GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

アルドノア・ゼロ 第22話「邂逅と訣別 -Out of the Past-」感想、伊奈帆と“コウモリ”の決別、再び!

有能な時ほど迷惑な地球軍。伊奈帆とスレイン、初共闘回の対話、再び!

イメージ 27

イメージ 28

 一期の初共闘回「邂逅の二人」あの時の台詞をそのまま逆転、互いを敵だと認識し会う主人公二人!
 セラムの為にと、見違えるほど感情的な伊奈帆、冷徹になったスレイン
 変化が明確になった感じですね。 

「姫を利用するのか?」「! 利用されると……、困るのかッ!」

逆転する二人
 あの頃は、仲間を生かす為にアセイラムを利用する腹積もりだった伊奈帆が、彼女の為に命を賭け
 逆に、スレインは彼女を政治利用している。

 同じく、地球上層部が珍しく有能な動きを見せると、メインキャラが不幸になるのも皮肉ですねぇ。

クルーテオ二世・クランカインを寝返らせれば、“皇帝派”を切り崩せる?

イメージ 2

 彼は皇帝派の最右翼、故に、スレインは彼の取り込みを狙うも……?

邂逅と訣別
 地球軍は、大部隊によるスレイン基地攻略戦を隠れ蓑に、アセイラムの暗殺を図る。
 が、これを読んだマグバレッジ艦長と伊奈帆は
 伊奈帆の単独潜入を実施。

 予想通り軍事的には地球は劣勢に陥るも、暗殺部隊は優勢に進み、アセイラムは絶体絶命に。

 伊奈帆はスレインと邂逅、ギリギリで退けるも義眼が限界に。
 アセイラムに脱出路のみを指示する。

 だがアセイラムは、火星の使者「皇帝派」クランカイン伯爵に救われて――――?

 次回、第23話。

地球軍総司令『攻撃目標は、アセイラム姫がいる敵の本丸だ

『近接する揚陸城は避難場所になる可能性もあり、同時に攻撃する必要がある』

イメージ 3

イメージ 4

 デューカリオンは、宇宙用の外装・カタパルト機能が追加。

囮に定評のあるデューカリオン
 さて、地球軍司令はもっともらしい理屈をつけ、揚陸城にデューカリオン隊を先行させ囮に
 敵の目をひきつけ、本隊で基地を叩く作戦を開示する。

 また囮か!

 ともかく、本作戦はスレイン=アセイラム政権を潰す作戦なワケね。

伊奈帆『艦長』

マグバレッジ艦長『来るだろうと思っていました。こちらもお話があります』

イメージ 7

 艦長は、デューカリオンのクルーに作戦内容を公開、囮だと理解したクルーは不満を呟く
 彼女もまた、無理して死ぬなと激励を行う。

 そして、「作戦の真意」を見抜いた伊奈帆マンも艦長に直訴。

 宮仕えは辛い。

レムリナ『あなたがあのまま眠っていれば、全ては丸く収まっていたのに…』

アセイラム『―――心から想っているのですね、スレインの事を』

イメージ 5

イメージ 6

 この二人が喋ると、姫様は傷付くし、レムリナ様もどんどんドツボに嵌っててつらい。

相憐れむ
 一方、仲良く幽閉された異母姉妹殿下は、アセイラムにレムリナがキレる構図となる。
 正当な皇女教育を受けた姫と、疎外されたレムリナの対比 

 私が想いを捧げるのは、ヴァースという星とそこに住む人々、そう教えられてきました―――。

 とはアセイラムの弁。
 対し、レムリナは疎外された分、そういう教育とは無縁

 だからこそ、可哀相な人だとレムリナは哀れむし、今のアセイラムならその意味も理解できる。つらい。

スレイン『お父上には、大変お世話になりました』

クランカイン『ご苦労されたのでは? 厳格すぎるほど、厳格な人でしたから』

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

 ご覧下さい、まったく茶ァ飲んでないんですよ、クラインカイン様ってば。

腹芸vs腹芸
 一方、スレインはクランカインの取り込みを図るが、彼はかなり思慮深い人物らしい
 その誘いには乗らず、チクリと刺してくる。

「(新王国の建国は)、アセイラム姫様の望みでしたから……」「皇帝陛下にとっても、ですか?」

 気弱そうで、危険なヤツですよコレ……。
 どんな腹積もりなのか?

