GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

七つの大罪 第二十一話「今、そこにせまる脅威」感想。ハッピーエンドにゃまだ早い! ホーク、圧倒的正論

「今は、仲間同士争ってる場合じゃねーだろが!」。あっちもこっちも大破局!?

イメージ 23

イメージ 16

 Cのドレファスがカッコ良いし、Dでまさかのジェリコ兄とか、オチの部分で意表を突きすぎ!
 まったく、このクソ忙しい時に女神族はロクでもない事を吹き込む
 アーサー王は帰っちゃうし!

 なあ団長、オラぁずっと言うまい考えまいとしてたんだけどよ……、アンタ、魔神族なのか?

「どうも、ジェリコの兄です」
 でも、メリオダス様は何とかなるんでしょうけど、ジェリコは助かりそうも無いのが……。
 キングも、三度親友を殺せとか精神攻撃が酷すぎ!

 挽回不可能っぽい状況ですが、ヘンドリクセンを討てば何とかなるのか……?

バン『―――俺の命を引き換えに、エレインを生き返らせてくれ』

イメージ 2

 その願いはあかん!

状況を打ち貫け
 王は、アーサーの王城キャメロットで治療を受ける事になり、事件は一件落着。
 かと思われた時、魔神の血を活性化させヘンドリクセンが復活
 麾下の新世代たちを暴走させる。

 隙を突かれてメリオダスとギルも敗れ、身代わりに、エリザベスは命を捨てる決意を固めた。

 だが、己の全ての罪を告白したドレファスが現れ
 同志ヘンドリクセンに向きかえる。

 一方、エレインを蘇らせたくばメリオダスを殺せと、「女神族」に命じられたバンも凶刃を振るう。

 次回、第二十ニ話「君のためにできること」。

バン『本当に、俺の命と引き換えにアイツを!』

女神族『いいえ、お前の命を奪う気はありません。代わりに使命を与えます』

ホーク『おいバン、こいつはどう考えても胡散臭ぇぞ!』

イメージ 3

イメージ 4

 ホークが二人がかりでツッコミ喰らって笑う。

「女神族」の依頼
 王城地下、ケルヌンノスの角笛はバンに応え、ホークはバンにツッコミを入れていた。
 いわく、エレインを復活させる代償として―――。

 ある者を殺して欲しい―――、その者は、“七つの大罪「憤怒の罪」”メリオダス

 コレ本当に女神族!?
 まだ、大戦の傷が癒えず姿を見せられない、とか言ってましたが。

 女神であれ魔神であれ、メリオダスは両方に狙われる理由がある気がするし、うさんくさい!

メリオダス『老けたな、バルトラ♪』

リオネス王『お前は少しも変わっとらんなぁ……』

イメージ 5

イメージ 6

 我が子へのセクハラに、軽快にツッコミを入れる王は義父の鑑。

マーリン万能説
 一方、騎士長ヘンドリクセンをオーバーキルした一行は、マーリンの魔術で手際よく王室へ。
 転移するわ、絶対結界は解くわ――――。

 は、反則でしょう………。

 ありがとう、最高の褒め言葉だ。
 ビビアンと王が笑えます。

 しかし、この軽快な会話を見てると、メリオダスがますます年齢不詳に。タメ口かよ!

メリオダス『お前とも久しぶりだな、ドレファス』

ドレファス聖騎士長『これは一体、どういうことだ……!?』

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

 この頃からご執心だったって、年下好きなのかビビアン。

ドレファス懺悔
 残る首魁、ドレファスは十年前に兄を暗殺し、その罪を「大罪」に被せ抹殺しようとした。
 マーガレットはこれを目撃したが、ビビアンに使い魔で口封じされ
 以来、ギルも身動きが取れなくなる。

 全てはドレファスの嫉妬、それがヘンドリクセンと大罪を巻き込んだ結果。

 全部ドレファスのせいか。
 というより、小さな嫉妬が雪だるま式にトラブルを引き起こした、引き金みたいなモンですな。

 ディアンヌは「嫉妬」の称号を彼に譲るべき。

エリザベス『マーリン様、どうか父上をお助け下さい!』

マーリン『私も全力を尽くしましょう、キャメロットで治療に当たりたい』

イメージ 10

 あーん! アーサー様が戦線離脱した!

