GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

夜ノヤッターマン 第1夜「世界は真っ暗闇」感想、まっくらやみから光さす大地へ! 予備知識ゼロでオッケー!

謎の冒頭、幸せな日常、消えゆく幸せと善悪逆転! 次が気になる第一話!

イメージ 1

イメージ 2

 小さいながらに楽しい我が家、少女の幸せが崩れ、夢に裏切られ、デコピン食らわす為に立ち上がる第1話!
 最後に流れたオープニングも疾走感ばっちりだし
 敵は怖いし憎いし謎は多い!

 行くよお前たちっ! ヤッターマンにおしおきをしてやるっ!! 力いっぱいデコピンしてやるんだっ!

「「アラホラサッサー!」」
 まっしろな夢での別れ、少女の決意に頼もしい二人!
 手作り感満載の衣装で笑えるところも含めて、すっげぇ良い出だしだったと思います!

 冒頭とか成長しないし喋れるらしい子豚のオダさまとか、謎たっぷりで、後を引くのがまた良いですね。

時代は現代? のどかな正月風景から始まる第一話冒頭―――

イメージ 3

 夜ノって、昼じゃねェか!(暴言)

夜明けの旅立ち
 ある日、平和な街が崩壊、それから幾世代を重ねた辺境の大地で、一人の女性が静かに息を引き取った。
 彼女はドロシー、かつての「大泥棒ドロンボー」の子孫であり
 その罪で、子々孫々流刑に処されたのだ。

 御年九歳の愛娘レパードは、母を救う為、先祖を倒したヒーローの子孫ヤッターマンに助けを求め、断られた。

 そのヒーローらしからぬ外道さに
 自分の先祖が本当に悪だったのかレパードは疑問を抱き、新生ドロンボーとなって決起する。

 次回、第ニ夜

???『おしおきだべぇ~~~~~~~~~~!』

イメージ 4

イメージ 5

 この旧作ファンに聞き慣れた台詞! 果たして…?

ドクロの月
 が、いきなり隕石、火山の爆発で平和は見る間に崩壊し、ドクロの月が寄り添う惑星――――
 昼じゃねぇか!というツッコミを吹っ飛ばす
 衝撃的なスタート!

 このとき崩壊した街の跡地が、ドロンボーたちの暮らす廃墟島なのでしょうか…?

ドロシー『この子が、ヤッターキングダムで幸せに暮らせますように……』

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

 懐かしいテーマの鼻歌、この曲もいつか流れるのでしょうか?

「壁の中」の廃墟にて
 場面転換、早くに夫を亡くした美しい女性が、従者二人に付き添われ、やがて出産する場面へ
 生まれる前から、愛おしみ待ち続けた母ドロシーの元に
 レパードは生まれた。

 良い子にしていたら、いつか、ヤッターキングダムで幸せに暮らせる日が来るわ――――。

 数カットの日々が、幸せのかたまり!
 伊達男ヴォルトカッツェ、巨漢エレパントゥスにも愛されるレパード。

 そして、対岸に見える謎の街ヤッターキングダム」が理想郷だ、と繰り返し語られますが……?

レパントゥス『じょしこうせい? 何だそれは?』

ヴォルトカッツェ『解りません。どこか甘酸っぱい言葉が、脳裏をよぎるのです』

イメージ 11

 そんなある日、尻丸出しだったヴォルトカッツェ(ボヤッキー)が、ふと奇妙な言葉を口にする。
 エレパントゥス(トンズラー)も知る由もないが
 共感だけは覚える。

 うむ……、いつか、解る日が来ると良いなぁ…?

 滅んだ街の記憶であるにせよ、この布石をどう回収してくるのでしょう? 甘酸っぱいのか……。

ドロシー(母)『見ちゃったのね……、あの絵は、私達のご先祖様よ』

レパード(幼女)『ご先祖さまぁ!?』

イメージ 13

 むしろ、娘の方こそ「ドロシーっぽい」と感じる不思議な語感。ドロシー。

良い子悪い子先祖の罰
 正義の味方「ヤッターマン」に憧れて育ったレパードは、自分が、その宿敵の子孫だったと知る。
 悪い悪~い、泥棒だったドロンボー
 その子孫が自分達だと。

 だから、レパードは良い子でいてね? いつかご先祖様の罪が許される、その日まで――――

 四人は追放された罪人の子孫―――。

『オダさま、よい子でいようね! ご先祖さまのようになっちゃダメだよ!』

イメージ 12

 憧れのヒーローに退治された「泥棒」が先祖だった、その事実に、怒った声でシンボルを放り投げる。
 行こうっ!に、こもった真面目さといい
 レパードってば良い子だわ…

 しかし。

ドロシー『九歳のお誕生日、おめでとう―――♪』

レパード『うん! ありがとうっ♪』

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

 二度かけて、吹き消すレパード様がかわいい! しかし母には色濃い死相が……。 

「天国みたい!」
 九歳、ケーキ代わりに粗末なさつまいもで、けれど小さくても貧しくても楽しい我が家―――。
 すくすくと育った我が子に、ドロシーは安心し―――。

 あなた……、ここは…、ここが、私の………。

 言葉の続きは、きっと「私の天国」
 きっとどんな豪華な暮らしよりも、愛しい娘が居るここが、幸せな天国なのだと。

 先に逝ってしまった夫を思いつつ母は倒れる。

医者『この周辺の設備、技術では……、せめて薬があれば…』

イメージ 18

 母を助ける為の「手段」は対岸に見えている、そこにはヒーローが住んでいる!
 レパード、決意!

