GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

結婚指輪物語 1巻[めいびい]黄昏乙女アムネジア作者さま、ファンタジー×新婚漫画で新連載!

    二巻は残念なお姫様が登場と聞いて。まっすぐな少年のファンタジー

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

※画像右下隅クリックで拡大。

 

 実は異世界人の幼馴染、付かず離れずの距離感だったはずが
 彼女が急に「帰る」事になり、決意して追いかけたら、異界の勇者になっちゃいました―――。
 が。

 

 その「結婚指輪」が後四つ必要だと判明し……?

 

良いヒキ!
 ざっくり言うと異世界ブコメ(ハーレム要素あり)で、一巻目はキャラや世界観を知っていく段階
 正直ビミョーでしたが、ラストに書いてあった「この世界のお話」
 すごくテキトーで面白かった!

 

 なお指輪物語ロード・オブ・ザ・リング>」とは偶然の一致、だそうです。

 

 なら気付いた時点でタイトル変えようよ!

    微妙に適当にファンタジー

イメージ 8

 前述の巻末オマケページより。なんだこの地方都市っぽいテキトーさは!(褒め言葉)。

 

「指輪王」の誕生
 一人暮らしの高校生サトウは、突然、10年来の幼馴染「ヒメ」が故郷に帰ることになり
 恋心のあまり、その異常な「帰郷」についていってしまった。

 

 結果、ヒメの相手には、魔王「深遠の王」を倒す力と宿命が与えられるとも知らず、彼女に選ばれる。

 

 実はヒメもまたサトウが好きだったワケだが
 ともかく、魔王を倒す役割を与えられ、ヒメの物を含む「5つの結婚指輪」を揃える旅が始まった。

 

 それは、互いに「一番の友達だ」と言い合う、素直になれない夫婦の旅路――――。

    サトウ君はイケメンである

イメージ 10

 主人公であるサトウ君は、ただ好きな子の為に決意しまり、突っ走りまくるフツーの少年。
 ついつい、主人公補正的に考えてしまいますが

 

 だったら、考えるだけ無駄だな

 

 なんていって危険に突っ込んでいく恋心は、みていて格好良いですわ。イケメン。

    二巻に続く!

イメージ 7

イメージ 1

 上が今巻のラスト、下が次巻予告。これは……、かわいいな!(確信)

 

「重婚になるじゃん!?」
 が、ヒメ一直線な彼に、「あと四人の娘の旦那になってもらう」とか言い出す賢者の暴挙!
 ホント、賢者と名が付くキャラにかぎって
 ロクなこと言わんな!

 

 初代指輪王が五人の姫と重婚し、魔力の宿った指輪を五つ残したのだそうな。

 

 そして力を引き出すには
 単にケッコンカッコカリ」するだけでなく、姫との絆を強くする必要があるという鬼設定。

    先生得意のオマケページは健在

イメージ 6

 果たして、メインヒロインのヒロイン力はどこまで続くのか!
 そして五人も姫を描くほど連載が続くのか!

 

 いや悪い意味じゃなくて、月刊誌にしてはスパンの長い設定だなー、と。

 

 単純に「姫が出る→解決する」の繰り返しだと飽きられちゃいますし、変化球も必須、長丁場ッスよ。

    仲間「マルス王子」がめっちゃイケメンです。心的な意味で

イメージ 9

 また、ヒメの本来の婚約者=勇者候補だった王子が、ずっと仲間として同道してくれていますが
 これがまた人が良いし、辛い過去とかも持ってるらしくて
 彼が描かれていくのも楽しみ。

 

 こう、いかにも性格が悪いタイプの王子顔だと思ったら、本作屈指の苦労人タイプ。

 

 賢者の爺さんもトボけてます
 サトウ、ヒメ、苦労人王子と賢者の四人パーティ。バランス取れてますねッ!(真顔)

    収録

イメージ 5

 あと、中ボス「深遠の騎士」は、絶対ヒロインだと思います(確信)。

 

 ビッグガンガンコミックス「結婚指輪物語 1巻」。めいびい(2人組作家)。
 月刊ビッグガンガン連載、スクウェア・エニックス発行。
 2014年12月発売。

 

 第1~4話収録、サブタイトルなし。

 

 あとがき
 カバー下とページ間のおまけと、巻末「アーヌルス博物誌」収録。

 

■関連感想記事