GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

ユリ熊嵐 第7話「私が忘れたあの娘」感想。ハッピーエンドになどさせるか! シャケ肉サーモン

開始早々、クマショック! じっくりと紐解かれてゆく、銀子の物語Ⅱ

イメージ 27

イメージ 1

 ハッピーエンドにじわりと迫る謎の手紙! そして“ペンダントを持ってる奴が母殺し”だというミスリード
 某先生の怪しさを確定的としつつ、いよいよバッドエンドが迫ってきた……。
 はてさて、ここからどう転がるのか。

 どうして私は、あんなに大切だった友達を忘れていたの……?

幼い紅羽の忘却
 また、「忘れてしまった理由」にも一癖ありそうですが、これも先生が関わってるんですかね?
 どうも唐突に忘れちゃったっぽいですし。

 銀子の境遇も掘り下げれられ、「断絶の日」がますますよく解らなくなるという展開に……?

約束のキスを果たした二人は、スキの星に導かれ、断絶を超えて旅立ちました…

イメージ 2

 これが、紅羽が忘れた「描かれる予定だった」オチ……?'

私が思い出したあの子
 銀子とるるを、正式に「居候」にした紅羽'は、銀子に不可思議な戸惑いを覚える。
 一挙一動に、“忘れてしまった何か”を刺激されるのだ。

 担任のユリーカは、澪愛のペンダントが「敵の証」だと紅羽に吹き込み、ひそやかに破局を待つ。

 果たして、紅羽は「銀子こそ、忘れてしまった友達」だと思い出すが
 一方、るるは銀子の罪を吹き込まれていた。

 次回、Episode8。

針島『あなたは、大勢の中から私を見つけてくれた……』

『私はもう、透明な嵐に翻弄される弱い存在じゃない』

イメージ 3

イメージ 4

 ああ、つまり美味しく育っちゃったんですね。わかります。

甘美の果て
 冒頭、針島はクマショック!されて命を落としていた、彼女が愛したユリも「クマ」だったのだ。
 傍目にシュール! 当人には絶望!

 排除されない大切なものに―――――

 さてはて、実は生きていた蜜子なのか、ユリーカ先生なのか……。
 他人に選ばれて、当人は嬉しそうだったのにねぇ。

 透明な嵐の中で、他人に同調して過ごしているけれど、本当は「一歩抜き出た存在」になりたいのね。

銀子@妄想『スキを諦めなければ、透明にならない―――』

紅羽『どうして、その言葉を……?』

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

 なるほど、ジョリアモ~ルは「妄想」のBGMなんだな! そうなんだな!

妄想プロポーズ
 一方、重傷の銀子を見舞っていた紅羽は、多分「銀子しか知りえない」情報だらけの妄想を見る。
 紅羽の妄想! しかしなぜ知っているのか!?

 探すんだ、キミの望むものを、きっと覚えてる―――、さあ“約束のキス”を私に……。

 要は、銀子が忘れた「望み」がある。
 また「約束のキス」を果たせば、世界はがらりと変わるというが……?

 嗚呼、理解が追いつかない!

紅羽『私、今……、いやだ、なんて夢……』

るる『―――がう~♪ ハチミツ粥できたよっ♪ …くれちんどうしたの?』

イメージ 8

 るるの存在は癒し。るるに癒しを感じる日が来ようとは……。

まって理解が追いつかない
 つまりだ、今の描写は、全部「紅羽の妄想」
 銀子がペンダントを持っている事も、数々の謎めいた言葉の意味も、銀子自身は知らない。

 そういう事なんですね、クマリア様!

紅羽『なぜ今まで気付かなかったのかしら、私には友達がいた……』

『――――ねえお母さん教えて、あの子は、誰?』

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

 多分、このオルゴールの写真を引っ張り出せば、答えが出るんですが……?

先回りする「罠」
 紅羽は、幼い頃に「唐突に」友達を忘れてしまったらしく、ユリーカも答えは知らないという。
 そして先生は、星のペンダントこそが、母殺しの証だと告げる。

 クマは澪愛の命だけじゃなく、私達の「スキ」の証、星のペンダントまで奪っていった………。

 先んじて、あなたは銀子を殺りますね?
 はい殺りますと、言質をとっておくユリーカ先生、有能。

 先生は、立場的も動機も揃ってますが……?

るる『がうグス~、お熱、下がらないよう……』

『――――そうだ! これで、冷え冷えのガウぶるになれば、楽になるよね?』

イメージ 1

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

 な、なんてセクシーなカキ氷器だろうか! シャバダドゥ?

がうブルの記憶
 一方、るるに冷やされた銀子は「こんな風に寒い日に、自分は拾われた」と思い返す。
 拾われっ子で、孤独なクマだった……。

 解った…、この世界は、力が支配しているのだ……、弱者は誰からも優しくされない!

 弱肉強食!
 シャケ肉サーモン!

 銀子は悟りを開いた! しかし、やっぱり独りだった!!

