GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

BAMBOO BLADE C 4巻[土塚理弘&高尾じんぐ]感想。インターハイも佳境、いよいよ“A”と“B”から参戦!

高校女子剣道・ベスト8! タマちゃんに勝てる奴なんているのだろうか!

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 6

※画像右下隅クリックで拡大。

 時間軸上、バンブーブレードの「その後」にあたるスピンオフに、タマちゃんが参戦!
 同じくスピンオフ、中学編“B”最強だったカグヤも参戦し
 次巻、希輝は勝てるのか!?

 絶望的な才能の差を思い知らされ、一度は剣道から離れた少女と熱血少年の物語、クライマックス!

新旧主人公対決!
 にしても、旧作主人公タマちゃんと、現主人公キキの激突ってまた無茶を……。
 どちらが勝つのか、今から楽しみな激突ですね。

 内容的には、表紙も納得のゲンさんが超カッコ良かった!

バンブーブレードで大問題を起こしたヒロイン、ウラも参戦!

イメージ 7

 この人、絶対決勝まで負けませんね(確信)。

決戦前夜
 インターハイでサミの友達と当たったキキは、激闘の末これを破り、ベスト8進出を決めた。
 しかし、次なるは室江高校二年・川添珠姫との対戦。

 彼女を破れば、念願のカグヤとの再戦が待っていると気負うキキ。

 だが思えば、二年前に彼女に敗れた事で、自分は様々な出会いを得られた
 自分に負けた者たちにも多くの想いがあった
 キキは、改めて奮起する。

 翌日、インターハイ最終日、男子女子それぞれにベスト8が開かれ、強豪達は雌雄を決する。

でもね、本当は――――

イメージ 4

 人の倍の、そのまた倍の努力を愚直に続けた努力家、ゲンさん。

勝ちたい
 マルちゃんを掘り下げる格好で、今巻一番かっこよかったゲンさん!
 情熱に欠けた天才と、努力の男の対比。

 正直、自分には勝ちたい気持ちがない、だから「譲る」為に、試合にはもう出ないという思いは
 無礼だと思いましたが、でも他にどうすればいいんだろう
 って、考えさせられる内容でした。

 根本は、「勝つべき人に勝って欲しい」ってことで、それは間違いなく正しいと思いますし。

キキ、土壇場で悟りを開く

イメージ 1

 ただただ、感謝します!

敗者
 同じく「敗者」絡みの思索にふけったのはキキ、元々、こっぴどく負けて諦めた少女。
 でもここにきて、自分も、多くの対戦者を倒してきたことを思い
 その人達にも想いがあったと思う。

 ただほんの少し視野を広げて、その人たちに感謝するという事。

 再び因縁の敵、最強の敵を前に気持ちを改めるキキさん、カッコよかったですね。

収録

イメージ 5

 負けて、最強対決を観戦って展開も十分ありえる作風なので、どうなるのか楽しみですね。

 ビッグガンガンコミックス「BAMBOO BLADE C 4巻」。
 原作・土塚理弘、作画・高尾じんぐ月刊ビッグガンガン連載、スクウェア・エニックス発行。
 2015年2月発売。

 2年の夏8~11まで収録。