GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

七つの大罪 第十四話「本を読むひと」感想。色欲の大罪、参戦! 聖騎士ギーラの掘り下げも切ない

色欲の大罪「ゴウセル」見参。…ってそっちが本体かい!!

イメージ 2

イメージ 9

 期待通りのゴウセル編でしたが、前半は外伝的に、新世代聖騎士・ギーラの戦う理由が描写。これはズルい。
 魔神の血、危険に手を染めてまで強くなった理由も納得ですし
 いつ死ぬか解らないキャラだけに辛い。

 苦しんでいる人に、何をしてあげれば良いのか解りません―――。本には、書いていない…。

「封印」を解いた大罪!
 一方アラン、知識欲旺盛な変人さんかと思ったら、彼こそが大罪、なんで変装してたのかは次回!
 変装時、記憶もリセットされてたんでしょうか?

 鎧の巨人と少年、童話のような組み合わせも結構好きだったんですが、鎧の方は何者なのでしょうね?

鎧の巨人『ゴウセル、こわい……』

イメージ 3

 見た目は怖いけど、穏やかで臆病な巨人。鉄壁のナイスコンビである。

色欲の大罪ゴウセル
 新たな大罪「ゴウセル」を確認したヘルブラム卿は、新世代の殺戮部隊ドーン・ロアーを出陣
 休暇をもらったギーラは、愛する弟ジーラの元に帰省
 彼の為に戦うと改めて誓う。

 ジェリコは独断でドーン・ロアーを追うが、その前に、彼らは「自称ゴウセル」を見つけ交戦を開始

 駆けつけたメリオダス達の防護をかいくぐり
 致命打を与えたかに見えたその時、「自称ゴウセル」を護り、ゴウセルは自身の封印を説く――――

 次回、第十五話「アンホーリィ・ナイト」。

アラン『雨は循環の一過程……、この世のものは、何でも循環しているそうです』

『―――そこから外れた者達は、どこへ行けばよいのでしょうね』

イメージ 4

イメージ 5

 どことなく実感のこもった一言、巨人・不死・妖精に続く第5の大罪、その本質とは?

素晴らしき旅路
 アランは、間もなく「ゴウセル」との旅は終わると知りつつ、彼と旅を続けていた。
 彼に語り聞かせ、喜ばれ、アラン自身にも嬉しい。

 僕たちも循環しているんですよ! 発見です! こんな事、どこにも書いていなかったっ!

 いかにも学者バカで
 けれど、まっすぐで邪念の無いアラン少年が快いです。が、まさかなぁ……。

ギーラ『その言葉遣い、どうにかならないの? せっかく可愛い格好してるのに』

ジェリコ『服、関係ないだろっ!』

イメージ 6

 ジェリコ、「新世代」になろうともいじられ役である。

「それじゃあ!」
 一方、大罪ゴウセルの動向に気付いたヘルブラム卿は、殺戮部隊ドーン・ロアーを招聘。
 本気の武装でも、大罪相手に敵わなかったギーラたちは
 温存され、もどかしさに震える。

 いやホント、ジェリコさん可愛いけれど、目が真っ黒状態でちょい不気味。

 でも、思ったほど狂っては無い感じですね。

ジール『お姉ちゃんっ! お仕事お疲れさま!』

ギーラ『ジール、どうしたの、その怪我は……?』

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

 一方、私服のギーラはさらに女性らしさのある格好。こんな表情もするのか……。

彼女の戦う理由
 休暇、帰省したギーラは、敵前逃亡した亡父の事で責められ、なお真っ直ぐな弟と再会する。
 噂を信じず、父と姉を信じ続け、他人を恨まぬ少年

 少し違うわ。父さんの代わりにジールを護りたかった…、ジールの誇りでいられるよう、なりたかったから…

 父のいきさつがあったからこそ
 そして、女性という戦士としてのハンデを負うからこそ、急いで強くなろうとしたのでしょうか。

 弟の誇りでいられるような姉でいたい、という願いが辛い。

ギーラ『やっぱり、短いの気になる?』

ジール『ううん、すごく、可愛いよ……』

イメージ 10

 世界一可愛いよ!

