GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

アイドルマスター シンデレラガールズ 第2話「I never seen such a beautiful castle」感想。レギュラー・メンバー勢揃い! 14人でスタート!

勢ぞろいから、次回、バックダンサーデビュー! あっという間の第2話!

イメージ 36

イメージ 37

 プロデューサー、もとい卯月&凛の丁寧な始まりを描いた第一話を導入に、ファンに嬉しいキャララッシュ回!
 正直、アニメ組には憶え切れませんが、それぞれが魅力的にキャラを立てていて
 なおかつ、三人が主軸になってて解りやすいですね。 

 良いんじゃないかなぁ。遅かれ早かれステージに立つんだ、こういう始まりもアリじゃないかなぁ……?

鬼が出るか蛇が出るか!
 しっかし、全体にメチャクチャ立派な会社でビビるし、顔見せはみんな可愛いしであっという間でしたが
 次回の第3話、最初のステージの成否も気になりますね。

 社長、もとい部長さんもいい感じに「デキる昼行灯」って感じで、頼もしいのもグッド!

正規オープニング曲「Star!!」も、ハイテンションに良い感じ!

イメージ 1

 どことなく、無印アイドルマスターOPを連想させるのも良い感じ! 舞台袖の二人とか!

即日採用ダンサーズ!
 アイドル部門設立2年目の346プロダクション<ミシロ>
 その新人発掘、シンデレラプロジェクトに補欠合格した島村卯月は、同じチームの凛、未央と出会ってゆく。

 計14人グループの一員となった卯月。

 346プロの規模に戸惑い、またアイドルとしての写真撮影に戸惑いながらも、一つ一つこなす彼女を
 先輩アイドル、カリスマJK城ヶ崎美嘉が見初め
 バックダンサーに採用。

 出社初日で仕事を得てしまった卯月は、初仕事に胸をときめかせる。

 次回、第3話「A ball resplendent,enjoyable,and...」

???『シャンデリアなんて、いまどき見ないよねー♪』

イメージ 2

 三人目は本田未央やだ、この子ってば見ててハラハラする!

今回は「24時」の物語
 前回、意味深に幾度も描かれた「時計」は24時、日常回なストーリー。
 346の社屋を訪れたところ、その規模に圧倒される。

 わぁ~~、まるでお城みたいですねぇ♪

 期せずして未央
 そして部長ともエレベーターで遭遇しつつ、ようやく「アイドル」の一歩目が始まった。

『申し遅れました、千川ちひろと申します。色々な面からサポートしますので』

イメージ 3

 また、本プロジェクトの業務的な部分を請け負う女性なのか、千川ちひろ女史も登場。
 Pさんと並ぶと小さい!

 頑張ってくださいね♪

 しまむらさんよりやや小さいという、むしろプロデュースされる側な容姿の女性。。。

Pさん『他のメンバーとの顔合わせは後ほど。その前に―――』

イメージ 4

 しまむらさん、実は身体を動かすのはあまり得意じゃない説。

挿入歌「輝く世界の魔法」
 残るメンバーとの顔合わせを前に、空いた時間でレッスンに回される三人。
 島村さんが高校二年で、残り二人は一年生だったり
 本田未央も、素人さんだと判明。

 すぐに打ち解けた三人は、未央に引っ張られる格好で、346プロを駆け巡ってゆく

 出るわ出るわキャラの山!
 聞くところ、本作は現時点でアイドル196名、トレーナー4名、計200名にも達するのだとか。。。

『うさみん星からやってきた、歌って踊れる声優アイドル! 阿部菜々です♪』

イメージ 5

 中でも、えらく痛々しいというかそのネタ久々ですねというか、うさみんさんの尺が長い!
 今後も絡んでくるのか、単なるチョイ役なのか!

