GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

ログ・ホライズン 2期 第22話「異邦人」感想。エアメガネかわいい! いよいよ“現実帰還”の手がかりが……?

“典災”多すぎィ!? とりあえず、「知ってる人」が見つかった!?

イメージ 11

イメージ 1

 現実世界帰還の鍵は、やはり“典災”。ロエ2も含め、実は「別の異世界人」が混在していたってワケね。
 典災の多くが、「実は倒されてました」展開だったのは笑いましたが
 まず、彼らから話を聞くのが第一歩か。

 しかし、全ての子供は若者となり、己の意思でもう一度誕生するのニャ…。自分で、自分の人生を選んで…

「選び取る」尊さ
 また、セララを通して、自分で選択する尊さを再び学ぶ、班長もカッコ良かった!
 置かれた境遇から、己を形作り、己で選ぶ!

 こういった教育的な面は、NHK作品になったのも納得ですね。

ロエ2『同時に、私自身は貴方の妹でもある……』

イメージ 3

 シロエのサブ・キャラ(妹)異世界の魂、ってワケ。

根治法は「現実帰還」
 アキバに時折現れる謎の怪物「典災」、その目的は「エンパシオン」の回収だと判明する。
 ロエ2の手紙には、彼女たち「観察者」と「典災」の正体
 目的が描かれていた。

 彼女達も、同様に「大災害」で召喚され、テストサーバにあったキャラ・怪物に入り込んだ異世界人。

 異世界が「エンパシオン」回収の為に、様々な異世界・別宇宙に放った人工生命であり
 特に典災は、回収を最優先する低知性体。

 ロエ2は探索を旨とする高知性体、現実帰還なら、そのコミュニティ「月」に行ってみろと助言する。

 次回、第23話「アイザックとイセルス」

シロエ『――――相変わらず、無茶するなぁ……』

ナズナ『ウチの子に手を出す輩には、容赦しないのさ♪』

アカツキ『うむ、容赦しないのだぞ主君!』

イメージ 4

イメージ 5

 今週、ところどころ作画が特徴的だった気がするのだぞ、主君!

さらば典災、回想に死す!
 前回、対峙した「結婚の典災」は、既にソウジロウ達に倒されていたと判明。
 うーんこの総攻撃っぷり。

 変な敵でしたよ、こっちの世界に来てから一番、エルダーテイルみたいでした。ゲームみたいでした……。

 多分、“中身”も人工生命体だからでしょうね。
 ロボットみたいな。

 典災とくらべりゃ「英雄」とか「大地人」の方が、よっぽど人間してますよ。うん。

レザリック『アイザック君? そろそろ休憩をとらせましょうか?』

アイザック君『君付けはやめろって、言ってんだろっ!』

イメージ 6

 一期の「合宿」とか、ちょくちょく出番がある黒剣レザリックさん。

少年貴族イセルス
 一方、レイネシア姫の故郷「マイハマ」で、大地人騎士団の訓練に励むアイザック
 すっかりイセルス少年に懐かれ、大弱りであった。 

 お前らマジで、ソード・オブ・ペインブラック使うかんなぁぁぁぁぁぁぁぁっ!

 ああ、黒剣の由来ですね解ります。
 次回活躍予定。

 こう、アイザックさん、からかいやすいキャラだから仕方ないね!

ロデリック『――度量、物の価値を破壊してしまうモンスターだったのです』

ミチタカ『即席のハーフレイドチームで討伐に向かったんだが……』

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

 こう、菫星さんに存在感がありすぎる。喋れよ!

「度量」の典災
 また、物品の価値からダメージまで、基準値を歪める典災も出現し、生産系ギルドが総動員で迎撃。
 戦闘ダメージ、対象までコントロールする強敵だったが―――

 供贄一族の協力の下、遂に完成しました! 貴様の悪行は私が止めます! この“原器”で!

 原器、単位の基準となる“人工の基準器”の事。
 ロデさんかっけー!

 ミチタカさんをはじめ、生産系の総攻撃とかいう珍しいシチュだった模様。

『もう一件、天秤祭直前に起きた疫毒事件』

ロデリック『拡張パック絡みの新モンスターかと、結論してましたからねぇ』

イメージ 10

 他にも、過去「疫毒の典災」が出現して退治していたと判明、円卓会議は頭を抱える。
 典災と名乗る新モンスターが、街に現れている。

 いよいよ、「大災害」から一年を間近に控えつつ、街は物騒さを増す。

 ミナミの列車、“大地人レベルアップ”事件
 そして現実帰還の切望

 問題山積み。

シロエ『(荷物)持とうか?』

ミノリ『へいちゃらです! 何故なら……、じゃーん♪ 魔法鞄っ!』

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

 これは! 先に手を離した者を、シロエの真の母親とするって、アレですね!

