GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

ガンダム Gのレコンギスタ 第24話「宇宙のカレイドスコープ」感想。これが“世界樹”の真価!? 信じる者も、あざ笑う者も!

アルケイン、フルドレス! バララは嫉妬をむき出しにし過ぎたのだ…!

イメージ 1

イメージ 18

 いよいよ始まった犠牲者続出の「戦争」! その中で停戦できると信じたアイーダのパパは死んで
 そんな人達を、上空から「愚か」だと笑ったバララも死んだ!
 結局、戦争ってそういうものだ!

 な…、何これ…、これって………、何……?

呆気ない、呆気なさ過ぎる
 発展した兵器「ユグドラシル」の前では、既存の「戦争」はグッチャグチャに踏みにじられた。
 あんなの、戦場に持ち込んだら人が死にまくるだけでしょ!?
 そら、ベルリ達は下しましたけどさ!

 進歩した技術の前では、人間って儚い。そら技術封印しますよと思いました(スコード教並の感想)。

バララ『あたしはいっぱい良い思いをさせて貰ったから? 大事にすんだよ』

イメージ 2

 開始早々、ララァ!さんの軽いジャブ

儚き“艦隊戦”
 金星の超技術を満載したフルムーンは、キャピタル・アーミィのマスク隊と意気投合した。
 その脅威に、アメリア軍は月面トワサンガ軍に停戦を打診
 共同して当たるべきと説いた。

 だが停戦交渉の場に、マスク隊に譲渡された超兵器「ユグドラシルが現れ、両艦隊を殲滅。

 バララ操るユグドラシルはベルリが討つが
 トワサンガ軍の司令ドレット、アメリア軍総監でありアイーダの義父スルガンは戦死した――――。

 両軍の首脳は、皮肉にも交戦派マッシュナーとクリムが残される。

 次回、第25話「死線を越えて

ヤーン『カバ・カーリーって、クンタラの守護神の名前なんですか?』

マスク『いや、クンタラの魂の安息の地―――』

イメージ 3

イメージ 4

 後ろに注目、トワサンガのロルッカさん達、もうフルムーンに寝返ったの!?

ジット団の踏ん張り
 魂の安息の地カーバの守護神“カーリー”だから、略してカバカーリー、と名付けた。
 マスクの新たな専用機や、巨大MAユグドラシルなど
 様々な機体がジット団から提供された。

 全ては、彼らが祖先以来の「地球帰還」を果たすその為に。

 奴隷だったクンタラと、金星でのエネルギー供給任務に従事していた金星種は、世直しに共感する。

マニィ『ジット団の人たちって、軍人に憧れてるみたいですね』

マスク『金星を見てきたのだろう? 平和すぎると、あのような人達が出てくるのさ』

イメージ 5

 まさかのガチなラブ。純と愛

許せないという事
 マスクは、恋人で同じクンタラのマニィに戦う勇気を貰っているのだ、と再確認する。
 世直しの為に、恋人の為に戦える。

 それが本当なら、ますます権力者の血筋じゃないか! クンタラなぞ、虫けらみたいに扱う奴らなんだよッ!

 一方で、ベルリとは絶対に和解できないとこじらせていたと判明。
 権力層への強い反発。

 すっかり目が曇ってしまったマスク先輩の明日はどっちだ……。外せば戻るのか………?

マスク『バララっ! ……? バララ! バ ラ ラ ! どういうつもりだ!』

バララ『ふざけたんじゃありません、機動テストです』

イメージ 6

イメージ 7

 初陣でこの扱いって、ふざけているのかァ!

出陣する「世界樹
 そのマスク麾下、マスク部隊+フルムーン・ジット団は、どうも独立行動を取っている模様。
 命令を受けている様子もなく、巨大MA「ユグドラシル」とかいう
 宇宙時代のピラミッドを出撃させる。

 そして、宇宙でピラミッドとコントするマスク大尉!?

 その発想は無かったし必要だとも思わなかった!
 ガンダム的には!

 だが笑えたという事は必要だったでしょう、何やってんですかマスク大尉!

法皇カシーバ・ミコシには、そのような“力”があるのです』

姫様『そのような存在を無視する時代になった、とラグー総裁は仰っていました』

イメージ 8

 権威を無視して戦争する時代になった、と子供たちは説くが……?

同盟発足
 一方、アメリア軍とトワサンガ軍(ドレット艦隊)は同盟を組もうという運びになるが
 敵同士、同盟なぞ組めるだろうか?

 スコード教やタブーの成り立ちが、忘れられるようになった事を、お二人の両親は恐れていました。

 ベルリ達は、そんな話は信じられなかった
 が、ゲル法皇達は信じようとする、人類には平和を求める心理があるはずだから。

 元々、技術の禁忌はその為に生まれたはずだから。

ルッカさん『拾い物だと思いますよ、このダーマとダハックは』

クリム『ダーマを装甲にした、モビルスーツという事か?』

イメージ 9

 ってオッサン、さっきフルムーンに居たはずじゃ……、さすがに作画ミスか?

