GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

艦隊これくしょん -艦これ- 第9話「改二っぽい?!」感想。MO攻略戦、意外な急転!? 大幅イメチェン“改ニ”登場!

夕立ちゃん「大規模改装」回! と見せかけて吹雪回! そして……。

イメージ 20

イメージ 26

 突然の艦隊再編と夕立の昇格、更に、手薄になった鎮守府が襲撃され、エア提督は行方不明に!?
 怒涛の展開と、提督が残した「改になれ」の一言!
 次回も吹雪、激闘編っぽい!

 駆逐艦吹雪、提督からの言葉を伝える―――、“改”になれ!

貝になれ!?
 と、聞こえてしまって哲学的でしたが、ああ、吹雪も「改」になんなさいって事か!?
 新生夕立ちゃんも、すっかり雰囲気変わりましたが
 新・吹雪ちゃんもあんな感じに…?

 ドカ食いコンビを結成した大和&赤城さんインパクト大で、いい存在感だった!

通信士・大淀『図上演習では、成功率八割となっています』

イメージ 2

 この戦力があれば、棲地MOなど、あっという間に叩いてくれるわ!

鎮守府、強襲!?
 戦力をトラック諸島に集結させ、長門艦隊は「棲地MO攻略」に、艦隊の再編成を行う。
 吹雪は部隊を解散、本国帰還を命じられた。

 更に、同僚・夕立が「大規模改装」と「赤城部隊編入」を受け、吹雪は焦る。

 しかし、夕立もまた、人知れず努力を重ねていたと知り
 自分だけが頑張っていたのではないと悟った。

 気を持ち直した吹雪は帰還するが、鎮守府が敵の攻撃を受け、提督が行方不明になってしまう。

 実は提督が、これを見越して艦隊再編を行っていたと知り
 長門たちは鎮守府から再反攻に出る!

 次回、第10話「頑張っていきましょー!」

羽黒『あ、あの…、夕立ちゃんが!』

夕立(発光中)『――――とくに平気っぽいけど……、熱っぽい…、ぽい?』

イメージ 3

 まさか、これが夕立ちゃんの見納めになるっぽいとは……。

ぽい……
 膨大な戦力を集結、長門秘書艦が盛大な敗戦フラグを立てていた頃、夕立は光っていた。
 知らなかったよ、オンナノコって光るんだね!

 これは…! 夕立、すぐ工廠へ。

 が、すぐさま察した長門秘書艦により「工廠」へ……。
 艦娘って、どないな生き物なんだ…。

 開始二分で恥をさらした雷ちゃんも、すごく本気を見せてましたね!

睦月『特に、苦しそうではなかったけどね……』

吹雪『でも工廠に入ったって事は、何かあったってことだよね……?』

イメージ 4

 ヨダレたらしながら改造するマッドさんって、良いものですよね……。

絶対に笑っちゃいけない工廠
 そんな、夕立を心配した吹雪と睦月は「工廠」に向かうも、ただの変人の巣窟であった。
 大井&北上、夕張、極めつけは金剛さま―――。 

 暖かいから、みんな、気持ちがおおらかになってるんだよ……、きっと

 ひでえフォロー!
 毎度、地味にフォローになってない睦月ちゃん!

 そんな彼女たちの耳に、聞きなれた、「ぽい~~」という鳴き声が響き――――。 

吹雪&睦月『『失礼しましたっ!?』』

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 8

 大規模改装って、もう別人じゃないですかー!?

既に「駆逐艦」に非ず
 その姿、見れば別人聞けば当人、夕立は「夕立改ニ」へと大規模改装されたのだ、という。
 駆逐艦を越えた火力と、プロポーションを有するレディに進化!

 そうらしいっぽいけど、まだ判らないわね♪

 わね!?
 嗚呼、成長すれば「ぽい」が失われるというのか!?

 なんかワンコっぽく大人っぽくなり、吹雪より一足先に「成長」を果たす夕立であった。

島風駆逐艦)『でも意外だな、吹雪ちゃんが先になるかと思ったのに』

『だって吹雪ちゃんだけでしょ? 駆逐艦で、旗艦なの』

イメージ 7

 そして駆逐艦島風火のないところに煙を立てる、天然かつ高等テクニック。
 吹雪は、自分と夕立をつい比べてしまう。

 さすが島風長門秘書艦と同じ声優さんなだけはある!

