GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

アルドノア・ゼロ 第20話「名誉の対価 -The Light of Day-」感想、爆発5分前。いい加減レムリナ様がかわいそうすぎる

意外、あっさり脱出ッ! むしろ追い詰められたのは偽姫様の方じゃないか!

イメージ 7

イメージ 32

 前回ラスト、伊奈帆達はどうやって脱出するんだろう?と思ったら、意外にあっさりした展開。
 むしろ、もう人間関係の袋小路っぷりの方がヤバイ。
 マジヤバイ。

 自分のやっている事を軽蔑されようと、罵られようと、別に構わないと思っています――――。

ダブル地雷!
 マズゥールカ卿は勘付くし、姫様も思い出したし、レムリナ姫は核爆発寸前だし、どうすんの!?
 何より、ここからどんな結末に持っていくのか!?
 個人でなく戦争的な意味で!

 本作はインパクト重視ですし、そろそろ一気に戦局が動くカタストロフ展開になりそう!

鞠戸大尉『雷撃と透明……、それに…、もう一機!?』

イメージ 2

 年長騎士は、バックパックが変形してナックルになるらしい。

姫の衝撃
 アセイラム姫は、「ザーツバルム城攻防戦」を始めとする記憶を、ショックで失っていた。
 その隙に、伊奈帆を殺そうとしたスレインだったが
 作戦は失敗に終わる。

 やがて地球軍は、数に任せた反攻作戦を立案し、スレインはその対策に忙殺された。

 彼が不在の「揚陸城」では、偶発的にアセイラムは記憶を取り戻し
 基地では、レムリナがアセイラム不在に気付く。

 レムリナを政治的に必要とし、何よりアセイラムを護る為に戦うスレインの足場は、ここに崩れる……!?

 次回、第21話。

回想スレイン『―――アセイラム姫、これは、一体……!?』

ザーツバルム『手は尽くした、これが限界だ……』

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

 回想スレイン、絶叫編。

「奇跡」でも起こらぬ限り
 開幕回想、アセイラムが医療カプセルに投じられた当時と、スレインの絶望が描かれる。
 スレイン無罪、姫の回復は、本当に奇跡だった。

 すまぬ、スレイン。

 二期の初期、スレインが落ち着き払っていたのは、十九ヶ月絶望しきった末だったのだ、と。
 もう涙も枯れ果ててたのね……。

 そして、髪を下ろした姿がセクシーですザーツ卿。

鞠戸『マスタングリーダー! どうした界塚! 雷撃の足止めは!?』

ユキ姉『すみません! そちらに攻撃を集中するかのように、矛先を変えて!』

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

 むしろ、ユキ姉はよく頑張った

標的は「オレンジ色」
 前回ラスト、火星の「透明型」と交戦中に、伊奈帆達は「雷撃型」「詳細不明」の増援を受けた。
 まず、弱点がハッキリした透明型を優先しようとしたが―――

 囲まれた―――!

 伊奈帆にも手は無く
 明らかに、オレンジ色を優先している敵に、包囲される!

鞠戸大尉『デューカリオン!?』

艦長『着陸し、全カタクラフトを回収する! ―――着陸するッ!』

イメージ 11

イメージ 13

 おいおい! 敵の人型機をスケールアップしただけなのに、無茶し過ぎィ!

突貫
 しかしデューカリオンが強引に割り込み、戦艦クラスの巨体で敵機をブロック。
 残存機を収容、撤退してしまう。

 クソッ! 透明の矢の攻撃で、放電索にダメージが!

 三機がかりでの猛攻を受けたものの、物理的にデカくて攻めあぐねたのか、致命打は受けず。
 各部を損傷しつつ、戦線離脱に成功する。

 初の火星連携戦闘でしたが、なんとも力押しな脱出で成功しちゃいましたね。

詰城祐太朗『敵影12…、26…、どんどん増えてます!』

副長『分身能力!?』

イメージ 12

 また、三人組中最年長「ゼブリン卿」の愛機は、分身能力付きカタクラフトの模様。
 どんな原理なんだ……。

 もっとも、ゼブリン・ラフィア・オルガらは、OPに出ていないので、あまり活躍しなさそう。

 ともかく脱出に成功!
 あっさりと!