オダ様(豚)『れぱーど、ひとりで、ブー……!』

イメージ 19

 彼女がどこへ行ったかトンズラーに伝える為に、喋りだすオダさま!(豚)
 ぜんぜん成長しませんし、謎!
 謎豚!

 豚もオダてりゃ木に登る!

レパード『ヤッターキングダムに行くんだからぁ……! ヤッターマン様ならっ!』

お付き二人『お嬢さまァ!』『レパードぉ!』

イメージ 20

イメージ 21

 ちぎれるちぎれる!

ヒーローを求めて
 純粋に、憧れのヒーローならきっとと確信し
 独り船出しようとしたレパードを、生まれる前から付き添ってきた従者たちは必死に止めた!

 私とエレンパントゥスも、お嬢さまと同じ気持ちです!

 それは、自分たちも一緒に行く為だと!
 頼りになる二人、BGM、母を想い夢に溢れたレパード、感動的な出航――――!

レパード『あわわわわぁ! 速すぎぃぃぃぃぃ!?』

イメージ 22

 なお、カッツェさん製造スーパーエンジンは超速かった模様。
 感動台無しにしすぎィ!

 BGMまで途中で切る演出が笑えますwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

レパード『山の奥の壁と、同じ………!?』

母の言葉『<大丈夫、ヤッターマンがいる限り、この世に悪は栄えない―――>』

イメージ 1

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

 マジかよヤッターマン許せねえ!

セイギノミカタ
 が、海を割る「Yマーク」の壁に阻まれ、逆光と共に現れたヤッターマンに三人は狙撃される。
 耳も貸さず、無情に「退去せよ」と繰り返し続ける男女

 紛れもない憧れたヒーロー、ヤッターマンに無情にも追い返されるレパード。

 おしおきとコミカルな言葉で、銃撃してくる二人!
 幸い、エレパントゥスの献身と、ヴォルトカッツェの技術によってなんとか脱出――――

 ヤッターマン怖い! あかん!!

『泣かないで、ママはあなたの笑顔が大好きだから。いつでも笑っていてね…?』

『約束。レパード、私の天使――――』

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 2

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

 死別する二人、線画の演出は本当にずるい………

夜ノ約束
 母はそのまま息を引き取りヤッターマンを「正義じゃない」と感じた少女は、旅立ちを決意する。
 彼らが悪なら、立ち向かったご先祖は正義だったのではないか?
 なら、それを継ぐのが自分の役目!

 行くよお前たちっ! ヤッターマンにおしおきをしてやるっ!! 力いっぱいデコピンしてやるんだっ!

 レパードこと新生ドロンジョの決意表明
 頼もしき「「アラホラサッサー!」」と共に、こうして真っ暗闇は明けてゆく。

 この物語は、ニセモノの正義にデコピンをかましてやる物語―――――。

忘れっぽい僕は 同じところを 立ち止まるように 見続けてたよ―――♪

イメージ 33

イメージ 34

 君はシューティングスター♪で降りてくる二人、最高にかっけぇ! あとボヤッキー良い味だしすぎィ!

極限Dreamer
 全体に暗い感じの絵作りから、光さすラストシーン、そこから始まる疾走感溢れるオープニング主題歌!
 冒頭は迷うように、そして走り出す歌!
 こういう歌って良いですね!

 さあ始まりだってテンションが上がるオープニング主題歌!

 今回はエンディングですが!

ギャグみたいなタイトルから始まる、幸せと不幸と挑戦の第一話!

イメージ 10

イメージ 25

 キーワードはデコピンと笑顔!

君はShooting Star!
 ここにきて、タイトルをまず絵作りで納得させてくる良い感じの第一話!
 夜、薄暗い町並みを描いてから
 夜明けに向かう物語!

 どん底から立ち上がっていくって感じが、すごく背中を押したくなる、気持ちの良い一話でしたね!

 逆に、旧作主人公側が悪役という構図も
 旧作ファンのみならず、もしかして?と思えるキーワードがちりばめられ、今後が気になる一編!

 この配分が良い感じですし、次回、第ニ夜も楽しみですね!


 公式サイト http://yatterman.jp/character/