GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

SHIROBAKO ♯21「クオリティを人質にすんな」感想。三女、オンエア開始! 同期の桜が語る過去

前期の問題児、タロー&監督、大活躍! 平岡、今昔物語。

イメージ 11

イメージ 17

 一話そのまんまに、いよいよ「三女」の放映が開始し、見守る武蔵ニスタッフの姿が面白い!
 平岡氏も再び爆発したけれど、同期の二人の言葉が入り混じって
 別な印象に見えてくるのがまた面白いですね。

 こっちもクオリティを大切にしてるかどうかって、ちょっとした事でクリエイターも感じ取れるんだよ。

クオリティ
 熱意を迸らせるCGの美沙に、絵麻ちゃんずかちゃんが無理して助力してくれたみたいに
 熱意ある人がいたら、一緒に頑張りたいと思う。

 その逆が今の平岡氏なんだろうなって、無関係なのに、一つのテーマで繋がってるのも面白かった!

ミムジー『で、アンタは? アンタはどうなの?』

イメージ 2

 いきなりオールスター「なんでアニメを作ってるの?」。あおい、自問自答……。

あおい、頑張る!
 いよいよ十月、第三飛行少女隊のオンエアは開始し、評判上々、制作快調!
 だが、ここで作画監督の瀬川も不満を爆発させ
 平岡を降ろせと要望する。

 あおいは彼自身と、平岡と専門学校の同期だったエリカ達から、業界に失望した経緯を聞きだした。

 クオリティを人質に、他の部署の負担を考慮しない勝手なクリエイター達に
 彼は怒り、失望していたのだ。

 あおいは彼に和解を促し、自身もまた「クリエイターを支援する」熱意と共に、最終話制作に乗り出す!

 次回、♯22「ノアは下着です」

池谷(演出)『ダビング終わったんだし、帰っちゃダメ……?』

エリカ(鬼)『まだリテイク作業、残ってますよね? ん』

イメージ 3

イメージ 4

 池谷さん、今週も逃げる、逃げるよ! 大脱走マーチだよ!

名操縦士・矢野エリカ
 五話「外注&池谷演出」を担当するエリカは、驚異的な管理力で池谷氏に仕事をさせていた。
 矢野エリカ、この女、無敵である。

 あそこ、解ってないんだよねぇ。ダビングに色つける重要さを。

 また「ダビング」に、絵の色付けが間に合うか否かで
 効果音の質が変わる、とも説明。

 たとえば床の素材が石か板かで、効果音は変わるから、それが解るよう色付けが必要なのだ、と。

エリカ『ニコニコ笑ってただけだよ?』

タロー『矢野さんの笑顔なら、なおさら恐怖倍増だよなぁ………』

イメージ 5

 そ~お?でゆっくりと首を動かすエリカさん、マジ女帝。
 そら、タロさんもビビりますわ
 作画もスゴいですわ。

佐藤『このスケジュールで間に合うんですか?』

タロー『間に合わせるように頑張るの制作の仕事だっ!』

イメージ 6

 そんなタロさを、鼻で笑う平岡

「制作」のお仕事
 そして、あおいの悩みをスパッと形にする佐藤さん、真面目。
 制作自身は、何かを作るわけじゃない

 間に合わせるよう頑張るのは、作画さんや現場ですよね? 私はただ、皆さんが頑張る為に頑張るというか…

 そういう立場だから、制作の態度は、現場の空気を左右するんでしょうね。
 自分が作るんじゃないのに、偉そうな制作とかヤだよね。

 いや変な話。

CGの社長『このモーション、藤堂さんに頼みたいんだけど』

エリカ『うりぼうが暴れるシーン、ぜひ杉江さんにやって貰いたいんですけれど』

イメージ 7

イメージ 8

 美沙が笑みに代わる瞬間、ミョーに可愛かった!

「うりぼう」で合作!
 そして、遂に美沙に「動物CG」のお仕事が! おめでとう藤堂くん!
 しかもキャラ作画は、絵麻が担当に。

 今時のこういうキャラは、若い子の方が上手く描けるじゃないかな? 安原さん、一緒に描かない?

 遠景でのCGは美沙
 アップでの「うりぼう」作画は杉江さん、キャラは絵麻ちゃん。

 なんという素敵な合作!

あおい『大変ですね、社長自ら』

磯川(外部)『そう、制作進行・兼・社長! まだ一年だし、人いないんだよ』

イメージ 9

 なるほど、同じ専門学校生だったか!