 残りは多分二話しかないんですが、ホントに奇麗に終わるのでしょうか? 

ハークライト卿『(ステイギス隊)、発進準備は出来ております』

マグバレッジ艦長『応戦しつつ戦線を下げ、敵を月面基地から遠ざけます』

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 1

イメージ 15

 デューカリオンの新装備は、遠心力でカタクラフトを投擲する、隠密性の高いカタパルトらしい?

両軍、激突!
 会談を中断したハークライトは、地球軍の侵攻を警戒網でキャッチしたと報告、迎撃が始まる。
 毎度ながら、気配りが出来る副官というか指揮官というか。

 スレイン軍は量産型アルドノア兵器を出撃、真っ向からの防衛線が始まる。

 ただ量産兵器は別に強い描写も無い。
 これなら、地球軍でも数で押し切れてしまいそうな状況と見えますが……?

韻子『やっぱり、敵の防御は固い……』

伊奈帆『苦戦は目に見えていた。それでも強行する必要があったのは……』

イメージ 14

 実は、この攻撃は全てが囮に過ぎず、派手に暴れて注意をひきつける作戦だったと判明。
 本当の狙いは、騒ぎに乗じアセイラムを暗殺する事だと気付き
 伊奈帆も潜入する。

 なんせ、基本的な科学レベルは地球と火星は同等、人口と近代戦ノウハウは地球が圧倒的優勢

 アルドノアが関係ない白兵戦が、案外最適なのか。

韻子『大丈夫! “風”は強い、この距離なら避けられる!』

ユキ『―――こっちは任せてッ!』

イメージ 16

イメージ 17

 伊奈帆は、艦長が回してくれたマスタング小隊の韻子、そしてユキ姉の助けを借りて潜入。
 って、ユキ姉ってば超強い!?

 火星の量産兵器、アルドノア搭載“ステイギス”が七面鳥のように!?

 自分だって戦ってきたと気を張る韻子かわいい!

地球軍アサルト部隊『――――待ち伏せ!?』

スレイン『潜入部隊も想定の上だ』

イメージ 18

 だが、こうした動きもありうると想定していたスレインの配置により、暗殺部隊は死屍累々。
 伊奈帆だけは、監視カメラのデータを奪ってルートを確保し
 安全圏を行くのだが―――

 使いすぎたか……!

 いよいよ義眼に埋め込まれた補助電脳の負荷で、脳がヤバい。

バルークルス卿『トロイヤード卿、応援にはせ参じた!』

スレイン『来てくれたか、感謝する! ハークライトもそちらに向かわせる!』

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

 超電磁ボビンに巻かれた、分子サイズの超硬ワイヤー、バルさんは超電磁ロボだったか。

二つの趨勢
 前線は、「騎士」が投入された火星軍が盛り返し、一気に地球側に絶望的な状況に。
 だが暗殺隊は、単純に“人の数”で劣勢な火星が押される

 救われる側の気持ちなど、知りはしないのね。――――私にとっては、ここが唯一の逃げ場なの。行って!

 護衛は全滅、それでも足手まといの自分を救おうとするアセイラムの姿に
 レムリナは憎まれ口と共に、自ら隔壁の外側へ

 なんてこった、これはレムリナが影武者となって討たれるって事なのか!? そんな!?

