GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

異能バトルは日常系のなかで 第8話「戦争 -ホルムガングバトル-」感想。グッダグダじゃないか!3話と進行していた物語!

敵かと思えば敵じゃない、裏にあった「バトル」の存在が明らかに!

イメージ 16

イメージ 9

 実は、「異能者が“戦争”を繰り広げていた」が、寿来らは灯代の兄に守護られていた、と。
 実は異能を持ってるとか、そんなレベルじゃなかったのか…。

 私たちは5人揃って泉光高校文芸部、1人でも欠けてしまったら、あるべき姿ではありません!

解決済みの問題
 鳩子の問題も、「前回の時点でほぼ解決してた」ワケですから、どーすんだろうと思ったらただの誤解。
 もう全方位グッダグダでしたね!
※褒め言葉。

 グダグダにしつつも、力ずくでも「ぜったい日常から逸脱しない」本作らしい話でした。ホント。

だ・か・ら ときめいた秘密の中で 触れ合いたくなったね どうしよう?

イメージ 27

 てなワケで、オープニングのシルエットも全解除。 なんというOP詐欺。

グダグダである
 異能とは、精霊が「精霊戦争」の為に与えた、一定のルール内で争うための力であった
 が、灯代の兄・桐生一は、寿来たちを意図的に「隔離」し
 彼ら自身に知らさず、守ってきたという。

 だがある日、カラーコンタクトが原因でものもらいになってしまい、治癒の為に鳩子をさらってしまう。

 徹頭徹尾、勘違いが生んだ事件だったが
 結果、彩弓が「始原 2nd」を覚醒させた事で鳩子は回収され、寿来、灯代とも仲直りできた。

 しかし、その席でポテチの袋を開ける為に限界を越えた寿来が、「黒焔」の2ndに覚醒してしまう

 次回、第9話「布告 -ガールズアプローチ-」

『人目につかねえのが、この“戦争”の基本だっつってもよォ……?』

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

 桐生、ブラックホールの異能! 先週の催眠など、多数の異能を有するらしい。

時系列は「第3話の裏」
 いきなり始まったお約束満点のスーパーバトル、その名も聖杯、もとい「精霊戦争」!!
 灯代の兄・桐生一は、異能で敵を瞬殺してしまう。

 見世物だよ、精霊どもは俺らの戦いを眺めながら、どっちが勝つか賭けて遊んでんだよ―――。
 異能、っつー武器を与えてよ?

 実は日常の裏で、「最後の8人」の願いが叶う、異能者1000人の戦争が起きていた。

 ここにきて、ようやく「異能が存在する意味」が描かれたというワケ。 

桐生『そこで俺が、勝手にFを潰しちまえば万々歳って思ってたんだろ?』

リーティア『お前、死ねよマジで……』

イメージ 5

 鳩子ほっといて何やってんだ!と思ったら、どうも今回、3話頃の話らしい。

Fと戦争終結
 が、そんな「娯楽」に反発した“F”が、異能を量産、そして最強の異能を創り出した。
 桐生のチームは、そう精霊リーティアから聞くのだが…

 別に潰してやっても良いんだけどな? “俺を支配しようとした”テメエの態度が気に入らねえ。

 実はFとは、元々精霊戦争の管理者側
 量産も、最強の異能も、バトルをどっちらけにして戦争を終わらせる為の画策、精霊の身内争いだった。

 この件を、精霊が「桐生に後始末させようとしてる」と気付いた彼は、舞台から降りてしまう。

桐生『―――悪い、バイトの店長だった』

イメージ 9

 で、ふて腐れた桐生は母校に立ち寄り、寿来と意気投合、喫茶店で彼に会計を押し付けた
 このお話は、第3話「邂逅 -ランデブーポイント-」と同時進行だった、と。

 バイトの店長って、妖精さんだったのか!

 桐生の痛々しい会話は、清々しいまでにホントの相談だったと判明する。
 いや、桐生さんの超脚色は入ってますが。

 で、会計を寿来に押し付けた彼は、Fのアジトに向かう事にしたのです。

斎藤 一十三『―――こっちの作戦は、読まれてるって事……?』

イメージ 7

イメージ 8

 いきなりアイキャッチを持っていく勇気!