同期の桜、今昔
 新キャラ、タイタニックと同じく「一話丸ごと制作してくれる」外注会社の、磯川社長が来社。
 彼と、エリカと平岡が専門学校の同期だったと明かされる。

 おお、キミ真面目に働いてくれそうだな♪ ウチ制作募集してるんだよ、どう? 給料タダで。

 磯川氏、軽快すぎる!
 二人と同期、演出の円さんと同年齢か。

 平岡の無礼も気にしない、「かつての彼」を知る人物。平岡がますます追い込まれてる……。

しずか『私、乗り物酔いした事なかったんだ~。でも、演技バッチリだよ!』

絵麻『私も、こういう時の表情、よく解った!』

イメージ 10

イメージ 1

 嗚呼! 絵麻ちゃんが完全にギャグマンガ!?

藤堂美沙、体験学習!
 一方、戦闘機のシーンをどう作るかを学ぶべく、美沙×しずか×絵麻で遊園地に!
 こないだ、絵麻さんが梅干食わせたのと、同じパターンである。

 作りますっ! 頑張ってっ!

 じゃあ、もう一回乗っても良いですか?
 え……!?

 こう、互いに感化されて「頑張ろう!」って感じが気持ち良いですね! CGもスゴイしオチも笑える!

円(演出)『もう、実況はじまってますよ?』

山田(演出)『円、だからお前ネット見すぎ!』

監督『だからネットはやらんっ!』

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

 マイバットを買いますとか言ってる、ゴスロリ様の存在感。

「三女」放映開始っ!
 はや十月、武蔵ニ渾身の「三女」は放映を開始し、一話と同じ構図でワイワイガヤガヤ!
 同じようなシーンだけど、印象は全く違う!

「動いてました!」「すごいです!」「みゃーもりと同じこと言ってる♪」

 キャラの個性が掴めたから
 ガヤガヤ騒いで、オンエアを見てるキャラに持つ印象が違う!

 さりげなく、提供画面で「ゴリオシ」「ブッコミ」の出資サイドも映るし、短いけど笑えた!

タロー『いやぁ、一話が無事オンエアになったのも、俺が頑張ったおかげだよなぁ』

イメージ 14

 俺が頼むと、誰もが「おう、タローちゃんなら断れねぇなぁ!」と二つ返事
 締め切りに間に合うどころか、早く切り上げて
 早く回収にきてとお呼びがかかる!

 そんな人に、私はなりたい……

 願望かよ!?
 翌日、ノリノリのタローちゃん。
 そして「なってください」「なりましょー♪」と軽快な新人コンビ、すっかり慣れちゃってまぁ!

瀬川(作監)『平岡君、私の担当の話数から、外して貰えない?』

『―――とにかく、もうあの人は寄越さないでくれる』

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

 この辺、一話を連想させる作りでしたね。

平岡、再炸裂
 逆に平岡は、絵麻の件のように「低クオリティ」を何より嫌う、瀬川女史にキレられた。
 だが、平岡にも言い分はあるのだ。

 クオリティを人質にするんじゃねえ! どいつもこいつも、自分の仕事ばっかで、他人の事なんて考えてねえ!

 キャラデザの件のように、一つ遅れれば他のセクションが遅れる
 遅れた時、責められるのは制作なんです。

 それこそ一クール目の監督のように、クオリティを理由に、他所に迷惑をかけるのは迷惑です!