 ともあれ、ポスターとして頻出する三人を軸にした事務所みたいですね。

プロデューサー『同じ事務所ですから……、それより、遅刻ですね』

『―――時間は厳守です、今後は気をつけてください』

イメージ 6

 というワケで、大きな事務所を駆け回った三人でしたが
 Pさんには軽く叱られる場面も。
 時間、大切。

 この人、ちゃんと言うべき事は言うんですね。

島村卯月です、えーと……、がんばりますっ!』

渋谷凛です、よろしく』

本田未央、高校一年、未央って呼んでね♪』

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

 写真のポーズは、実際のイラストの奴なんですね。

始動です
 元々、募集メンバーから3名が欠員となったという、新人発掘「シンデレラプロジェクト」。
 ちょうど撮影中だったメンバーと、ようやく卯月たちも顔合わせとなり
 総勢十四名、シンデレラガールズ本格始動!

 でも、まずは写真から!

 名鑑的な意味で、写真を撮っていた真っ最中らしい。
 きゃあ、こんなにいるの!?
 年齢幅も広ィ!

 それぞれ口癖などキャラを立たせてきてるとはいえ、さっすが多い! さすがケータイゲーム!

本田未央『―――カリスマJKモデル、城ヶ崎美嘉ぁ!?』

渋谷凛『雑誌でみたことある……!?』

イメージ 22

 これまた、えらく派手な。

プロのお仕事!
 また、メンバーの一人は、一線級アイドルの妹さんという事で、カリスマJKとも縁が生まれる。
 モデルと言いつつ歌って踊ったりもしてるらしい
 派手な人。。。

 一人だけ、立派な専用台座を使っての撮影をしており、目指すべき先輩って感じですね!

カメラさん『固いよー』『目線こっちにー』『普通にー』

プロデューサーさん『―――もう一度、お願いします』

イメージ 30

 一方、しまむらさん達はてんで滅茶苦茶で、一工夫をする事に。
 アウトすぎる。。。

カメラさん『今度は三人一緒に撮ってみるから、いつも通りやってみてっ!』

本田『とりあえず……、しまむー、パス!』『しぶりんスパイクっ!』

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

 いわれるままにスパイクやっちゃうしぶりん強ぇ!

「みんな一緒かっ♪」
 気分を変え、三人一緒でボール遊びをさせてみたところ、未央がムードメーカーとなり
 笑顔が理由で選ばれた三人は、現場で好評を得た。

 へえ、初めてにしては良い感じじゃん。……ねぇ、あの子達スケジュール決まってる?

 のみならず、前述カリスマJKに眼鏡にかなってしまうのだが……
 とにかく可愛い

 というか、しまむらさんのポンコツが深刻。一番レッスンしてるのにィ!!

『ねえねえ、皆で撮ろうよ!』『プロデューサーさんもどうですか?』

Pさん『いえ、みなさんでどうぞ』

イメージ 36

 なおPさん、集団写真参加は断った模様。こーの朴念仁!
 割りと好かれてますよね
 全員に。

 ただ当人は、仕事として、近付きすぎないようしてる感じがチラホラ見えるのも特徴っぽい。

カリスマJK『あたしのバックで、ちょうどこんな子達を探してたんだっ』

プロデューサー『―――自分としては』

??『うーん、良いんじゃないかなぁ?』

イメージ 38


 会話の流れ的に、Pさんは堅実に育てたいのだ(なので断る)と察し、部長が先回りしたっぽい。

舞い込む幸運
 やがて、外堀を埋めた美嘉によって、バックダンサーとしての初ステージの依頼が舞い込み
 とんとん拍子に、出社初日にして「仕事」を得てしまう

 良いんじゃないかなぁ。遅かれ早かれステージに立つんだ、こういう始まりもアリじゃないかなぁ……?

 部長の鶴の一声もあり
 不安、期待を抱えての初舞台に望む三人。

 無名バックダンサーとはいえ、人気アイドルと一緒に注目される大仕事! その成否は……?

シンデレラガールズ14名、先輩1人に大人が3人、メインキャラ勢ぞろい!

イメージ 1

 オープニングとエンディングも、今回のがメインか。

多彩ってレベルじゃない!
 今回、出てくるキャラがみんな込み入ったデザインをしていたなぁと思ったら
 なんと原作、200名ものキャラが存在するんだとか
 なるほど納得!

 キャラを追いかけていたら、終わってしまった気がしますけれど
 その分、次回は大勝負って感じですね!

 次回、第3話「A ball resplendent,enjoyable,and...」