GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

ユリ熊嵐 第6話「月の娘と森の娘」感想。純花の“プレゼント”は二転三転する!

銀子の株、乱高下! それが銀子の「罪」だったのか……!

イメージ 27

イメージ 35

 やっぱり「誰か」の入れ知恵で動いていた針島さんによる、スーパー思い出クラッシャー回! ひでえ!?
 しかし、それが二転三転して、紅羽と銀子たちを結び付けようとは……。
 実にセクシー!

 それは泉野純花から、あなたへの別れの手紙……。自分以外の新しい友達、それが最後のプレゼントって事

畳み掛けるタネアカシ!
 純花の手紙、その内容から二転三転する活用まで、なるほどビックリ回でしたね!
 ただでさえ「純花以外、友達なんていらない」と言う紅羽には
 クリティカルだったのに……。

 しかし銀子が紅羽の救いになるはずが、どっこい彼女は罪グマです……! Cパートもクマショック!!

私達は最初からあなた達が大嫌いで、最初からあなた達が大好きだった。

イメージ 2

 だから、本当の友達になりたかった……、あの壁を越えて。あなたを独り占めにしたい……

秘技・クマダイヴ!
 紅羽を騙し、友達になったフリをしてほくそ笑む“透明な嵐”。その黒幕は他にいた。
 実は、「純花の最後のプレゼント」も仕込み。

 全ては椿輝紅羽に、「友達は出来ない」と思い知らせ、志をヘシ折る為!

 だが、決死で純花の遺品を護った銀子の姿に
 るるの必死な言葉に、紅羽は、今度こそ“本当の友達”が出来たのだと頬を熱くする。

 百合城銀子が、他ならぬ純花を見殺しにした罪グマだと知らず――――。

 次回、Episode7。

回想の純花『紅羽ちゃん…、私ね、初めて会った時のこと、忘れないよ』

『紅羽ちゃんは、覚えてないかもしれないね。けど、とっても嬉しかったんだ』

イメージ 3

イメージ 4

 純花ちゃん、良い子すぎる……。そら忘れられませんわ。

「スキを返した」少女の話
 回想。純花は、実は入学式に紅羽に助けられたことがあった、と描かれる。
 良かった、正体はクマじゃないですね! 

 けど、とっても嬉しかったんだ。だからね……。あたしも、紅羽ちゃんの大切なものを守りたかったの

 以前、身体を張って「母の思い出の花壇」を護ってくれた純花。
 それは恩返しも込めてだった、と。

純花『これをお母さんが……?』

紅羽『最後の作品……。出版されなかったから世界で一冊、これだけよ』

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

 紅羽ママ、童話作家さんだったのか……。

月の娘と森の娘
 そして、あの嵐の夜、紅羽は「かきかけの絵本」を見せた。母の遺作。
 明らかに、本作そのものを示唆する物語…?

 鏡に映る己が身を、千に砕き万に引き裂けば、約束のキスを与えられるでしょう。ただし―――。

 壁に隔てられた世界、世界を隔てる「鏡」を砕けば、相手と会える
 けれど、命を落とすかもしれない。

 あなたのスキは本物?
 役割も言動も、セクシー議長にそっくりな女神「クマリア」、相当するキャラクターとは……?

紅羽『純花ならどうする? 物語の最後、命を賭けて鏡を割る?』

『―――私は割るわ、私は自分を撃つわ。私のスキが本物だと証明してみせる』

イメージ 9

 濃厚に事後

嵐の後で輝いて
 未完に終わった物語は、自分の命と引き換えに、自分のスキを証明するか?と問うていた。
 純花は迷ったが、紅羽は断言する。

 その時、私も決めたの。私もスキを諦めないって。たとえ、どんな事があっても――――。

 結果的に言えば
 紅羽は、純花に苦境に殉じる決意を固めさせてしまった、と……。

赤江カチューシャ『それでは次に排除する、“悪”を決めましょうっ!』

『――――皆さん。私達の中に、一人、裏切り者がいます』

イメージ 1

イメージ 10

イメージ 11

 1話に登場し、2話で死んでいたと語られた、在りし日のカチューシャ嬢……!

デキレースの嵐
 実は、透明な嵐は、もっとずっと最初から「紅羽を排除する」と決まっていた。
 純花が排除されたのは、それに逆らったから―――。

 紅羽ちゃん、私は、自分から望んで「嵐」の中に飛び込んだよ………。

 カチューシャさんってば、こげな外道だったのか……。
 そら、銀子にゴリゴリされますわ。

純花『あの時は、私のスキを証明できれば、傷付いても 平気だと思ってた』

『でも気付いちゃったんだ、透明な嵐が壊すのは、“私”じゃない――――』

イメージ 12

 どうも、ホントにクマに食われるとまでは、思ってなかったらしい?

純花の「プレゼント」
 純花は、自分が代わりに「透明な嵐」の標的になり、紅羽を護ろうとした
 だが気付いてしまったのだ。

 透明な嵐が壊すのは“私”じゃない。私の一番大切な、紅羽ちゃんなんだって事……。

 自分=純花が傷付けば、紅羽が悲しむのだ。
 一緒に、傷付いてくれるのだ。

 そこで純花は、「プレゼント作戦」を選んだのである――――。

針島『私に嵐は止められない、だけど、新しい友達として椿輝を護る事はできる』

『あなたには辛い選択を強いる事になるけれど……』

イメージ 13

イメージ 14

 針島は、「自分が、代わりに紅羽の友達になる」と純花に持ちかけていた。

純花の「プレゼント」
 前後しますが、純花のプレゼントは「自分と別れて、針島と友達になってください」という事。
 紅羽が透明な嵐になれば、彼女は傷付かずに済む。

 いわば「自分を撃つ」=紅羽に嫌われる事で、彼女を救おうと決意したのでしょうか?

