GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

アルドノア・ゼロ 第14話「異星の隣人たち -The Beautiful and Damned-」感想、宇宙の再会! 伊奈帆、“義眼”で驚異の急成長…!

偽姫様の野望、ザーツさんの苦労、火星側の量産兵器と伊奈帆たちの再会!!

イメージ 2

イメージ 3

 切ないオープニングや、この十九ヶ月で変化した状況、各キャラの思惑など、今後への布石が盛りだくさん!
 前回の印象よりも、変わっていなかったスレインの心根や
 伊奈帆の“義眼”の高性能さも印象的。

 暗殺されたと騙っていたものが、今度は、生きていると騙る事になろうとはな……。

ただし「良い人」から死ぬ
 しかし、笑っちゃいけないと思いつつ笑っちゃいましたザーツ卿。。。
 何その自業自得感。

 前期ラストで姫を撃った時のような捨て鉢さが消えて、前向きに政体を変えようって感じが快いですよね。

レムリナ姫『わたし、ここが大好き♪ だって“自分の足で歩ける”んですもの』

イメージ 4

 歩けるのかよ!? と思ったら「ただし低重力に限る」らしい。

激突の前哨戦
 数知れぬ、月の破片の一つに地球が構築した基地の軌道と、火星軍基地の軌道が接近する。
 その僅かな時間の為に、両軍は軍を集結させた。

 中でも、アセイラム姫<レムリア>を擁する火星軍ザーツバルム卿は、アルドノア兵器を量産。

 その移送の最中、地球軍基地と再接近した卿はお披露目を行う
 地球カタクラフトの反撃に驚愕した。

 生きていた界塚伊奈帆と、火星につく事を選んだスレイン・トロイヤードは、一瞬の邂逅を果たす。

 次回、第15話。

レムリナ姫『ヴァースの血を引く者の名において、目覚めよアルドノア―――』

イメージ 5

イメージ 6

 やべえ(視聴者)

「量産型」アルドノア兵器
 冒頭、喜びのステップを踏むレムリナ姫に驚かされましたが、低重力なら歩けるようで。
 やがて彼女が「起動」し、カメラが引くと――――

 なんという事でしょう、壁一体に格納された数知れぬアルドノア兵器が!

 これにはザーツバルム卿もニヤリ笑い。
 もう敗北なんてしないよ!

 まさか、こんなに大量のアルドノア兵器が……! ※なお出オチだった模様。

二期一話ではエンディングだった、「&Z」がオープニングに!

イメージ 7

イメージ 8

※踊る姿は、あくまで「夢」だった模様。切ない。

■&Z
 前期の冒頭を被せつつ、伊奈帆とスレイン、二人の機体が相討ちになっている姿からスタート……!
 映像的には、もうアセイラム姫は助からないと思しき描写で
 彼女を追う男たちが印象的。

 同じく、花と緑に満ち溢れた大地で、喜び踊る――――、という夢を見るレムリナ姫の姿も。

 火星生まれにとっての「夢の大地」
 彼女自身にとっての、叶わぬ夢である姿、どちらも悲しくて切ない。

ディオスクリア! 火星合体ディオスクリアさんじゃないですか!

イメージ 9

 あと、このシルエットはザーツ卿の合体ロボット・ディオスクリアさんじゃないですか!
 姿を見せないって事は、パワーアップしてるのか!?

 できれば、形状も少しシンプルにして、コトブキヤあたりでプラモ化もお願いします!(願望)

 楽しみだなぁ新生ディオさん。

老皇帝『心なしか、強くなったな……、紅き大地より武運を祈っておるぞ』

姫様・偽装解除後『―――あなたは、まるで変わりませんね。お爺さま』

イメージ 10

 そら気付けないよな……。でも、気付いて欲しかったのかもしれません。偽姫さま。

血の絆
 アセイラムの生存はザーツ卿たちだけの秘密とされ、皇帝にすら伏せられた。
 もっとも皇帝自身、既に余命いくばくも無かったのであるが。

 一期時点で寝たきりだった陛下は、十九ヶ月で厳重介護の危篤に至っていた。

 レムリナ姫は、嘘に気付かぬ皇帝に陰口を言うけれど、お互いに偽装された姿なんですよね……。

祭陽 希咲『はぁ…、すげぇ戦力』

詰城 祐太朗(眼鏡)『召集できるだけの部隊が、かき集められたんですね』

イメージ 11

 アニメ二期スタートにして、早くも地球軍がクライマックス。

トライデント基地
 前期、第一話での絶望的な状況とは裏腹に、地球は十九ヶ月を経ても健在であった。
 その戦力が宇宙に召集され、大規模作戦が発動する。

 衛星軌道上の数知れぬ「月の残骸」に作った基地と、火星軍の前線基地とが再接近する瞬間!

