GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

ガンダム Gのレコンギスタ 第10話「テリトリィ脱出」感想、敵も味方も大暴れ! 恋を知ったんだ、誰が死ぬもんかッ!!

高トルクパック、驚きの俊足! ベッカー大尉、驚きのハイテンション!!

イメージ 10

イメージ 1

 あいも変わらず、平和ボケのノンキさと殺伐とした感じが入り混じるGレコ戦闘、ある意味、その極みの回!
 野獣的なパイロット、ベッカー大尉のテンションが堪らない!
 彼、最初から最後まで見逃せない人だ!

 命拾いをさせてもらったけど……、こんな物、あって良いのかしら…?

「戦争」の片鱗
 新パック「高トルク」も想像以上の速さで、演出でものすごく速く格好良く見えました!
 が、そのあまりの強さゆえに危惧してしまう姫様。

 技術発展を旨とする姫さまが、逆に危惧してしまうほど高レベルの遺失技術

 味方として頼りになる姿を描きつつ、故に恐ろしいというあたり、本作のテーマも感じますね。

ゲル法皇『考えがあるのです……』

イメージ 2

 冒頭、急に体調を崩した法皇猊下。何の病気でしょうか?

■加速する戦い
 ちょうど新型機のお披露目中だったアーミィは、ベッカー大尉の指揮でメガファウナを襲う!
 が、これに対抗したアイーダ姫がアルケインで飛び出して
 危うく鹵獲されかかってしまう。

 その危機を救う為、ベルリは陸戦用の新型パックのまま、ぶっつけ本番で乱入した!

 ズバ抜けた加速力を誇る、「高トルクパック」を囮に使い
 ベルリはベッカー大尉を殴り倒す。

 一方、アメリアは宇宙に艦隊を出撃させ、その対応の為に、アーミィと海賊も宇宙へと集う。

 次回、第11話「突入! 宇宙戦争

クンパ大佐『週末だというのに……、ジュガン司令からの呼び出しです』

イメージ 3

 週末だというのに!

■大佐の皮肉
 大聖堂に残された大人たちは、アメリアが宇宙艦隊を用意している」件で皮肉の言い合いとなる
 スルガン総監は、禁忌の「宇宙開発」が行われている件を責めるが
 大佐は、だから禁忌を無視するのかと責める。

 大佐は、アメリアが法皇」を人質にして宇宙に上がろうとしていると指摘。

 無論、根も葉もない言葉だが、アメリアが「海賊」の振りして、武力行使していたのは事実だ。
 アメリアは汚い手段を使ってしまった以上、信用が無いのも仕方ない。

 思わずベルリママンも警戒するというものである。

キャピタル首相『次々、新鋭機を開発させておりますが、ご理解を頂きたく……』

ベッカー大尉『どのような事態でも、瞬時に対応できるアーミィでなくては!』

イメージ 4

イメージ 10

 なお新型「ウーシァ」が女ウケした為、ジュガン司令も思わずビビった模様。

■大軍拡時代
 どうも、キャピタルは「旧世紀の設計図」から、作れそうな者を手当たり次第作らせていているらしい。
 その予算承認の為に、新型機のお披露目を行っていた。

 なら、このウーシァの手先の器用さを見せてやるかッ!!

 が、海賊が動き出した報告を聞き、「撃滅してやる」と調子よく出撃するベッカー隊!
 なんとお調子者な!

 首相さんも、意外にフツーそうな人で何だかホッとしますね。

ジュガン司令『バカめ! G-セルフは捕まえるんだ!』

『ラライア・マンディも、ベルリ・ゼナムも保護するのが目的である!』

イメージ 9

 なお、アホ! 撃滅じゃなくて捕まるんだ!とジュガン司令がキレた模様。

■ラライア
 また、今回は「ラライアをアーミィが狙っている」点も強調。
 クンパ大佐も宇宙人っぽいし?
 知り合い?