バルークルス卿『それはなかなか難しいが……、便宜が図れるよう努力はする』

『それなりの見返りは、必要になると思うがな?』

イメージ 14

イメージ 15

 バルークルス卿、すっかりダメなタイプの政治系キャラになっちゃって悲しい。

マズゥールカ、宇宙へ
 一方、単身「和平派」で動くマズゥールカ卿は、バル卿を頼ってスレインの麾下に。
 アセイラムの正体を確かめるべく、謁見も申し出る。

 あまり野心を表に出すなよ? 足元をすくわれるぞ?

 オイオイ、アセイラム様に忠誠誓って、出世する気か?と遠回しに釘を刺され
 当惑するマッさん。

 バルさんの忠告なのでしょうが、的を外しすぎててつらい。

ハークライト『それから、バルークルス様よりご依頼の件ですが』

スレイン『かまわん、マズゥールカか? 姫に会いたいなら会わせればいい』

イメージ 16

 信頼するが為とはいえ、うっかり墓穴を掘ってしまうスレイン。

覇王の墓穴
 対して、伊奈帆を始末できなかったと悔しがるスレインは、らしからぬ雑な対応をとる。
 信頼の現われだったが、結果的に墓穴を掘るスレイン。

 姫も喜んで、こちらの勢力を増やす役割を果たしてくれる。少なくとも、今は……!

 勢力の拡大。
 そして、レムリナがいつ裏切るかと緊張するスレイン。

士官『ダメだ、応急で復旧できるレベルじゃない!』

ニーナ『そんな!? 暗視装置もやられてるし、有視界飛行じゃとても…』

イメージ 17

イメージ 18

 艦のセンサーも代行するとか、さすがです伊奈帆さん!

その後のデューカリオン
 雷撃などで、センサー類の大半をヤられたデューカリオンは、人の目を頼りに操艦。
 幸い、伊奈帆の「目」が代行してくれ、状況は解決する。

 ここから先は、経験の方が物を言いそうだ……

 いや、でも残ろうよ伊奈帆さん!
 何があるか解らないし!

 一段楽したからと、艦がタチの悪い気流に入ったのに帰る伊奈帆さん、マジぱない。 

レムリナ『楽しみにしているのですよ? 新しい王国、あなたの故郷に行ける事も』

スレイン『故郷といえるような、安らげるところでも……』

イメージ 19

イメージ 20

 護れよスレイン、この笑顔。

安住の場所
 そして、「王国建国」に尽力するレムリナの原動力、安らげる居場所が欲しい想いが描かれる。
 元々、父の不倫で生まれ、身体も悪く不遇だったレムリナ姫。

 スレイン、あなたと共にいられる場所が、私にとっては、どこよりも――――

 心を許したレムリナは、スレインの傍にいたいと語る。
 が、スレインはそうではない。

 良心の呵責に苛まれ、夕食を蹴って姫のところに行くスレイン。鉄面皮、崩壊寸前である。

インコ『どうしたの?』

伊奈帆『何が?』

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

 艦長たちの「顔だけ会議」、特にオチは無し。作画節約?