 その瞬間に向けて大戦力が召集
 この戦力や、「火星騎士のデータを得ている」事からして、各地の地球軍もかなり善戦していたようです。

インコ『普通の瞳にしか見えないけどなぁ……、それ、スゴいの?』

イメージ 12

 一方、前回「疑問」を持った偽アセイラムの演説を解析し、ニセモノだと確信に至る伊奈帆を
 インコが訪問するのだったが――――

 インコちゃん近い近い!?(視聴者)

 これで動揺しない伊奈帆さんも大概だが、インコちゃんも大概だと思う次第。

伊奈帆『見れば、大概のことは解るんだ……、はい』

インコ『サンキュー♪』

伊奈帆『体重49.2キロ……、少し太った?』

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

 スーパーインコちゃん劇場。可愛すぎィ! なのですが!

伊奈帆の「義眼」
 また、インコとの漫才と「偽姫様の解析」を題材にしつつ、伊奈帆の義眼が描かれる。
 単なる代替でなく、リアルタイムで映像分析が可能

 200グラムのパックを受け取った時の運動量変化を、三次元計測で割り出して、総質量を算出―――

 この補助分析の機能こそ
 今回の戦闘、伊奈帆の狙撃能力が異常に発達した最大の要因だったようです。

 伊奈帆さんすげぇ! インコちゃん可愛い!!

伊奈帆『別に、インコはわかりやすいなって』

ライエさん『―――解ったわ。あなた、本当はバカなのね?』

イメージ 16

 しかし、そんだけ相手を分析できるし、インコは解りやすいと言い切るクセに
 インコちゃんの恋心には気付かない。
 まさにバカ。

 ライエさん適切。

スレイン『エデルリッゾさん、レムリナ姫についてなくて良いんですか?』

『――――良いですよ、黙っていてあげますから』

イメージ 17

 しかし、あの時の戦闘服のままというのは何故なんでしょうね?

忠臣二人
 レムリナの侍従になったエデルリッゾだが、暇を見つけては健気にも姫のカプセルを磨いていた
 彼女は、アセイラムがもう目覚めないのでと心配し
 スレインは励ます。

 彼もデューカリオンの事も逆恨みなどせず、ただ姫さまを思い続けているけれど……?

偽姫さま、無言で退場

イメージ 18

 なお扉の外では、偽姫様がスレインとエデルリッゾが姫を思い続けていると再確認。
 正直、これは辛いわ……。

 こんなの聞いたら、しょせん自分は代替品で二の次なんだって思っちゃいますよ。

『暗殺されたと騙っていたものが、今度は、生きていると騙る事になろうとはな…』

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

 じーちゃん、これじゃさすがにお孫さんが解らなくても無理ないわ……。

紅い星を変える為に
 一方、老皇帝に「アセイラムを頼む」と託され、ザーツさんは、軽い自家撞着に自嘲する。
 騙してほくそ笑んでいた頃と比べ、すっかり苦労性な感じに。

 アルドノア、アルドノアを持つ者が全てを握る……、それこそが問題の全て。

 ザーツ卿は、この混乱を機に社会を変える決意。
 開拓も軍事優位もアルドノアあってこそ、しかしそれが独占され、利権となっているのが問題か。

スレイン『―――アルドノアを、起動してください』

レムリナ姫『イヤよ。お姉さまに頼めば?』

イメージ 22

イメージ 23

 極端な話、これこそ「アルドノアを自由に出来る王族が、社会を乱してる」という端的な描写かも。

誰も「彼女自身」を必要としないから
 レムリナ様は、姫の異母妹という事で低く扱われ続け、そのくせ「起動因子」として大事にはされる。
 自分に仕えながらも、アセイラムへの忠義を示し続けるスレインに
 その不満を爆発させるが――――

 けれど、スレインもまた「地球人」として虐げられたと古傷を見せ、彼女に忠誠を誓う。

 いやもう脱ぎだした時はどうなる事かと!