 元々、ラライアは宇宙からGに乗ってきた張本人

 彼女自身も重要人物なのか。
 動機は不明ですが、単にGを持ってきただけの連絡員、って程度では無いようですね。

 にしてもジュガン司令、部下がアホで大変そうですね! ベッカー大尉、ある意味メチャクチャ平和ボケだわ!

ケルベス『よぉ! コイツはキャピタル・アーミィから持ち出したんだ!』

『陸戦用の、高トルクパックだろ!』

イメージ 5

イメージ 27

 ケルベスさんの存在は癒し。

■高トルクパック
 が、図面の兵器を作っても「使えない」モノもいくつか出る、その一つが「高トルクパック」だ。
 アーミィの中には、装備できる機体がまだ無かった為
 ケルベスがかっぱらったらしい。

 もう教官じゃない、戦友だよ、戦友~~~~~!

 ケルベスは、ベルリママンの命令で、「対アーミィ」の義勇兵として海賊軍に参加。
 彼は元々、兵器への興味、メカオタクだったらしく
 渡りに船と飛びついたようだ。

 宇宙の知識も、まだ宇宙素人な海賊たちより豊富で、機体こそ旧式ながら頼りになるらしい。

ベルリ『僕にだって、できないことはありますよっ!』

イメージ 7

 なおベルリ、Gが見えないほどみっしり詰まった高トルクが不満だったらしく、ひたすら拒否。
 新型機に不満を言いまくる主人公っ!

 ガードの時と同じ、気合でやりゃあ良いんだよっ!

 ケルベスに叩かれ、泣きながらもやる気を出したようですが……
 ていうか、なぜ今回はチャックに詰まるの!?

 姫様いわく「ベルリも何なの!」ですが、いやホントに何なの!?

ラライア『出動! G-セルフしゅつどうっ!』

アダム・スミス『またか! 寝かしつけろっ!!』

イメージ 6

 ラライアもますます正気に戻りつつあり、いよいよ正体が明らかになる雰囲気がプンプン!
 なんですが、ケルベスに手早く担ぎ上げられるのは見所!

 さすが学生の相手をしていたケルベス教官、手馴れていますなぁ。

艦長『合流したレックス・ノーは、味方になってくれた“ガード”だ!』

『ハチマキをしているから、間違えるなよ!』

イメージ 8

 そして今回、もっとも可愛かったのはハチマキしたレックス・ノーであろう!
 異論は認めますん。

 こう、海賊なりたての子供みたいな雰囲気があって、なんだかすごく可愛いぞ!

※なおガンプラEXPOによれば、「キット化は応援次第」とのことです。悲しいなぁガンダム!!

ギゼラ『キャピタル・ガードだけに任せられないって、姫さまが……』

艦長『じゃじゃ馬娘がぁぁぁぁぁぁっ!』

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

 艦長、落ち着いて艦長!

ジャンプの威力!
 メガファウナに到達したウーシァ隊は、ブリッジに脅しをかけて引きずり出す作戦を取り
 宇宙用の身軽さで、あっと言う間にブリッジに到達!
 宇宙スゲェ!

 何だ貴様ァ! 人が話し合いをしているんだから―――、引っ込んでいなさいッ!

 何故か生身で会談した隊長
 ベッカー大尉は、迫る海賊のジャハナムを気合一つで後退させ、あまつさえ蹴り飛ばす!

 これが宇宙用MSのジャンプ力、それを支える脚力ってヤツなのか!

艦長『ミノフスキー粒子をまいておいて、どうやって連絡したら良いんだ!』

『キサマたちで止めろ!』

イメージ 14

 なお艦長、ベルリとラライアを出せという脅しに、しごくもっともな回答。
 残念ながら当然。

 ベッカー大尉、どんだけ体育会系なんだ!(偏見)

※この直後、なら用済みとばかりにライフルで消しにかかる、って辺りも容赦が無いな!

