GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

艦隊これくしょん -艦これ- 第8話「ホテルじゃありませんっ!」感想。戦えない艦娘と、戦わせない艦娘のお話!

待望の「大和」回! だったけど、コレ長門回でもあったっぽい!?

イメージ 16

イメージ 22

 久々に、駆逐艦三人娘を軸にしつつ、新キャラ「ホテル」大和と、彼女を戦わせない長門姉妹のお話。
 戦えない理由の描写が納得過ぎる! 長門姉妹かわいい!
 大和さんも素敵にドカ喰いで面白かった!

 金剛さん? 大和ホテルじゃありません……、私は大和型一番艦、大和です♪

吹雪がんばる!
 ラスト、同じ台詞をもう一回使って〆るとか良かったですね。あと頑張り吹雪さんがね!
 いやはや、大和ってどんだけ重いのよと思いましたが
 基準値で吹雪の38倍でした(史実)。

 戦いたいけど戦えない、理由は違うけど、吹雪と共通項で括ってていい話ダナーってな第8話。

大和『大和型一番艦大和、推して参ります♪』

イメージ 1

 どこへです!?

蒼い海を見つめて
 FS作戦、敵の連携を断ち増援を誘い、「深海棲艦がどこから現れるか」を確認する反抗作戦において
 敵拠点「棲地MO」を攻略、補給拠点とする作戦は必須だった。
 だが暗号を解読され、MO攻略は失敗

 再攻略すべく、中継基地「トラック泊地」に集まった吹雪達は、秘密兵器“大和”と出会う

 絶大な戦闘力と引き換えに消耗が激しい大和は
 迂闊に戦線投入できず、トラック基地の管理人「大和ホテル」と揶揄されていた。

 かつて戦いに参加できなかった吹雪は彼女を元気づけ、大和は「戦艦」としての心意気を取り戻す。

 次回、第9話「改二っぽい?!」

大和『FS作戦遂行の為に作られた、とても重要な前進基地です―――』

『はい、今日は皆さんの為に腕によりをかけた、コース料理を用意しました』

イメージ 2

イメージ 3

 開始早々、赤城さんデケェ!?

トラック泊地の「ホテル」
 結局、棲地MO攻略自体は中断となってしまい、付近の前進基地「トラック島」に寄港する一行。
 既に他の艦娘も寄港、大和によるもてなしを受けていたのだが―――。

 ホテルじゃありませんっ!

 大和、金剛さんの褒め言葉に怒る!
 ちなみに史実の大和も、居住性に優れ、駆逐艦の乗員が風呂を借りに来る事も多かったなどの逸話が。

 その揶揄が「大和ホテル」ってなスンポーなのである。

大和『まずは飲み物でもどうですか? 大和特製ラムネですよ♪』

金剛様『美味しいデース♪』

イメージ 4

 金剛様かわいい!

大和特製ラムネ(史実)
 また、ラムネの製造室があったというのも有名な話。
 ちなみに製法を伝授したメーカー、中元本店さんの「トビキリラムネ」は健在だそうな。

 呉大和ラムネなどを現在も販売中。

瑞鶴『あーあ、作戦が終わったから、またこれで翔鶴姉とは別々の部隊か』

翔鶴『仕方ないわ、それぞれで、五航戦の誇りを持って戦っていきましょう』

イメージ 5

 とても「甲板胸」には見えない作画マジック(暴言)。

戦略的敗北
 前回、「戦闘」には勝利するも、攻撃艦隊も翔鶴もヤられ、「MO攻略」は達成できなかった
 トラック島に戦力を集め、MOを占領、補給地とする必要がある。

 補給路が伸びきっている以上、拠点MOの攻略は必須だ。再攻略を提督に進言する――――。

 翔鶴は史実通りの入渠。
 しかし、艦隊での「MO攻略」を再実行するっぽい? ともあれ、天使の休息ってワケですね。

吹雪『ていうか……、大和さんって何者?』

加賀『その存在が隠され続けてきた、史上最強の艦娘』

赤城『ウワサでは、46cm砲を装備していると聞いた事があります』

イメージ 6

 ちなみに吹雪が12.7cm、金剛様でも35.6cmなのです。

ウワサの大和
 ぽいぽいぽ~いな夕立ちゃんが可愛い会話でしたが、大和のウワサを聞く駆逐艦トリオ。
 その性能を秘匿する為、敢えて闘わせもらえない「大和」。

 その存在を隠す為、他の艦娘と海に出たことも無いと言われています――――。

 どころか、マトモに海に出たことすら……
 その姿一つで値千金!

