GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

異能バトルは日常系のなかで 第11話「存在 -キューピッドエラー-」感想。二人の中の寿来の存在。次回、怒涛の最終回へっ!!

水着に浴衣、そして会長っ! 最終シリーズには工藤会長も登場だぁ!

イメージ 9

イメージ 31

 寿来の中での自分の存在を、自分の中での寿来の存在を、それぞれ確認する鳩子と灯代。うーん可愛い。
 が、日常ラブコメってると、会長@異能バトルが大乱入!
 次回、この状況をどうまとめるのか!

 そっか、私は安藤の事が好きなんだ……、全ては、結果ありき。

自分の中の誰かさん
 しかしまあ、じゅー君の鈍感さは爆裂四散すべきレベルですね!
 あと台詞がくさいよ!
※褒め言葉。

 いやー、しかし前半の鳩子、後半の灯代と、サブタイ「存在」がしっかり絡んでて良い話だった!

灯代の中二病時代、寿来の「フツーの中学生」時代

イメージ 2

 笑い方といい、中二時代の灯代って、兄ちゃんの物真似だったのね。痛々しいわー

心の中に占めるもの
 夏休み前、灯代に恋心を自覚するよう「いじわる」した鳩子は
 言ってしまった自分自身も、ちゃんと寿来に気持ちを打ち明けるべく、夏の浜辺で大暴走した

 寿来の中では、自分はただの「友達」なんじゃないのかと焦っていた鳩子だったが
 彼の「特別だ」という言葉に、今は十分な幸福を得る。

 背中を押された灯代もまた、自分の中での寿来が特別な、「好きな人」なのだと自覚。

 かくて、少女たちの「日常」がひと段落を見せたとき
 異能バトルが乱入する!

 次回、最終話「日常 -ユージュアルデイズ-」

寿来『じゃあ教えてくれよ、虚構ってのは、どこにあるんだよ!』

灯代『―――ここよ! フィクションは、心<ここ>にあるっ!』

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

 ああ、確かにコレじゃ灯代だと解らんわ。ちょーわからんわー。

灯代の痛くて幸せな過去
 冒頭では、以前、寿来が語った「中二病に引き戻した運命の人」が描かれる。
 いやあ、確かにコレはカッコイイわ。
 じゅー君もイケメン。

 だがしかし、そんな灯代だけに、中二病を封印するような「何か」があったのかもしれません。

 お兄さんが家を出て行って
 中ニへの憧れが、反転しちゃったんでしょうか?

 これはこれで可愛いと思いつつ、提供での鳩子が可愛すぎて、色々ふっとんだのも私です(自供)。

鳩子『ほぉほぉ………、なるほど! 大丈夫だよ私、私なら絶対できるっ!』

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 1

 キラキラの演出がキルラキルですよね!

櫛川鳩子のクリティカルな計画
 旅行当日、女子高生雑誌を参考に果敢に攻める鳩子!
 攻めの姿勢だ!

 まるで雑誌の中から飛び出してきたみたいだ―――、正確には、書いてあるままセット買いしたかのようだ

 名前の連呼に上目遣いetc
 恋のマニュアル片手に、棒読みアタックする鳩子!

 というか、明るく元気にちょっとドジでとか、ほぼ全部、ノーマルで網羅してませんか!?

寿来『でもまぁ、ホント、似合ってるけどな?』

鳩子『………………、緊張したぁぁぁ~~~~~~~~~~』

イメージ 8

 元々、積極的にアタックしよう!という意識が希薄だった鳩子は、めっちゃ緊張してたりする。
 なんだこの可愛いの。

 しかしじゅー君、女子高生雑誌から飛び出してきたみたいだって、解るのそれ!?
 なにこの夫婦漫才!?

 じゅー君が毎度ながらイケメンですが、思えばフツーの指摘で、それで盛り上がっちゃう鳩子も素直可愛い

寿来『お前、けっきょく何がしたかったんだ……?』

鳩子『えーとぉ……、私も解んなくなってきちゃったなぁ……』

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

 恋に積極的になろうと他人を頼って、自分自身を見失う。まるで先週の彩弓さんですわね。

愚者の迷宮
 その後も、マニュアル片手にあれよこれよと奔走した鳩子は、寿来を呆れさせてしまい
 単なる迷走に終わってしまった。

 ダメだよぉ、それだと困るよぉ~~、じゅー君~~~~~~~……。

 泣いてもダメです!
 が、泣き顔が一番可愛かったというのもアレですね!

 万事に通じる事ですが、マニュアルは「何故そうするのか」を読み解くのも大事な事ですよねー。

鳩子『じゅーくん、私、私ね、今……』

寿来『はと…、子…?』

イメージ 14

 その後、鳩子は本気ダッシュしすぎて日射病という、安心のラブコメ落ち。
 なんという想定内。

 せっかくじゅー君も顔真っ赤になってたってのに!

