GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

ジュウドウズ 1巻 [近藤信輔]感想。人も馬も鉄砲にも屈さぬ、無敵“柔道”を継ぐバトル漫画、第一巻! 伊達センパイ再び!

なお今巻発売後のジャンプにて、連載終了が告知された模様……。柔道頭ッ!

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

※画像右下隅クリックで拡大。

 以前「烈!!!伊達先パイ」で打ち切りを受けた近藤氏、今度は真剣勝負の規格外ジュウドウ漫画で帰還!
 昭和ネタに頼らず、格段に向上した画力で描かれたバトル!

 あんな技、見た事もねえ、普通できるはずもねえ! こ、こんな柔道があったなんて……!

柔道頭<ジュウドウズ>
 第一話で、ありえないレベルの「柔聖」を破り、さらに強豪を次々打ち破るハイレベルバトル!
 出し惜しみなしのパワーインフレに、長く連載するのは無理か
 と、思ったらまさかの連載終了との事

 割と面白いですが、キャラの強さ設定が異常で話が上滑りして、真剣勝負する作風とミスマッチだった気が。

田舎の村は、夜間に一変する――――!

イメージ 1

 ごく普通の人同士が、この時だけは一変する瞬間のワンシーン。ここがすごく好きです。

最強の遺伝子
 格闘技誌の記者・斉藤と助手の水月
 興味本位から紛れ込んだ場で、世界最強の柔道家が子供相手に本気になり、敗北する姿を目撃する

 彼、華の住まう村は、かつて一万五千の兵を投げ倒した“鬼神”の子孫の地だという。

 村を突き止めた二人が押しかけたところ
 ちょうど、年に一度、村最強を決める「ジュウドウズ」の真っ最中!

 華はその強豪たちを次々と、名うての岩田我治すら倒し、ジュウドウズ一日目の晩を勝ち残る―――!

一見すると、フツーの村だが……。そんなワンシーン

イメージ 5

 まだ真昼間の時のワンシーン、後々出てくる強キャラ達がモブをしていてちょっと笑えます。
 ところで、田舎のコンビニが20時に閉店するのは割りとガチです。
 チェーン店じゃないですけれども。

 それただの雑貨屋じゃね、ってのはさておき。

キャラ製作の顛末も収録

イメージ 6

 直前のページと同じポーズの斉藤編集。マリー派だと……!?

■オマケページ
 カバー下などオマケページも充実
 特に、斉藤さんは万能すぎるキャラですし水月さんは自分の欲望に忠実すぎて、二人とも好きですね。

 でも強敵相手に、水月さんが足かせになって実力を出せなかった展開はどうかなーと。

キャラ解説で「評判がイマイチだった」という最強柔道

イメージ 4

 いわゆるかませですが、風貌はカッコいいし立ち振る舞いは潔いし、良いキャラだなーと。
 そんな井田さん、キャラデザが不評だったとあってショック
 こんなに男くさいのに!

収録

イメージ 7

 一つの技しか使えないが、極めた事で強キャラに昇華された我治。こういうキャラって良いですよね。

 ジャンプコミックス「ジュドウズ 1巻」、近藤信輔
 週間少年ジャンプ連載、集英社発行。
 2015年1月発売

 第1話「八破羅越え」
 第2話「夜祭」
 第3話「八破羅の鬼児共」
 第4話「暴狗、疾る」
 第5話「獣道」
 第6話「掴む者」
 第7話「第三の男」

 カバー下も含めてオマケページ多数。