GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

マジンボーン 第48話「反逆の雄叫び」感想。リーベルトvsソキウス! あの口癖が伏線だった!?

創造神=最大の老害。レボルト様、その発想は飛躍しすぎですぜ!?

イメージ 22

イメージ 20

 レボルトの口癖、老害」が、本当は創造神そのものへの侮蔑だったとか、意外だけど納得過ぎる!?
 終焉の結びの意味など、ある程度予想されていた展開でしたが
 見せ方がすごく面白かった!

 始まりの魔神など害悪でしかない―――、宇宙が始まった時から存在する、最大の老害だ!

外道、最後の戦い!
 そして今週、リーベルト様と熱い転送合戦を繰り広げ、やっぱり強いぜ!と思わされたソキウス
 まさか、あれが最後の活躍だったなんて……

 そして残る三人の評議会との死闘で、次回、いよいよ鋼の意思が覚醒する! 楽しみィ!

智恵『大丈夫よ、これとっても快適だし♪ 私達もレッツゴーっ!』

イメージ 2

 このカーチャン、異星でもノリノリである

レボルトの革命
 ネポス、始まりの魔神交信の祭壇で、竜神智恵は「終焉の結び」の正体を知る。
 レボルトも、かつてケルベロスにそれを知らされていた。

 襲いきたクラーケンを撃破した一行は、コクーンのタイムリミットを迎え、ウロボロスに圧倒された!

 連行された翔悟の姿に、レボルトは「これで、始まりの魔神を駆逐できる」と宣言
 終焉の結びとは、宇宙をリセットするラインだったのだ。

 邪魔になったウロボロスベヒモスリヴァイアサンを立て続けに葬ったレボルトは、神への反逆を叫ぶ。

 次回、第49話「狼と虎」

智恵『祭壇じゃないかしら…? 始まりの魔神と、交信する為の祭壇』

『昔は地球にもあったの――――、我が家の神社なの』

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 27

 ママさん、あっさり明かしていくスタイル。

「魔神召喚」の祭壇
 風雲シュトルツ城「魔神交信の祭壇」、かつての地球では、竜神神社が同様の役割を担っていたと母は語る。
 だがドラゴンが眠りに付き、その守護へと役割を変えたという。

 この紋章は、そう、魔神召喚の紋章よっ!

 確かに、惑星核ドラゴンが眠ってたワケですし、そら祭壇ですわな。
 身近にあった神の祭壇!

 そして、同じ惑星核のドラゴンに呼応し、「魔神召喚」が発動するのですが――――。

海の男クラーケン『地下に逃げるとは袋の鼠! 生き埋めにしてくれる!』

翔悟『―――後の事は、俺たちに任せてくれ』

イメージ 5

 翔ちゃん、すっかり立派になって……。

母、託す
 そこに何も知らないクラーケンが現れ、天井を破壊、翔悟達は迎撃を余儀なくされた。
 母は、一人だけ地球へと送還される。

 解ったわ……、コクーンは必ず完成させる。だから、あなた達も必ず帰ってくるのよ?

 おい空気よめ海の男!
 意外や、これで地下祭壇の調査は終了か?

 しかし母さん、息子の残したぬくもりを胸に、めちゃくちゃ有能な立ち回りを見せていきます。

烏賊『海の男、クラーケン! フィッシングスクィージャーッ!!』

『同じ手を喰らうかよぉ! クラァッハッハッハッ!』

イメージ 6

イメージ 7

 おおっとライノー、がっぷり組んだ! のこったのこった!

海の男の心意気!
 かつて、単騎で翔悟達を圧倒したクラーケンは、今回も圧倒的なパワーを見せる!
 だが、力にはパワー!

 力なら負けんぞぉぉぉぉぉぉっ!

 タイロンvs大王イカ
 というか、いけー!とかレオが応援に徹してて笑います。助けに行けよ!

 クラーケン強い、マジ強い!

クラーケン『なんじゃこれは!? バカな!? この俺が釣られるなんて!』

ライノー『今ですっ!』

イメージ 8

イメージ 9

 いじめ、かっこわるい!

アイアン、総攻撃!
 パワーに優れ、水中へエスケープする能力まである厄介なクラーケンですが
 なんとタイロン、これを一本釣り!

 バカな、この俺が釣られるなんて!?

 上手いこと言うなよ!
 そして、流れるように五人がかりでボッコボコにするとか、翔悟達、マジ外道。

ビヨ~~~~ン

イメージ 10

 〆に、「必殺仕事人」よろしく、触手を揺らしてトドメをさすタイロン。
 安心の時代劇ネタ。

 強敵ダーククラーケンも、これにて退場か……。

ルークさん『コクーンの再起動には時間がかかる、一旦地球に戻ろう』

ウロボロス『いやぁ~、お見事でした。次は私が相手です』

イメージ 11

 敢えて、転移合戦で対応するウロボロスさん、マジ空間属性。

転移合戦!
 だが、実は「コクーンの限界時間」を見切っての捨て駒作戦だったのだと判明。
 本命の評議会、ウロボロスに一行は翻弄される。

 どうした? 振り切ってみろ……!

 しかしウロボロス遥か格下のリーベルトに挑発を受けて、転移合戦に!
 ホント、この人もノリが良いな!

