GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

アルドノア・ゼロ コミックアンソロジー 2巻[芳文社]感想。振り回されっぱなしのスレインが懐かしい!

一期終了後を踏まえたアンソロジー本。短編四コマ、どっちもスレイン不憫!

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

※画像右下隅クリックで拡大。

 まんがタイムの会社さんが発行された、アルドノアの公式二次創作本。
 シリアスもあるものの、ほとんどがコメディ仕立て
 同じ視聴者目線で面白かったです

 ていうか、みんなして鞠戸大尉とスレイン君をネタにしすぎじゃね!? クルーテオ卿懐かしい!

三巻は……?
 基本シリアスな世界観なので、原作を踏まえてボケ倒す一行が楽しかった!
 なお、1人、だいたい10Pくらいの多作者本なので
 感想は個人差大。

 個人的に、一巻でアタリだった津留崎優さんが不在だったのがちょっと残念。

「異文化探訪ネタ」に定評のあるアセイラム姫

イメージ 9

 鳥を見た日も相まって、鶏を勘違いするネタに笑いました。
 なにがって、スレインに飛び火したのが。

 スムーズ不憫、シームレス不憫、二期では強キャラ扱いだけど不憫なほうが似合うぜスレイン!

個人的にも好きな回、ザーツ伯爵の独白をシリアスに漫画化……!

イメージ 6

イメージ 7

 かと思ったら、えらい勢いでザーツさんがブッ壊れていった田口央斗さんも面白かった!
 やだ、この顔と声だとキモいわ!

 あとさりげなくコンバトラーネタまで入れないで下さい! やめてくださいしんでしまいます(腹筋が)

 元がシリアス
 絵作りも当初シリアスな漫画だったので、ギャップがメチャ楽しかったです。。。

■ザーツ回
 あと緒原博綺さんもザーツ卿で、こちらは完全なシリアス。考えさせられる良いシリアスでした。

エデルリッゾはかわいい

イメージ 5

 だけで押し切るネタ他、器械さんの一ページ漫画もすごく面白かったというか
 今回だと、一番ヒットでした!
 オチに笑う。

 でも検索しにくいですよね! このペンネーム!!

あと妙に印象的です、この台詞

イメージ 8

 おねえちゃんは心配性なユキ姉ネタの、ちろりさん短編。
 台詞が直球!

 そしてこの後の台詞が何気にひどかった! 二巻、あの人の扱いが色々ひでえ!!

シリアスというか、“イイハナシダナー”なユキ姉の短編も

イメージ 1

 本編以前の、ユキ姉となお君の日常譚を描いてくれた「オレンジ色のだしまき卵」のやむ茶さん。
 しんみりしたネタの中で、大音量の大ゴマが良かった!
 雰囲気の切り替え方が好きです

 あとすぴょすぴょ眠るユキ姉が、今巻で一番かわいい一コマだったと思います(重要)。

収録

イメージ 10

 ある意味、漫画パートより笑えた巻末作者コメント群もツボ。特に器械さんの欲望だだもれすぎィ!

 まんがタイムきららコミックスアルドノア・ゼロ コミックアンソロジー 2巻」。
 全編描き下ろし、芳文社発行(まんがタイム系列の会社)
 2015年1月発売(前巻2014年10月)。

 だいたい150ページくらい。
 参加作家さんは、一番上の画像、表紙の裏側に記載されています。