 その後、じゅー君が担いで帰ったようですが
 人気の無い、海岸の隅っこで気絶した幼馴染と二人きりって、すごくアレな状況ですよね。ですよね。

灯代『独りでプールなんて、行くんじゃなかったなぁ……』

イメージ 15

 その頃、灯代はまだまだ使用期限はあるのに、ペアチケットで独りプールという暴挙。
 まだ「自分は、寿来なんて好きじゃない」と考えてたから
 ふっきりたかったんでしょうか。

 この子もたいがい潔癖というか何というか。

鳩子『なんか私、今日、変なノリだったよね。―――ごめんね』

『―――灯代ちゃんに、いじわるしちゃった……』

イメージ 18

 その後、今日の変なノリは「灯代にいじわるしちゃったから」、と語られる事になる。

■いじわる
 自分の気持ちに素直になってない灯代に
 鳩子は、「自分は寿来が好きだ、あなたはどうなのか?」と責める様な真似をした

 そんな風に灯代を責めてしまった以上、自分は好きだと言った責任を、鳩子は取らなきゃならない。

 他人を責めた以上、自分自身が、寿来に対して気持ちをハッキリさせなきゃならない

鳩子『いつか―――、こんな風にじゅー君と話す事も無くなったりするのかな?』

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

「じゅーくーん!」「はいはい」ってやりあう姿、ご馳走様ですと言わざるをえない

寿来の中の鳩子
 鳩子の悩み、その根源は「いつか寿来との関係が薄れ、離れてしまう」のが、イヤだったから。
 だから恋人同士になり、「そばに居続けて欲しい」と願った。

 鳩子は、俺にとってただの友達じゃなくて……、…俺の恩人だから。ともかく、俺にとって特別なんだよ

 今は、好きだとは言って貰えなかった
 でも「寿来の中で、自分は特別」で離れ難い事だけは解った。

 本当は、それ以下なんじゃないかって不安だった鳩子は、ひとまず満足し、事件は終息する。

寿来『俺さ、雨の日に、お前の家の前に突っ立ってた事あっただろ?』

イメージ 19

 ここの会話、寿来が「引くなよ?」って、ちゃんと自分の台詞のくささを理解してるのが可愛い。

■寿来、中二の冬
 また「中二の冬の雨の日」に事件があり、鳩子が大きな力になってくれた明かされましたが……?
 単に原作をなぞってるだけで、回収されずに終わるのか
 或いは、次回、回収されるのか?

 寿来が中二を止め様と思ったのも、灯代と出会ったのも中学の冬、この事件も絡んでいるのか?

灯代『―――ふぁい? あ、ああ安藤!? 起きてたわよっ!』

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

 灯代の寝落ちからの復帰っぷり、ある意味リアル。

■灯代、浴衣モード出撃す
 その明後日、「あの寿来からのお誘い」を受け、灯代は張り切って浴衣姿で出かけ
 甚平姿の寿来に、どきどきの問い詰めを受けるが……?

 アイツが、お前にいじわるしちゃった、みたいに言っててさ。お前ら何か、あったんじゃねーかなって?

 はいアウトー!
 灯代としては、こう愛の告白っぽい感じを期待してたんですね。わかります。

 というか、今回だけで「水着の鳩子」「浴衣の灯代」、オープニングをダブル消化してるじゃないかさ!

灯代『―――話したい事はあったんだよね、新人賞、二次で落ちちゃった』

寿来『別に謝るようなことじゃねえだろう、ありがとな、言いづらい事を』

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

 鳩子の告白を受けたその日に、灯代に電話、明後日の約束を取り付けたらしい。寿来くん迅速!

灯代の中の寿来
 もちろん「いじわる」とは鳩子ないの思い込みで、むしろ、新人賞落選の件を話すチャンスとなった。
 そうして、自分の恥でも「応援してくれたから、言わなきゃならない」
 生真面目な灯代に、寿来は礼を言う。

 そっか、私は安藤の事が好きなんだ……、全ては、結果ありき。

 あの「虚構はここにある」宣言といい
 自分だけじゃ、考えもしなかった事まで引き出してくれる寿来に、灯代さん惹かれてるのかもですね。

 灯代はようやく自分自身に素直になり、誤魔化すように「好きだよ」と言い続けた――――。

鳩子『工藤さん、何の用なんだろうね? 夏休み中に呼び出すだなんて』

彩弓『――――工藤さん!?』

イメージ 31

イメージ 32

 利用される事に定評のある会長。次回は、髪を下ろした会長が見れるぞっ!

■“F”残党
 一方、会長は「灯代の兄ちゃんが、8話で潰した組織」の残党によって洗脳処置を受け
 文芸部メンバーを呼び出し、異能を奪って鳩子を襲う!

 次回、最終話! 最終シリーズにして、あの工藤会長が再びメインに!!

 これも「自称読者の金髪」の手配りのはずですが
 さてどうなるやら。

 Fの女の目的、芽生えた異能をどうするのか、そして安藤の「覚醒した異能」と「中二の冬」とは?

予告『始まりがあれば終わりあり』『終わりがあるから頑張れる!』

予告寿来『さぁ、始まりの終わりをはじめようッ!』

イメージ 22

イメージ 25

イメージ 16

イメージ 17

 次回最終回、Fの人は本当に悪人なのか、或いはまたも出オチなのか?

会長に始まり、会長に終わるのさ!
 恋を自覚済みの鳩子が、寿来の中での自分の存在を確かめる幸せと共に
 認めてなかった、灯代の恋が覚醒めるお話!

 そして、第一話同様に「誰かさんにそそのかされ、会長が襲来する」第一話よ再びな展開へ!

 この展開、あの「読者」さんは、最後にちらっと出て正体を匂わせるだけで終わるパターンか?
 どういう風に、「いい最終回だった」と言わせてくれるのか
 本当に言わせてくれるのか!

 次回、ついに最終話「日常 -ユージュアルデイズ-」


■制作スタジオさんが同じ
 キルラキル 放映終了、感想まとめ