GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

異能バトルは日常系のなかで 最終話追記、特殊エンディング画像集。止め絵で振り返る、異能バトルは日常系の中で!

 最終話感想には、画像容量上掲載できなかったので別記事にしました。

最終話はオープニング省略、EDを「OVERLAPPERS」と止め絵で!

イメージ 1

 最終話は、普段、オープニングに使われていた「OVERLAPPERS」を流しつつ
 計13枚のカットが流れる特殊ED!

 ってか寿来、ギター弾けるようになったの!?

 第5話「厨二 -センシティブエイジ-」で買ってましたが、なんだかんだで、修得してそうだから困る。

九鬼円ちゃん、良いキャラしてましたよね!

イメージ 2

 第04話「奇行 -カプリシャスレディ-」、大地丙太郎さんが絵コンテされた為か、めっちゃ可愛かった!
 そして第10話の水着回もめっちゃ可愛かった!
 めっちゃ可愛かった!

 最終話、出て欲しかったですねー。

高梨先輩姉妹、これまたエンディング限定での登場

イメージ 3

 彩弓さん回、第06話「罪悪 -ヴァイスペナルティ-」で登場した妹さん。
 生足! 姉さんと良い対比だ!

 突撃暴走型で良いキャラしてたので、これまたもっと見たかったですね。

 というか、引っ込み思案気味な姉さんと良いコンビである。そして彩弓さん、眼鏡かけてください!

最強クラスの異能チーム! 唐突な存在だったのも良い想い出

イメージ 4

 第08話「戦争 -ホルムガングバトル-」にて、実は裏で異能バトってたんだ! その副産物だったんだ!
 と、一気に世界観を見せてくれた!
 唐突だった!

 もっと見、いやこうしてみると、本当にキャラ多いですね! 

通常オープニングでもめっちゃ可愛い割烹着姿。。。

イメージ 5

 第07話「覚醒 -ジャガーノートオン-」での、中二病に対する超ロング長台詞は今期アニメで傑出!
 この回だけでも、本作は忘れられないものになった!
 cv早見さんスゴかった。

 あと鳩子かわいいし
 あの長台詞は、寿来を「理解したかった」為ですし、報われて欲しいです。いやホントに。

本作は会長に始まり、会長に終わったのです。

イメージ 6

 第1話で見逃せない存在で、続く第2話、ベタ惚れして大地丙太郎さん絵コンテで大暴走!
 いやホント、本作を牽引してくれたヒロインですよね
 かわいかった!

 ってか、これから「文化祭」なのですね! 美味しいネタが………。

そ し て こ の 水 着 姿 で あ る

イメージ 7

 なぜ会長と九鬼ちゃんと妹さんがいないのだ! 解せぬ!
 いや可愛いですけど!

 というか、千冬ちゃんまで何気にセパレート水着……、安藤、爆発四散しろ!(水着回とは違う水着)。

『別に? 二人の様子を観察して、妄想のネタにしていた訳ではありません♪』

イメージ 8

 とか、第3話「邂逅 -ランデブーポイント-」で言ってましたが、ガチだったのかよ!
 彩弓さん、ナマモノ、いけるクチなんですね!

 このネタ、見てみたかった!

なおご両親は最後まで出てこなかった模様

イメージ 9

 じゅー君のお姉さん、これ、鳩子が作った肉じゃがでしょうか?
 多分そう!

 しかしこの人、いっつも露出度高いですよね。

手前の幼女は「最強、攻略不能の異能者」だそうな

イメージ 10

 第08話「戦争 -ホルムガングバトル-」に出てきた、異能者組織「F」が作り上げた少女
 お幸せそうで何より。

 いやもう、ホントこれどこの家族の肖像ですか!?

千冬の親戚で、彼女が文芸部に来たきっかけです

イメージ 11

 左側のクマの人形が、二枚目の画像で九鬼ちゃんが持ってた人形なんでしょうか?
 安藤、そして文芸部の担任顧問。

 アイマスクしてないとキャラ立ちが足りない!

だから、ホントにあなたは何なんだ……。

イメージ 12

 ファンサービスに定評のあった相模静夢、事態を引っ掻き回して終了。
 奥には関連キャラも
 誰?

 いわゆるゲームマスター的なキャラかと思いきや、けっきょくアニメでは正体不明。

そしてこの灯代である、スタッフの皆様、お疲れ様でした!

イメージ 13

イメージ 14

 こうしてみると、本作自体をざっくりと振り返れて、絵も奇麗だったし良いエンディングでしたね

 正直いえば、キルラキルの制作スタジオだからと、見始めた作品でしたけど楽しかった!
 スタッフ、制作「TRIGGER」の皆様、おつかれさまでした!

 異能バトルは日常系のなかで 最終話「日常 -ユージュアルデイズ-」、その感想本記事は、こちら。



■制作スタジオさんが同じ
 キルラキル 放映終了、感想まとめ