弟の愛、弟への愛
 以前、第九話でメリオダスのイタズラで切られてしまった前髪だけど、弟はそれも可愛いと言う。
 ホントもう、弟さんってば出来た子すぎる。

 弟の為なら姉は何でもする、それだけの覚悟につりあう、本当に素敵な弟君。

イジメっ子『次は火ィつけようぜ♪』

イジメっ子『あのチビ、今度はどんな目に遭わせてやろうかなァ』

イメージ 11

 姉の為なら、何だって我慢できるという健気な弟に応え、姉も文字通り「何でも」する
 その夜、イジメっ子を切り捨てるギーラ。
 まさに悪・即・斬。

 己の信念の為に、人として壊れている感のある彼女。

 原作未読ですが、彼女が辛い結末を迎えそうに見えて仕方ないです。根本は良い人なんですね……

メリオダス『エリザベス、ハーブ買ってきてくれるか?』

ホーク『聖騎士どもに狙われてんだろ、留守番してた方が良いんじゃねぇか?』

イメージ 12

イメージ 14

イメージ 15

 ホークさんが正論豚野郎すぎる。というか、フツーに二本足で立ってるし!

「友人……、トモダチ…」
 さて、今週もしや出番が無いのだろうかと思った大罪ご一行さまは、久々に豚の帽子亭を開店。
 計らいにより、散歩がてらに村に出たところ
 アラン少年と邂逅する。

 苦しんでいる人に、何をしてあげれば良いのか解りません―――。本には、書いていない…。

 浮世離れしたアランに翻弄されつつも
 共感するエリザベス

 特にアランは、単なる「学者バカ」という以上に、人間性が欠落した少年のようでしたが―――

メリオダス『じゃ、変装すっか!』

イメージ 1

 前後しますし、結局あんまり役に立ちませんでしたが、エリザベスを変装させる案も。
 というか、酒場として、出来るだけ多くの人間と出会い情報を得る
 しかし、指名手配されている……

 エリザベスちゃん、行動自体が矛盾している!

 あとエリーちゃんは、村娘バージョンが一番可愛かったと思います

メリオダス『剣狼の肉は赤身が多くて燻製にピッタリ! 皮も良い値で売れる!』

バン『八つ裂きウサギは、煮ても焼いても旨い! 出汁はおハダに良いんだぜ?』

イメージ 13

 そしてキングをバンさんの特に意味の無い「バン!」が襲う!

「ちょっと行ってみっか」
 同じく、食材調達に野山に飛び出した大罪トリオは、野山に響き渡る唸りを聞く。
 が、視聴者と違い、ゴウセルの声だとまでは判らず

 アーマー・ジャイアント……、鎧のバケモノがぁ!?

 倒れていた討伐隊の断末魔により、ようやくゴウセルの存在を認識するが――――?

キング『標的を殺すだけの任務に就く、最悪の戦闘集団だ!』

イメージ 16

 が、この時点だと討伐隊「ドーン・ロアー」の方が、既に壊滅してるパターンじゃね?
 みたいな。

 そんな連想をしましたが、まだ戦いは始まる前。

スレイダー『余計な思考と詮索は不要、粛々と対象を始末する事よ』

メリオダス『――――動いたほうが負ける!』

イメージ 17

 というか、cv三木眞一郎さんが隊長だったのが一番驚いた!

空気は吸うもの
 殲滅部隊、ドーンロアーはギーラたち以上の実力者らしく、メリオダスさんも瞬時に緊張するほど
 が、緊迫した空気に闖入者が!

 ここに居ましたか、遅くなってすいません

 信頼するアランが現れた事で、逆に「ゴウセル」の怯えが限界を突破、口火を切る!

ワインハイト『―――充填完了、アーンド、任務完了……!』

メリオダスゴウセルーーーーーーーッ!』

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 2

イメージ 21

 巨人に次々と飛び掛るドーン・ロアー! 敵ながらカッコイイ大工仕事だった!!

色欲の大罪ゴウセル
 或いは、腕の一本を迷わず犠牲にし、或いはバンにすら気配を偽装する一級の聖騎士部隊!
 ドーン・ロアーの予想以上の強さに、メリオダス達は翻弄され
 必殺の一撃を放たれる

 封印を解いた代償は高くつくぞ、人間――――!

 だが鎧の巨人「ゴウセルを救う為に、アラン少年が自身の封印を解除し、ゴウセルに戻った!
 ドーン・ロアー隊を、人間と言い捨てるゴウセル

 魔神の混血、巨人、不死身、妖精王に続く属性とは?

予告ナレーション『ゴウセルの変装には、果たして意味があったのだろうか!』

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 1

イメージ 22
 
 ホント、ホークさんって「エリザベスを護る」事にかけては一級品ですよね。

人外ばっかだなぁ、もう!
 今回、半分くらい、ギーラとアランの視点だったのが新鮮でしたけれど
 そのアランの方がゴウセルだった、と。

 オープニングを見るに、彼が「アニメ版での最後の大罪」って感じなのでしょうか?

 ゴウセル、どうも自分自身を封印して身を隠していたっぽいですが
 鎧の方もゴウセルだそうで。
 つまり?

 次回、第十五話「アンホーリィ・ナイト」。