GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

棺姫のチャイカ AB 第9話「戦まねく玉座」感想、色々ショッキングすぎる! こないだ黒が「食べてた」のはアレか!?

あらゆる行動は「魔法を自在に使える肉体」の為、では、何故そんな肉体を!?

イメージ 15

イメージ 25

 驚きの出産シーンにビビる暇もなく、生れ落ちたのは「禁断皇帝ガズ」その人! なんちゅう展開だ!
 全ての行動が、感情を高め、魔力思念料を向上させる為と
 新たな肉体を作り上げる為だったのか……。

 余はこれより、未来永劫「お前たちの望み」を叶える。戦乱を望むお前たちの為に、戦乱をもたらす

「父上の真意はいずこに!?」
 予告で、チャイカさんも大混乱してましたが、そこまでして「自己強化」した陛下の目的とは
 これまで描かれたとおり、戦争を続けるのが「人の望み」だとし
 戦争し続けると宣言する皇帝。

 どうやって倒すのこんな人!?

 ギィや、第6話で食ってた「人肉」の意味など、怒涛の勢いで伏線が明かされる! 次回、最終回!

ジレット隊長『心配かけたな……!』

イメージ 4

 禿頭の魔術師マテウスを除きジレット隊、再集結!

■ガズ皇帝の真意
 すべての遺体を揃えた黒チャイカは、遺体を喰らい、ギィという「魂」を加えて産み落とした。
 チャイカとは、皇帝を産み直す為のシステムだったのだ。

 怪物らの「魔法を操る器官」を生まれながらに備え、ガンドを必要としない完成された魔術師。

 手始めに航天要塞を消滅させた彼は
 自らの要塞を宇宙より呼び寄せ、再び全世界に対し宣戦を布告する。

 人が戦争を望み続けるなら、自分が起こし続けよう―――、皇帝は再び動き出す。

 次回、最終話「機杖担う少女」

紅チャイカ『遺体集め、終了……、ダヴィード、これまで感謝……!』

ダヴィード『本気か!? それでいいのかよ!』

イメージ 2

イメージ 3

 そら紅子さんも怒るよ。

紅チャイカの終わり、彼女の始まり
 試合後、もう「チャイカ」としての全てを降りると、ダヴィードに礼を告げる紅。
 だが戻って見れば、セルマが傷付けられており
 白いチャイカもさらわれていた。

 兵士たちが踏み込んできて、遺体を……、守れなかった、ごめん ……!

 白になら負けるのも仕方ない
 傷ついたダヴィードの為、仲間の為なら諦めるのも我慢できる―――。

 そうした紅子の決意が、全部まとめて、黒チャイカに踏みにじられていたと判明。これは紅子さん怒るよ!

アカリ『大丈夫か?』

フレドリカ『うーん、毒さえ抜ければ大丈夫なんだけど、先いってて………』

イメージ 5

イメージ 6

 グロい! そしてネコドリカかわいい!

トール、怒る
 同じく完敗に次ぐ完敗だったトールも、敵の思惑に乗るのが苛立たしくて仕方ない。
 だがそれ以外に、囚われたチャイカを救うのは難しい。

 クッソ! 何やってんだ俺は………!

 全くだ!
 でも前にもシンには完敗しており、既に「城に潜入し奪取する」作戦は無理だと解っています。

 他に手段があるかというと、確かに無いのかも。

フョードル将軍『ハルトゲンの野望、断固として止めなければ!』

『航天要塞が攻撃を開始すれば、歯止めが利かなくなる』

イメージ 7

イメージ 8

 いや、マテウスさんはホントにどこ行ったんだ……?(前回、眼鏡さんと脱出済み)。

戦後復興機関の想い
 一方、本国との通話に成功したジレットは、戦端が開く前に、戦いを止めねばならないと結論する。
 ハルトゲン公王が戦乱を起こせば、戦いは次々に波及し
 大陸全土を巻き込みかねない。

 ジレット隊長、私は長い戦果の末に勝ち取った平和を、決して手放してはならないと考えている

 第一期でラスボスだった少年たち、彼らと戦った連合国将軍、そして二期の英雄ハルトゲン。
 終戦を惜しむ者は、大陸中に居るのだ

 彼らに口実を与えてはならぬと、穏健な将軍は、「戦う前に終わらせよ」と無茶振りする。

チャイカ『否定……、否定、否定! 遺体提出、断固否定!』

トール『―――済まん』

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

 もうね、誰よりも、ハルトゲン閣下が痛々しすぎる……。ある意味チャイカ以上に。

「本物」のチャイカ
 遺体を持ってきたトール達の前に、回収したばかりの「遺体」も携え、黒いチャイカが現れる。
 いよいよ、戦乱が起こせるとハルトゲンは歓喜するが―――

 貴女には、ここで最後まで見届けて貰いしょう、自分がなれなかった、本物のチャイカの姿をね?

 が、自分が作られた理由を、深く知る黒チャイカ
 その役割を全うする喜びを語った。

 自分の生まれた意義を完遂する喜び! しかし、チャイカさんにも視聴者にもさっぱりですよ!?

