GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

異能バトルは日常系のなかで 最終話「日常 -ユージュアルデイズ-」感想。予想もつかない異能、セカンドステージ! vivreエンド

問題未解決だけど、寿来らしい最終話。ラブも異能も、戦いはこれからだ!!

イメージ 12

イメージ 29

 異能に憧れるけれど、それが日常をブチ壊すとも理解できているから、だから敢えて「そちら」に進まない
 そんな寿来らしい、「ダークアンドダーク」の進化形!
 そりゃもう予想外だった!

 俺、思うんだ。異能は誰かを傷付ける為でも、幸せにする為でもない…、“異能はかっけぇ!”だけで良い。

そんな寿来がかっけぇ!よね。。。
 後述しますが、展開は説明不足な印象もありましたし、ラブもバトルも始まったところで終了。
 寿来が中二病をやめようとした話、灯代、鳩子に救われたという逸話とか
 相模静夢が無罪放免とか

 色々未解決ですが、無理して急展開も困りますし、テーマを貫いた良い最終話でしたね。

工藤会長(仮)『―――見せたな?』

イメージ 2

 鳩子を「炎」から守る為、千冬まで異能を奪われてしまう。

そしてまた日常へ
 降って湧いた非日常な異能バトル、工藤会長に、万能な鳩子・千冬の能力を奪われてしまい
 彼女を洗脳から解く為に、寿来は自分を危険に晒す。

 寿来は、誰かが異能で傷付く事を誰より恐れ、自分自身が傷付くことは厭わない。

 工藤と彩弓は彼の危うさ
 彼の愛おしさを互いに語り合い、女子が互いに宣戦布告し会う中、再び日常は戻ってくる。(終わり)。

寿来『外見と能力は、確かに工藤さんだった。でも人格は別人のように思えた』

『誰かが工藤さんを操ってるか、乗り移ってるってパターンじゃないかな』

イメージ 4

 乗り移ってる! なるほど。

異能バトルは考察系の中で
 ひとまず、灯代の「時間停止」で脱出した一行は、工藤さんを正気に戻せばいいと結論
 打開策として、寿来の“進化した異能”を使う事になる。

 今度ばかりは、安藤くんの並外れた厨二力に救われたようですね――――

 彩弓さんの指摘が的確
 異常事態に際し、その手の知識が豊富な安藤が役立ってます。

 もっとも、下手に考察できる事が仇になるケースもありますが、寿来、その辺のバランス上手そうですしね。

なお「脱出」の手段としては

イメージ 3

 灯代が「時間停止」を使い、全員を外に運び出すという、どっかで聞いたような解決策で打開
 いや、逃げるより工藤さんだけ外に放り出せよ!

 と思いましたが、千冬の力があるなら、即座にワープで戻ってきますわな。

Fの残党・萩浦『例の約束、間違いないわよね?』

イメージ 5

 こんな美人に「ババアに興味ない」と言い捨てる静夢、へんたいだー!

■「精霊戦争」の為に
 一方、工藤さんを「異能で憑依操作していた」人物は、やはり灯代の兄ちゃんに潰された残党
 安藤達が規格外に強いことから、彼らを潰して実力を示し
 静夢所属のチームに入る為に戦う

 自称読者「相模静夢」、彼もまた異能者のチームに所属しているらしい。

 もっとも詳細は不明
 何より、静夢自身がどれだけ嘘吐きか計り知れないので、はてさてどこまで本当なのか。

灯代『ダメよ! 危険すぎるわ、二度と使わないって約束したじゃない!』

寿来『―――これが俺が考えられる、ベストな方法だ』

イメージ 6

 いやですから、灯代の「時間停止」で逃げられた実例だってあるんですから
 時間を止めて拘束すれば勝てるんじゃ……。

 と思いましたが、千冬の力を相手に「拘束し続ける」のはたぶん不可能

 相手を殺すなんて論外。
 彩弓の、あるべき姿に戻す異能が効くか不明。

 物語上、相手に自分から出て行ってもらう、このやり方以外に正解は無い……、のでしょうか?

寿来『まず話し合いませんか? 俺たち、誰とも戦うつもりなんて無いんです』

工藤(仮)『―――寝言を言わないで、これは戦争よ?』

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 12

イメージ 13

 寿来は、「倒せば」何もかも元通りというルールを知らんのですよね。

挑発
 寿来は彼の信念で、まず話し合いから入ったものの、やっぱりとんでもない目に遭わされます。
 ならば、予定通り「異能奪取」を使わせるよう仕向けるのみ!

 そうだ! 自分自身をも焼き尽くす灼熱の黒き焔! それがダークアンドダーク オブジエンド!

 さ、更に使えない能力だと!?
 まさかの自爆!?

 工藤さん(仮)も予想しているはずもなく、男女が二人で手を燃やす事案が発生。

寿来『無駄だ! 前に試した事がある、いかなる方法を用いようとも消えない!』

イメージ 14

 元々、中二病が原因で、鳩子を傷付けていたと知った頃に発動したためか
 ただただ自分を傷付ける自爆技!

 それも、千冬・鳩子の能力でもどうにもならないのは実証済み!