大和(大食い)『大規模改装、ですか――――?』

吹雪『はい、どうやったらなれるんでしょう』

イメージ 9

イメージ 10

 ごく自然に、かつ瞬時に、ご飯を消滅させてゆくドカ食い二人の存在感。

努力に憾み勿かりしか
 その後、仲良くなった「大和」に相談していたところ、事情を察した赤城先輩も現れ
 ご飯を食べつつ、頑張っていると励まされる。

 努力に憾み勿かりしか。吹雪さん、あなたは頑張っていますよ? 必ず結果は付いてくると思うわ……?

 十分に努力したか?
 はい、そうです! と解っている赤城先輩。

 良い先輩、そして頬にご飯ツブくっつけたままとか、さすが赤城先輩。

吹雪『撫でられちゃった~、撫でられちゃった♪』

『赤城先輩に撫でられたぁ~♪ 褒められたよぉぉ~~~♪』

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 1

イメージ 15

 ダメだこの駆逐艦いったん不幸にしないと!

禍福はセットでやってくる
 赤城に撫でられ、ご機嫌絶好調の吹雪だったが、直後、夕立と共に長門に辞令を下される
 夕立は、栄誉ある「主力艦隊」の転属を命じられた。

 駆逐艦・夕立、明日から第一機動部隊に転属を命じる――――。

 それも、部隊名からして「赤城の艦隊」
 吹雪の夢じゃないですかー!

 そして、深海棲艦に悪夢、見せてあげる!とか、決め台詞を言っちゃう夕立さん!

長門『そして、駆逐艦“吹雪”!』

イメージ 16

イメージ 17

 まさかの、第五遊撃部隊解散、艦隊再編の時期だったか……。

非情の「帰還」命令
 対し、吹雪は所属部隊は解散、旗艦解任、鎮守府への帰還を命じられ、失意に沈む。
 MO攻略に、自分は不要だと言われたも同然だった。

 本当だよ! 睦月、本当にすごいと思ったよ! 吹雪ちゃんの努力と勇気、見習わなきゃって!

 睦月ちゃん必死の説得。
 しかし、目の前で「夢」を掻っ攫われ、自信の源だった“第五遊撃隊”は解散命令。

 これは落ち込んでも仕方ない。

金剛『OH? ブッキー、大丈夫デスか?』

吹雪『金剛さん……!』

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 21

 金剛さん、ギャグでもシリアスでも無敵すぎる

待って……!
 だが困った時の金剛さま、たまたま海岸で彼女と出会い、思わず泣き崩れる吹雪。
 その夜、赤城と夕立に置いていかれる夢を見る。

 ダメだなぁ、あんな夢、見るなんて……。

 よりによって、一番身近な夕立だったからこそ辛い。
 しかも引き比べてた直後だし。

 しかし、直立不動で滑り去る赤城さんは、さすがにシュールの塊であった―――。

吹雪『けっこう、頑張ってきたんだけどなぁ……』

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

 夕立、こういうスポ根から一番遠いキャラだと思ったら……。

「頑張った」
 だが、夕立が早朝から訓練していた事に気付き、それが自分に感化されてだったと聞かされた。
 吹雪は“頑張った”と思ったが、周りだって頑張ってるのだ。

 バカだな私……、みんな頑張ってる、皆々頑張ってる……! 自分の為に、皆の為に―――!

 頑張ったという言葉を、慰めに使ってはいけない!
 吹雪、視野が広がるの巻。

 笑顔を取り戻し、「おーい!」と呼びかける吹雪に、「ぽーい!」と呼び返す夕立ちゃん! それはどうなの!?

長門『空母“蒼龍”“飛龍”も追って鎮守府に向かう。偵察と護衛を頼んだぞ!』

吹雪・睦月・最上『『『はいっ!』』』

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

 嗚呼、先日の「片目」!? 復讐に燃えていらっしゃる!?

暗転する攻略作戦
 翌日、スッキリ爽やかに帰還する吹雪たちだったが、その前方では「鎮守府」が燃えていた。
 深海棲艦が、空母部隊で本土を強襲したのである。

 手薄になった防衛戦を突破されたか……、深海棲艦の機動部隊が、そこまでするとは……!

