GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

ガンダム Gのレコンギスタ 第15話「飛べ! トワサンガヘ」感想、遠距離戦は“アサルト”の見せ場でしょ! 予告が全部もってったっ!!

次回、ベルリはアイーダを「姉さん」と呼ばなければならなくなる……?

イメージ 11

イメージ 1

 皆して、YG、YGとGセルフを呼ぶ辺り、意外に有名な失敗作だったと判明、そしてアイーダが姉さんと判明!
 どうも月も、「政権派」「ドレット艦隊」「レジスタンス」と多勢力
 ますます混迷を辿る第15話! 

 それで僕とアイーダさんが、何故G-セルフを操縦できるのかという謎が解けた――――。

アイーダのGは姉さんのG!
 ド派手な砲撃戦と、YG呼ばわりとマトモになったラライアが印象的。
 予感されていた「姉弟説」も決着か。

 ベルリもニュータイプ呼ばわりされ、物語もいよいよ後半戦って感じがしますね。

ラライア『私達は、地球についたらドレット艦隊の到着を待つだけだったんです』

イメージ 3

 ラライアはドレット艦隊の先遣隊にして、レジスタンスの一員と判明。

トワサンガを巡る戦い!
 さて、地球艦隊を軽く見たドレット艦隊は、逃げられそうになり本気での追撃戦に移った。
 逃走と迎撃の中、ベルリ・ゼナム戦いの勘を研ぎ澄まさせ
 ニュータイプか?とも評される。

 やがて月コロニー「トワサンガ」に到着、道先案内を持たぬクリム隊は、賑やかな港へ入って捕縛され
 実はレジスタンスだった捕虜リンゴ、ラライアの案内を得て
 メガファウナは寂れた港へと滑り込んだ。

 ラライアの知り合いの月面人は、ベルリとアイーダの姿に色を失い、二人をとある場所へ案内する――――。

 第16話「ベルリの戦争」

ノレド・ナグ『あれ、G-セルフって偵察用のMSだったんだ?』

ラライア『いえ、軍で不採用になって、私達に回されたって』

イメージ 2

 G-セルフは設計図から復元したものの、操縦者が制限されてたと判明、放棄って感じでしょうか?

本名「YG」
 記憶を取り戻したラライアは、Gセルフの本名や、レイハントン家を探せという命令があったと語る。
 しかし、レイハントンは既に昔話レベルの家系
 あくまでついで。

 そして、艦隊を持つ「ドレット家」は技術開放派で、レイハントンは技術封印派だったと。

 ドレット家って、クリムさん家に似てますね。

月面の金髪『金の鉱脈を求める妖精が“アリンカト”』

『地球人には、この性能は想像もつくまいよ』

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

 ベルリはアサルトで、月面も「アリンカト」で、宇宙に花咲く砲撃戦だった!

「生意気に抵抗をしているのだ!」
 前回、本国が捕まえてくれるさ、と余裕めかしたドレット艦隊だったが、今度は本気で追ってきた!
 MSに艦砲射撃、MS用砲撃機「アリンカト」も投入!

 ハッハッハ! このエネルギーの溜まり様! 地球人ども、月にたどり着けると思うなよ……!!

 どうも、前回での地球の強さが計算外だったらしく
 本気で仕掛けてくるドレット隊!

 金髪さん、ロックパイ・ゲティもノリノリだ! 隊長、メガライダーはいつの時代も大活躍してますぜ!

ベルリ『ナニコレ!? ハッパさん、この照準機使えますよ! すっごぉい!』

イメージ 7

 が、ベルリ操るアサルトパックの照準機も、妨害粒子の中で、遠くまで見えてしまう超優れもの!
 火力も高く、毎度ながら敵が可哀想になる性能!
 Gの性能の高さは一体……!?

 遠くが見えて、火力も高い!

 家系により操縦者を選ぶシステムといい、相当特殊な機体らしい。

ベルリ『そっちが攻めてくるんだから……、死なないでよっ!!』

『―――見えた! けど戦艦以上に速い奴に、高熱源が二つか!』

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

 敵が放った「大砲のエネルギー弾」を狙撃するなど、ベルリは超人的な活躍を見せ始める。

ニュータイプ・ベルリ
 ドレット艦隊へのカウンターとして、G-セルフ・アサルトに高揚したベルリは、戦いの中で更に高揚
 たとえ敵に囲まれても、死ぬ事より「殺す事」を恐れ―――

 僕にライフルを使わせないで下さい! ――――まだ居る!

 アサルトで狙撃し、小回りの効かないアサルトで囲まれてもかわし続け
 分離後は、八面六臂!

 サーベルでは敵を行動不能にし、ライフルじゃ手加減できないと叫び続ける無茶苦茶な強さ!!

ベルリ『僕にライフルを使わせると、皆で死ぬぞって言ってるでしょ!』

イメージ 13

 戦いに際しても、まるで「自分が死ぬかも、という緊張感がない」のはいつもの事だが
 今回、殺したくない、“殺してしまうという確信”
 ベルリをらしくない顔にさせる!

 今回ベルリらしくなく感じたのは、果たして気のせいだったのでしょうか?

