GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

うみねこのなく頃に散Episode7 8巻 [水野英多]感想。レアケース、“初日に謎が解かれたら?” 何て事だ…

 無数に描かれた本シリーズですが、私は夏見先生版&水野先生版のみ購読。

レアケースその2、初日にして謎解き成功、親たち全員で金塊ゲットだぜ!

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

※画像右下隅クリックで拡大。

 そもそも「六軒島の黄金の出所とは?」「ベアトリーチェの出自とは?」といった、裏設定的な舞台と
 ごく低確率のみ存在しえる、レアな継承者が登場した本シリーズ
 いよいよ、次巻にて完結となりますが……?

 私の好きなルドルフさんのままで……、いてね?(魔女)

舞台裏の「リアル魔女」
 感想を書く予定は無かったんですが、予想以上に面白かったというか引き込まれてしまいました。
 なんせ、今まで主人公だったバトラ(今シリーズは実にアレですが)
 彼の両親の本性が強烈過ぎて……。

 本性というか、目の前の莫大な財産にくらんだだけなんですが、こんな人達だったのか……。

初日に「碑文」は解かれた。そのレアケースで、魔女は全面降伏する

イメージ 1

 読者は、彼女が物凄い覚悟をしていたと知っていますが、親たちには不可解にか見えない訳で……

幸福から残酷へ
 親たちは、初日にして一致団結し謎を解くという、極めてレアなケースを成し遂げた。
 だが、それがどれだけ希少かなど当人たちには知る由もなく
 彼ら同士で、無残に殺しあう事となる。

 冷静さを欠いた彼らは、まず偶発的に事故が起こり、その状況を利用した殺人事件に発展した

 唯一、冷静に状況を見定めていた霧江
 この島に「証拠隠滅できる仕組み」があると知るや、夫にも手を汚させて覚悟を与え、次々と口封じしてゆく。

 欲に目がくらんだ父と母が、淡々と家族を殺してゆく様を、成長した縁寿は傍観させられる――――。

なお、最初に引き金を引いたのはエヴァ叔母さんだった模様

イメージ 2

 うっかりなんですが、最初の引き金を引いたのはやっぱりエヴァさん。
 この人、ホントにうっかりすぎる……

 なお彼女が引き金を引く以前から、霧江さんは既に皆殺しを決定していた模様。
 霧江さんマジ魔女。

 ですが、物語のつじつま的にも生き延びているのがエヴァ叔母さん。ホントたくましい人だわ……。

「チェス盤をひっくり返す」が口癖だった知的な女性、霧江さん

イメージ 3

 バトラが「霧江さんをすごく慕ってる」と散々描いておいて、この一言。ひでえ。

リアル魔女・霧江
 六軒島事件は「爆破オチになる」と、そういえばどこかで語られていました。
 実は、軍事施設だった時代の火薬が生きていたのだと。

 その仕組みを聞いた時点で、証拠隠滅して自分たちが独占しようと脳内決定済みだったそうな。

 霧江さんマジ魔女。
 幾度か、夫の前妻に強く嫉妬していたとありましたが、まさかこんな人だったなんて……。

同じく「主人公の父」であるルドルフ、鬼畜の所業

イメージ 5

 逆に、人間味とためらいを見せていたルドルフですが、実はヤクザまがいの商売人だったと判明。
 元々幾人も破滅させてきたのだから、と自分の所業を許容する

 不良親父かと思いきや、主人公の父がガチで鬼畜だと判明する

 もっとも今回も「可能性の一つ」に過ぎません。
 あくまで、「彼らの情報から、こういう状況が発生したとも考察できる」というケースの一つ。

 いや、コレどう着地するんでしょう。

収録

イメージ 4

 総扉イラストは、水野先生らしいキュートな絵柄。え、これ何かのイヤミですか!?

 ガンガンコミックスJOKER「うみねこのなく頃に散Episode7、8巻」。2014年12月発行(前巻8月)
 原作・監修:竜騎士07。作画:水野英多
 月刊ガンガンJOKER連載。

 第40話「異なる展開、惨劇の初日へ」
 第41話「魔女の殺人計画」
 第42話「黄金の魔力」
 第43話「留弗夫と霧江」

 解りにくいですが、次巻予告の後に、オマケ漫画あり。掲載部が後ろすぎィ!