レムリナ『これで一回、自分で起動なさい?』

『ご武運を、サー・スレイン・トロイヤード……』

イメージ 24

 また、王族のキスで起動資格を得ても、あくまで一回のみとも判明。
 スレインの場合、姫と初めて出会った時の「一回」で
 タルシスを起動させたんですね。

 普通は、手の甲に口づけして「資格」を得て、以降はドライブを起動させっぱなしにしておくのか。

一期六話の「騎士契約」のシーンで、手の甲へキスする場面が描かれてます。

レムリナ『貴女が持っていたもの、全て私が引き受けましょう―――』

『だから安心して、お姉さま?』

イメージ 25

 異母姉妹、アセイラムに対して軽んじられ続け、しかも足は不自由という辛い境遇。
 結果、立派に歪んでしまったレムリナ姫の明日はどっちだ…。

 アレだ、ユキ姉が使ってたパワーアシストの脚用タイプを誰か持ってきて!

 もう火星さんってば技術が偏っちゃってるんだからぁ!

ハークライト『まもなく地球周回に入り、~中略~、マリネロス島に向かいます』

地球軍『当基地の2km地点を通過し、マリネロス基地に向かう軌道です!』

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 1

 ああ、火星の新型兵器が!?

行きがけの駄賃
 火星も、地球基地の位置には気付き、彼らとの攻防戦になると察して戦力を集結させていた
 ザーツ卿も馳せ参じると共に、その「ついで」に交戦
 新型をお披露目する

 量産型アルドノア兵器「ステイギス」、計四門もの火砲を同時に操る高機動兵器!

 が、あくまで「ついで」
 接近してこず、安全な遠距離から撃ち合うばかり――

 かと思いきや、はるか離れていた新型が、地球軍の砲撃で叩き落された!

伊奈帆『マスタング00、攻撃開始』

『高密度衛星群による重力変更、データ補正良し、目標…、ファイア!』

イメージ 3

 その正体はやはり伊奈帆、インコ相手にやったように、義眼の分析機能でデータを補正!

 月が分解した高密度な衛星
 その影響で、微細な重力で弾道がそれてしまう、通称「風」を解析する!

 あのドタバタ劇は、このシーンへの布石だったのか! 新生・伊奈帆さんってば強すぎィ!

伊奈帆『避けた……! 何だ、あの動き?』

スレイン『正確な射撃だ、この“風”の中を当ててくるなんて!』

イメージ 28

 が、スレインの「タルシス」が持つアルドノアとは、どうも「予知」らしい。
 ほんの一瞬先の未来を予測表示し、避ける!

 岩塊群による“風”と敵の動きを計算して「予測」する伊奈帆を、本物の「予知」が上回る!

 タルシス超強い!
 前回、遠距離から正確に攻撃を当てたのも、この能力ゆえか。

スレイン『オレンジ色の機体……、まさか!?』

伊奈帆『探したぞコウモリ、いや、ウミネコにクラスチェンジか』

イメージ 2

イメージ 29

イメージ 30

 どっちつかずだったコウモリから、鳥扱いに変更されるスレイン

コウモリから「鳥」へ
 すれ違うほんの数分に起こった攻防戦の中、伊奈帆とスレインは互いの存在をはっきりと認識
 ザーツバルムの輸送艦隊は基地を通過、戦闘は終わる―――。

界塚伊奈帆、生きていたのか……」「見つけた、スレイン・トロイヤード」

 イソップ童話にて、鳥と獣の戦争の際で、両方の陣営に加担した「二股野郎」を意味するコウモリから
 伊奈帆は、スレインを明確に「鳥」と認定

 次回の戦闘で、二人を待ち受ける戦いとは一体………。

余談、不満と期待

イメージ 8

 伊奈帆が、頭を撃ちぬかれたけど、弾丸が貫通したから生きてた件への、深い言及はナシ。
 が、普通「頭を撃たれる」のは死を意味する描写です

 多分、空が青いのは光の屈折じゃないのと同じで、スレインの知識の裏をかいた結果。

 これって次回で二人が相対して、説明するからなんでしょうか?

「十九ヶ月経過」による状況変化と、偽姫、そして再会劇!

イメージ 31

イメージ 15

 正規のエンディングの動画は、伊奈帆とスレインの成長の日々と、一期ラストまでを描く!

伊奈帆すげぇ!
 今回、義眼で更に強くなった伊奈帆と、それを上回るスレイン&タルシスの強さが端的に描写。
 今までの伊奈帆だと、純粋に強い敵は苦手そうでしたが
 これなら「工夫次第」という感じに。

 正直、伊奈帆の「解読して打倒する」戦法だと、純粋に強くて速いだけの敵は無理ゲーでしたもんね。

 一方、今のとこ、スレイン以上に偽姫レムリナ様が危うい感じ
 人間関係もさらにこじれそう。

 また、敵の量産機が出てきたことで地球量産機も見せ場を得ましたが
 今のところ、アルドノアにしては普通の強さで、ちょっと出オチ感があった気もします。次回に期待!