GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

WORKING!! 最終巻(13巻)[高津カリノ]感想、アニメ三期を前に完結、最後の「敵」はお馴染みの人たち!

  立ちはだかった最大の壁「おかーさん」&小鳥遊家との激闘!(嘘) 最終巻!

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

※画像右下隅クリックで拡大。

 

 前巻ラスト、八千代さんが辞めると言い出した結果、先輩が精神的に成長した最終巻!
 大丈夫、身体的にはちっちゃいよ!
 ちっちゃいよ!

 

 嘘つき男は絶対ダメ! 女の人生を狂わせる! 嘘つき宗太は“男でいる資格”もありません!(母より)

 

回想、父よ…!
 最後の最後にきっちりトラブルを起こしつつ、各所の人間関係に一つ一つ折り目をつけていった
 本当に奇麗な最終巻でしたね。
 いい作者さんだわ。

 

 あとコミックス未収録イラストをまとめて、足りない分は「特別編」を連載して、六月にオマケ巻を出す模様。

 

 えー。

  伊波さんと「普通に話せる」、ことりちゃんで居続けた結果。。。

イメージ 7

 小鳥遊くん、迷走した結果オーライとなるのだが……。

 

「ありがとうございました!」
 意外や、トラウマを刺激された小鳥遊母に阻まれ、ロミオ&ジュリエットになる伊波&小鳥遊。
 だが伊波さんは、ワグナリアの面々の力を知らず知らずに借り受け
 小鳥遊・母に認められる事となる

 

 伊波さんの家の「お客さま」やらなにやらも乗り越え、ようやく付き合いだす二人。

 

 八千代さんの自活
 それに刺激された種島先輩や
 続いて、記念写真騒動で明らかになった相馬さんの苦手やら何やら!

 

 今までと少し違った形になったけど、ファミレス「ワグナリア」は、今日も通常営業中です♪(終)

  ああ、そういやそんな誤解もありましたなぁ……。小鳥遊家激闘編!

イメージ 5

 わからずやのお母さんを倒すべく、「その前に我々を倒していけ!」という小鳥遊家と対決。
 なんつーか、やっぱりなずなちゃんが別格過ぎて……。

 

 ていうか、これは伊波さん反論の余地もない!

 

 本作は、伊波さんが男を殴らなくなる(多分)までの、長い長い物語でした――――。

  小鳥遊家キラー

イメージ 6

 まあ色々あってことりちゃんを奪還したんですが、まさかの先輩大活躍。
 まさかっていうとアレですが。

 

 アニメ三期だと、この辺がクライマックスになるんでしょうか。

 

 八千代さんのエピソードを前倒しにして、こっちを後回しにしそうな感じも。

  しかしまあ微笑ましい

イメージ 8

 初期のボケを回収して、キレイに着地したもんです。
 まあ、こっからが二人の始まりです
 お互いベタ惚れですしね。

 

 初期の、割と冷たかった小鳥遊君からするとすっかり丸くなったなぁ。

  かたなし君はかたなし君ですけどね!

イメージ 9

 最終話は、雑誌掲載時そのままなのか、カラーページで収録
 ぜいたくなもんです。

 

 そしてブレないかたなし君! 

 

 色々くっついた漫画でしたが、先輩だけは永遠にちっちゃいままでしたね!

  おまけページ多数

イメージ 10

 オマケの多さも本作の魅力ですが、オマケでもなずなちゃん怖ぇ!
 こんな小学生やだー!

 

 相馬さんですら「怖えー」って、本作最強ポジじゃないですかー!

  カバー下でも山田は山田です!

イメージ 1

 そして人気の山田はカバー下ページ最終話でも山田だった!
 このネタはアニメ化しにくい!

 

※カバー下ページは続きネタになっているので。全13巻だから、毎回Dパートでやればイケるか!?

  収録

イメージ 11

 タイトルは未定だそうですが、コミックス同様のB5版で「別冊」を出すとの事。アニメは7月から。

 

 ヤングガンガンコミックス「WORKING!! 13巻(完結)」。高津カリノ
 月刊ヤングガンガン連載、スクウェアエニックス発行。
 2014年12月発売(前巻2013年12月)

 

関連感想記事