GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

夜ノヤッターマン 第2夜「ヤッターマンにデコピンを」感想、開始10分で目的達成……? 怒涛の展開! ヤッターマンこわい!

いつからヤッターマンが二人だと錯覚していた? 盲目の少女、登場!

イメージ 1

イメージ 15

 Aパート、あっというまにヤッターキングダムに潜入、デコピンぶっかまして目標達成!? かと思いきや!
 ロボとか量産型とか、あまつさえメカ戦とか怖いし楽しいし最高でしたね!
 が、Bは奇妙な間延び感が……?

 ずっと待ってた―――、あたしの、あたしの……、天使ちゃん…♪

天使と作画と心配と
 母と言葉も外見もそっくりな少女、アルエット登場で、強烈に後を引いた第2夜!
 ただ、喋ってるシーンなのに一枚絵がそのまま流れたり
 作画が足りなかった感じも。 

 ところどころ旧作要素を織り込んでくる配分が、良い意味でシュールになってて面白かった!

在りし日のドロシー『幸せになるのよ、私の天使……』

イメージ 3

 回想シーンからスタート、しかし、妙に「天使」が強調される意味とは…?

楽園という名の地獄で
 母を見捨てた「ヒーロー」にデコピンすべく、新生ドロンボー一味は決起、キングダムに潜入する
 が、そこに待ち受けていたヤッターマンは人ではなく
 ロボットの兵隊たちだった。

 散々に撃退された三人+1は、冬間際の北海道を逃げ回った末、留守の家に密かに逃げ込む

 そこに帰ってきた家主
 盲目の少女は、ドロンジョ=レパードの事を、「天使」として迎え入れてくれた――――?

 次回、第三夜

一方、ヤロー共は揃って見とれていた

イメージ 2

 亡き母の神々しい授乳シーンから始まった第二夜、ただしヤロー共の鼻の下を伸ばしていた模様。
 ちょ、手!
 手!!

 そんな二人が大好きです。

ドロンジョ『あーーーーーーっはっは! もっと大きな声で! 笑う角には福来る!』

『いやー、出涸らしのお茶おいしー♪ もみじも美味しいーっ!!』

イメージ 4

イメージ 5

 ドロシー、あなたの娘は立派に、前向きに、アホの子に育ちましたよ……

「カモン!」
 さて、ヒーローへの理想を裏切られ、母を失ったドロンジョ御歳九才は、新生ドロンボーを結成。
 まずは前向きに、ドロンボーの物まねから始めた。

 ――――モミジなんて、食べられませんよぉ……。

 おい我に返るな!
 でも、さすがにもみじは食べられないよねぇ……。

ドロンジョ『ぐちぐち言わないっ! お前たちっ、やれっていったらやるんだよっ!』

『おお! 今のそれっぽかったですよ!』『おお、見事や!』

イメージ 8

 それほどでもぉ~~~♪

 シリアスはどこいった!
 このアホ三人組、開始早々ノリノリである

『それじゃ作戦会議だよっ! ヤッターキングダムに乗り込むにはどうするか!』

イメージ 9

イメージ 10

 あーらさっさぁほーらさっさぁ!が軽妙。

青函トンネル
 が、難問だったはずの「壁」攻略は、オダさまが持ってきた「本」であっさり解決した。
 今は誰も使っていない、古いトンネルが残っていたのである

 まどろっこしい事はしていられないっ!

 あっさりと!
 まさに青森から北海道へ行くようなノリで、あの難関をスルーしてしまう三人+1!

 途中、線路は完全に水没していたものの――――。

『あ、もしかして?』『もしかすると?』『もしかするよっ!』

イメージ 11

 危うく死に掛けながら、強行突破してしまう新生ドロンボー

 仮面を拾うワンカットとか面白い!
 ですが思えば、この辺でも、既に作画を節約してる感じがちらほらと。

ヤッターマン『『ドロンジョボヤッキー、トンズラー!』』

ドロンジョドロンボーが居る限り、この世にヤッターマンは栄えないっ!』

イメージ 1

イメージ 12

イメージ 13

 ブタもオダてりゃ木に登るって、それ敗北フラグじゃないですかーっ!

メカ戦だ!
 なんとAパートのうちにたどり着いた三人組は、デコピンメカまで繰り出し、ヤッターマンと対峙!
 どころか、あっさりとデコビン食らわす目標を達成―――

 お前たちぃ、やぁっておしまいっ!

 ボヤやん万能すぎィ!
 まさか、二話目のAパートにして目標達成とか、おかしいですよ!?

ボヤ&トン『ドロンジョさま!』『来るで!』

ドロンジョ『やったと思ったのに、おしおきできたと思ったのに……』

イメージ 14

 が、実は「やった」のは単なるロボットと判明し、オマケに飛行メカまで襲来
 口の中から、無数のヤッターマンが―――

 って、それ違う!?