 あおい達は綱渡りで何とかしましたが
 普通はアウトでしたし、きっと、平岡はダメになってしまった現場を知ってるんでしょうね……。

平岡『この仕事、真面目にやってたら続かねぇんだよッ!』

あおい『じゃあどうして、平岡さんは続けてるんですか?』

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

 ネコに優しい平岡、平岡に優しいエリカ。自分に優しいタロー。

理想と現実
 あおいはエリカから、平岡の専門学校時代を聞き出すが、今とはまるで別人だった。
 やる気の塊で、熱く真面目で、リーダーシップもあった―――。

 真面目な人ほど、現実のギャップに傷ついたり、絶望したりするからね―――。

 でも現実は、木下監督を筆頭に、逃げる演出家に面倒くさい美術
 クオリティを言い訳に、仕事が遅い人が多くて
 それで叱責されるのは制作。

 エリカや磯川よりも、ずっとずっと熱意があったから、逆に現実にくじけてしまったのだ、と。

磯川社長『まぁ、お茶でも飲んでいって? 』

『わざわざ来てくれたって事は、何かあんでしょ?』

イメージ 21

 磯川さんがデキた人すぎる。

「壁」に突き当たった人
 その後、仕事にかこつけて磯川氏に合いにいったあおいを、磯川は察してくれた。
 絵もかけないのにアニメに携わる、同じ悩みを。

 万策つきたぁーーーっ! の人

 本田さんは、もっと別の夢があったと、別の仕事へ向き直りましたが――――。
 何気に、磯川さんにめちゃくちゃ親切にしてたらしい。

 会社立ち上げのアドバイスや仕事の紹介、やはり本田さんは偉大

磯川『クリエイターの凄さや情熱に、ガラにもなく感動しちゃって―――』

『彼らの才能を、正当に評価して欲しいと思うようになってさ』

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

 クオリティを諦めなかったからこそ、生まれたシーンもある。

磯川氏の答え
 そして、彼はクリエイターの待遇を良くしたいと、会社を立ち上げる道を選んだ。
 平岡とは真逆だとあおいは思う。

 こっちもクオリティを大切にしてるかどうかって、ちょっとした事でクリエイターも感じ取れるんだよ。

 だが平岡も、内心では、彼らを解ってるし尊敬してるから残ってる。
 そう、磯川も彼の再起を望んでいた。

 そして「クオリティを大切にする」事を止めない事が、クリエイターの気持ちを変えると語ってくれた。

あおい『瀬川さんは説得しますので、十二話は予定通りお願いします』

イメージ 25

 続行命令に、思わずハッとする平岡

賭け
 あおいの結論は、クレームを反映した「雑な仕事に対する訂正」で、平岡に続行させること。
 また、クリエイターさんとコミュニケーションをとって欲しい
 そう平岡に訴える。

 降ろされると諦めていた平岡は、ハッとしつつも続行を受け入れた。

 でも、平岡側の意識改革はまだ。
 これは後一回、大きなトラブルを起こすのか、或いはその前に「変わる」のか……?

伊波(他所の社長)『けっこう制作辞めたって聞いたけど、安定してたな?』

『デスクが頑張ってくれたんですよ、宮森あおいっていう……』

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

 そして、自分が声優だとは言わせないずかちゃん。ホントもう……。

おいちゃん今昔物語
 その夜、ナベPの先輩で「就活で落とされたアニメ会社の社長に、あおいは呼び出される。
 押しが強く、しかも酔っ払った社長に翻弄されるが――――

 今も「これが出来る」って何もないんですけど…、でも、皆に良いアニメを作って貰えるよう、頑張りたいです!

 お、おう……!
 あの頃と「何も出来ない」のは同じ。

 でも、良いアニメを作ってもらいたい熱い制作魂が宿った!

 かくて苦手だったザ・ボーンの社長に、宮森あさりは、名前を覚えてもらったのだったッ!

木下監督『上がったぁーーーーーーーーーっ!』

武蔵ニ『え!?』『最終話のコンテが!?』『上がった!?』

タロー『すげぇ三週でアップッスよ!? えくそだすっは三ヶ月かかったのにっ!』

イメージ 30

イメージ 31

 タローさんの適切すぎるツッコミ。

監督四倍速ッ!
 翌日、なんと一話の時点で「最終話コンテアップ」という、天変地異の前触れが起こる。
 こ、これはまた原作者にハネられるフラグですか!?
 変な話!?

 スケジュールは無いですが、三人で頑張りましょうっ!

 最終話制作は、新人コンビ+あおい!
 三人体制でレッツゴー!

 平岡の件を起爆剤にして、あおいは「サポート役」として、更に真っ直ぐに走り出す!

予告・エリカ『池谷さん? 今迎えに行くので、そこを一歩も動かない!』

イメージ 32

イメージ 7

イメージ 1

 EDは「ver5」となりコンプリート! ……アレ、って事は次回はEDが無いパターンかな変な話?

SIROBAKOオールスター!
 キャラ的にも、ストーリー的にも、今までのSIROBAKOを踏まえたオールスターだった第21話!
 変な話、あおい達だって、散々「クオリティ重視」で
 現場に負担かけてるワケじゃないですか。

 あおい達は何とかしましたけど、奇跡は起こらず、グダグダになった現場を見てきたんだろうなって。

 平岡の人生は、断片的にしか語られていませんし
 他人を理解しようとせず、自分の事情は解ってくれと文句を言う、苛立たせるキャラだと思います。

 けど、今までのSIROBAKOを思い出すと、彼の主張や過去も理解できるなと、そんな風に思えました。

 次回、♯22「ノアは下着です」
 下着なんですね!

■用語集はこちら
 公式 http://shirobako-anime.com/