ナレーター『やがて世界は、“断絶の日”を迎えた―――』

『同じような境遇の子供たちが、長老レディー・クマスターの元に集められた』

イメージ 15

 なんというか、残酷な事をする……。

「害獣」ヒトの排除
 断絶の日、“クマが人を襲うようになった日”は、クマ側から見れば「迎撃戦」だったと判明。
 銀子のような、身寄りのないクマは兵士とされた。 

 境界線から、「害獣」であるヒトを排除し、私達の世界を護ること、それがお前たちの使命なのじゃ

 確か4話によれば、当時は12年前、まだ「4歳」。
 何も知らない子クマを兵士にした、と。

 戦えば、空の女神様「クマリア」がお前を愛してくれると、愛を欲しがる孤児たちを騙したと。

クマ兵士『がうー! ヒト排除、がうーっ!!』

人間兵士『きゃあーーーーーっ!』

イメージ 16

イメージ 17

 まさかの爆撃! きたない、ひと、きたない!!

あまりにシュールに凄惨な
 人と、クマの戦争が熾烈を極める中、銀子はひたすら「教え」を信じ続けた
 手柄を立てれば、いつか自分は愛してくれる……

 私は、要らない“ヒトリカブト”じゃない、もっともっとヒトを食べ、クマリア様にスキを与えて貰うんだ……!

 シュール! セクシー! ビューティー!!
 戦争がシュールすぎる!?

 しかしこうなると、「役に立たない断絶の壁」ってのも、何なのでしょうね?

紅羽『いいけど……、この本、結末が無いわよ?』

『―――書き終わる前に、母は亡くなったから……、クマに殺されたの』

イメージ 18

 一方、未だ「二人はクマだ」とは信じていない紅羽の一言に、賢いるるは震える。
 そりゃまあ……。
 うん。

 これじゃあ、下手に正体を明かすわけには行かないと気付くるる。

 るるは賢いなぁ……。

るる@回想『銀子は、くれちんが大好きなんだよっ!』

紅羽『どうして……? 出会ったばかりよね、私は貴方に何もしてあげてない…』

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

 なんとも、夢を影響されやすい銀子。耳元で、ジンギスカンのテーマを流してみたい……。

銀子は戦場で女神を見た
 一方、亡き母の「スキの歌」を口ずさんだ紅羽に、銀子は出会った頃を思い起こす。
 たくさん頑張ったけど、誰も自分を愛してくれない―――

 そうか……、私は見つけてもらえない、承認してもらえないクマなんだ…、ここで死ぬんだな……。

 しかし、唐突に現れた一人の少女は愛してくれた。
 初めて他人のぬくもりに触れた。

 初めて自分をスキだといってくれた少女に、銀子は入れ込んでゆく事となる。

紅羽『昔の友達、一緒に、母の淹れてくれたハニージンジャーミルクを飲んだの』

『どうして私は、あんなに大切だった友達を忘れていたの……?』

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

 しかし、もちろん「クマだった」事まで思い出したのでしょうか……? 

私はあの子が大スキだった
 うすぼんやりと、銀子と一緒に過ごす事で、銀子と過ごした日々が甦っていく紅羽。
 想い出は、スキの味・ハニージンジャーミルク味。

 見つけた……、あなたが、私の友達……、あの子だったのね。

 後半は、しっとりした雰囲気の中で「謎」が解明。
 物語は次のステージへ。

 紅羽と銀子は、元通りの「友達」に戻れるのでしょうか……? 次回、セクシー議長たちの出番は…?

謎の手紙『百合城銀子、お前が犯した大きな罪を、私は知っている』

『あなたは―――――』

イメージ 29

 さーて、この手紙を寄越したのは誰でしょうか?

上げて↑落とす↓
 しかし、紅羽邸に「告発状」が届き、るるは震撼する
 銀子の罪とは、当人曰く、自分は純花を助けなかったという事みたいですが……?

 銀子、まさかそんな………!?

 純花の件か?
 或いは、母を殺したのは銀子であるという、罪のなすり付けか?

 ハッピーエンド風に終わったって事は、次回は酷く辛い展開になるって事なんでしょ! 騙されないわよ!

約束のキスを果たした二人は、スキの星に導かれ、断絶を超えて旅立ちました…

イメージ 28

 エンディング絵、再び更新! 遂に一緒の浴槽……、だと…!?

紅羽がキレる予感しかしない!
 次回、母も純花も、両方銀子が喰っちまったんだろう、アアん!?とキレる予感しかしない!
 紅羽が忘れた思い出、という格好で「おとぎばなしの結末」も。
 つまり、こんなラストになる……?

 冒頭がクマショック! 以降は割とじんわりシュールかつ裸ワイシャツでしたが、はてさて。

 あと、紅羽が忘れてしまったのは
 クマは、人間の敵だ、と教え込まれた事によるものかなーと思います。

 実際に触れ合った友達よりも、世間一般の「常識」に埋没したってことなんじゃないかなーって。