GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

マジンボーン 第46話「変わらない強さ」感想。明らかになる“終焉の結び”! レアメタル、颯爽デビューッ!!

笑えるほどに素敵なデビュー戦! “他人を笑顔にし続ける”アントニオ、素敵ィ!

イメージ 1

イメージ 26

 待ちに待ったジャガーレアメタル化、ジャガーボーンの待ちくたびれっぷりに笑う! 仕方ないね!
 そもそも、ずっとずっと昔から“木の魔神に認められていた”アントニオ
 そのナイスガイさ、宇宙レベル!!

 場がどこであろうとも、誰であろうとも変わらず、他人の支えとなる……、変わらず支えるお前を見ておられる

レボルトの「革命」!
 満を持しての木の魔神の登場が、何故か嬉しくて笑ってしまったくらいカッコよかった!
 一方、レボルトと同属性・レオは後回しか。

 レボルトのRevolution(革命)も明らかになりましたが、「革命側」が敵ってのも面白いですね。

レボルト『“終焉の結び”、終焉の結びこそが俺の目指すモノ!』

イメージ 2

 レボルトの「暴言」に怒気を露わに、老人二人は致命傷を負う……?

世界を変えぬ為に!
 ネポス内の反乱分子を一掃したレボルトは、“始まりの魔神からの解放”こそが目的だと明かす。
 顔色を伺い、機嫌を損ねれば惑星ごと消されてしまう。
 そんな体制を終わらせよう、と。

 その手段、三つの“惑星の核”を用いる「終焉の結び」を達成すべく、評議会が三人同時襲撃!

 絶望的な防衛戦に、ジャガーレアメタルへの進化を果たし
 戦局は、刻一刻と変転する! 

 次回、第47話「禁断の記憶」

翔悟『ネポスに行って確かめる! クルードさん達は絶対無事だって!』

リーベルト『ダメだ…、父上と“ドラゴンを護る”と約束したのだ―――』

イメージ 3

イメージ 4

 父は死んだと受け入れ、遺志を護ると唇を噛むリーベルト様……。

動揺
 バットの必死の「転送」で助かったクマコンビにより、ネポス「最悪」の状況は伝わった。
 それでもなお、リーベルトは留まる事を選ぶ。

 父上から最後に託された使命、ドラゴンボーンを護らねば…、お前をネポスへ行かせはしない。

 現状、いまだアイアン4人衆が全員クラッシュしたままで
 行っても戦えない。

 冷静で的確な判断を下すリーベルト様、自分自身に厳しいナイスガールですわ……。

レボルト『やはり、お二方には知って頂くべきだな。我らの真の目的を―――』

『全ては、ネポスの永劫の平和、始まりの魔神からの解放の為』

イメージ 5

イメージ 6

 魅力的な将来像を提案するのは、革命家の第一条件!

レボルトの「革命」
 いわく、抹消された「ライン」を組んだ時、ネポスは始まりの魔神から解放されるという。
 それこそが“終焉の結び”。

 終焉の結びに必要なのは、星の核を三つ制する事――――

 まあ、機嫌を損ねれば惑星抹消ですもんね
 気持ちは分かる気もします。

 始まりに対する「終わり」、終わりのラインを組むという「革命」が、レボルトの狙いなのか。

アントニオ『スマイルスマイル♪ ことわざもあるだろ、笑う角には、服着たサル♪』

グストス『それを言うなら“笑う角には福来る”だ!』

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

 ことわざまでマスターしてる!?(驚愕)

ムードメーカーの苦悩
 一方、主戦力四人がクラッシュしたままの絶望的な状況にも、アントニオは変わらない。
 笑いを誘い、また、得意のストリートパフォーマンスも欠かさない―――

 ホント変わった、成長した…、オイラは相変わらず、やってる事変わんねぇ……、成長してねぇ、って奴…?

 けど、内心でそんな自分を恥じていたと判明。
 成長していないと思っていた。

 けれど、他人を少しでも笑顔にしたいと頑張り続けるアントニオ、すごくカッコイイですよね。

ソキウス『ドラゴンボーンを回収する…、その為には、手段は選ばん』

『―――空間の力!?』

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

 今週、リーベルト様の有能さが臨界点すぎる!

「評議会」強襲!
 この機会、必勝を期して現れたネポス評議会は、市街地を巻き込んで「空間転移」を使う!
 幸い、人的被害はリーベルト様がゼロにしてくれたものの――― 

 そりゃあねーだろ、それは……!

 関係ない人を、子供を泣かされてアントニオは怒る!
 そりゃあねーだろ!

 誇り高いなら、正々堂々と目標とだけ戦えってんだ! ……ってのが通じないのがソキウスなんだな!

ソキウス=ウロボロス『ホワイトボーン風情が、生意気な』

リーベルト『ホワイトボーンにも、戦いようはある!』

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

 ワープを駆使し、ドラゴンの支援に徹するリーベルト様! ナイスコンビネーション!!

ネポス評議会!
 結局、ドラゴンとホワイト三体で、評議会三体を迎撃する絶望的な戦いとなってしまったが
 グスちゃんとモーちゃんも奮戦する!

 バーハッハッハ! お笑いコンビにはこれで十分! もだえ苦しめぇぇぇぇぇ!

 って、バジ様にまで“お笑いコンビ”認定されてたの!?
 すげぇやクマコンビ!

