GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

最後のレストラン 6巻 [藤栄道彦]感想、変則な“一艦まるごと”のお客様到来! 楊貴妃様もおもしろい。。。

 何故か史上の偉人たちが、「死の間際に」現代レストランに現れる、という料理モノ。

    変化中の変化球! と思ったら、これがまた良い話だった……。「戦艦大和」収録

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 9

※画像右下隅クリックで拡大。

 

 南極探検隊「スコット」氏の渋みから始まり、愛艦に優しく語り掛ける艦長にウルっときた大和編
 意外な風貌、全体にドタバタだったけどグッときた楊貴妃など
 今巻も、「出展」を踏まえて面白かった!

 

 特に大和、最後に「心苦しくて」って背中を見せたマスターの優しさ、あれはずるかった!

 

お見合い……?
 また、ラストは意味ありげな新キャラが出たなー?と思ったらお見合いだと……。
 あんな美人がダメマスターに!?
 けしからん!

 

 という冗談はさておき、その話のマスターの意外な粘り腰とかも、カッコ良かった巻でしたね。

    コメント『なぜイギリスの料理がまずいといわれるか、解った気がしました』

イメージ 8

 とは作者さまコメントですが、そのくだりも、良い意味でなるほどって感じ。

 

一風代わったトラブル?
 珍しくマスター一人の時に「スコット」様が訪れ
 珍しく、メンバー総出で横須賀に出かけたら、「戦艦大和」と遭遇する。

 

 天井を破って「楊貴妃」様が落ちてきたり、ボケ老人だと思ったら「ウァレンティヌス」様だったり。

 

 珍しい事尽くしの中
 実は、「マスターに贈り物をしたい」とジャンヌが考え込んでたり……?

 

 そしてマスター当人の知らぬところで、見合い話も動いていた。

    前後編の「戦艦大和」では、ラムネを活用!

イメージ 7

 このエピソードは、とにかく人間があったかくて気持ちよい話でした。
 特に、たびたび、艦長が大和に見せていた愛着が
 とにかく印象深いです。

 

 すごく幸せそうに蒸しパンを食べてくれて、嬉しくて、そしてその後を思うと本当に辛い話。

    いわずと知れた、世界三大美人!

イメージ 1

 その後、いわゆる「楊貴妃」とのギャップがとんでもなくて、笑えたのがコレ。
 でも「死に際」のお話なんですからね
 仕方ないね。

 

 政権の悪化を彼女のせいにされ自害命令
 それを踏まえた愛の話は、コミカルな容貌に反して、反するからこそグッとくるものがありました。

    妙に印象深い新キャラの正体は、「お見合い相手」と判明

イメージ 5

 美人だ!

 

一癖な美人
 また、巻末ではミョーにマスターに興味津々な女性が出てきましたが、これがお見合い相手と発覚。
 なんだよ、マスターには勿体無いよ!
 明らかに超良い人だよ!

 

 もっとも、ジャンヌとマスターへの恋も表面張力状態なので、悪く言えば当て馬か……。

 

 立ち居振る舞いがすごく気に入ったのですけれど。ええ。

    そんな彼女の回「聖ウァレンティウス」様

イメージ 4

 いわゆるバレンタイン様でしたが、扱いが完全にドリフでクソ笑……、いやいや。
 というか、既に「解らないですよ」扱いが寂しい。
 昭和は遠くなりにけり。

 

 あと、珍しく叫びまくる前田さんがかわいい。

    収録

イメージ 6

 何気ない一コマですが、ゴローちゃんの存在が気になって気になって孤独のグルメ的な意味で。

 

 バンチコミックス「最後のレストラン、6巻」。藤栄道彦
 月刊コミックバンチ連載、新潮社発行。
 2015年3月(前巻2014年7月)

 

 GUEST26「スコット様」
 GUEST27「戦艦大和様(前編)」
 GUEST28「同上(後編)」
 GUEST29「楊貴妃様」
 GUEST30「ウァレンティンス様」

 

 表紙と総扉イラスト連動ネタ有り。
 オマケ四コマ収録。

 

 一番おいしそうだったのは「ラムチョップのモーレ・ポブラーノ」。
 甘辛をそれぞれ際立たせ、その緩急を味わう
 美味しそう。