ハッパさん『焦って飛び出して、死ぬなよ!』

ベルリ『恋を知ったんだ、誰が死ぬもんか!!』

イメージ 18

イメージ 1

イメージ 28

イメージ 19

 まるで瞬間移動! このパック、バカッ速いじゃないの!

高トルクと恋
 やがて、G-アルケインが目をつけられ、ベッカー大尉によって執拗に狙われた時
 ようやく新パック「高トルク」に火が入った!

 面白ェ! やるじゃねェか……、キャピタル・アーミィが開発したこのウーシァ、俺は惚れたぜ……!

 操縦にガッチリと応え、格闘技を自由自在にこなす「ウーシァ」!
 ノリノリのベッカーにズタズタのアルケイン!

 その危機を救う為に、推進器の強化と「加速」に特化した陸戦パック、高トルクが吼える!

ベッカー『俺をナメているのかぁぁぁ!』

ベルリ『行っちゃえぇぇぇぇぇぇぇ!』

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

 ベッカーさん! ワニが! ワニが来てるよ!!

天才ベルリの戦術
 ベルリは、バックパックで脱いで囮にして飛ばし、その隙を突いてウーシァを殴る! 蹴る!
 哀れウーシァ、初陣にして底なし沼に沈む――――。

 近付くなー! 近付かないで助けてくれぇぇぇぇぇ!!

 フルアーマーもどきを使った囮戦術!
 ベタな手ですが、動きの一つ一つが素早く美しく、カッコ良かった! ヒーローじゃないか!

 その後も、風に煽られながら無茶するベッカー大尉を見ていると、この人も見過ごせないと思いました。
 すごく存在感があるわ……。

 なんか今週、ベッカー大尉と高トルクのインパクトがスゴかったわぁ……。

アイーダメガファウナには、ガードの人たちも来てくれました!』

ベルリ『はい、キャピタル・アーミィのやり方に問題があるんでしょうね!』

イメージ 24

イメージ 25

 あそこに「帰る」事を、母だって許してくれますっ!

■母船
 一騒動を追えたガンダムは、アルケインを背負って仲良く帰投する。
 ガンダムと姫様、なんと仲良き帰還か……。

 命拾いをさせてもらったけど……、こんな物、あって良いのかしら…?

 メガファウナ「帰る」と口にするベルリ、集うガード、状況の変化を実感する話となりました。
 動きも、「あそこ」メガファウナを映す演出も
 見蕩れる一幕でしたね。

 その一方で、遺失技術の再現に危惧を抱く姫様。この危惧は、今後どう膨らむのでしょうか? 

スルガン総監『我が宇宙艦隊を、“大統領が発進させる”だと……!?』

イメージ 26

 おお、スペースガランデンの艦長さんの声ってば、cv稲田徹さんじゃあないの! ユニヴァース!!

宇宙と軍とマスクと
 一方、軍の一番偉い人(アイーダパパ)の不在が続いたアメリアは、大統領命令で宇宙艦隊を出撃。
 これに対抗してか、クンパ大佐も新型機と共に宇宙へ。
 彼がマスクにこだわる理由とは?

 マスクの母艦「スペースガランデン、そしてメガファウナも集い、宇宙は騒乱の時代へ……?

 なおケルベスによれば、高トルクパックは「陸戦用(地上用)」ですんで、ヨロシク!

予告『次回、“突入!宇宙戦争”。足の下は、地球なんだぞっ!』

イメージ 24

 ガンダムで、ガンダムをおんぶするんだよ!

■ジャンプ回
 この世界について考えたくなるシーンから
 一時も見逃せないベッカー大尉やら、見所たっぷりの回となった第10話! ジャンプってスゴイね!

 各シーンもやりとり、動きが魅力的で面白かった!

 何だ貴様ァ! 人が話し合いをしているんだから―――、引っ込んでいなさいッ!

 あの迫力!
 もう引き下がるしかないよね!!
 そして次回は、宇宙戦争がどうたらとか言い出すときたら、もう見逃せません!

 次回、第11話「突入! 宇宙戦争