の味方だと思いこませて、だから皆仕方ないと思ってるんだ……。

 なるほど、あの壁は、「外界から護る」という建前だったのか。
 実際、ドロンボーの故郷は荒れ果ててますが。

 なおガッちゃん、妹でも抱えるノリでドロンジョちゃんを抱えつつ――――

ガリナ『アル、平気?』

アル『うん~? うん♪』

ドロンジョぐぬぬ……』

イメージ 11

 なおガッちゃん、安心のアルへの気配りドロンジョちゃん安心のぐぬぬ
 見守る二人も微笑ましい。

 やっぱり歳の差は絶対的でおまんねん………。

ドロンジョ『倒す…! 玉座から引き摺り下ろして………、それから…、どうする?』

イメージ 12

 しかし革命で一番困る部分は、“今の政権を潰した後”の事。ここが一番難しい。
 なんたって、革命家は政治に関しては門外漢。

 結局、国を動かすというのはとても大変な事であるワケで。

 まずは思考停止しますが
 この問題、やっぱりアレで解決する流れなんですかね。

『我、ヤッターマン様に仕えお守りする、ヤッター十二神将である!』

トンズラー『十一人しか居ないでまんねん?』

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 33

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

 トンズラーめがけて、雪崩のように落ちてくるヤッター兵! これはひどい

本日、一名欠席!
 その行く手を遮ったのは、ゴローと同格の将軍たち「ヤッター十二神将」!
 って、後半に行くほどテキトーさがひでえ!

 知れた事! ヤッターマン様の名において、キッツイオシオキをしちゃうんだよ? 覚悟するがいいジャン! 

 多いよ!? でもほら、徳川家も徳川二十八神将とか日光東照宮に配祀されていますし!
※主神とセットで祀られている神様。

 ヤッターマン様なら十二神将くらい当然なのだぜぇ!

イチロー『……、フッ、ハッハッハ! カンタンなモノだ!』

ジロー『こんな奴らに手間取ってたなんて、ゴローは何をしてたんだか?』

イメージ 20

 そして、例によってアルエットには優しいイチロー将軍。お前もか。

一網打尽なのだぜぇ!
 かくて、十一将軍分のヤッター兵の総攻撃に遭い、彼ら自身が出る前にドロンボーは全滅
 トンズラーさん、ホント頑張った。

 ドロンボーを捕らえるなんて、楽勝じゃん?

 多勢に無勢でこの言い分!
 なお、シロー将軍以下は声優さんも使いまわしとかいう、ある意味ゴーカな仕様。

ドロンジョ『私は諦めない、ぜーったい諦めない、諦めないからねー!』

ボヤッキー『―――全国の女子高生のみなさーん! 僕は死にましぇーん!』

トンズラー『こんな事なら、我慢しないで喰っとけば良かったまんねん!』

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 1

イメージ 24

イメージ 25

 トンズラーは、(喰うのを)諦めへんでーーーーーーっ!

言い残す言葉は?
 捕縛された一行は、金日成広、もといヤッターマン広場で処刑の憂き目に遭うのだが
 その寸前、風車の如く伝令が突き刺さった!

 これって……、ヤッター矢文じゃん!?

 展開が完全に水戸黄門
 ともかく、ボヤやんの女子高生シャウトに笑うしかないですね! 安定しすぎ

 ゴローちゃんが来るかと思いましたが、助命を命じたのはヤッターマンさまだったか。

ドロンジョ『どこに連れて行くつもりぃ!?』

ボヤッキー『女子高生って、何ですかーーーーーっ!』

トンズラー『オダさまはワイがー!』

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

 ドクロベエ様はホリ氏、亡くなられた滝口順平氏の物まねから代役として登板。

歓迎・ドロンボー御一行様
 十二神将も怪訝顔な中、一行はこれ幸いと「ヤッターマン」の間に案内され、予想外の歓待を受ける。
 しかも、そこには初代ドロンボーの額縁が――――

 くるしゅうない。懐かしきドロンボーの末裔たちよ! ようこそだべぇ~~~~~~~~~~~っ!

 ようやく出てきた!
 そして、ラスボスの胡散臭さは十分!

 やはり夜ノヤッターマンとは、ドロンボーの主ドクロベエその人であったか……!

次回、ドクロベエが語る真相とは? そして本作の着地地点とは……?

イメージ 20

イメージ 21

 今週アルエットがいつも以上にキュート、やっぱり街全体が「ドクロ型」の計画都市なのね。やだなー。

「夜」を統べるヤッターマン
 ラスト、歓迎を告げるドクロベエとかの作画がスゴかった!
 時々すげぇ動きが来るから侮れない。
 それが本作!

 物語初期、というか冒頭から示唆していた、「最後に勝ったのはドクロベエという伏線を回収!

 一話冒頭の大爆発をドクロベエが起こして戦争になり
 退治されたはずだったが、実は生き延びて、ヤッターマンに摩り替わり君臨していたと。

 タワーが爆発の煙みたいに見えるのも含めて、ドロクベエ様ったら隠す気がなさすぎじゃん!

 ただ、ゴロー将軍の件も含め、王道の展開は視聴者も気付きやすいので
 一話のヤッターマンが実はロボットだったと同様
 早く回収すべきだった気も。

 あと毎度、カメラ目線のボヤやんがホント素敵! チキショウ!
 ここからが本番だ!

 次回、第11夜。



 公式サイト http://yatterman.jp/character/