 史実、ドーリットル空襲がモチーフか?
 意気揚々と進む艦隊の後方、本土への、直接攻撃が為されていたと判明。

 実は提督はこれを予測し、高速な吹雪を先方に、全艦を引き上げさせる命令を下していたのであった。

間宮『(皆は)無事よ、間一髪だったけど、提督が皆を避難させて』

『提督だけは―――、避難が終わるまで、自分が逃げる訳にはいかない、って…』

イメージ 31

 思い出の地の大損害に、大井さんもブチキレ5秒前である。

消えた提督
 爆撃、その被害は思った以上に甚大であり、軍港から甘味処まで漏れなく被害を受けていた。
 しかも重点目標の「提督」は、自ら避難指示に奔走し―――。

 なんとエア提督、この土壇場で消息不明となるファンサービス……!

 ただ、死んだとは思えません。
 爆撃ですから、敵にさらわれたケースも無い。

 なら何故、姿を隠しているのかという話になりますし、どんな劇的なリターンマッチを……!?

長門『しかし、ここに提督の残した作戦司令書が見つかった』

『作戦と共に、ここに提督の言葉が書かれてある』

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

 あ、大和さんはトラック島のままなのね。

吹雪「頑張る!」
 やがて、戻った艦娘総動員で手ずから修理し、鎮守府は応急処置を完了。
 反攻を開始すると共に、新たな「言葉」が伝えられた。

 駆逐艦吹雪、提督からの言葉を伝える―――、“改”になれ!

 貝になれ!?
 閉じこもれって意味ですね違います!

 ともかく、九話にして、今までと全く異質な緊迫演出! 吹雪、今度こそ「頑張る」時!

次回……! って、サブタイで気が抜けるっぽい!?

イメージ 14

イメージ 1

 眠そうだった夕立の様子って、前振りだったのね。

奇数回はシリアスの法則!
 いやあ、蒼龍&飛龍っていうと「撃沈される」イメージがあったので、ヒヤっとした!
 が、事態は本土空襲を受ける展開に!

 サブタイ通り夕立回、そして同僚の昇進に引け目を感じ、苦悩する吹雪回!

 実は夕立ちゃんも努力してたとか
 今回、夜遅くまで訓練してたのも前振りだったのね。

 頑張ったけど報われなかった、けどそれは、周りだって頑張ってるからなんだ!ってのは清々しいね!

 意外や、予想以上に金剛さんが癒し要素になってますが
 オープニングで傘を差し伸べてくれるし
 そういう人なのね。

 次回、第10話「頑張っていきましょー!」

海戦史上、屈指の大乱戦「第三次ソロモン海戦」で知られるっぽい?

イメージ 20

 航行機能を失いながらも、ハンモックを張って「帆船」として戦おうとした不屈の艦。

白露型 4番艦 駆逐艦
 実は、吹雪型」よりも後に設計された駆逐艦、白露型の4番艦。
 やはり軍縮条約の影響を受けている。

 大型艦艇の制限後、ロンドン条約で「補助艦艇もダメな?」と、制限が増やされたのである。

 そこで、“計画していた性能”を、より小型の艦に盛り込んだ「初春型」が作られ
 これの反省点を踏まえ、練り直したのが白露型。

 特に有名な戦いは、背中の「帆布」の由来である“第三次ソロモン海戦”の第一夜戦

 海戦史上でも例がない、と言われたほどにムッチャクチャな乱戦で
 両軍共に陣形を乱し、乱戦を行った。

 夕立は獅子奮迅の大活躍をしたとされる。

 が、この戦いは大乱戦で、敵も味方も誤射しまくった為、その「戦果」には疑問も残る。
 口癖「っぽい?」も、これが原因なのかも。
 多分。

 活躍したっぽい?
 余談ですが、本艦の水雷長は生き延び、11代海上自衛隊幕僚長となった「中村悌次」氏っぽい。

余談Ⅱ、本国空襲

イメージ 29

 意気揚々と戦線を進めてたら本国が襲われてひえー!というのは、ドーリットル空襲を連想。
 日本軍がまだ快調だった頃に、米軍が空母で強襲したという
 今回まんまな事件があったのです。

 海外っぽい名称なのは、指揮官が「ドーリットル中佐」だったからだそうな。

 なんと、デカくて良く飛ぶ「陸軍の爆撃機」を空母で移送、発艦させるという異例の戦術が採られ
 大統領にさえ、作戦内容はトップシークレットとされたという。

 日本側も探知こそしたものの、艦載機では不可能な距離を飛来してきた爆撃機に被害を受けた。