 その為、現存している写真すら少ないというのだから、よほどのものだったんでしょうね。

瑞鶴『つまり、一航戦なんかがいなくても、十分戦えると証明されたワケ!』

加賀『―――慢心しないで、作戦そのものの目的は果たされていない』

イメージ 7

イメージ 8

 この辺、瑞鶴さんの表情変化だけでご飯三倍はいける

加賀デレ
 途中、一航戦コンプレックスな瑞鶴が割って入ったが、加賀さんの冷静で的確な評価。
 確かに作戦目標自体は果たせていない……。

 でも、頑張ったわ

 しかし加賀さん、今回は対面状態でデレるというダイレクトアタック。瑞鶴もたじたじである。

吹雪『海に、出たくないのかな……』

『私、今の鎮守府に来る前は、殆ど実戦に出してもらえなくて―――』

イメージ 9

イメージ 10

 ベッドダイブシーンって、なんでこう可愛いんでしょうね。

経験者は語る
 部屋にて、大和の「ホテルじゃない」発言と、自身の過去を重ね合わせる吹雪。
 吹雪は転属で来たが、元々は冷遇されていたという。 

 でも、だから、みんなと海に出たいって毎日思ってた……。

 理由は違えど「海に出られない」事は同じ。
 吹雪さん優しい。

 というか、期待のニューフェイス扱いしてくれたのは現提督であって、冷遇されてたのを拾ったのね。

吹雪『さあ、大和さんも泳ぎましょう♪』

大和『でも私、お昼の会食もありますし………』

イメージ 11

イメージ 12

 大井さんと北上さんが安定しすぎてて笑うしかない。

吹雪の提案(強引)
 翌日、MO再攻略承認の返信を待つ間、艦娘達はそれぞれに南国の海を楽しむのだが――――
 吹雪は大和を連れまわし、彼女と海へ出ようとする。

 それで、思い切って艤装つけて、沖に出てみません? その方が気持ち良いですから♪

 いや待て軍事機密だから!
 アカンから!

 吹雪ちゃん優しいけどアカン! あと北上さんナイスバディ!

長門『ダメだ! この前進基地から出ることは認められん』

『吹雪、余計なことはするな……』

イメージ 13

イメージ 14

 長門先生、神出鬼没。

長門の厳命
 しかし、すかさず長門(水着)が現れ、強い語調でシャットアウト。厳格なお父さんのようだ!
 更に水着からシームレス風呂場と、サービスシーンに余念が無い!

 大和さんは戦艦なんだよ、ホテルの支配人じゃあないんだよっ?

 ぶくぶく吹雪。
 にしても、資材に余裕のある基地である。

吹雪『ちょっとだけ出てみませんか、皆と一緒の海は、とても素晴らしいですよ』

『今なら大丈夫です、私がリードしますから―――』

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

 コレ、傘まで装備の一環なのね。

大和、海へ
 しかし夜の海岸を見つめ、大和自身も海に出たがっていると思った吹雪は、もう一度背中を押す。
 箱入り娘に、小さな少女が手を差し伸べる構図。

 あの……、とても言いにくいのですが…、おなかが…、空きました……

 神秘的な夜の海
 しかし、あまりに現実的な大和の声が返ってきた。

 重そうに艤装をガチャガチャ鳴らして、海に出る大和さんカッコイイ、と思ったら……?

睦月&吹雪『すごい量……』『赤城先輩より多いなんて……』

夕立『(おかわり)もう無いっぽい~~~』

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

 嗚呼、ご飯あるところ赤城あり!

「箱入り娘」の真相
 実は、赤城先輩達と同様、「資材・燃料の消費が破格」のドカ食い娘だったのが、最大の要因と判明。
 戦慄した吹雪は、続いて長門秘書艦コンビに怒られる。

 大和はあの装備を積んでいることもあって、資材と燃料の消費量が破格で、運用が難しいのよ……。

 さすが超弩級戦艦である。
 というか、やっぱり長門さん達もあれくらい食べるのだろうか……? 凄まじい絵面に。

長門『私だって、好きであんなこと言ってるんじゃないでちゅよ~』

陸奥『朝風呂?』

イメージ 22

イメージ 23

 一方長門嫌われ役をやっていたが「実は可愛いもの好き」と判明。
 なにこの萌えキャラ。

 辛いの苦手で可愛いものが好きで、実は鎮守府ナンバーワン乙女だったのか……。

 きたない、さすが連合艦隊旗艦きたない。

大和『私、この島に来た時から、毎日一度はここで海を眺めていたんです……』

『私だって艦娘です、だからホテルみたい、なんていわれると寂しくもあります』

イメージ 24

イメージ 25

 この話、全体的に大和さんが良い子すぎる。かわいい。

大和の決意と吹雪の疑問
 事情を知った吹雪に、大和は感謝を述べると共に、自分の境遇を受け入れる決意を改めて固める。
 一緒に、罰当番の潮干狩りをし、朗らかに笑ってみせる大和――――。

 はい、大和ホテルの特製デザートですね。

 しかし、大和が良い子であるほど
 吹雪ちゃんは燃える!

 こう、現状の不満も仕方ないと受け入れ納得する子ほど、応援したくなるモンですよねぇ。

夕立『睦月ちゃん、艤装つけてるって思えばいいっぽいのに~~~』

吹雪『艤装……、艤装、そうすればいいんだっ!』

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

 奮戦吹雪ちゃんかわいい! なお吹雪は基準排水量1.680t,大和は64.000であったという……。

ひらめきと頑張りと
 翌日、睦月ちゃんが流木から落っこちる姿にヒントを得て、吹雪は「ボート」作戦を決行!
 大和自身でなく、自分が引っ張れば問題ないはず!