ミノリ画伯の魔法鞄!
 会議がひけ、そこかしこの塞ぎこんだ人たちに目をやりながら帰っていると
 バイト帰りのミノリとてとらが!

「ケーキ買ってよー!」「ゼリーです!」「あんパンが待ってるぞ、主君っ!」

 大岡裁きばりに引っ張られるシロエ。
 シリアスが仕事しない!

 エアメガネしたり、何かと笑える一コマでしたねーっていうか、てとら神出鬼没すぎる。

アイザック『お前、最近気安いな?』

カラシン『またまたァ、そういうの、気にするタイプじゃないでしょゥ?』

イメージ 17

 円卓ルックだと、カラシンさんが別キャラ過ぎる。

マイハマにて
 円卓のカラシンは、その報告を兼ねて“マイハマ”の出店、そこに居たアイザックを訪れる。
 アイザックは、「戦争」が近いと読み取った。

 アイツ、この“絵”が見えていて、俺らをマイハマに……

 そしてシロエは、大地人の戦争が近付いていると読んで、強化合宿を行わせたのだ。
 ホント、怖い大学院生である。

 備えあれば憂いなし、またマイハマが「強い」となれば、敵も手出ししにくいワケですしね。

セララ『多分、“ちゃんとしたセララ”にならなきゃいけないだと思うんです』

『夢をかなえる前に、ちゃんとしたセララにならなきゃ』

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

 まずは自己確立、セララさん丸いのに良い子ですわ

背負うた子に教えられ
 列車事件で、不本意な状況に八つ当たりしたロンダークを、説得できなかった班長
 だが、成長しようとするセララに希望を見る。

 しかし、全ての子供は若者となり、己の意思でもう一度誕生するのニャ…。自分で、自分の人生を選んで…

 まあ、セララの夢は班長のお嫁さんですけどね!
 リアル班長どんななんだ……。

 大人は、状況に「大変だ」が先行するけど、子供は変化を楽しんでいる、そんな雰囲気も。

シロエ『考えてみたら、自分は幸運だったんだろうな……』

『最初の一番辛い時期に、みんなが居てくれたから――――』

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

 そういや、トウヤや五十鈴たちを閉じ込めてた小悪党も、馴染めなかったからなんですよね。

感謝と「これから」
 難問、この世界に適応できなかった人たちと、迫る軍靴の音。
 前者の解決策は、根本にあった。

 けっきょく、彼らが本当に救われるには、元の世界に帰る以外ないんだよ――――。

 遂に、このテーマが……。
 本作は「ボス」がいないから、この世界で、どうやって生きていくか?で手一杯でしたもんね。

 ゾロゾロ面子が揃ってくるのも、彼ららしくて笑えます。

シロエ『この手紙によると、ロエ2こそ僕が探していた人、という事になる』

『この世界、“この状況”を説明できる、3番目の誰か』

イメージ 2

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 1

イメージ 29

 解決策が解るわけじゃない、と明言。 

二種の「異邦人」
 ロエ2らは、ここと別の異世界が“エンパシオン”を回収すべく作った、別世界の人工生命体。
 回収専門で低知性な典災と、探索用の「監察者」ロエ2達。

 月への通信設備入手をお勧めする。この世界の月には「監察者」のコミュニティがあり、観察している

 犯人はわからないけど、全てを監察している異世界知性なら解る。
 だから、彼らとの交信を目指せ!

 ちょっと回りくどいけど、二期目ラストの始まりだ!

予告『レイネシアの弟、その祝いの席にも戦乱の気配が忍び寄っていた……』

イメージ 18

イメージ 12

 最近シリアス寄りなだけに、ヒャッハー!なミノリちゃんがマジ癒し。

エアメガネ可愛い!
 という訳で、月への交信設備って……、ああ第14話のアレがそうですよ!
 典災が壊してた遺跡、“天への回廊”って奴。
 なるほど。

 異世界人は、シロエ達の「エンパシオン」を欲しがってて、典災はその回収が最優先の低知性体。

 対し、ロエ2達は、「シロエ達は対等な知性体だ」と認め
 現実帰還するなら手を貸すと。

 帰すまいとする典災と、消極的にだけど手を貸してくれるという「監察者」か。

 次回、第23話「アイザックとイセルス」
 よっしゃ黒剣回だ!