GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

ユリ熊嵐 第4話「私はキスがもらえない」感想。もらえなくても良い、もらって欲しい。王子と王女と昔話。。。

るる回想回(cv諏訪部)。ギャグで昔話でセクシーで、切なく支える物語

イメージ 32

イメージ 20

 脳の中身を洗いざらいスッ飛ばすような初期三話に続き、しっとりじわじわとくる回想回。るる……。
 全体を貫いている、セクシー裁判長のシャバダドゥ?な存在感は卑怯!
 笑える! けど何か大切な話。

 君が捨てたの? ―――でも君のものだ。失ったものを忘れたら、本当に失ってしまうよ?

愛とか夢とか
 特に、自分で投げ捨ててしまったものを、昔話みたいに届けてくれた銀子の一言がしみる。
 自分で、“いらない”って放り捨ててしまったものが
 ホントは大切だったと思い返す話。

 それを思い出させてくれたから、るる子は付いてくんでしょうか。それがセクシーなんでしょうか?

被告熊るる『私はスキを諦めない! キスを諦めますっ!!』

イメージ 2

 冒頭裁判。……裁判?

ワタシは罪グマだから
 友達がクマで、しかも自分が撃ち殺してしまったという衝撃に怯え、椿輝紅羽はひきこもる。
 彼女を見舞いに行き、手酷く追い返されたるるは
 ふと、自分の過去を想った。

 るるも、他人から向けられた好意を手酷くあしらい続けた事があり、それを気に病んでいたのだ。

 その「クマ」は弟、死んでしまった弟みるんはもう居ない。
 自分のスキは失われてしまった。

 紅羽へのスキを諦めない銀子に惚れ込んだるるは、彼女を応援する為に人間世界を訪れたのだ―――。

 次回、Episode5。

セクシー『さて、今日は裁判はお休み。一つ、ためになる話をしようと思います』

クール『裁判長! まさか今日はこの姿でやるのですか!?』

ビューティー『うふん! 僕って可愛すぎるよね♪ キラキラ~~』

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

 なんてセクシー!

時には昔の話をしようか
 さて、冒頭から視聴者の脳細胞を死滅させた第4話、続いて始まったのは昔話であった。
 このリラックマども、少々フリーダムすぎやしないでしょうか?

 キスを諦めたお姫様――――、では、はじめようか? それがセクシー! シャバダドゥ~~?

 るるが「人間にして貰った」裁判から始まり
 るるが「お姫さまだった」頃へ

 回想、セクシー&クール・ビューティーな回想回! いつもの構図をクマ姿でお送りしないで!?

昔々、まだ「断絶の壁」が人と熊を隔てる前の事です

クマの王国には、とても美しい王女様がおりました、名前をるる姫様と言います

イメージ 6

 まあ、なぁんてお可愛らしいんでしょう!

12年前「るる4歳」
 姫様時代、一人娘だったるる姫さまは世界で一番の存在、誰からも愛される存在でした。
 誰もが彼女を褒め、たたえ、愛し、我が世の春だったのです。

 るる姫様は、この王国で一番の存在だったのです………

 しかし「クマリア流星群」と「弟の誕生」が一度に起きて、るるの世界は暗転してしまったのです……。

侍女『姫さまに弟君がおできになったのですよ、待望の王子様!』

るる『―――じゃあ、跡継ぎは?』

侍女『『『王子様ですっ!』』』

イメージ 7

イメージ 8

 シャバダ~、シャバダバダ~バ~~~~~~~~~~~~~

我が世の冬
 が、より幼く「跡継ぎ」となる男子が生まれた事で、るるへの愛は一挙に薄れ
 誰もが、るるを愛したのと同じ口で
 弟君を愛するように。

 お姫さまである、るる様は、もう“いらない子”なのです――――、おっと。 

 こんなに可愛いのに!?
 ええ~!? って驚く顔とか最高に可愛かったですよね!?

みるん『おね~たま~~~~♪』

るる『あいつ……、邪魔邪魔ジャマーだわっ!』

イメージ 9

 るる四歳で「みるん誕生&クマリア流星群事件」、それから数年も経ちました。
 立派な、やさぐれ姫の誕生です―――。

 なんてセクシー!

みるん『ねえ、おねえたま~。ホントのスキは、お星様になるって本当?』

るる『本当よ、ホントのスキは、天に昇ってお星様になるの』

イメージ 10

イメージ 11

 その時、るるに電流走る―――! 閃き、圧倒的アイデア……!

ぼくはおねえたまが大好きだから
 数年後、るるは、「みらんが自分を慕っている」事を利用して
 谷底に突き落としてしまう

 約束のキスをとってきたら、キスをしてあげるわ♪ ―――じゃあ、この中に入りましょう?

 るる、ひどい!?
 賢い!?

 でも、あ、コレは間違いなく死んでないパターンだ!? ってなワケで……。

みらん『はい、約束のキス♪ きらきら光って、お星様と同じ色でしょ?』

『おねえたま、約束だよ、ねえキスして~~♪』

イメージ 1

 逞しく生還したみるんは、お星様と同じ色の蜂蜜を嬉しそうに差出し、キスをせがみます。
 けれど、るるは蜂蜜を放り捨ててしまいます。

 イライラ~~~、いらなぁいっ!!

 嫌いな子に愛されるよりも
 るるは、昔通り、みんなに愛されたかったのですから

るる『―――ねえみるん? みるんはお姉さまの事が好き?』

みるん『うん、大好き! おねえたまキスして♪』

イメージ 12

 もちろん、るるは何度もみるんを騙し、みるんは無邪気&タフガイに生還し続けました
 暑い砂漠でも熱い溶岩でも、愛は無敵だったのです。

 みるん王子は繰り返し繰り返し、るる姫様の元に帰ってくるのです。あの蜂蜜壺を抱え―――。

 新感覚耐熱服ヒロインに進化したるる姫もビックリ!
 なんという愛、生命力!

