GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

超級! 機動武闘伝Gガンダム 爆熱・ネオホンコン! 5巻[島本和彦]感想、チボデー・ボンバイエ! やっちまえチボデー!!

チボデー、クッソ格好えぇ! vsアメリカン・ドリーム、Gマックスリボルバー戦!

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 6

※画像右下隅クリックで拡大。

 いよいよ始まった、決勝香港リーグにおける「vsシャッフル四連戦」の激闘編!
 第一弾は、もちろん燃えるアメリカン・ドリーム!
 ガンダム・マックスリボルバー戦!

 手の平が空っぽでなけりゃ……、夢は掴めねぇ!!チボデー・クロケット

ニトロ・マシンガン!
 特に、両者覚醒となった場面で持ってきた名台詞
 熱かった!

 余計なものを背負うことなく、ただ勝利を目指すからっぽのドリーマー! 熱いぜチボデー!

裸一貫から「アメリカ最強」となった男、チボデー!

イメージ 4

 だからこそ、愛する者達を庇い=敢えて雑念を選び、負ける、流れも熱かった!

豪熱マシンガンパンチ!
 怒りに燃えたドモンは、デビルG四天王と成り果てたミケロとチャップマンに、実質的な敗北を喫し
 デビルガンダム打倒を仲間たちに持ちかけるも
 あっさり断られる。

 やがてネオアメリカ戦、デビルガンダム打倒という雑念を持ち込んだドモンは、滅多打ちに……。

 戦いの中、なんとか雑念を払ったドモンは戦いを五分に持ち込む
 チボデーの優勢は確定的であった。

 だが、会場崩壊でチボデーギャルズを背にする格好となったドモンは、偶然によって勝利を拾う。

ネオアメリカの「新型」ガンダムマックスリボルバー、吼える!

イメージ 5

 通常では、肩のリボルバーが推進器となり、パンチを加速させる機構が特徴。

型式GF13-006NAⅡ 
 今回、全ての機能を出し切ったリボルバー、その最大の特徴は「減量モード」にある。
 全ての装甲、武装を排除し、負担を極限まで減らすのだ。

 通常、殴られたら「パイロットも痛い」ように、機体の状況は全てパイロットに跳ね返る

 本来、「装甲」は兵器に必須だ。
 だが全てを取り去る事で、ファイターもまた重荷から解放され、「人間」に近くなるという。

 その開発コンセプトは、あの東方先生をも唸らせた。 

通常形態の必殺技「ニトロストレート」

イメージ 7

 リボルバー上の肩パーツが推進器ってのもアイデアでしたね!
 連射には向いてなさそうですけど!

 というか、タイミング合わせるのに神業が必要っぽいですけど!

新展開「シャッフル四連戦」編に突入!

イメージ 8

 ひでえ(褒め言葉)。

ライバル連戦!
 今巻にて、ようやくデビルガンダムが復活しつつあると気付いたドモンは、連携を持ちかけますが
 見事、空中分解する名シーンも収録!

 力を合わせてデビルガンダムと戦うこと、それ以上に、ガンダムファイターとして!
 世界一、地球一、宇宙一を目指さなければ!
 存在する意味がねえ!

 連携や責務以上に、自身の母国と誇りを優先する! 本作らしいワンシーン。

収録

イメージ 1

 てなワケで、シャッフル戦スタート!

 角川コミックスエース「超級! 機動武闘伝Gガンダム 爆熱・ネオホンコン! 5巻」。通算20巻目。
 脚本:今川泰宏、漫画:島本和彦 &宮北和明とビッグバンプロジェクト。
 月刊ガンダムエース連載。2010年連載開始。
 2015年1月(前巻2014年6月)

■収録
 Round43「ネオホンコン決勝リーグ編」
 Round44「ネオホンコン決勝リーグ編」
 Round45「ネオホンコン決勝リーグ編」

 GF13-006NAⅡ ガンダムマックスリボルバー
 GF13-009NFⅡ ガンダムヴェルサイユ
 カラーイラスト収録