GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

艦隊これくしょん -艦これ- 第3話「W島攻略作戦」感想。物語の岐路、“史実ルート”へ踏み込む……!?

「反攻作戦」始動! その露払いとなる作戦で、吹雪達は衝撃を受ける

イメージ 12

イメージ 25

 顔見せを兼ねた総力戦だった一話に対し、今回は吹雪以下、水雷戦隊が主役となった作戦だった第三話。
 吹雪の成長こそ強く描かれたものの、作戦は破綻し「如月」轟沈―――
 先行き、暗いよ第3話……。

 大切な人への大切な気持ちを伝える事を躊躇わないで、明日、会えなくなるかも知れない私達だから―――

「ありがとう」って伝えたくて
 二次大戦における、ミッドウェー海戦の序章、「ウェーク島の戦い」をベースにしたお話。
 如月さん、あらゆる意味でフラグすぎた……

 第3話にして、きっちり、今後の物語がどうなってゆくのかを印象付けるお話になった気がします。

『緊張してるでごじゃる……』『吹雪ちゃん、また口調変わってるっぽい?』

イメージ 2

 いやー、もうAパートは徹底して可愛かったですねぇ、もう!

W島、第一次攻略戦
 近海の敵を排除した鎮守府は、反攻作戦を企図し、その前哨戦「W島攻略戦」を発動した
 今度の作戦は、二個水雷戦隊による攻略戦
 つまり吹雪も重要戦力だ。

 周囲の暖かい励まし、特訓に申し訳ない思いを抱く吹雪を、睦月と赤城はそれぞれに元気付け、送り出す。

 しかし作戦は失敗
 想定外の「軽空母二隻」と激突した水雷戦隊は
 新人・吹雪の頑張りと、遠征から戻った艦隊に助けられ、脱出に成功するが、駆逐艦・如月を喪ってしまう。

 第4話「私たちの出番ネ! Follow me!」

如月(駆逐艦)『あ、睦月ちゃん?』

如月(同型艦)『如月ちゃん! もしかして、如月ちゃんもこの会戦にっ?』

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

 旧暦では、睦月が1月、如月が2月、弥生が3月、望月は旧暦での満月を指す。かわいい。

大規模反攻作戦の前哨戦
 さて、前回ラストで示唆された「作戦」とは、大規模反攻作戦―――、の前哨戦であった。
 鎮守府付近の敵を一掃した以上、攻撃に出るワケ。

 W島だ。この島を守備している敵・水雷戦隊を、夜戦による奇襲で殲滅して貰いたい。

 その第一段階がコレ。
 なのですが、今まではモブ扱いだった如月ちゃんがクローズアップ! おお可愛い!

 あと長門さんが怖い!

北上(軽巡洋艦)『ああ、お見舞い品かぁ』

大井(同型艦)『次の作戦で、一番高いの、この子だしねぇ?』

イメージ 6

イメージ 7

 基本、似た様な服装(同型艦キャラ)は同じ声優さんらしい。まさに腕の見せ所!

決戦前夜
 吹雪が不安に凹んでいると、次々と先輩艦娘たちが現れ、差し入れをしてくれた
 不安と、また、頑張る彼女を応援したくなったのでしょうか

 大丈夫、きっとできる! 吹雪ちゃんあんなに特訓したんだもん! 自信を持って、絶対大丈夫だよ!

 北上&大井コンビの、歯に衣を着せない物言いに落ち込む吹雪に
 前回と同様、睦月ちゃんが励ます!

 ホント、この子優しい! 

睦月(駆逐艦)『昔、如月ちゃんに同じように信じてるって言って貰って……』

イメージ 8

 その優しさは、かつて姉妹艦・如月に、同じように優しくされたゆえと語られる。
 して貰って嬉しかった事を、友達に返す睦月。
 ホント良い子。

 そして、急激に如月さんの存在感が膨れ上がりすぎるのが、どうにも不吉―――。

吹雪『そんな事ないよ、睦月ちゃんがいてくれたから、私、頑張れたんだもん♪』

夕立『ぶ~~、夕立、邪魔っぽい?』

イメージ 9

 にしても、のけ者で、膨れるぽいちゃんの可愛いっぽい事!
 今週、夕立ちゃんは一際可愛かったぽい!