 大和さんの言ってる事、立派だと思います。でも、私も海に出られなかったから解るんです。だから……。

 しかし重量の壁
 そして、現れる睦月ちゃん&夕立ちゃん!

 頑張って引っ張る三人娘、はしゃぐ真面目娘・大和の四人が、とても可愛かった! が。

大和『――――これって……、対空電探に感あり!』

睦月『そういえば、第二艦隊から入電があって、艦載機を打ち洩らしたって!』

イメージ 29

イメージ 30

 ヤマト・ザ・オーバーキル! そこまでしなくても!?

大和、初陣
 しかしやはりというか敵航空隊と遭遇戦となり
 対空戦に劣る三人娘に代わって、大和が、第3話の金剛と同様「三式弾(散弾)」で打ち払う!

 私がやってみます……。大丈夫、責任は私が取ります―――、敵機補足! 三式弾、全主砲なぎ払えッ!

 意外や、完全な遭遇戦。
 そして大和、46cm砲の全斉射って無茶苦茶な!?

 しかしカッコよかった!

大和『待ってください、吹雪ちゃんは悪くないですっ!』

長門『何を言ってる、もうすぐ夕食の時間だぞ』

イメージ 31

イメージ 32

 そして長門なんとも男らしく聞き流し、不問に付す度量を見せてくれた。
 オマケに、陸奥にからかわれるファンサービス付き!

 別に? 甘いでちゅね~、長門秘書艦も~~~♪

 秘書艦姉妹可愛すぎる。
 この二人、地味に出番を重ねて、どんどん良いキャラになってる気がしますね!

大和『今日のディナーは特別豪華ですからね、たくさん食べてくださいね♪』

金剛『Oh! 大和hotelの夕食、やみつきになりそうNE~~♪』

イメージ 33

 史実の時系列を軽くフッ飛ばした気がしますが、今後、どうなるのでしょうね?

ホテルじゃありません
 ラストは、サブタイトルを再び回収し、気負わず「ホテルじゃない」と言える様になった
 心身、ちょっとだけ成長した大和でキレイに〆。

 金剛さん? 大和ホテルじゃありません……、私は大和型一番艦、大和です♪

 金剛さん空気読め!
 しかし、空気を読まないからこそ、このオチになる

 やはり金剛様の存在は、本作に必須なんですね! なんて思ったりもするオチ。金剛様万能論。

次回、夕立回! 改修される経緯、実力とは……?

イメージ 19

イメージ 20
 
イメージ 17

 しっかし大和さん良い食べっぷり長門と秘書艦交代かと思いましたが、ゲストキャラでしたね。

遇数回はポジティブ回!
 史実の上では、とある大悲劇の後の、「大和」にまつわる物語を先に描く格好となりましたが
 やはり、あの大海戦は今クールの〆になるんでしょうか。

 戦略兵器である故に動かしにくく、ホテルとさえ揶揄された箱入り娘が頑張る回!

 小さな吹雪が、大きな大和の手をひく姿が微笑ましかった!
 あと長門姉妹可愛かった!

 さて次回は、ここで夕立ちゃん回!?
 しかしパターン上、轟沈死の可能性もあるシリアス、奇数回だけに、ちょっとハラハラしますね。

 繰り返しますが、大和が良い子だった!

 次回、第9話「改二っぽい?!」

皆さまご存知超弩級戦艦、残骸は長崎沖に沈み、後に改造され宇宙戦艦に……

イメージ 18

 当時の最新技術で作られた史上最大の戦艦、培われた技術は、戦後の日本工業を支えたという。

大和型 1番艦 戦艦
 軍縮条約の失効一年を前に、米英が建造するであろう新型艦に「質で対抗する」べく計画された。
 彼らとの圧倒的な国力差に対し、技術で挑むべく建造されたが
 3番艦は、空母に改造されるなど時代に翻弄される。

 劇中の通り、特に主砲がとんでもなかった事で知られており
 同様に装甲もハンパではなく、砲塔に爆撃を受け、跳ね返したなんて逸話もあるくらいである。

 しかし皮肉なことに、日本軍自身が「真珠湾攻撃」で航空攻撃の発達、有用性を証明した事もあり
 砲撃訓練時に、既に「戦艦は有用な兵種にあらず」と参謀に評価されるなど
 爛熟の極みにある艦であった。

 軍は潜水艦と航空機の生産優先を決定、大和型の三番艦「信濃」は空母に仕様変更されている。

 四番艦に至っては即時解体となり
 華々しい「大和型」は、戦艦の時代の最後を飾る艦になったとも言える。

 米軍もそれから数年後「戦艦」の建造を中止
 竣工年度上は、1955年就役の仏軍「ジャン・バール」が、歴史上最後に建造された戦艦とされる。
※なお2年後の1957年に退役し、練習艦となったそうな。ひでえ。