GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

七つの大罪 第十六話「駆り立てられる伝説たち」感想。大罪超特急ッ! 一気に急展開!?

決戦近しってレベルじゃなかった!? 駆り立てられるにも程がある!!

イメージ 22

イメージ 1

 裏切った大罪は「マーリン」、またもアーサー王伝説っぽいなーと思ったら、ラストで当人が現れただと!?
 びっくりするほど急展開っていうか、いきなり新勢力!?

 南門方面に大規模な“軍隊”が出現しました! キャメロットの新王アーサーですッ!!

畳み掛ける伝説たち
 裏切りの大罪、大罪事件の主犯、ヘンドリクセンが「新世代」と「魔神」を研究する理由………
 様々な真相が一気に明らかになる、畳み掛ける回でしたね!
 情報量多すぎィ!

 状況的には、実はマーリンはアーサーと繋がっていて、魔術で大軍を呼び寄せたって感じなのか……?

『バン、その服、替えがあったんだ?』『ちょっとなー』『…盗ったな?』

イメージ 2

 バンさんの服、流行しすぎィ!! 三着目でしたっけ? 後OPとEDも修正!

混乱の坩堝
 ゴウセルと合流したメリオダス一行だったが、謎の「魔術師」の急襲に、エリザベスを奪われる
 ヘンドリクセンは魔神解放を狙い、鍵となる彼女を欲しがっていた
 彼らとの「戦争」そのものが目的だったのだ。

 彼女を救うべく、メリオダス・バン・ゴウセルが先んじてリオネス城を強襲。

 その機に乗じてか
 第三国キャメロット」の大部隊が出現、新王アーサーに率いられ、リオネス城へと奇襲をかける。

 次回、第十七話「最初の犠牲」。

エリザベス『はじめまして―――、どうか王国を救う為、力をお貸し下さい』

ゴウセル『いや』

イメージ 3

 いや、初めましてではない。既にウォーダンの村で出会い、幼い頃も出会っている―――。

マイペースの大罪
 改めて、「色欲」ゴウセルと合流した一行は、共に王国解放を目指す事を確認し
 再会記念のバカ騒ぎに興じる―――。

 よぉし! メンバーも五人まで揃った事だし、飲みますかぁ!!

 隙あらば宴会にするメリさんは、少年漫画主人公の鑑。
 変装時はフツーに喋ってたゴウセルですが、素の状態だと人間離れした棒読みになる模様。

 彼も含め、全員「種族が異なる」との事ですが……?

ゴウセル『意識を奪ったのは、ボア・シン「暴食の罪」のマーリン』

メリオダス『マーリン!? なんで!?』

イメージ 4

 暴食なのに、エストはキュッとしまった美人のおねーさんという矛盾。

裏切りの大罪「マーリン」
 彼の加入で、十年前の「大罪事件」での裏切り者が確定、メリオダスは酷く驚いたようだ。
 またもアーサー王伝説にまつわる名前か。

 伝説上のマーリンは、アーサー王の助言者として、彼を導く存在だった事で有名。

 メリオダスを裏切り汚名を着せた人物。
 順当に考えれば、汚名を着せた、主犯ドレファスかヘンドリクセンの部下ですが……?

バン『みなさ~ん! ゴウセルは、なんとキングを体臭で識別したそうですっ!』

『―――と、ゆーわけでキング、嗅がせろ?』

イメージ 5

 あまりに、マニアックな方法で辱められる事に定評のある妖精王。

「なんか懐かしい匂いがする~」
 続いては、少年キングとおめかしキングでは体臭に違いがある、という実習。
 なにこのマニアックな展開!?
 ひどすぎぃ!

 ディアンヌの反応はフラグっぽいですが、さてはて。

ゴウセルディアンヌ、お前は30フィートある身長を29と偽っている』

ディアンヌ『ひどいひどい! 乙女の秘密を暴露してぇぇ!』

イメージ 6

イメージ 7

 つまりディアンヌはかわいい。

ゴウセル無双
 続いて、ディアンヌの体重や身長をバラしたり、バンさんのお茶目なイタズラをバラしたり
 平常テンションで暴露祭りをするゴウセル

 いやいや、一切躊躇い無く握り潰すディアンヌさん酷すぎィ!

 きっちり霊槍シャスティフォルも刺さってるし!
 ああ、前回完全に砕かれたのに、あっさり修復してて何よりです!! バンさん並に頑丈だね霊槍!

ゴウセル『俺が加勢する必要は無かった、キング本来の魔力なら十分倒せた』

『ヘルブラム、誰だ? そいつが原因で…?』

イメージ 8

 また、最近いいとこなしのキングですが、「本来の戦闘能力はもっと桁違いだ」と判明。
 旧知のヘルブラム卿、彼が原因。

 何か引け目があるのか、今は本来の力を「出さない」らしい……?

 後、視界を合わせるゴウセルがかわいい。

メリオダス『エリザベス、これ、ありがとな?』

『戦って欲しかったんじゃない、生きて欲しかった……、か』

イメージ 9

イメージ 10

 いい話からシームレスでセクハラするメリ様は、エロ親父の鑑。

時を経た解釈
 また、前回かつて所属していた王国で、恋人から贈られた剣を受け取り
 数年を経て、込められた思いを考えたメリオダス
 深い感謝を述べる。

 やっぱり、エリザベスとエリザベス=リズはそっくりだったらしいですが……?