 ちなみに脚本は一話&二話と違い、シリーズ構成の花田氏ではなく、吉野弘幸氏だったとのことっぽい。

赤城(正規空母)『―――頑張っていますね?』

吹雪『ちょっとだけおさらいしたくって。皆に特訓して貰ったのに…、私…』

イメージ 10

 赤城先輩、CGモデルの出来が特にスゴい気がする。

正射必中
 出撃日、その早朝から、おさらい訓練をしに飛び出した吹雪は、赤城先輩と遭遇し
 彼女が目を閉じて、的を打ち抜く姿を目撃する

 正射必中という言葉があります。正しい姿勢で射れば、おのずと矢は当たるという程の意味ですが―――

 その「正しい姿勢」を身体に染み付ける行為
 すなわち、練習を繰り返す事で、結果は必ずついて来る、という解釈を語ってくれた。

 だから、十分に訓練したなら自分自身を信じなさい、と諭してくれる。

赤城『早起きしたら、ドアをノックしようとしていた彼女がいて…』

睦月『私は! 如月ちゃんだったら、こうするかもって、そう思っただけだから!』

イメージ 11

イメージ 12

 今週で、赤城先輩が「尊敬すべき先輩」になった気がします。ホント。

「ありがとう」って
 お膳立てをしてくれた睦月も、沢山の人に訓練して貰い、或いは応援して貰った吹雪
 恩を受けた事に、戸惑いを感じていた。

 大切な人への大切な気持ちを伝える事を躊躇わないで、明日、会えなくなるかも知れない私達だから―――

 そんな彼女たちに、赤城は感謝は言葉で、出来るだけ早く伝えなさいと促す。
 自分達は、明日をも知れない身なのだから。

 一話目は損害ゼロでしたが、やはり艦娘も戦いで死ぬものなのですね……。

睦月『如月ちゃん、あのね、この作戦が終わったら、話したい事があるんだっ!』

如月『あらぁ……、愛の告白かしら?』

睦月『違うよ!?』

イメージ 13

 しかし睦月選手、積年の思いだからゆっくり語りたいと思ったのか
 約束という形にしてしまう。

 なんという死亡フラグ……。

長門(戦艦)『W島攻略作戦を発動する、第三、第四水雷戦隊、出撃せよ!』

イメージ 15

 ムチャしやがって……。

第一次W島攻略戦
 が、満を持して始まった攻略戦は、逆に敵に動きを探知され、先手を打たれる格好となる。
 あんなに可愛い「航空機の妖精」さんが!?

 どうする? “奇襲作戦”は破綻よ、第四水雷戦隊を動かして、正面戦闘に持ち込む?

 夜襲の為に待機していた第三水雷を察知され
 しかも、彼女たちを察知した「航空機」が、島と別方向から現れた、という事は――――。

旗艦・神通『姉さん、あれ!』

夕立&睦月『ウソ!?』『ヌ級が二隻も!?』

イメージ 1

 長門が読んだ通り、実は深海棲艦側は「軽空母・ヌ級」を二隻手配しており、別方向から押し寄せる。

 赤城先輩のような、正規空母よりランクは落ちるものの
 無数の航空機を擁し近付き難い!

 何より、島を護っていた駆逐艦4/軽巡の部隊が挟み撃ちをかけており、絶体絶命の危機に。

長門『四水戦に打電! 敵・水雷戦隊の足止めを!』

『―――まだ手はある!』

イメージ 16

 島の駆逐艦部隊は、同じく六隻からなる「第四水雷戦隊」、如月ちゃん達が急行。
 これで、挟み撃ちの危険はなくなった。

 が、軽空母ヌ級の航空部隊に対し、睦月たち三水戦は苦境に陥っていく――――

 あんだけブンブン飛ばれたら
 たった六隻で、どうやって撃ち落としたら良いもんだか!? 

睦月『―――吹雪ちゃん、魚雷! 正射必中だよ!』

吹雪『自分を信じて……、お願い! あたってくださいっ!!』

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

 吹雪ちゃんかっけぇ!

吹雪、正射必中!
 戦闘機隊は、当たり方次第では、艦娘も一撃死させる大型爆薬も搭載しており、水雷戦隊は苦戦。
 しかし、ここぞで高速移動、精密射撃を両方為し遂げた吹雪と
 彼女たちの総力で、まず一隻を轟沈させた

 三式弾……! 水平線の向こうから!?

 さらに、長門の狙い通り、ちょうど遠征から帰ってきた「戦艦」の集団が参戦。
 彼女らの特性、驚くべき長射程で敵を駆逐する。

 特に空中爆発する対空兵器、「三式弾」が猛威を振るい、敵航空機隊をあっと言う間に殲滅する―――。

神通『遠征に出ていた、第二艦隊ですっ!』

球磨(軽純)『――――見るクマっ! 敵の残存艦が撤退していくクマっ!!』

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

 ああ、何事も無く終わったか……、と思ったらコレですよ!?

「待っててね、如月ちゃん!」
 軽母を失った深海棲艦五隻は撤退し、吹雪たちも、第一次W島攻略戦の撤退に成功。
 が、油断した如月が爆撃を受け、そのまま轟沈―――。

 如月のこと、忘れないで、ね――――?

 無事帰り着いた吹雪と睦月が、無邪気に如月の帰りを待つ中、彼女の捜索は終了、除籍扱いとなる。
 あっと思う間もなく、呆気ない轟沈―――。

 バカな、呆気なさ過ぎる……。

特殊EDエンド、次回、如月の死を知った睦月は……?

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

 一話では失敗し、二話ではたゆまぬ訓練を、三話では「訓練は必ず力になる」と一歩一歩前へ進みますが…

第一次ウェーク島攻略作戦
 超有名な、ミッドウェー海戦を示唆するらしき「反攻作戦」に触れると共に、その前哨戦!
 勝ったような演出ですが、島の占拠には失敗しています
 次回、第二次攻略戦でしょうか?

 二次大戦にて日本軍で二番目の戦没艦となった「如月」、その存在は死亡フラグそのものだったのだ…。
※同じ戦いで沈んだ「疾風」は未登場。

 前半の、しゃかりき部活アニメムードから、後半はバトルアニメに…
 そして次回、サブタイが能天気すぎませんか!?

 第4話「私たちの出番ネ! Follow me!」

世界七大戦艦、ビッグ7と謳われた「長門級」戦艦

イメージ 14

 手前がネームシップの1番艦「長門」で、奥は同2番艦「陸奥」。

■戦艦
 長門開戦時における連合艦隊の旗艦であり、その経緯からか、作中は事実上の指揮官を担当。

 その火力のみならず、当時の戦艦よりも高速を誇ったという優れた戦闘艦で
 スペックを偽装し発表された逸話を持つ。

 性能の高さから戦略兵器的に扱われ、両者とも殆ど実戦には参加していないという事も有名。

■関連感想記事
 第1話 「初めまして!司令官!」
 第2話「悖らず、恥じず、憾まず<もとらず、はじず、うらまず>」
 [ 第3話「W島攻略作戦<うとう攻略作戦>」]