新生クリム
 一方、ルシファー同様にジット団からかっぱらってきた「ダーマ」は、クリムに提供された。
 中には「ダハック」が入っている。
 安心の二重構造。

 中身は不明ですが、この「中身」がHG ダハックとして5月に発売されるそうです。予約受付中。

 この寸胴鍋が最終クリム機なのか。

マッシュナー『ロックパイの仇を取らせて貰ったら、戦争は止めましょうよ』

ドレット将軍『またそれか……』

イメージ 10

 結末から言えば、両陣営とも交戦派が残ったって事になりますな。

和平と交戦
 もちろん、アメリアとドレット両艦隊で「和平」「継戦」で意見は割れ、和平派が優先された。
 アメリア軍トップ、スルガン長官は天才へ課題を残す。 

 あのな……、ドレット艦隊だって疲れているのだから、地球に降ろさせてからと考えるのだ

 仇をとりたい戦いたいマッシュナー。
 状況的に、優勢なのだから戦って従えればいいというクリム。

 対し、スルガン長官は彼らを満足させてやれば、戦いは終わるはずだと信じていたようだ。

クンパ『戦略的に見て、今、戦う必要は無いでしょう?(意訳)』

ジュガン『あのなぁ……、戦場の臨場感を知らなければ、指揮はとれん!』

イメージ 11

 クンパ大佐は怒ってよい、という話。

思惑を越える「愚かさ」
 一方、アーミィはミサイルでアメリア本土を狙える=人質を取っているも同然であり
 こっちには金星が加わり、同盟されても問題ではない。

 なのに……、戦争をしたがる地球人というのは、腐りきっているッ!

 だがジュガンは、両艦隊は和平しないと読んで
 敢えて戦場を刺激する行動に出た。

 クンパは戦争を引き起こしたが、ここまで人類が自制できないとは思っていなかったらしい。

ベルリ『(アサルトを)使うつもりはありませんよ』

『長距離からの狙撃なんて、パイロットを殺すだけですから』

イメージ 12

 なんと、この土壇場でアルケインに新装備が!

惑いとねぎらい
 姫様機は、宇宙では重要度の低い、アルケインの推進パックが外されて「フルドレス」が装備。
 これはビーム砲塔であり、更に火力が強化された。 

 カーヒル大尉の事は、あなたはもう、忘れていいわ。

 一方ベルリは、「人を殺さない戦い」に更に前のめりになりアイーダらに窘められる。
 他人を殺さないために、ベルリや仲間が死んではダメだ。

 有効な武器を使い分けるよう説得され、アサルトパックを曳航するベルリ。

ラライア『―――これって、“話し合い”の為の動きじゃないですよ!』

月面の将軍『このミノフスキー粒子は、第三者が撒いたものです』

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 25

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

 このビームの渦、だから世界樹ユグドラシル>ってのか!

宇宙の万華鏡
 だが、和平の為に集まった両艦隊に対し、第三者「マスク部隊」がミノフスキー粒子を散布。
 混乱する両艦隊へ、万華鏡<カレイドスコープ>さながらの光を放つ!

 フフ、ドレットとアメリアの艦隊が勢ぞろいだなんてさ……、おバカさんッ!

 和平を信じたスルガン長官の動きは、敵の頭が揃ってる絶好のチャンスと利用される。
 それこそ、初代ガンダムから続く伝統の一撃!

 両軍は、異常なエネルギー量と拡散を誇る、バララの嫉妬に炙られる!

バララ『フッフッフ、マスク! あたしはパイロットとしては完璧だ!』

『あんな小娘なんかと比べるのなら…、こうしてやるよッ!』

イメージ 26

イメージ 18

イメージ 1

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 27

 確かに、アサルトパック持ってきて良かったわ……、ミサイルとかはPパックに無いだろうし

混迷の果てに
 絶大な火力と防御力に酔いしれたバララは、単機で両艦隊をほぼ壊滅させてしまう
 乱入したベルリ達の総攻撃を前に、バリア機能が停止。
 討ち取られてしまう。

 艦隊の本来の目的はレコンギスタである! 一人でも多くの者を、地球に潜入させろ! 願いはバケる!

 月軍の首魁、ドレット将軍は月面人を一人でも多く地球に降ろせと叫び
 そのまま艦と運命を共にした。

 地球に帰りたいという願いを果たさせれば、次なる願いを持つようになるという事なのか……?

アイーダ『お父様、宇宙服を着てください! ―――え? 何…?』

『え……、お父様…?』

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

 暴発したユグドラシルの流れ弾がブリッジを貫通、スルガン総監は、あっけなく吸い出される。

信じた人の最期
 やがて、アイーダの目の前をすり抜けるように、義父スルガンは宇宙へ吸い出され絶命。
 あまりに呆気なく父の命が消えたことに、アイーダは呆然とする。

 な…、何これ…、これって………、何……?

 停戦を信じた義父は無残にも死んだ。
 そして、単騎で戦場を席巻した巨大兵器は「旧世紀」の怪物だっただと、ベルリは改めて思う。

 人類が全滅しかかった時代の遺物を引き連れ、マスクが敵対しているのだと。

予告『次回、バッテリーは切れないっ!』

イメージ 6

 カバカーリーはおそらく七月発売……、多分! 楽しみに待つさ!

感性爆発
 こう、富野監督の感性がハッキリ出てた気がした話。
 あれだけ見せ付けられたら、そら兵器の技術は封印しようってなったのも解る気がするっていうか。

 ユグドラシル自体は、キア隊長=現代人のアイデアで作られたらしいですが
 旧世紀の蓄積が無きゃできませんし。

 見た事もないすごい兵器だと嬉しがって戦争ごっこしてたら、凄まじい殲滅兵器が出てきて一掃された。

 楽しいかもしれないけど、その先には取り返しのつかないものがあるんだぜ
 みたいな、そんな感じの印象を受けました。
 なんとなく。 

 次回、第25話「死線を越えて