黒『“食べる”の。元からあった、首と胴体はもう食べちゃったから?』

『私はチャイカ・ガズ、私の使命は、お父様を復活させる事!』

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 17

 どうみても妊娠と分娩です。本当にありがとうございました。

チャイカの役割
 実は、第6話でチラッと映っていた様に、こうして「遺体を食う」のがチャイカの目的。
 取り込み、結合し、産み落とす。

 羨ましい? よく御覧なさい、貴女がしたくでも出来なかった本物のチャイカの姿を―――!

 衆人環視、呆然の上で、物凄い勢いでひっひっふー!しつつ勝ち誇る黒!
 彼女は、役割を全うする道を選んだのか……。

 絶望でなく、、むしろ「これこそが喜びだ」と叫び続ける黒チャイカ。思えば悲しい。

ギィ『人は魔法を求めようと、体内に魔法器官を持たない』

『魔法思念料に限りがある故』『では、どうすれば完全になれるか?』

イメージ 16

 ギィAがあらわれた! ギィBがあらわれた! ギィCがあらわれた! 以下省略があらわれた!
 おや? ギィたちのようすが……?

ギィ?『余は、アルトゥール・ガズ。皇帝だ……、余は、再び戻ってきた』

イメージ 18

イメージ 30

イメージ 1

 ギィたちは合体し、エンペラー・ガズとなった!

新たなる皇帝
 遺体とギィ、その全てを吸収して「産まれ直した」のは、怪物のような角を持つ少年だった。
 全ては、この肉体を作る為だったのだ。

 元々、魔法は「怪物<フェイラ>」が使っていた術で、彼らはそのための器官を持っていた

 その器官を最初から持ち
 また、「敢えて戦死することで、死の恐怖という強烈な記憶、魔法燃料としての質」を得られた。

 ガンドという「魔法器官の代替品」を必要としない、強力な肉体を得て、皇帝は蘇る。

ハルトゲン『皇帝陛下! 私は間違っておりました!』

『戦乱の世こそ、価値あるものと気付いたのです! どうか共に!』

イメージ 19

 一方、ガズ皇帝陛下を殺した事を、ずっと後悔していたハルトゲンは欣喜雀躍し
 その「試験台」となって殺された。

 偽者のお父様が死んだわ! 本物のお父様に殺されたわ♪

 なお双子チャイカ、大喜びだった模様。

皇帝『満足のいく肉体であった、余の目的は成ったのだ』

『余に娘はおらぬ。チャイカとは、復活の為に組んだ「術式」の総称』

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 29

 老けちゃった! ナイスミドルに老けちゃった!!

■チャイカという機構
 皇帝は、数百年生きた自分の身体に見切りをつけ、魔法を自在に使える新しい肉体を作ろうと決意。
 わざと殺され、遺体が魔法燃料として分割されると見越し
 回収と結合の仕組みを作った。

 派生型357番、魔術師系か……、あの娘と良く似ているな、チャイカの記憶の元となった娘に。

 チャイカが、妙に過去の記憶を持っていたのは
 元々「原型になった少女」がいて、その記憶を引き継いでいたかららしい。が、しょせんは道具。

 絶望したチャイカ、怒れるトールに、そういった「感情こそが必要なのだ」と皇帝は明かす。

皇帝『怒り、激しく濃密な感情こそ、魔法に適したモノだ』

『濃密な思念を、効率よく集めるにはどうすればいい? ―――戦争だ』

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

 ガンドを必要とせず、腕に直接くっつくだけで莫大な火力を発揮する!

皇帝の望み
 怒りや悲しみといった濃密な感情、魔法に必要なそれを、効率よく生むべく「戦争」が必要だ。
 皇帝は、大陸に満ちた感情を、かき集める「吸収装置」を作り上げ
 100年も前に衛星軌道に打ち上げたらしい。

 余はこれより、未来永劫「お前たちの望み」を叶える。戦乱を望むお前たちの為に、戦乱をもたらす

 その手始めに、侵攻してきた航天要塞を一撃で叩き落し
 自らの力を知らしめる皇帝。

 私心は一切無く、卓抜した能力で戦乱の世を起こし続けると宣言する謎皇帝、一体なんなのこの人……!?

予告『父上の真意いずこ、私たちの運命はいかに、なすべきことは何!?』

イメージ 15

イメージ 30

イメージ 22

 というか、黒チャイカと皇帝がアレすぎて、みんな呆気にとられまくりですよ!

皇帝、出産
 思えばフレドリカが産まれ直したシーンだってあったんだし、ああいう出産が可能なのか…!
 色々衝撃的な展開と共に、次回、いよいよ最終回!

 生まれた時から戦争をしていた人々は、戦争が終わった事に、むしろ戸惑っていた人が多かった

 だから戦乱を起こすという既存キャラに対し
 そうした人々の為に、自分が戦争を起こし続けると宣言するラスボス・ガズ皇帝。
 その決着とは?

 次回、最終話「機杖担う少女」