GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

くーねるまるた 3巻 [高尾じんぐ]感想。ホットケーキミックスは、無敵です!

マルタの確信! 表紙のマルタさんが可愛い第3巻。なぜかカバー下イラストあり

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 1

※画像右下隅クリックで拡大。

 のっけから、マルタさんの謎の確信に押されてしまう第3巻! なんて説得力だろう!
 表紙のとおり、梅酒を作って漬け込む話も。

 今巻も、春から中秋の名月まで、楽しく美味しくビンボー暮らし。。。

夏のマルタさん
 また、今巻では皆で海に行ったり、浴衣を着たり、ちょっとした七変化のマルタさん!
 にしてもまあアレですね。

 なるほどねぇ、マルタに食材を渡すと料理になって戻ってくるワケか(由利絵さん)。

 ってな一言は至言だと思いました。
 同じアパートの方ですが、マルタさんを理解しすぎである。

マルタさん、塩こうじを体験する

イメージ 2

 他に気になった料理といえば、思わず残さず平らげてしまった、塩こうじのスペアリブ!
 発酵効果で、食材の旨みが増すらしいですがねー。
 一時期流行ましたね。

 いつも美味しそうなマルタさんですが、特に過剰反応で、味が気になった!

みんなで七夕をしたお話(オチ)

イメージ 3

 また留学生らしく、フツーの日本人よりの日本の風習に詳しいマルタさん……とは関係ないですが
 みんなで七夕をする回では、これまた張り切ってましたね!
 あんなの見たら、そら子供が集まるわ!

 で、その回での「願い事」が上の画像ですが、さすがですマルタさん!

 神永さんも、「お酒」じゃなくて「美大」ってなってるところが、彼女らしいですね。真面目で。

マルタさん、行列に捕まる

イメージ 4

 本を読んでいたら、ふと、書いてあるものが食べたくなるというお約束の衝動に駆られ
 やってきたらこの有様だよ!
 そんな話。

 その後、人生万事塞翁が馬になりますが、こういう時ほど行列ってのはあるある感がすごい。

お忙しい神永さん、わざわざ手紙で連絡寄越す

イメージ 5

 この話とか読んでると、神永さんって、ちゃんとした職を持ってるから「財布役」が多いなぁ……、と。
 酔っ払いキャラはダメ人間の法則がありますが
 この人、財布的には頼りになります。

 食べる時も、いつもオーバーリアクションで張り合いがある人ですよね。楽しい。

 美味しいと言ってくれる人はけっこう大切。

マルタさん、カタコトになる

イメージ 6

 ある意味、一番笑えたコマといえばやっぱりコレ。帯にも採用されましたしね!
 切なすぎるぜ……。

マルタさん、浴衣を着る。そして……

イメージ 7

 終わりのほうの話では、盆踊りという事で浴衣を借りるというお話も……。
 が、肝となったのは糠床の前田さんのお話。

 前田のお婆さんから借りたんですが、その浴衣が縁となって、彼女の古いお知り合いと出会うことに。

 でもおじいさんは、前田さん当人には会いに行こうとしなかったようです。
 その浴衣にどんな想い出があったのか

 ちょっと切ない後味のお話でしたね。でも、こういうお話って好きです。

収録

イメージ 8

 そういや踊ってませんね!

 ビッグスピリッツコミックス スペシャル「くーねるまるた 3巻」。高尾じんぐ
 週刊ビッグコミックスピリッツ連載、小学館発行。
 2013年12月初版。

 第31話「ホットケーキ」
 第32話「先生」
 第33話「わらじ」
 第34話「まぶしめし」

 第35話「黒胡椒」
 第36話「青梅」
 第37話「塩こうじ」
 第38話「ツナ」

 第39話「七夕」
 第40話「畑の魚」
 第41話「農場の少年」
 第42話「肉燥」

 第43話「ローズウォーター」
 第44話「大人のレモン」
 第45話「盆踊り」
 第46話「月見団子」

話の合間には、登場した料理の作り方も掲載(細かい分量などの記載は無し)。