戦線離脱
 ドレファスは自首し、王はアーサーの居城で回復に専念する事となった。
 いずれアーサーの下で働く、ともメリオダスは約束。

 しまった、マーリンに十年前の事、聞くんだった………。

 そして肝心な事を聞き忘れる。
※十年前、嫌疑をかけられた際にメリオダスを昏倒させた件。

 またその際に、数知れぬ聖騎士が殺されたというのも、そういえば謎のままですな。

キング『彼女たち新世代に入れられた魔神の血が、暴走を始めたんだ!』

メリオダス『いや、暴走させられてる!』

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13
 
 ギーラは持ちこたえた末、ゴウセルにカバーされている模様。

暴走、再び
 もう一人の首魁「魔神の専門家」ヘンドリクセンは、その血を活性化させ、生き延びていた。
 彼は、部下“新世代”を暴走させ、街を混乱に陥れる。

 絶対に見返してやる! 女だからとバカにし続けたアニキをッ……!

 あかん、これもう助からないパターンだ!?
 ジェリコ暴走魔神化。

 でもゴウセル事件(デール)の時より、元の「騎士」が見習いレベルだから、相当弱いハズ……?

ヘンドリクセン『エリザベスを渡せ、同族の情けで生かしてやろう』

メリオダス『一緒にすんな! お前は人間でも魔神でもない、ただのバカ野郎だ!』

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

 やだイケメン。

怒涛の種明かし
 自身の、長きに渡る研究の成果を惜しげもなく披露し、魔神族復活を狙うヘンドリクセン。
 のみならず、再び“ヘルブラム”を蘇らせ―――

 妖精族の死体は腐らんそうだな? 200年に渡り高値で取引され、私が禁呪で甦らせたのだ

 ズタボロの親友を、三度殺せと強いられるキング。
 なんかもう気の毒すぎる。

 状況は一気に悪化、しかしメリオダス&ギル坊の超人師弟コンビが居る!

ヘンドリクセン『―――よくやった、ビビよ』

ビビアン『あなたは、私のものよギル! 私が、どんなに貴方を愛して……!』

イメージ 17

 ところがぎっちょん、素顔となったストーカー魔女・ビビアンに人質を取られ
 メリオダスとギルは隙を見せてしまう。

 また絶妙に、仮面かぶってたほうがミステリアス美人だった、と思えるキャラデザです。

 意外に素朴な人。
 なんか、最後の最後まで生き残れたなら、サウザー辺りとくっつく可能性もあるか?(ポジション的に)

ビビアン&マーガレット『『――――ギル!?』』

エリザベス『メリオダス、さま……!?』

イメージ 18

イメージ 19

 だが当然、隙を見せた師弟コンビは切り捨てられ、深い傷を負ってしまう。
 ギルが欲しい? 死体にしたら逃げないじゃん?
 とはヘンドリクセンの談。

※なお遺体を念入りに焼き払おうとした模様。

エリザベス『やめなさい! 望みどおり、貴方と共に参りますっ!』

メリオダス様、たまには私にも守らせてください?』

『私との約束、決して忘れないで下さい………。』

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 1

イメージ 23

 今は、仲間同士で争ってる場合じゃねーだろが!

「愛してるぜ、団長♪」
 この場は、ヘンドリクセンの望みを聞きエリザベスが同行、一時休戦に持ち込んだ。
 彼女は、お前がが死んでも民を守る、と誓った事を言い残す。

 なあ団長、俺ァずっと言うまい、考えまいとしてたんだけどよ……、アンタ、魔神族なのか?

 そこに、女神族の言葉で疑問が止まらなくなったバンが参戦
 メリオダスへと刃を向ける。

 バンとメリオダス二人が出会う以前から、バンにとって仇敵だった魔神族なのか、と。

エリザベス『いいえ、ここで終わりよ―――』

『私がいなければ、魔神復活とやらは果たせないのでしょう?』

イメージ 24

 一方、十分に距離をとったところで、エリザベスは自害すると宣言。
 自分が死んでも、その望み通り、メリオダスが国を護る。
 そう、約束したのだから。

 だが高いところから、颯爽と「主犯」ドレファス聖騎士長が登場。

 自分の嫉妬が起こした大混乱。
 ドレファス聖騎士長は、その身体を張って止めるつもりなのか? それは為せるのか……?

予告『グスタフと申します、ジェリコの兄です。妹が迷惑をおかけして……』

『ああ見えて、意外と可愛いところもあるんですよ?』

イメージ 25

イメージ 26

 これが“予告”なら、ジェリコは助かる可能性もある、のか……?

昨日の敵は次回の主役!?
 憑き物が落ち、すっかり物腰が柔らかくなったギル坊とか、王のツッコミに笑かされましたが
 ゴウセル事件で大暴れした「暴走聖騎士」大量発生とか
 ヘルブラムの真相とか!

 カタストロフが続く中、掟破りの聖騎士長対決、その軍配はどちらに上がるのか!?

 ドレファスにも、ゴウセルの悪夢から救ってくれた「誰か」とか
 逆転へのフラグはあるものの……?

 次回、第二十ニ話「君のためにできること」。