るる『―――ともかく、思い通りにはなったわね』

イメージ 13

 しかしある日、みるんは蜂に刺され、あっけなく亡くなってしまいました

 突き放しても突き放しても「愛してる」と笑ったあの子は
 物言わぬ遺体に―――

百合ヶ咲るる『るると銀子は、くれちんの友達だよ………』

紅羽『友達……、純花…』

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

 ごく自然に、「こないだ割った窓を直してる」銀子に噴く。銀子、かしこい!

「透明になったんでしょ!」
 一方、蜜子委員長をスナイプしてしまった紅羽は、そのショックから立ち直れず休み続けていた。
 見かねた銀子とるるは、お見舞いに訪れるのだが―――

 わたしの友達は、純花だけよっ!!

 ああ!
 あの特製蜂蜜を使ったおかゆが!?

 ちょうど、過去のるると同じように、差し伸べられた好意を払ってしまう紅羽。

王子がなくなり、るる姫様がこの国一番になって、数年の月日が経ちました

美しく成長したるる姫さまに、次々と王子様がやってきては……

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

 みるんを殺したのも蜂、彼女を護るのも蜂、蜂蜜も蜂、……もしかして暗喩なの?

ふわっと一年くらい前
 再び回想、愛される立場を取り戻したはずが、どうにも落ち着かないるる姫様。
 押し寄せる、男達の「スキ」を断っていた彼女は―――

 大丈夫! 僕、何度でも見つけてくるから♪ だからおねえたま、約束だよ、キスして?

 みるんが帰ってくる夢を見る。
 夢。

 しかし目覚めた彼女の手には、本当に、あの「みるんの蜂蜜」が帰ってきた

るる姫『だ、誰!?』

銀子『これ、君の弟の? 谷の向こうに落ちてた、だから届けにきた』

イメージ 20

イメージ 21

 すごく童話チックな姿の銀子の手で、弟の「スキ」は返ってきた。

忘れ物は何ですか?
 だから、るるはようやく気付いた。
 本当は最初から、自分もみるんの事が大嫌いで、大好きだったんだと。

 君が捨てたの? ―――でも君のものだ。失ったものを忘れたら、本当に失ってしまうよ?

 無くしてしまった大切なもの。
 その、大切に思っていたという気持ちまで忘れたら、本当にそれは失われてしまうから。

 だから、忘れないでと銀子は促す。

るる『“銀子のスキを叶える事”が、私のスキ』

『そしたら、もう一度会えるような気がするの。あの子に、もう一度…』

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

 銀子かっこいい……。

私はスキを諦めない
 銀子は、幼い頃に出会った人間の少女に、もう一度出会う為に「壁」を越え、旅立つところだった。
 相手は忘れているかもしれない、撃たれるかもしれない―――

 あの子にスキを貰ったから、それを返しに行く。会って私のスキを届ける。約束したんだ、キスをするって。

 壁を越えれば撃たれる
 相手が、椿輝紅羽が忘れていても撃たれる。

 それでも、自分の「スキ」を諦めず、約束のキスを届ける為に、銀子は旅立つという。

るる『そう、あなたは“失う前の私”、ううん違う、多分あなたは一度失ってる』

『それでも、もう一度会える人がそこにいるなら、たとえ壁の向こうでも!』

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

 諭す議長も、言い切るるるも格好良かった!

キスを諦めます
 どんなに困難でも諦めない銀子に、るるは惚れこみ、彼女の「スキ」を叶えたいと思った
 その結果、自分が銀子に愛されなくてもいい
 キスされなくたっていい。

 自分の果たせなかった望みを銀子に託す、それは自己満足に過ぎません。傲慢、罪ですよ?

 自分が満足したい為に、他人を応援するんですか?
 そう問う議長にも、堂々と応える。

 それは「罪」であり、決して報われない事は承知だと応え、彼女のスキは承認される―――。

こうして百合ヶ咲るるは、銀子と共に断絶の壁の向こうへ旅立ったのでした

『さて、約束のキスは果たされるのか、それとも…?』

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

 それがセクシー、シャバダドゥ?

断絶の裁判
 以上、壁を越える為に「人間にしてもらう」為に、るるは裁判を受けたと明かされた。
 自分のスキ、“銀子の願いを叶えたい”気持ちを叶える為に

 好きな人が幸せになるなら、その人が自分を愛してくれなくてもいい、キスして貰わなくてもいい

 スキを諦めない
 代わりに、キスを諦める。

 そして、銀子が見つめる「星の首飾り」は、クマに食われた「紅羽の母」の見つけていたもの……

毎回、誰かしら亡くなるユリ熊嵐。まさかのるる過去編、彼女もスキを諦めない

イメージ 23

イメージ 1

イメージ 17

イメージ 32

 EDカットも変更、前と同様「一人だけ距離感がある」ものの、紅羽ちゃんも一緒に歩いてる!?

百合ヶ咲るるの家庭の事情
 一話以来、紅羽を食べると言いつつ助け続ける銀子の目的は、彼女と約束のキスをする事。
 食べたい本能と、スキって気持ちがせめぎあってるのか?

 そしてセクシー議長がセクシーで、るるとみるんがめちゃくちゃ可愛かった!

 一人っ子ですごく大切にされてたのに
 下の子が生まれて、軽視され、憎んでしまうけど、その子自身は自分を慕ってくれる

 ありふれた家庭の事情をベースに、物語にしてくる昔話っぷりがスキです!