 魔神族復活の鍵みたいですし、実は二人とも「女神族」だったとか、そんな感じなのでしょうか?

ドレファス聖騎士長『私の予想は間違ってないようだ』

『どうやら、じっくり話し合う必要があるようだな、ヘンドリクセン!』

イメージ 11

 新世代増えすぎ問題に、遂にドレファっさんは重い腰を上げる。

「障壁」の愛息
 一方、久々の登場となった、「通常の聖騎士たちの長」ドレファス聖騎士団長
 息子が死んだと聞き、意気消沈していたらしい。

 亡くなったエリザベスの姉の忠臣、聖騎士グリアモールは「死んだ」とされ、姿を消している

 弔っているのか?
 にしては、時間がかかりすぎてる辺り、彼も、何かトラブルが起きているのか?

ジェリコ『確かめる為に、七つの大罪が作った墓を、掘り返してみた……』

ヘルブラム『―――父の失敗を、娘が成功させたってワケですか…』

イメージ 12

イメージ 13

 聖騎士に魔神の血を付与すると、力が強くなりすぎ魔神化する、その失敗作だったのか。

ヘンドリクセンの野望
 ギーラが、父の最期を察していたその頃、ヘンドリクセンは魔神召喚を行う。
 全ては「戦乱の世を作り出す為」だと

 リオネス王は、その強大な力で“忌むべき平和”を生み出した――――。

 平和は騎士を無用の長物とする
 だから、魔神族を呼び出し戦乱を起こす、その為の研究・対抗兵力として、新世代を作ったと。

 この人の場合、戦争そのものが目的か…。

ヘンドリクセン『お前の解釈は光が聖騎士、黒き血脈が七つの大罪、だったな?』

『しかし私の解釈は違う…、奴らでは不足なのだ』

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

 ドレファスは聖騎士長の地位欲しさに、兄を惨殺、罪を「大罪」に押し付けたと……?

旧聖騎士団長の「弟」
 だが、「封印解除」にはエリザベスが必要と判断、ヘンドリクセンは“マーリン”を放つ(?)。
 と共に、共犯者ドレファスに、一蓮托生を改めて語る。

 今更お前が正義を語るか? 十年前、私をそそのかし実の兄ザラトラスを殺したお前が?

 第六話で、聖戦を謳った「予言」がありました。
 その解釈の問題か。

 ともあれ、これで二人は袂を別つ事になるかと思いきや………?

ホーク(限界)『そういや、なんで剣とエリザベスちゃんを狙ってたんだろうな?』

○○○○『―――それはね? 封印を解く最後のカギだからよ』

イメージ 14

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 26

イメージ 21

 迷わず、ディアンヌにブン投げてもらうメリオダス様! なんという平常運転……。

駆り立てられる伝説たち
 一方、和んでいたメリオダス達の間に“マーリン”が現れ、瞬時にエリザベスとホークをさらった!
 その有様に、リズを失った時を思い出したのか
 メリオダスは激昂。

 殺す気でいく――――!

 魔法かと思いきや、ディアンヌをカタパルトに使って、あっと言う間に王城に到達!
 並み居る群将を千切り捨て、無人の野を突っ走ってゆくのだが―――。

 本気ダス様の前に、聖騎士達、驚くべき瞬殺っぷり!

『オーラバースト!』『豪炎の呪陣!』『暗緑鞭!』『雨弾!』『以下省略』

メリオダス『全反撃<フルカウンター>!!』

イメージ 22

 本気メリオダスさま強すぎ!? もう「アイツ一人でいいんじゃないかな?」状態!
 もっとも、「神器持ち」を二人とも置いてきたので
 戦力激減してますが……?

ドレファス『忘れるな、私は決して貴様を許さんぞ……!』

ヘンドリクセン『物覚えは良い方でな? 安心しろ』

イメージ 23

イメージ 1

イメージ 24

 カッコイイやりとり! でも何となくズレてる感じは、原作と状況が違うのか?

第三勢力「キャメロット
 が、ここで時を同じくして別の国の騎士団、百人を超える精鋭部隊が出現
 これを率いるは、ブリタニアの英雄アーサー王

 南門方面に大規模な“軍隊”が出現しました! キャメロットの新王アーサーですッ!!

 中でも、強力なのが二人?
 マーリン(仮)、もしかしてこっちの所属なのか?

 戦乱の予言を、魔神戦争を起こして実現させるというヘンドリクセン、その野望の行く末は…?

予告メリオダス『予告が短くなると、季節の変わり目を感じるな?』

イメージ 25

 Go! Go! Muscle! リングに 稲妻走り炎の戦士をてらす~♪

ホントに死闘だった!?
 一気に急展開に突入した七つの大罪残る大罪は「暴食のマーリン」「傲慢のエスカノール」との事。
 怒涛の種明かし、アンド新勢力!?
 OPとEDも微修正!

 急激に人間味を増した騎士団長二人は、「予言」にこだわっていたと判明。

 まず聖戦の予言があり、ドレファスは国をも滅ぼすメリオダスらの力を危惧し「大罪との戦い」だと解釈
 その仮説を、前騎士団長も国王も信じてくれなかったから謀略し
 現在に至るって感じでしょうか?

 ドレファス聖騎士長、単に権力や名誉欲で動くキャラには見えませんし……?
 そして、次回の「犠牲」とは?

 次回、第十七話「最初の犠牲」。