GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

七つの大罪 第12話まで 感想リンクまとめ。原作漫画850万部突破! 王道ファンタジーバトルアニメ

 2014年10月放映開始、放映続行中。

変節した聖騎士団、罪を着せられた「大罪」と豚と姫。王道ファンタジー

イメージ 5

 ジャンプを皮切りに少年誌を渡り歩き、ファンタジー好きが花開いた原作者のアニメーション!
 剣と魔法の世界、ドラゴンボールを思わせるド派手バトル
 少年(仮)と豚と姫様と!

 第一話は特に王道に、派手に盛り上がる二話、個性が強い仲間たちが次々と集ってゆく物語!

 年内は12話で3週間空きますが、続きが楽しみな盛り上がりっぷりを見せています。

サブタイトルが当時の感想へのリンクになっています

イメージ 3

 第一話「七つの大罪」
 第二話「聖騎士の剣」
 第三話「眠れる森の罪」



 第十話「バイゼル喧嘩祭り」
 第十一話「積年の想い」
 第十二話「戦慄のカノン」

罪を着せられた「大罪」、変節した聖騎士団。謎が積み重なる冒険譚

イメージ 1

 罪は着せられただけでなく、メリオダス以下、それぞれに「罪」を背負って生きている……?

ブリタニア、動乱
 10年前、リオネス王国最強の聖騎士七人が反乱、当時の団長以下、数十名の聖騎士を惨殺した
 だが聖騎士団が変節し、国王を密かに幽閉した事で
 第3王女エリザベスは疑念を抱く。

 逃がされた姫は、七つの大罪こそが民の味方ではないかと考え、彼らを探し出し協力を依頼。

 実は、この「罪」とは濡れ衣であり
 姫に協力する大罪のリーダー・メリオダス以下、徐々に「大罪」たちは集い、王国の奪還に動き出す。

 しかし現・聖騎士長の片割れヘンドリクセンは、魔神族の血の軍事利用を始めており―――?

ホーク『残飯処理騎士団団長、ホークさまだァ!』

イメージ 2

 正直、コントや作画の良さは非常に素晴らしかったものの、展開事態は珍しくなかった一話目。
 そんな一話、思いっきり私をひきつけたのはホーク師匠でした!
 さっすが師匠!

 エンドカードまで師匠尽くしで、思い切り引きつけてくれた!

 こんな存在感ある豚、はじめて見た!

見た目、言動とのギャップは随一、「強欲」のバン!

イメージ 15

イメージ 9

 cvが鈴木達央さん、freeの真琴と一緒なのも毎回スゲぇなって思います。

■第八話「恐るべき追跡者」
 初の本格的な聖騎士戦を終え、みんなで宴となった第六話も意味深かつ賑やかで楽しかった!
 ですが、やっぱり一番印象的なのは第8話。

 いつか必ず、お前を奪う。

 単なる決め台詞なのかと思ったら
 最後のCパートで、この一言を、バンはそれほどエレインに伝えたかったのかと描いたのが憎い。

 本当の罪は滅ぼせないとか、傍若無人なようで、深く「罪」を背負う姿が男前。

バンで描いた「魔神族の怖さ」、魔神族を応用した聖騎士、そしてメリオダス

イメージ 16

 母国を滅ぼしたというメリオダス、姫様も同じ出身なのも気にかかる。

■盛り上がる「年内」最終話!
 そんな、バンのエピソードで現れた怪物「魔神族」
 その存在が、やたら強力な新世代聖騎士や、メリオダスの秘密にも関わってくるという……。

 五人目の大罪「ゴウセル」も登場し、盛り上げるだけ盛り上げて次回に続く!

 次が三週間後なのに、まったく話に区切りをつけないのは、物凄い自信だなぁと思いました。はい。

連続2クール目に突入、神器探しの旅となるのか?

イメージ 6

イメージ 10

イメージ 8

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 17

 メリオダスの秘密、キングの過去、そして次なる大罪「ゴウセル」が登場……?

■意表
 メリオダス達には「神器」が必要だ、と中間目標を設定しつつ、メリオダスの暴走劇へ!

 また、七つの大罪の内、誰か一人がメリオダスを裏切って濡れ衣を着せた件や
 そもそも誰が、なぜ罪を着せたのかなど
 まだまだ謎は尽きません。

 そうした謎で引っ張りつつ、メンバー同士の掛け合い漫才や、ディアンヌ小型化事件など
 その場その場での展開も楽しい!

 作画などクオリティも高く、連続2クール目も楽しみですね!

■主題歌
 OP 熱情のスペクトラム
 ED 7 -seven-