GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

ユリ熊嵐 第9話「あの娘たちの未来」感想。まさかのあの子の再登場。血に飢えたエゴの結末は……?

陰謀の黒幕、ユリーカ先生、意外すぎる凶弾の前に散る! クマショック!?

イメージ 31

イメージ 1

 まさかの蜜子再登場、まさかのクラスメイトによるユリーカ殺害、セクシーな覗き見もシャバダドゥ?
 遂に、ユリーカと同じ「好きな人は食べてしまえ」思想に至った銀子も
 一体どうなってしまうのでしょうか。

 ねぇ、いい事? この世界で本当に信じられるのは欲望、スキは相手を支配し、一つになりたいという事……。

銀子「食べる」よ!
 しっかし、前回は「紅羽がクマ嫌いなら、撃たれるのが愛の形」と結論した銀子が
 真逆の結論に至る辺り、ホント極端から極端。
 それがセクシー!

 年頃だからね、仕方ないね。

紅羽、銀子を撃つ

イメージ 2

 そして、ニンマリと笑う黒幕クマ。ユリーカ、賢い。

そのスキを私のものに
 銀子は、自分がいない間に「紅羽のスキ」を手にした純花に、嫉妬をしていた。
 それゆえに、蜜子に気付きつつも見逃し、見殺した。
 それが銀子の罪。

 紅羽も迷い致命傷には至らなかった銀子は、蜜子の姿をした「欲望」に自己肯定され、考えを変える

 一方、邪魔者を排除したユリーカは紅羽を食おうとするが
 クマ警戒中の生徒たちに致命傷を与えられ、紅羽を澪愛と見間違い、末期の際に全てを告白。

 母、澪愛の残した「自分と銀子の運命を描いた絵本」に、紅羽は驚愕する。

 次回、Episode10

蜜子(仮)『“ともだちの扉”へようこそ? おバカさん――――』

イメージ 3

イメージ 4

 前回の回想、澪愛が銀子を逃がした「通路」って、もしかしてコレなのか?

生きていた蜜子…?
 紅羽に撃たれた銀子だったが、幸い致命傷には至らず、あの「花壇の奥」で看病されていた。
 そこは“友達の扉”と呼ばれる空間。

 クマと人が仲良くする紋章が刻まれた扉を抜けた、謎の空間。

 断絶の壁の向こう?
 或いは、ただの銀子の精神世界なのか?

ユリーカ『いけないのは自分よ? 百合ヶ崎るるのスキを見ぬフリして』

『あげく、彼女を捨てようとした。罪の報いだわ……』

イメージ 5

 この紙束が、ラストシーンの前振りだったのね。

箱の中の花嫁
 一方、るるを利用して「銀子を撃たせた」ユリーカは、ご満悦で最終段階に入っていた。
 彼女の目的、箱の中の花嫁とは―――。

 今日、私は……、椿輝紅羽を食べるわ♪ ぎゃるるるるるーーーーっ

 ふわっといえばそういう事。
 自分=箱、箱に入れる=バクバクいっちゃうという事。

 それにしてもこのcv井上喜久子女史、実にぎゃるるるるである。

蜜子(仮)『驚いた?』

銀子『キミは……! 死んだはずだ、がうがう』

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

 ええ、驚きましたとも(視聴者的に)。

欲望の幽霊(自称)
 彼女は、銀子の中の「欲望の象徴」が、蜜子の姿を借りているだけ、という事にしておいてと笑う。
 あくまで幽霊、銀子以外には誰にも見えない。

 貴方は、泉野純花が私に狙われている事を知った――――。

 第一話を「蜜子の視点」で振り返り
 彼女が紅羽を狙い、手始めに、純花を騙していた事が描かれる。

 蜜子さんが悪女過ぎて、純花ちゃんが翻弄されておる……!

蜜子『相棒にも黙って純花に近付いた…、私の事を警告する為?』

銀子『そう、そのつもりだった―――』

イメージ 10

イメージ 11

 あの公園で寝てたのかよ!? かわいい!

私が先なのに
 銀子は、純花が騙されていると気付き警告しようとしたが、ついその手を止めてしまう。
 だって純花が、本当に紅羽に愛されていたからだ。

 私は、純花が邪魔だったんだ…………

 遠く離れて数年、スキを伝える為に戻ってきたのに、紅羽は純花と好きあっていた
 ショック、クマショックですわ。

 身勝手だけど、でも感情ってそういうものですものね。

蜜子『邪魔者は排除する、私達は欲しいものに正直であるべきだわ?』

銀子『そうか…、私は純花が死ぬ事を望んでいたんだ……』

イメージ 12

 結局、蜜子に狙われている事を伝えず、純花を見殺しにしてしまった。
 それこそが銀子の罪。

 ただの見殺しでなく、本当に身勝手で独善的な理由で、銀子は助けなかったのだから。

 紅羽に愛される純花に嫉妬し
 彼女は邪魔だから、彼女は死んだらいいと思ってしまった。

 その醜い自分を許せず、紅羽に撃たれて、罪を清算したいと考えてしまった。

蜜子『あの子を“食べた”のは私。でも、あの子を“殺した”のは……?』

銀子『――――私だ』

蜜子『そう♪ あの瞬間あなたは欲望の虜になった♪』

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

 なぜ脱ぐ!? まってりかいがおいつかない。

銀子は「欲望」を肯定する
 遠く離れても、紅羽を思い続けた銀子ではなく、紅羽は傍にいた純花にスキをあげた。
 友達なんて信じるより、欲望に忠実になれと蜜子は説く。

