GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

マジンボーン 第42話「静かなる激情」感想。タイロン、本当に良かったね…。ネポスニンジャ、最後の忍戦!

誕生、レアメタル・ライノー! でもきっと、それ以上に嬉しかったのは……

イメージ 13

イメージ 2

 まさしく、タイロンという青年そのもののようなサブタイトルと、バジリスクの猛攻&ニンジャ回!
 評議会のバジさん、よく言えば現実主義者というか
 一周回って清々しいキャラですね!

 この宇宙を……、僕らを創造したという始まりの魔神は、こんな争いを本当に望んでいるですか!?

ライノーの声
 タイロンもレア覚醒しましたが、それ以上にボーンの声が聞こえたという事が嬉しそう。
 今まで、ボーンに認められてないんじゃないかと悩み
 責めていた青年に、ようやく声が!

 翔悟のドラゴンも似たところがありますし、ライノーも口下手だったんですかね。照れ屋さんだったのさ!

ルークパパ『(東尾は)まだメルボルンに残っているよ。データ回収の為にな』

イメージ 3

 毎度ながら、所長ってば作業服が似合いすぎィ! アンナさんも意外に似合う……。

規範
 ネポス評議会六議員の一人、バジリスクラケルトの選んだ道は、レボルト傘下への加入だった。
 レボルトがグリフォンを、フェニックスをも掌中にしようが
 始まりの魔神は何もしないではないか。

 規範が異を唱えぬなら、規範を黙らせる「何か」があるなら、それは正しいという事だ

 だが地球侵攻に参加したラケルトは
 地球人に、ライノー・ボーンに「土の魔神」が自ら力を貸す姿を目撃する。

 タイロンは争いを止めぬ「始まりの魔神」に疑念を抱き、その優しさに土の魔神は応え、覚醒を果たす。

 次回、第43話「絶望を希望に変えて」

ペルブランド様『レボルトの評議会議長の職を、ただちに解くべきです!』

ラケルト(バジリスク)『―――私は、レボルトが議長である事を支持する』

イメージ 4

イメージ 5

 一言で言えば、長いものには巻かれろ主義者・ラケルト。うーんこの。

勝ち馬
 グリフォンの私的運用を責める「義」の議員二人だったが、評議会の大勢は違っていた。
 議員ラケルトは、魔神がレボルトを罰しない状況に
 彼を有力と見たのである。

 魔神の意に反するなら、それこそ「始まり様」が自ら罰するはずである。

 罰されず
 しかも惑星核を従える暴挙を成し遂げたレボルトを、ラケルトはむしろ好意的に受け止めた。

 これにはペルブランド様も苦笑い――――。

ラケルト『グリフォンボーンを纏える程の男、ノらない手はなかろう?』

イメージ 6

 力こそが正義であり、それも「魔神が罰さない」なら、宗教的な間違いも無い。
 ラケ様はレボルト陣営参加を希望する
 なんと……。

 何かと自分のあり方を貫くキャラが多い中、一周回って新鮮なオッサンである。キャー素敵!

タイロン『何だか……、申し訳なくて。僕の力不足でライノーボーンを…』

イメージ 7

 三者三様の言葉があって、面白いワンシーン。

ボーンと適合者
 未だ癒えぬライノーボーンに、タイロンは自身の力不足を悔やむ。
 だが、ボーンだって適合者がいなければ動けない、あっちもお前が必要なんだから、気にするなと
 レナードは励ます。

 ちょっと違う気がする……、あの時、ワイバーンはクルードのオッサンを護って消えたんだ

 だが、自らを犠牲にして「適合者(クルード)」を護ったボーンもいた
 ライノーもそうだったんだと翔悟も励ます。

 いずれにせよ気負う事はありません 
 けれど、他人の分まで、気負う優しさこそがタイロンの美点なのでしょうね。

ラケルト『私は無駄な事が嫌いでね、キミ達では勝ち目は無いよ』

『ならば戦うなんて時間の無駄だろう? いやだねぇ物分りが悪いのは……』

イメージ 8

 ニンジャだ! 素顔バージョンのニンジャがいる!

物分りの良い男
 やがて、ライノーとシャークが戦闘不能の今、事実上、三対二での評議会戦が始まった!
 が、無駄を嫌い、物分りの良さを自負するラケルトは
 まず降伏を勧告する。

 嫌味なんですが、たった一話で強烈にキャラが立ったラケルト様!

『ネポス・アンゲリス闇のニンジャ・クロウ……、参上!』

『ネポス評議会…、バジリスク!』

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 1

イメージ 11

イメージ 12

 非道なキャラに対し、格闘スタイルは正統派柔道というギャップ!

「このバジリスクの選択は正しかった!」
 対し、リーベルトは真っ向から真相を洗いざらい喋ったが、逆にラケルトは歓喜する。
 レボルトの非道は強さの証明なのだ、と。

 歴史とは強者が作るもの……、風向きはレボルトにある! 弱者よ、消えて失せろッ!!

