GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

夜ノヤッターマン 第3夜「俺たちは天使じゃないけど天使のフリをすることにした」感想、今は勝てなくても良い! 負けなければ良いんだよっ!!

ガリナとアルエット、五人+ワンの珍道中スタート! ひっでえオチだった!(笑顔)

イメージ 13

イメージ 24

 家族を殺されて気がふれてしまった少女と、彼女を守りたい青年、ちょっと重いテーマでも朝日へ笑え!
 今は“負けなければいい”って、まとめて自爆で吹っ飛ばすオチといい
 ホント、辛くても気持ちよく笑える話だった!

 お前たちは「本当の正義」じゃあない! 清く正しく美しく! ―――闇を払い、この世界に夜明けをっ!!

「やぁっておしまい!」
 特に、ラストのギリギリから畳みかけていったテンション、もう最高でしたね!
 ちょっと作画が怪しかったですね!
 楽しかったですね!

 辛いなら、笑って福を引き寄せて、変えて見せるぜコンチクショウ!って、ヤケクソな前向きさ!

アルエット『よろしく、ドロンジョちゃん♪ 私の天使♪』

イメージ 27

 てなワケで、天使じゃないけど天使のフリをする事にした

朝を迎える為に!
 盲目の少女、アルエットの幼馴染ガリナは、彼女がヤッターマンの非道で家族が奪われた事と
 現実を信じられず、天使、空想に逃げ込んでいる事を語った。

 ガリナもヤッターマンを憎み助力してくれるが、結果、彼らまで襲われてしまう。

 窮地、ガリナは怯える事を止め、自分も立ち向かうと決意。
 その意思を汲んだドロンジョ達の力技で、五人+1は強引に包囲網を突破する――――。

 目指すは北の都、ヤッターメトロポリス

 次回、第四夜

アルエット『素敵なお顔ねぇ……♪』

ボヤッキー『シビレルゥ! ―――ドロンジョ様のお付きの色男、ボヤッキーです!』

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

 いちいちカメラ目線を決めるボヤやん! やめて!

あらゆる意味で犯罪です
 盲目の少女、アルエットは親と愛犬を連れ去られ、殺され、そのショックで退行した少女だった。
 以来、“天使が両親たちを連れ帰ってくれる”と信じ
 夢想して過ごしていたらしい。

 ドロンジョ様、天使のフリをしていたほうが、通報されずに済むのではないでしょうか……

 とは、ボヤやんの談。

ボヤッキードロンジョ様! 泥棒です!!』

ガリナ『僕は泥棒じゃないっ!! 怪しいのはお前らだ! 変態!!』

イメージ 5

 cv吉野裕行さんで、フツーに気弱で優しい青年ってなんだか懐かしい……。

変態はお前らだ!
 以上、アルエットの事情を話してくれたのは、彼女を護る幼馴染、ガリであった。
 同様の重い過去を持ち、それでも屈さず、守り続けている。

 彼もまた、ヤッターマンを憎む青年であった。

 またも絵的にひでえ!!

ロボ兵『ヤッターマン! 中を見せてもらうぞっ!!!』

ガリナ『ちょっと待ってください! ――――奇数なら言う、偶数なら…!』

イメージ 6

イメージ 7

 いちいちヤッターマンするのは仕様です。。。

運命はサイコロ
 いつも、二択をサイコロに託してしまう癖を持っているが、基本、いたってフツーの青年ガリナ。
 幼馴染の影になり日向になり、ヤッターマンに怯える。

 というか、こんな兵隊がきたら誰だって怯える!

 毎週ヤッターマンが怖い!
 そして、彼らすらドン引きにしてしまうアルエットさん、マジすげぇ。

アルエット『その歌、私好き♪ なんて歌なの?』

ドロンジョ『解らない、ママも、ママのママのママに教えて貰ったんだって…』

イメージ 8

 旧作の曲なんですが、どこかで重要な役割を果たすっぽい?


 ガンちゃん、もといガリナに事情を聞かされ、できれば早く出て行って欲しいと言われた一行は
 明日早々に出て行くと約束する。

 そして、一人カヤの外のアルエットは、ドロンジョと親交を深めてゆく。全裸で。

 しかし微笑ましい。。。

ガリナ『―――どうして、ヤッターマンを憎んでいるの?』

ボヤ&トンズラー『大切な人を守れなかった…』『罪滅ぼしや』

イメージ 9

 今週は中ほどが重たい過去の連続で、特に、すごく寂しそうに返した二人が印象的。
 あんだけ無茶振りされて、それでも従う男達の真意。
 静かで熱い。

 まるで、大切な人はちゃんと守り通せよ、って若者に伝えているようにも見える二人。

 渋い。

ガリナ『あの、これ……、服、縫ったんだ。燃やしちゃったから』

『―――本当に、ヤッターマンにデコピンしに行くの?』

イメージ 10

 目の隈がすごい。

「あったりまえだよ!」
 その夜、ガリナは得意の裁縫の腕で、徹夜して三人の新コスチュームを作ってくれ、三人を見送り
 無茶な目的に、果敢に挑んでいく三人に惚れこむ。