暗雲のデューカリオン
 対し、伊奈帆も「メカ義眼」の副作用に悶え、艦長は上層部の無策に怒る。
 地球軍・上層部は、物量を利した攻略戦を命じてきたのだ。

 相手が、計画的に事を動かしているとすれば、こちらも物量で対抗するような安易な策では……。

 これまで、物量戦で勝てた描写があったならともかく
 あまりに安易な司令部。

 上層部無能・一般兵が無力という描写が、すこし安易すぎるアルドノア・ゼロ

アセイラム『体調はすっかり……、でも記憶は少しぼんやりしていて…』

スレイン『無理もありません、お目覚めになられたこと自体、奇跡なのです』

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

 なにかと目をそらしたけど、姫様を幸せにしたい事だけは、真っ直ぐなスレイン。

スレインの根源
 わざわざ、アセイラムを、レムリナとは別の居城に匿いつつ、スレインは最悪の状況に備える。
 目的は、ただ「アセイラムを幸せにする」事のみ。

 自分のやっている事を軽蔑されようと、罵られようと、別に構わないと思っています――――。

 レムリナが、自分を愛し、愛されたいのと深く理解しつつ
 それでも応えられないと明言するスレイン。

 酷い話ですが、スレインの戦う理由を改めて明言するワンシーン。それだけです、と。

マズゥールカ卿『姫殿下も、同様な辛酸を味わわれたと……?』

偽アセイラム『―――地球人は、粗野な者ばかりでした』

イメージ 28

イメージ 29

 レムリナ様、またもボロを出すの図。

偽姫様とマズゥールカ
 一方、スレインの力になろうと、「建国」を急ぐレムリナは、アセイラム役を代行。
 部下になりたい、というマズゥールカと対面する

 あのような者たちと、一度は和睦を考えた事もありましたが、愚かな事だったと、今は思います。

 あなたも、地球で酷い目に遭いましたよね?とか言うマズさん。
 これにはバルさんも苦笑い。

 偽姫様もしどろもどろで、一人、事情を知らず気を遣うバルークルス卿が妙に笑えます。

レムリナ『スレインは、最近は、“城”にこもっている事が多すぎます!』

『だったら……、私が揚陸城に移りますッ!』

イメージ 1

 ああ、義父・ザーツ卿は「揚陸城」を一期で失ったんでしたっけ。

レムリナの涙
 どうやら、スレインは「マリルシャン卿から奪った揚陸城」に姫を隔離し、足しげく通っていた。
 ザーツ卿の基地に留め置かれ、レムリナは泣き崩れる。

 いつになったら……、ねぇ、いつになったら――――。

 ちゃんと、二人の姫を別々に隔離していたスレイン。
 スレインは賢いな……。

 しかし、それが原因でレムリナ姫のストレスがクライマックス。いい加減かわいそうだ……。

マズ卿『とんだ失態、よもや船が故障するとは。お城が近くて助かりました』

『(トロイヤードは、この城と月面基地を必要以上に往復している……)』

イメージ 30

イメージ 31

 やはり、エデルリッゾに腹芸は無理。マジ無理。かわいいし。

界塚伊奈帆
 しかし、マズ卿はその点に着目し、事故を装い、スレイン不在の「城」に踏み込む。
 ハークライトも居らず、エデルリッゾが出迎え―――。

 本当に行った事はありませんか? 地球での事は知りませんか? 界塚伊奈帆という少年の事は?

 偶然、ボロを出しまくったエデルリッゾに
 マズさんトドメの一撃!

 クリティカル! エデルリッゾは、「伊奈帆の届け物」を受け取ってしまった!

レムリナ『お姉さま……、ねぇ…、いつになったら……』

『いつになったら、解放してくださるの……? あの人の…、気持ちを……』

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

 姫様姉妹、ダブルショック!

当人不在の核地雷
 結果、かつて「スレインがくれたペンダント」に、アセイラムは全ての記憶を取り戻し
 憔悴したレムリナも、面会謝絶の禁を破ってしまう。

 私……、私は……!?

 アセイラムは、一期ラストでの悲劇を全て思い出し
 レムリナは「姉の不在」に気付く。

 スレイン不在の中、姫姉妹が二人とも彼に不信を抱く、スレイン的に最悪の結果に!

次回、失敗確定の反攻作戦をかける地球軍! しかしスレインもグダグダだ!

イメージ 21

 ここの、すっごいテキトーな韻子ちゃんが妙にツボ。

綱渡り人生スレイン、綱から落ちる…?
 腹黒そうで、アセイラムの為に涙したり、スレインを深く愛していたり、正反対に感情的だった偽姫様。
 互いに利害関係、ビジネスパートナーと思って婚約したはずが
 グダグダになっちゃったケースっぽい。

 そしてレムリナは、現在の火星軍が「望む姫さま像」である、のも確かなんですよね。

 火星軍は戦争して地球を奪いたい
 対し、本物のアセイラムは、むしろ彼らに反発される思想です。

 現状、偽者は政治的に欠かせないし、スレインにとっては、本物こそ唯一無二の価値がある
 そして二人の姫に、まさに決定的な不信感が――――
 スレイン地獄の直滑降!

 次回、第21話。

余談、スレイン「姫様を幸せにしたい!」

イメージ 26

 姫様が嫌う戦争を拡大しといて、どのツラさげて!とは思ってしまいますが
 何より、火星騎士が地球人を見下してるから……。

 そこに地球人であるスレインが、地球と和平しようぜ!って言っても、百パー無理じゃないですか。

 前期、無力だけど姫様の意思を守りたいってやってたら
 散々な目に遭ってますし
 仕方ない。

 そこは仕方ない、と私は思うんですよ。いやホントに。あと最近レムリナ姫が可愛いと思うんですよ。