 いや待て! そこから出てくるのがヤッターマンって、それおかしいよ!?

ヤッター兵隊長『敬礼! ヤッター、ヤッター、ヤッターマン!』

『『『『『ヤッター、ヤッター、ヤッターマン』』』』』

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

 決めポーズが原作そのまんまで、なんつうか怖い!

ヤッターマン(複数形)
 無感情、無数のロボヤッターマンの襲来を受けたドロンジョたちだったが、別に強い訳じゃない。
 だが、この先どうすればいいのかと途方に暮れていた彼女の前で
 無数のロボは合体し――――

 合体した巨大ミサイルの直撃を受け、敗北する。

 ヤッターヤッター……
 って、怖い! 前回より遥かに怖いよコイツら! ヤッターマン怖い!

『『『えいほ、えいほ、おさらば~~~~』』』

イメージ 18

 旧作そのままに敗走する三馬鹿トリオ、涙ぐむレパードが可愛すぎるんですが!
 シュールすぎる。

 ここでも天使の像が強調され、妙に意味深。

島民『何だぁ? 匿ってくれ?』

ドロンジョ『はい! ヤッターマンみたいなカッコした兵隊に襲われてて!』

イメージ 19

イメージ 20

 キングダムの島民さん、ホントにもみじ食べてたのか……

「楽園」の正体
 逃げ延びたドロンジョ達が見たものは、どこまでも何も無い、彼女たちの故郷と同様の村落。
 助けを求めても、誰もがヤッターマンを恐れ隠れる。

 話が違うにも程があるが、ヤッター兵隊たちに追われ、逃げまくり―――

 何とか“本物”を探そうとするものの
 二体程度ならともかく、ヤッター軍団の前にはなすすべもない

 一体この島、何がどうなってるんだか。

ドロンジョ『やっぱりアイツらおかしいよ! 正義の味方がバンバン撃ってきて!』

『ヤッター!』『ヤッター!』

イメージ 21

イメージ 22

 ヤッターマン怖ァ!

「今回だけだよ!」
 小さなダムまで逃げ延びた三人は、挟み撃ちに遭い、身を投げて九死に一生を得る
 冷え切った身体を休めるべく、留守の家に入り込む。

 黙って入ったら、ドロボーと同じだろぉ!?

 ドロボーでしょアンタら!
 ともかく、寒い北海道で川に落っこちてしまった彼らは、どうしても温もりが欲しかった。

 そこで入ってしまった家が、ある意味、運の尽きだったというお話。

ドロンジョ『な、何の音!?』

ボヤッキー『ああもう、このヘソが……。見ないでくださいよぅ』

イメージ 23

 服を乾かし、暖をとる為とはいえ、もうホントに絵柄がアレすぎて困るワンシーン
 ボヤッキーって、イケメンなのにデベソなのか…。

 もうホント、この三枚目っぷりが好き。

???『ガッちゃ~ん、今日も天使ちゃん来なかった~~~』

『ガッちゃん? ガッチャンじゃないの? そこにいるのは誰?』

イメージ 26

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 27

イメージ 28

 なんという不思議ちゃん……。

私の天使ちゃん
 やがて、この家の盲目の少女が帰ってきたが、その声も姿も、母ドロシーと良く似ていた。
 目の見えぬ少女は、ドロンジョの輪郭を確認する為
 彼女に触れ合うのだが―――

 ずっと待ってた―――、あたしの、あたしの……、天使ちゃん…♪

 また天使!?
 彼女は、天使が来ると信じて待っていたらしいですが、一体なんのことだか。

 この辺では殆ど絵が動かず、ちょっとアレでしたが、後を引く展開で幕を閉じる辺りがニクい!

正規エンディングは、新キャラ二人が主役!

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 29

 妙に近代的ですが、キングダムにもこんな場所があるんでしょうか。

ヤッターマン怖ァ!?
 もう、ホントあっと言う間に過ぎていったAパートが怒涛で面白かった!
 でも後半の一部は、妙に絵が動かなかった!

 キングダム潜入からメカ戦、敗北、キングダムの現状やアルエットとの出会いなどなど
 特に前半、シリアスを軸にしつつコメディたっぷり。
 こういうのって楽しいですね!

 旧作要素の盛り込み方も、旧作=ご先祖様を真似よう!って事になってて楽しかったです。
 ドロンジョ様はノリノリですが、他二人がかみ合ってなくて
 笑っちゃいますね。

 次回、第3夜

■関連感想記事
 第1夜「世界は真っ暗闇」


 公式サイト http://yatterman.jp/character/