 けれど、やっぱりサイコロに任せ、「付いていかない」事に決めた。

アルエット『解った! パパとママを連れてきてくれるのね?』

ガリナ『もう、帰ってこないんだよ………』

イメージ 11

イメージ 12

 三人が行ってしまったと聞き、「お母さんたちを、連れて帰ってきてくれるんだ」と錯乱
 自分自身を、強引に納得させようとしつつも
 三人を追ってしまうアルエット。

 三人が去ってしまったと知って、顔を歪ませるアルエット。

 作画、凄かった……。
 ちゃんと、頭では解ってるんだろうなって感じで、すごく感情が乗ってましたね。

ガリナ『アル! 話を聞いてくれ、あの人たちは天使じゃ……!』

ヤッター兵『―――そいつらは、どこにいる?』

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

 そして、いきなり背後に現れるヤッター兵! 空中投下! 今週も怖い!!

指名手配
 早朝から騒いでいたアルエット達は、ヤッターロボ兵に勘付かれ、匿っていたとバレる
 ロボット兵は増援を呼び、あばら家をあっと言う間に包囲。 

 アルエット! 早く地下室に、アル!!

 居場所を吐かねば焼き払う!
 かさにかかって、押し寄せるヤッター兵だったが、当のアルエットが動こうとしない。

 あわや絶体絶命かと思われた時――――

オダさま『ブー~~~~』

イメージ 16

 なんと、オダさまが放尿プレイで気を引く捨て身のファンサービス。
 毎度ながら有能。

 おかげで、時間を稼げた一行はアルエットたちと合流する。

ドロンジョ『私達を誰だと思ってるんだ、天下のドロンボーだぞ!』

ガリナが作ってくれた服を着て、私達は戦う! お前達を護る!!』

イメージ 17

イメージ 18

 ヒーローのように戻ってきた少女たちを前に、ガリナはサイコロではなく、自分の意思で選び取る。
 これは自分で決める事だと、旅への参加を決めるガリナ!
 BGM変化もカッコイイ!

 アル! 天使と行こう! パパとママのところへ!

 BGMで静かに盛り上げていって、一旦止めて、あのいつものテーマBGMに!

ドロンジョドロンボーがいる限り、この世にヤッターマンは栄えない!!』

『―――闇を払い、この世界に、新たなる夜明けをっ!』

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 1

イメージ 23

イメージ 24

 いちいちボヤやんがノリノリで笑う。

「今は勝てなくても良い!」
 いつの間にか、ボヤッキー謹製メカを用意していたドロンジョ
 意味ありげなスイッチを叩き押す!

 お前たちは「本当の正義」じゃあない! 清く正しく美しく! ―――闇を払い、この世界に夜明けをっ!!

 これ自爆メカですやん!?
 懐かしくも、「夜明け」を感じさせる底なしの明るさで、ドロンボー怒りの大爆発!

 あれほど苦戦させられたメカを、一撃で消し飛ばすドロンボー

ドロンジョ『さあ首都へ! ヤッター・メトロポリスへ急ぐよ!』

ボヤ&トン『『アラホラサッサー!』』

イメージ 25

 爆煙を抜けて、空中仕様の自転車とやたら男前な作画で逃げまくるドロンボー
 ガリナとアルエットも加わり
 珍道中、北へ!

 めちゃくちゃ強引で、すっきり爽快なラストシーンが気持ちよすぎる!

 娯楽作品ってのはこうでなくちゃ!

次回、五人+1になったドロンボー一家が目指すのは……?

イメージ 26

 オチで、自転車が空中分解しちゃったのも笑います。笑うしかない!!

初回三話、完遂!
 メインキャラと戦う理由、理不尽で謎の多い強敵「ヤッターキングダム」を見せてくれた初期三篇!
 ギャグっぽいタイトルに反し、暗くて重たいものを背負いつつ
 明るい明日へつないでいく展開が気持ち良い!

 タイトルが「夜」で、そこから朝に向かっていく話なんだな、って良く解る三話でしたね!

 うろおぼえな旧作ファンも、ニヤりとするネタ、アレがコレって事はもしやと想像させたり楽しい!
 アラホラサッサー!がめっちゃ頼りになるし!

 次回、第4夜



 公式サイト http://yatterman.jp/character/