 紅羽に、笑っていて欲しい。
 それが「純花のスキ」、一番望んでいる事。

 だから、彼女に嫌われる事で「自分のスキを貫こう」と純花は決意したのでしたが――――。

針島『助かったわ……、二人の正体がクマだって、貴方が教えてくれてたから』

『―――クマの分際で、あんな技をくりだすなんて!』

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

 まさかの閃光弾! クマすげぇ!?

黒幕ユリダ~ク
 さて、トラップを喰らった銀子たちだったが、賢いるるの閃光弾で華麗に脱出!
 みごとクマ・エスケープに成功した模様。

 泉野純花の死は予定外だったけど……。それを利用するなんて、さすがね?

 で、黒幕は?
 二人がクマだと知っていて、なおかつ「タメ口」なら蜜子……?

 いやいや、相当以前から「紅羽を追い込もう」としてたなら、やはりユリーカ先生なのでしょうか……?

ユリーカ『澪愛…、貴女の娘は、誕生日プレゼントに何を受け取るのかしらね?』

針島『お誕生日会、楽しみね♪』

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

 どうも、銀子が「澪愛のペンダントをしていた」事が、クマバレの原因っぽい?

嵐の前の静けさ
 紅羽は、銀子たちに「謝りたい」と一抹の寂しさ。
 でも新しい友達と、「純花のプレゼント」に心を浮き立たせ、ふわふわと誕生日を過ごしていた。

 だって……。今から貴女のスキは、透明な嵐に破壊されるんだもの――――。

 だがしかし、迫り来る恐怖の罠!
 針島の野望の影!

 純花から聞き出した思い出を武器に、処刑タイムを待ちわびる! まさにユリダークッ!

クール『貴女のスキが本物なら、ユリの花壇へ行くがいい、月の娘が待っている』

ビューティー『その身を焔にゆだねれば、貴女のスキは承認される―――』

セクシー『さて、約束のキスは果たされるのか―――』

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

 おお、今週のユリ裁判メンバー、実にクール&ビューティー それがセクシー!

突然、嵐のように
 だが処刑寸前、ユリ裁判は「銀子に」謎めいた言葉を託し、銀子は傷付いた身で疾走する。
 誕生日会、“透明な嵐”は全てを明かした――――。

 それは泉野純花から、あなたへの別れの手紙……。自分以外の新しい友達、それが最後のプレゼントって事

 針島は全てを明かし、浮かれ気分をブチ壊す!
 生前、純花を騙していた事も!

 生前、純花を騙して辛い決断をさせた事、今から下す刑罰も、全てが“透明な嵐”による処罰!

針島『私達は“悪”を排除する!』

『悪に友達は出来ない! 悪は透明な嵐によって打ち砕かれる!!』

イメージ 27

イメージ 28

 なんというアジテーション 人間こわい!!

上げて↑落とす↓
 紅羽に、新しい友達が出来たと錯覚させ、叩き潰すことも
 そして「純花のプレゼント」も

 貴方は、“泉野純花の最後のプレゼント”を受け取れない。残念ね、スキなんて気持ちは無意味……♪

 敢えて、今は亡き純花の善意を踏みにじることで
 紅羽を傷つけるユリ集団。

 陰湿にして苛烈、そして何が怖いって、ここまでやって「やったー♪」って拍手してる透明な嵐だよ!

針島『これはもう、用済みね?』

紅花『やめて! それは純花の、純花が私にくれた“スキ”!!』

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

 銀子、フルダイブ! 文字通り、燃える女だ百合城銀子ッ!

「銀子のスキを、無駄にしないで!」
 トドメに、火にくべられた「純花の手紙」を救ったのは、百合城銀子のダイブだった。
 炎に身を投げた姿に、透明な嵐は怯え、さっと消えてしまう。

 銀子がくれちんを好きだからだよ! そうだよ、銀子はくれちんが大好きなんだよ……、だから!

 銀子は「自分のスキ」を貫き
 るるも「自分のスキ=銀子の幸せ」を優先する。

 結果、意図せず「目の前にいる子が、あなたの友達です」という、純花のプレゼントは果たされる……?

“あの日”の蜜子『おはよう泉野さん……、私、おなかがペコペコなのよ?』

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 26

 ラスト、銀子が嬉しそうなのが最高にアウト

あなたをヒトリジメにしたい
 てなワケで、色々と壮絶なツッコミどころを残しつつも、二人は友達になった……
 かに思われたがッ!

 あの日、私は大きな罪を犯した………。私は、罪グマだ。

 銀子の罪とは「純花」の件!
 あの日、蜜子に襲われ殺された純花を、木陰からニヤリと見守っていた!

 それは「見殺しにした」のか、或いはもっと積極的に、こうなんていうかアレだったのか……?

椿輝紅羽を、自分ひとりの友達にしたいだけではありませんか?

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

 銀子が報われて良かった、良い話だなー、と思わせてグシャッ!

銀子の罪と「黒幕」は誰?
 イヤハヤ、純花も実は紅羽を騙していたとか、そういうオチになる事も無く
 銀子も思ったほど重症でもなく―――

 と思ったらこれだよ!

 しかし、紅羽の母を殺したワケではないで確定っぽいですし
 黒幕も見えてきた気がしますね。

 考えてみれば、紅羽って、存在自体が恨まれてるんじゃないですかね……。なんて。