伊奈帆『アセイラム姫を巻き込むな! ――――姫を、利用するのか!』

スレイン『利用されると、困るのかッ!』

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

 利用されると困るのか!って、それ伊奈帆さんの台詞だったでしょ! 逆転してらっしゃる

邂逅の二人
 一方、姫の危機に指揮権を放り出したスレインは、潜入していた伊奈帆と邂逅。
 以前と真逆の問いかけあいをする。

「最初からお前は敵だった!」「敵で無ければ、憎む必要は無かったッ!」

 スレインが翻弄される構図は同じ
 でも真逆。

 すっかり二人が変わってしまったのが良く解る一方、でも、分割二期だから解り難い人も多かろうとも思う。

伊奈帆『セラムさん……、良かった…』

AI・伊奈帆『―――思考停止。界塚伊奈帆の思考・認識・発話を代替する』

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

 ああ、医者が言ってた思考領域をAIに明け渡すって、そういう……。

邂逅と別離
 やがて、伊奈帆はアセイラムの元にたどり着くも、遂に思考を保てなくなってしまった。
 代わってAIが喋りだし、伊奈帆はアセイラムを逃がそうとしていると
 彼女に、逃げる為のルートを指示した。

 私も、私もあなたの事を自分の一部のように想っています―――。

 伊奈帆が、姫を我が身同然に助けたいと想っているというAIに、ペンダントを託す姫様。
 せっかく再開したのに……。

 一時的とは言ってましたが、伊奈帆の容態やいかに

アセイラム『もう一つ、お願いがあります――――』

イメージ 34

 姫が伊奈帆に「何か」を託していた頃、スレイン、かつて自分が託したペンダントを発見。
 さっきのどさくさで落ちてましたが、姫さま拾わなかったのか……。

 まるで、スレインとアセイラムの訣別の象徴のよう。

クルーテオ二世『お怪我は? アセイラム姫殿下』

アセイラム『あなたは……、クランカイン?』

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

 やだイケメン。

もう一つの邂逅
 一方、AI伊奈帆の指示通り逃げ延びたアセイラムは、韻子たちと連絡が取る寸前
 地球兵に襲われ、クランカインに救われる。

 父の叙勲式以来ですね? 光栄です、覚えていてくださって。

 バリバリの皇帝派というクランカイン。
 スレインとの会話を見るに、頭も切れるし芝居も出来るし、しかも白兵戦にも長けていると判明。

 オープニングにも居ないのにこの活躍、一体、何を言い出すのでしょうか?

残り二話、「アルドノア技術」に振り回される世界の行方は……?

イメージ 16

 今回、一対五とか韻子ちゃんが死んだ!?と思ったら、ユキ姉が一人で蹴散らすという衝撃。 

君は僕の敵だ
 以前、互いに悪態をつきつつ初連携戦を行った、あの回を踏まえ「互いを敵と認識する」お話。
 伊奈帆の限界も訪れましたが、AIがペラペラ喋るのは予想外
 シュールすぎる。

 あと、クランカイン伯爵が有能すぎてマズゥールカ卿の出番が無い!?

 マッさんの出番や皇帝の余命
 地球と火星、二つの惑星の先行きも含めて後たった二話!?

 最終戦を始めて風呂敷を畳み始めるかと思いきや、今週も単なる転機の一つだったのは意外。

 また、アセイラムとレムリナ=アルドノア権限を一度に失ったのなら
 スレインは政治的破局確定ですが、果たして?

 次回、第23話。

余談、レムリナ姫さま戦死!? いや生存か!?

イメージ 25

 今週、足手まといになり姉たちを巻き込むことよりも、死を選んだらしきレムリナ姫。
 ですが彼女が死んだら、まずタルシスが停止
 量産機も全部止まるはず。

 スレイン軍が絶体絶命に陥るはずですが、一体どうなるのでしょう?

 伊奈帆がああなった以上
 スレインも、窮地に陥るのは確定でしょうが……?

余談Ⅱ『傲慢ね、救われる側の苦しみなど、知りはしないのね』

イメージ 6

 直後、救われる側の苦しみを、アセイラム自身に味わわせているのがなんとも皮肉。
 我が身を捨ててでも、他人を護ろうとするアセイラム。

 けど、そんな風に救われたって辛くて苦しいんだよってとこまで、考えが回りにくい

 一話で地球を訪れ、結果的に戦争になった件を含めて
 彼女らしいシーンな気がします。