 スキは凶暴な感情、スキは相手を支配する事、一つになりたいと相手を飲み込んでしまう事……。

 思うのではなく実行する事。
 信じるのではなく、相手を支配するという事。

 対話形式をとっていますが、遠く離れて「裏切られた」銀子の、自己肯定だったのかもしれません。

銀子『私は、あの子を食べるよ――――、がうがう』

イメージ 17

※この後、まさかの出番なし。

クマダ~ク~♪
 蜜子は放っておけば、ユリーカに先に食べられてしまうという現実的な切迫も与え
 銀子の「紅羽を食べたい」思いを肯定させる。

 まさにユリーカがやらかして、後悔しっぱなしの方法を銀子は選ぶ!

 歴史は繰り返すね!
 がうがう!

蝶子『皆さん、これで解りましたよね?』

『そう、この教室の中に、私達の中にクマはいるっ!』

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

 この中に一人、クマがいるっ!

「私達」の儀式
 一方、針島の遺産で「クマが人間に化ける」と知ったクラスメイトは、排除の儀を再始動。
 こ、これは紅羽がクマ認定去れる流れか!?

 いつだって彼女達は、悪という名の排除の対象を求めている。それがクマだろうと人だろうと関係ない

 一方、それをセクシー!に見守る議長たち。
 って何を見てるの!?

 排除の儀とは、「私達」という集団を、彼女たち自身に実感させる為の行為なのだと、議長は語る。

セクシー『さて、そろそろ決着が付きそうだ……、それがセクシー! シャバダ』

ピー! 制限時間が過ぎました

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

 オゥ……。

クール『……コイン、追加しますか?』

セクスィー『うん……』

イメージ 24

 シャバダドゥ……(悲しみ)。

 ソレっぽい事を言いつつ、何やってんでしょうか、このアホ熊どもは!

蝶子『私達の中に居るクマを、指定してください。レッツ! サーチベアー!』

『熊を匿う人も同罪ですよっ!』

イメージ 25

 結局、このまま「回想」に突入してしまった為、誰がクマ認定されたかは不明。
 紅羽じゃないのは確定か。

 ならチョー子たちは、百合城銀子という正解に辿り付けたのか……?

紅羽『一体、何が真実で何がウソなの……?』

挑戦状(ユリーカ)『これは、断絶の壁からの挑戦状です』

紅羽『そこにあの子、銀子がいるのね!?』

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

 なおイメージ映像だった模様。

箱の中の花嫁
 銀子の、純花を「私が殺した」という言葉に迷っていた紅羽は、断絶裁判に飛びつく。
 だがそれは、ユリーカによる罠だった。

 私は満たされなかった……、だってあなたのスキは、全部あの子に捧げられていたんですもの。

 愛する澪愛を食い殺してなお、満たされなかったユリーカは
 やがて、紅羽を食えばいいと軌道修正。

 澪愛そっくりに育った彼女を喰い、自分という「箱」に収めるべく、ユリーカは彼女をひんむく!

ユリーカ『さあ受け取って……、これが“箱の花嫁”への口付けよ……?』

イメージ 33

イメージ 1

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

 まさかのマタギ

大好き
 だが、駆けつけたマタギ軍団により、ユリーカは致命傷を負ってしまった。
 意識朦朧とした彼女は、澪愛に懺悔する。 

 ああ…、あれは果たされたなかった私達の愛の夢だった……、だからどうしても欲しくて、盗んでしまったの…

 かつて、「絵本のラスト」を盗んでしまった事の懺悔。
 そんな風になりかったのだ、と。

 黒幕ユリーカ先生、愛する澪愛=紅羽の腕に抱かれ、大往生――――。

紅羽『先生がお母さんを殺したクマだったなんて……』

ユリーカ(遺言)『あれはあの子達の運命、果たされるべき未来―――――』

イメージ 40

イメージ 41

 しかし、ユリーカ先生がいなくなったらどうなるんでしょ、この学校。

ありえないわ!
 結局、ユリーカの誤解で「母殺し」の真相を知ってしまった紅羽は、絵本のラストを紐解く。
 そこには、自分達の未来が描かれているというが……?

 これが……、あたしと銀子の未来…? そんな! ありえないわ!?

 紅羽、即否定
 ちょっと! 視聴者にも解るようお願いします!

 ユリーカ的には、自分達もそうなりたかった(クマ視点)の、ハッピーエンドらしいですが……?

次回、ターミネーター銀子、紅羽を襲う?

イメージ 10

イメージ 26

 多分、なくしたペンダントとるるが、打開の鍵となるのでしょうが……?

ユリーカが夢見た理想
 もー、蜜子=欲望の妖しい語りと妖しい行動に、理解が追いつきませんでしたが、ユリーカも死んだ!?
 その行動はどうあれ、嫌われたと誤解尽くしの果てだと思うと
 被害はどうあれ悲しい人でしたね。

 銀子は、まさに同じ道に踏み込んだ訳ですが、紅羽側はどう動くのか。

 しかし銀子の行動
 遠く離れた、大好きな幼馴染に会いにいったら、もう彼女作っててちきしょう!的な
 壮大ですが、根本はそんな感じなのかもって思いました。

 るる、かしこい!