 だが危機に陥ったとき、グストス・グリズリーに眠る力が覚醒したッ!

グストス『またみんな止まってる……、たまにあるんだよなぁ~? ま、いっか!』

バジリスク様も止まってる…? もしもーし!』

イメージ 17

イメージ 18

 説明しよう! グリズリーは「時間停止」の属性特技を持つが、自覚をもっていないのだ!

どうやって見破った!?
 久々に、無自覚「時間停止」を発動させ、幻術を切り抜けるグリズリーだったが
 地力の差はいかんともしがたく、ベアー共々粉砕。

 ごめんなさーいっ!

 いや、むしろよく頑張ったよ……。
 彼らと同格、クルード様に一撃喰らっただけで粉砕された、かつての翔悟達を思えばよう頑張ったよ……。

ウロボス『はいっ』

イメージ 19

 リーベルト様も、軽快に翔悟を「転送」攻撃していたと思ったら、一瞬で攻守逆転!
 さすがウロボロス、性格が悪い!

アントニオ『―――だんだん、“音”がデカくなるねェ……、一緒だな、こりゃあ!』

タイロン『…あの時と、同じですね』

イメージ 20

 そういや、ジャガーだけは、最初からカードだったんでしたっけ

ジャガーの異質性
 一方、コクーンの外ではジャガー」に呼ばれ、アントニオがスーパーカブで疾走!
 アントニオは、少し他と違っていた。

 だが、ジャガーボーンは違った。適合者なくして姿を現した……

 そういや、「石版状態」で出会ったんじゃなくて
 カード状態で先に発見され、その導きで、アントニオが発見されたってケースなんでしたっけ。

 伏線だったの!?

ウロボロス『フッフッフ、ネポスは変革! 自分自身が変革!』

『それこそ、自由を得る唯一絶対の道なのです! 自由、自由、自由の為に~!』

イメージ 21

 その頃、秩序を担う側が何やってんだと叱責したリーベルト様に、ソキウスさんの熱い演説!
 自由、自由、自由の為にィ~~~!

 なにこのクセになるソキウス節!?

 神が実在するがゆえに、崇拝を「義務付けられた」民の暴発!
 この支配からの、卒業なんですね!

 変革という言葉が、これほどイカれて聞こえる展開も珍しいぜ! チキショウ!!(褒め言葉)

アントニオ『来たぜ、ジャガーボーン! ……!?』

ジャガー『フワ~~、やっと来たか、遅いぞ、適合者?』

イメージ 22

イメージ 23

 なぜ今まで喋らなかった? だってお前が話しかけてくれなかったじゃんとかいうジャガー(意訳)

世界を「変えぬ」為に!
 実は、“木の魔神”こそが、早くからアントニオの優しさを見初めジャガーを遣わしたのだと判明。
 遅いぞバカ、魔神は待っているぞとジャガーは促す。

 場がどこであろうとも、誰であろうとも変わらず、他人の支えとなる……、変わらず支えるお前を見ておられる

 そ、そんな昔っから見守っていたのか……!?
 驚愕の真実!

 スラムで、逆境の中でも、他人を笑顔にするのが生き甲斐だったアントニオを、木の魔神は認めていた。

ソキウス&リーベルト『あれは……!?』『木の魔神の、実体………!?』

アントニオ『Exactly(そのとおりでございます)!!』

イメージ 24

イメージ 1

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

 もう、見てるこっちまで嬉しくなってしまったレアメタルジャガー、デビューッ!

レアメタル・デビュー!
 半欠けのままコクーンに乱入したジャガーは、木の魔神と呼応、レアメタル昇華!
 待望のデビューを果たし、ネポス評議会を圧倒する! 

 観客は十分! ショータイムと行こうか、木の魔神サン? マジーーーーーン・ボォン!

 チッキショウ、ノリノリだ!
 第18話、木の魔神を初めて「召喚」した回を思い出す、ノリノリなデビュー戦!

 動きもノリノリ、カッコいいぜアントニオ!

バジリスク『倒れんぞ……、終焉の結びを成し遂げるまでは……!』

リーベルト『終焉の結び……、それは…、その言葉は!』

イメージ 28

イメージ 29

 終焉の結び、かつてそれを知った幼リーベルト様に、シュトルツ様はガチでキレたという……!

ネポス永劫の平和の為に!
 評議会は、魔神に背けば「惑星抹殺」という社会体制に反発し、変革すべく戦う。
 対し、リーベルト様は、その言葉に覚えがあった。

 その言葉、二度と口にするな!

 惑星核を継承してきた家系、その「禁断の知識」に触れたことがあったと判明。
 さて、次回、一体どう話が転がるのでしょうか……?

 敢えて「バトル中のまま続いた」って事は、まだ何かが起こるのか……?

予告『禁じられた言葉、終焉の結び。それが意味するものとは……?』

イメージ 30

 エンディングも更新! 羽根のバリエーションも色々ですな

レボルトのレボリューション!
 長所短所は表裏一体、周囲へ変わらず笑顔を振舞う姿は、お前の長所なんだぜと告げるジャガー
 実は、アントニオも人並みに悩んでいたんですな。
 意外だけど納得。

 そして、同時進行で明かされた「レボルトの目的」もショック!

 始まりに対する「終わり」か。
 しかし、「解放される」とは、具体的にはどんな意味なんでしょうか?

 次回、第47話「禁断の記憶」