 しかし当然、先にリーベルトの転移能力が限界を迎えるが――――。、

ウロボロス『その程度か、空間属性の力を使いすぎおって!』

リーベルト『かかったな……!』

イメージ 12

イメージ 13

 一斉攻撃! 絵面がシュールすぎる!?

父の仇!
 が、リーベルトに気を取られすぎたウロボロスに、五大アイアンの総攻撃が直撃!
 〆は、最大限に威力を乗せたパンサーの一撃

 父の仇――――、フル・アクセルスペーサーッ!

 おお、新技だ!
 さすがに、無防備のまま五発直撃+ホワイトの全力アタック'''なら、相当なダメージのはず!

 これでウロボロスを倒したかと思いきや

ウロボロス『あいたたたた、痛いじゃないですか?(棒読み)』

『―――はい、コクーン時間切れ♪』

イメージ 14

イメージ 15

 直撃でも健在、やはり評議会は格が違うらしい……。

逆転また逆転
 しかし、ウロボロスにはたいしたダメージとなっておらず、反撃で六人は戦闘不能に。
 コクーンの時間切れ狙いも、虎狼兄弟の知恵と判明する。

 コクーンの弱点は時間制限、……って事だ。

 転移脱出にも割り込まれ、翔悟とリーベルト様は囚われの身に。
 一番肝心な二人が!

 やっぱり、ウロボロス様って性格悪いけど優秀。。性格は悪いですけれど。

翔悟『リーベルトさんの親父さんは、ネポスに災いをもたらすかもって!』

ソキウス『何を言うか、終焉の結びとは、ネポスが自由を手に入れる為のもの』

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18
 
 しかしレボルト、優秀な相棒にレッドカード!

蛇の尻尾切り
 だが、翔悟=ドラゴンを掌中としたレボルトは豹変、相棒ソキウスを手にかけた。
 逆に障害となりうる彼に、先手を打って腹パンチを食らわす!

 キミの仕事はもう終わっただけの事……、そう、もうキミは不要なのだよ。

 やっぱり騙してた!
 その名、“終焉の結び”の効果は、リーベルトが聞いた通り、災いをもたらすラインと判明する。

 ソキウスが動揺しすぎて、ざまあみろというより辛い。

レボルト『―――私は、若い頃より疑問を抱いていた』

『そんな私の問いに応えてくれたのは、ケルベロスボーン……!』

イメージ 1

イメージ 19

 若レボルト様! 今よりちょっと真面目そう。

宇宙消滅のライン
 これまで、クルード達がそうだったように、「ネポス人は、始まりの魔神の為に生きる」種族
 そうして他人の為に生きる事に、レボルトは疑問を抱いた。

 そうよ、終焉の結びの秘密は召喚の紋章に描かれていたわ、宇宙消滅のラインだって!

 同じく、強力なのに「惑星核」に選ばれなかったボーン
 ケルベロスと意気投合。

 その手段として、宇宙そのものを消滅させる、ラインの存在を教えられたという。

レボルト『始まりの魔神など、この惑星にとって害悪でしかない―――』

『宇宙が始まった時から存在する、最大の老害だ!』

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

 あーん、ウロ様が死んだ! 美人薄命すぎィ!?

老害駆逐!
 レボルトの目的とは、宇宙そのものを新生させ、自ら神に成り代わり世直しすること!
 逆らったウロボロスもまた、粉々にされてしまう。

 三つの核で「惑星直列」を起こせば、宇宙は生まれた時の姿に戻る、そして、新たな宇宙の創造主となる!

 創造神=老害その発想はなかった!?
 ウロボロスまで瞬殺!?

 バカな、今回の活躍っぷりは、最後の輝きだったとか残酷すぎる……。

バーリッシュ『クルード様、シュトルツ様より託された命令だ』

ペルブランド『そなたらは生き延び、合流せよ!』

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

 レボルトの一人称が「我」になってるの、伏線なのでしょうか……?

反逆の雄叫び
 直後、生き延びていた評議会バー様&ペル様が現れ、捨て身で道を切り開く。
 と共に、バットの手でルークたちも「宇宙」へ転移するが―――。

 始まりの魔神よ! 我はこの宇宙から、必ずや貴様を排除するーーーーーーッ!

 逃げる翔悟とリーベル
 そして、二大評議会と対峙するアイアン四人衆!

 バー様とペル様、これで今度こそ本当に退場なのか……!? 捨て身の守りとかカッコよすぎるよ!

予告『信頼と裏切り……、消せない記憶、そして譲れぬ信念!』

イメージ 23

 ソキウっさん、意外にネポス思いな人だった……。

次回、虎狼兄弟とラインを組む!?
 やはりレボルトは、自分たち以外は全て消滅させてでも、始まりの魔神を排除したいと考えていた。
 それ自体は、決して珍しい設定じゃないですが
 老害発言がインパクトすぎる!

 それに、始まり様への忠義と、自分自身が翔悟達を助けたい思いで板ばさみになったクルード様とか
 始まり様の為に戦い、強くなる以外の価値観に驚いたリーベルト様といい
 おかしな星だと、繰り返し説いてるんですよね。

 レボルトとの決戦は避けられないとして
 後は、始まり様自身が、今の状況をどう思っているかで、キレイに決着しそうな予感。

 次回、第49話「狼と虎」