 異能でさえ消せない焔
 どころか、「強欲」の返却機能すら効かない焔。

 それゆえか、「強欲」で奪われたはず」の寿来も、同じように腕が燃え続けていた模様。

寿来『憑依を解け、元の身体に戻れば、お前は助かるだろう?』

工藤(仮)『イヤよ! この能力が無きゃ、アンタ達を倒せないでしょ!』

寿来『だったら、このまま燃え死ぬか……?』

イメージ 1

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

 そして、この後めちゃくちゃ顛末を聞かされた工藤さん、そら惚れ直しますわ。

巻き添え覚悟
 結局、どうやっても焔を消せないと解れば、痛みに耐えかね「身体を返す」しかなかった。
 工藤さんを正気に戻した寿来は、千冬の異能で腕を切断
 強引に鎮火する

 そしてその間、唐突な状況に混乱する工藤さんを正気に戻し、抱きしめ、激励し続けた

 ムチャクチャだぁ……。
 なお、ギロチンは本来「苦しませない為の器具」なのだそうな。

 そりゃあ周囲も止めるし、泣き喚きますわ……。いくら治せるとはいえ、寿来の決断力スゴ過ぎィ…。

萩浦『ビギナーズラックも二度は無いわよ、次で絶対終わらせる!』

相模静夢『それが状況が変わっちゃいましてねぇ…』

イメージ 19

 性格、水と油っぽいけれど友達なのか。

桐生一
 元の身体に戻った萩浦は、待ち受けていた灯代の兄ちゃんによって制裁、日常へ返された。
 相模静夢は、桐生一の知り合いだったらしい。

 もう絶対手を出すなよ………、楽しみってのは、最後までとっておくものだろ?

 読者さん知り合いなのか!
 というか、二人とも他人の腹を探るのが得意そうですが、この二人が争ったら、どっちが勝つんでしょ。

工藤『安藤は、何故そこまでして私を助けてくれたんだろう…』

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

 第2話の頃なら「私が好きだからだな!」と荒ぶっただろうに、会長、成長したなぁ……。

「まったくです」
 事後、ショックで2日も寝込んでしまった会長は、彩弓に安藤の事を問う。
 その答えは、彼が「仲間を見捨てられない」性分ゆえ
 強すぎる自己犠牲―――

 お互い、やっかいな相手を好きになってしまったものだな?

 会長、彩弓さん二人とも恋心を自覚してる!?
 色んな意味で可愛すぎィ!

 中二病をやめようと思った等、嫌われた経験があるから、安藤は誰よりも仲間に優しいんでしょうか?

鳩子『ケンカするほど仲が良い』

『―――私は、そんな二人を傍で見てて、多分、焦っちゃったんだよね』

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

 こちらも熱い宣戦布告。それぞれが「恋を自覚した」レベルに至った時点で、アニメは終了。。。

全ては結果ありき
 同じく、灯代も「安藤を好きなの?」という問いに、素直になれるようになった。
 何かを好きだという事に、理屈を求めても意味は無い

 特殊ルビってあるよね? じゅー君が教えてくれたのが、仲間って書いて「ライバル」って読むルビだったの。

 理屈は常に、結果の後を追いかけてくるもの。
 仲間でライバル。

 灯代と鳩子も現状を気に入ってるけど、でも自分を選んで欲しいと自覚し、仲良くケンカしなエンド。

寿来『千冬ちゃん? 約束の時間まで、まだ結構あるよ?』

千冬『千冬、意外と頑丈、けっこう平気。それに……、あんどー来てくれた』

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

 当初、安藤に拒絶されたと思って曇り、一緒に居られると知って微笑む千冬。かわいすぎる。

寿来の不安/千冬の不安
 当の寿来は、今回のような件に巻き込まない為にも、千冬ちゃんを遠ざけるべきかと迷っていた事
 逆に、守れるように傍にいて欲しいという事も
 両方を告げていた。

 千冬、あんどー達と一緒にいる! それが使命! だって、あんどーは千冬がまもるから!

 寿来が果てしなくイケメン!
 そして、先に来て待ってようとしたとか、表情の変化、決意とか、千冬ちゃん可愛すぎ!

寿来『たとえ誰かを守る為でも、異能で誰かを傷付けるような事はしないで?』

千冬『わかった。あんどーがそう言うなら、そうする』

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

 一話同様に歩いてゆく灯代に、男子生徒が次々と見とれてゆく。恋する乙女は魅力的って事ですね!

■異能と寿来と日常と
 俺、思うんだ。異能は誰かを傷付ける為でも、幸せにする為でもない…、“異能はかっけぇ!”だけで良い。
 寿来は千冬に説いたのは、彼が貫く異能への思い。

 最後の灯代のモノローグも、自分たちは、自分たちの行く末も解らないただの高校生だから。

 一歩一歩、自分の足で、未来は自分の手で築き上げていくものだから。
 棚ボタで得た異能に振り回されちゃいけない

 誰かを傷付けて恨みを買うのも、後悔するのも、幸せになるのも、それは違うはずだから―――

あくまで「自分で切り開いていく」日常を大切に。最終回

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 34

 三話で笑わされたブラッディ・ビブレ、もはや懐かしい……。

それぞれの恋の始まり、日常の最終話
 灯代のラノベ静夢の手を借りてしまった彩弓、恋愛マニュアル首っ引きだった鳩子とか
 他人の手を借りるより、自分の手で切り開こう
 そんな姿勢が印象的でした。

 寿来もそうで、異能は憧れの力だけど、単に「かっこいい」だけで良いを最後まで貫徹。

 日常は自分で作った環境だけど
 異能は、突然、手に入れてしまっただけのものだから。

 だから日常を大切にしていこう、自分の力でやっていこうってテーマだったのかなーとか。

 パロディでハーレムでご都合で
 でも、考え方は好ましいしヒロインは可愛いし! 良いアニメだった!!

 会長に始まり会長に終わった! スタッフの皆様、お疲れ様でした!

 エンディングパートは画像容量上掲載できなかったので、こちらで別記事にしました。
 本作全体を振り返れて、すごく良かったです!



■制作スタジオさんが同じ
 キルラキル 放映終了、感想まとめ