アイーダ『ビームで弾幕を張れば、防げます!』

ギゼラ(艦橋チーフ)『ラライアが、モランを出しましたッ!』

イメージ 14

イメージ 15

 正気に戻ったラライアは、鹵獲したモランを操り戦線に。

必死な戦い
 逆にメガファウナ側は、飛んでくるビームの対処に懸命で、生き延びる事に精一杯な描写で
 ベルリとは対比になっている気もしました。

 ラライア、チュチュミィを忘れてるよっ!

 あれほど何時も連れてたチュチュミィを、放って出撃するラライア。
 もう、あの頃の彼女は居ないのですな……。

ノレド『トワサンガ(月)では、技術の進化へのタブーは無いのかっ!』

ラライア『宇宙で暮らす為の技術開発はするけど……』

イメージ 8

 前後しますが、月面には「戦争時代の技術の改良、発展を禁ずるタブー」は無いのか!?
 と、技術封印の宗教「スコード教」の信者
 ノレドが追求する場面も。

 いわく、宇宙で暮らすための技術は発展改良を続けているそうです。

 宇宙は元々人が住めない場所だから「技術」が必須、その点で、地球とは条件が異なるんでしょうね。

クリム『外した!? しかし! ―――私は天才であるッ!』

イメージ 16

 一方、ベルリの異常さと比べれば、立派に「天才」の戦いをするクリム・ニック
 宇宙に出てまだ数日で、宇宙育ちと戦えてる
 スゲェ!

 こういう懐に飛び込む戦いが出来るクソ度胸!

 或いは楽天的な思い切りの良さゆえなんでしょうね。なんせ天才だからね!!

ロックパイ『まさか、地球人の中に伝説に言われている“ニュータイプ”が?』

『―――居る訳は無いだろうっ!』

イメージ 17

イメージ 18

 元々、宇宙からの脅威なんて「本命」じゃないですよね。アメリア的には。

ドレット艦隊との「連合」
 やがて、近接戦で受けた補修を兼ねて、クリムは久々にメガファウナに到来。
 会話の中で、ベルリに「連合」を言い当てられる。

 前回で試みた、こちらに寝返るなら、地球に住ませてやってもいいと月艦隊に伝えた件のコトだ。

 本来、アメリアの敵は「ゴンドワン」国家。
 彼らとキャピタルを下し、技術を得て、地球をアメリアで支配する為にもベスト作戦。

 月をどうにかするだけじゃなくて、その先まで考えているんですね。

月の「ガンダム顔」、ドアップで登場する

イメージ 1

 さて、天才クリムを母艦に追い返した後のシーンでは、意味深なドアップのシーンも。
 なにこのガンダムくさい顔。

 まるで、ガンダムにマスクをかぶせたようなデザインの意図は?

 無駄な深読み?
 それとも、今後意味を持ってくるのか、今週マスク先輩の出番が無くて悲しかったのか……?

アイーダ様『トワサンガの人たちは、想定外のことで慌ててるんでしょ?』

リンゴ『はい、政権側とドレット家で、色々あるようです』

イメージ 19

イメージ 20

 リンゴさんの反応が微妙に不穏。

トワサンガ
 その後、「宇宙に浮かぶちょうちん」こと、二つの岩塊を挟む巨大コロニーにベルリ達は向かう。
 これこそがトワサンガらしいが、みんなコロニー住まいなのか?
 月面は違うのか?

 月面も発光しており、何らかの施設がある模様。

 ともかく捕虜リンゴの誘導を当てにしてメガファウナとクリム母艦は、それぞれ入港する。

月面人『パイロットは外に出ろ! 蒸し焼きになりたいか?』

イメージ 22

イメージ 23

 クリム達は一番明るい桟橋、つまり「使用中の港」に入港し―――。

月面人の罠
 結果、クリム達は荒っぽい月面モビルスーツ隊の強襲を受けて、クリムとミック+1が捕縛。
 事実上の、首脳陣が捕縛された。

 政府の狙いは解っている、地球人の兵器と軍艦は、のっとって利用するんだ。オラ立てよッ!

 ドレット艦隊とは異なる機体
 えらく荒っぽいですが、これが月の政権政府の軍隊とやらなのか?

ベルリ『この港、やけに寂れてません?』

海賊パイロット『姫様ぁ、これ罠なんじゃありませんか?』

イメージ 21

イメージ 24

イメージ 25

 確かに、クリム達は罠だった。だがしかし。

ラライアの帰郷
 他方、もはや案内音声も不具合を起こした、ポンコツ状態の港に入港したベルリ達は
 無事ラライアの知り合いたちと合流する―――。

 リンゴもラライアも、ドレット隊に潜伏した「レジスタンス(反政府組織)」らしいが……?

 ベルリ達の「G」はかくれんぼさせ
 二人の顔に、ハッとした表情になった月面人に案内され、遂に二人は運命を語られる。

予告『次回、理不尽というのは、こういうことだっ!』

イメージ 2

イメージ 7
 
 それで僕とアイーダさんが、何故G-セルフを操縦できるのかという謎が解けた――――。

ネタバレ予告は怖いっ!
 かつて、技術は禁忌としておくべきとして滅んだという月の名家レイハントン。
 ベルリ達は生き残りなのか?

 敵地のど真ん中に入港するという、Gレコらしい展開も久々に炸裂し、クリムがピンチ!

 しかし予告クリムは余裕のクリム!
 予測不能の月面展開、さて、「出生」が明かされた先で語られる物語とは?

 第16話「ベルリの戦争」