 やだ清々しい!
 いかに悪事を行おうが、それを法=魔神が咎めなら、正しい!

 いつ非業の死を遂げるか楽しみ!

バジリスク『あまりに弱い…、弱すぎる。お前たちの相手はこいつらで十分だ!』

イメージ 13

 リーベルトを完全クラッシュさせたバジ様、バジリスク」の名の通り、眼力を発動
 石化ならぬ、過去、クラッシュしてきたボーン達を復活させ
 翔悟たちに差し向ける!

 さあ復活ボーンファイター軍団よ、かかれ!

 なお、カード自体が完全消滅した、ホース&ワイバーンは流石に居なかった模様。

タイロン『何故、戦わなくてはいけないんです……』

『ネポスと地球人どころか、ネポス同士で争うなんて………!』

イメージ 14

イメージ 15

 ラケルトが、魔神が咎めないなら、どんな非道だって許されると大暴れする一方
 タイロンは静かに怒っていた。

 この宇宙を……、僕らを創造したという始まりの魔神は、こんな争いを本当に望んでいるですか!?

 タイロンの疑問は直球で、どこまでも優しく誰よりも激しい!
 cv安元洋貴さん、本当に好演。

ライノー『要らん。我らの間に言葉は要らん―――』

『お前の想い、意思は伝わっている、ずっとな。お前の優しさに共鳴したのだ』

イメージ 16

 現れたライノー・ボーンは、タイロンの優しさに共鳴して戦ってきたと激励し
 朽ち果てた事すら、悔いは無いと言い切る。

 さあ行こう、この傷では私も動く事はままならない……、だが“あの御方”が一緒なら立つ事は出来る!

 ライノーさん照れ屋説。
 ロンちゃんはずっと悩んでましたが、不満は無いから黙ってたのさ!と励ます!!

クロウ『な、なんと土の魔神!?』

バジリスク『あれは実体か!?』

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 2

イメージ 20

 浮遊ウイング付きレアメタルボーン! かっけぇー!

「意思」に応える存在
 更に、その優しさに応えた「土の魔神」が自ら降臨し、ライノーをレアメタルと化した!
 争いを否定するレアメタル、ライノー!

 ご心配なく……、これはまやかしですッ!

 清く正しくを地で行くタイロン
 その力は、他人を騙す、「幻」に過ぎない復活ボーン軍団を一撃で消滅させた。

 それでもクロウが敢然と挑むが―――。 

タイロン『僕は戦いたくない、誰も傷付けたくないんです!』

『―――僕への攻撃は、全て貴方に跳ね返る!』

イメージ 21

 その力は専守防衛あらゆるダメージを、攻撃側へと跳ね返す「鏡」の力!
 自ら動かず、クロウを半壊。

 笑止――――、我は忍びぞ!

 なおも食い下がり、必殺の「火遁」を放ったクロウは、反射効果により完敗バジリスクも撤退する 

レボルト『土の魔神までもが力を貸すなどと!』

『あの時とは話が違う、今度は完全なる土の魔神の意思、自ら力を貸した…』

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

 翔悟のレアメタルは「継承」でしたが、タイロンは完全に自力。この差は大きい。

激震するネポス
 結局、ラケルトはフェニックスをも手中に収めたというレボルトの力に心酔し、完全に傘下に入る。
 最後の評議員、「コルウス」だけは意図不明のままですが
 六人中三人がレボルト派に。

 バーリッシュ&ペルブランドは、民の前でシュトルツらが真相を語る事が打開策と決め込むも……?

 最終クールも波乱の予感!

タイロン『翔悟くん。聞こえましたよ、僕にも声が、ライノー・ボーンの声が…』

イメージ 25

イメージ 26

 エンディングのタイロンとリーベルト様が夫婦に見えて困る、という意見多数。

魔神の行方
 かつてのクルード様や翔悟同様、レアメタル化の反動で入院する事になったタイロン。
 けれど、彼は真っ先にリーベルトの事を気遣い
 彼女を驚かせる

 傷付けたくないが、誰も傷つけない為にも戦場に立つタイロン。
 彼もまた、矛盾した青年ですね。

 他人を尊重するけれど、だからって、他人を傷つけてくる者には容赦しない激情家。熱い。

予告『皆がいるこの場所を、絶対に護ってみせる!』

イメージ 10

イメージ 1

イメージ 6

 なんかもー、一周回って嫌いになれませんラケさま。 

弟が7人、妹が8人ですから!
 強者=魔神が咎めないならば、それは正しいという事だという勝ち馬タイプ、バジリスクに対し
 譲れぬ価値化の相違に、戦いをも辞さないタイロンの図式!

 これで火と土、次回で水。全八属性の内、三属性が「地球側になった」という事は……?

 翔悟達とリーベルト様で「火・土・水・木・雷・空間」の六属性。
 残るは、風と時間……?

 次回、第43話「絶望を希望に変えて」