一十三の決意
 というのも、話は前後しますが、F討伐作戦が上手くいかないかもしれないと聞いた一十三が
 桐生抜きで「F」討伐に動いてしまったからなのです。

 嫌……、だったはずなのにね

 放置しておけば、F側が勝利し「精霊戦争が終わる」かもしれない。
 もし、そうなったら桐生が嫌がる
※異能バトルが終わる。

 かといって彼は乗り気じゃないから、一十三は自分たちだけの力で、Fを潰そうと決意する

リーティア『あんた、ホントにハジメが好きよね?』

一十三『な、なな何言ってのよ! 私はあんな男なんか全然っ!』

イメージ 6

 桐生一が好きな一十三(ヒトミ)は、桐生の為に、火中の栗を拾おうと決意。
 それを聞かされ、桐生もまた現場に戻った、と。

 ラブい。

奈津 愛希『あんな、“勝つ為だけの異能者”が存在していいはずが無い…っ!』

イメージ 10

イメージ 11

 かいぶつだー!

■“システム”
 実際、Fのアジトに潜入した一十三達は連戦連勝、メンバーを片っ端から叩き潰していったものの
 彼らの切り札、「システム」の部屋に踏み込むと
 そこはズタズタになっていた。

 逃げ、ても、無駄かなぁ……?

 解析系の異能者、愛希が戦慄するほど強力な異能、見た目は幼女/能力は最強!
 システムに襲われ、あわや全滅……?

 にしても「見ただけで解析」と聞くと工藤会長の「強欲」ってラスボス級だなーと思います。

桐生『異能バトルの心得、その1―――、いかなる状況でも目を閉じるな!』

『幸運も不運も、見逃すな!』

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

 騎士道大原則が一つ!

事態一転/大団円
 が、実はシステムは「既に桐生と意気投合し、逆に、Fの異能者を殲滅しようとしていた」と判明。
 桐生さんマジぱねぇ。

 よーく聞け、野郎共! コイツ、今日から俺らの仲間にすっから!

 少年漫画か!
 敵を倒す為だけの「存在していいはずがない」異能者すら、あっさり仲間にしてのける桐生。

 これには仲間も苦笑いであった――――。

芥川 柳『ボク、もう先帰っていいかな……』

桐生『芥川! てめえはちゃんと働け、帰っていいのは俺だけだ! 眠くてよ?』

イメージ 1

 桐生一、実はシステムと戦い重傷を負っていたらしい。

傷痕
 ちょうどソフトキャンディを持ってたから、とハラペコだった「システム」を仲間にした桐生。
 が、それは建前のようなもので、実は死闘を繰り広げてたらしい。
 部屋ボロボロですし。

 中二病全開ながら、仲間の為には命を懸け、しかもそれを隠そうとする男気。寿来とそっくりである。

一十三『だから言ったでしょ? カラコンつけたまま寝るな、って。自業自得!』

桐生『あーあ、こんなことなら、治癒系の能力者を仲間にしとくんだったなぁ』

イメージ 17

イメージ 18

 そして数週間後、このネコミミみたいなのが「システム」?

グダグダだ!
 で、前回ラストで鳩子をさらった理由は、桐生のものもらいを治すためだったと判明する―――。
 もう色んな意味で、グッダグダじゃないか!
 しかも人間違いじゃないか!

 ああ、アイツらの誰かが都合よく覚醒して、この子を奪還してくれねーかなー。

 鳩子を治癒術だと勘違いしたものの、実は人間違いだった、と。
 まあ回復術とか使いそうだし仕方ないね!

 グダグダだー!

彩弓『―――困りましたね、私たちは5人揃って文芸部だというのに』

『一人でも欠けてしまったら、あるべき姿ではありませんっ!』

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

 彩弓さんのポーズかっけぇ! 鳩子ちゃんかわいい!

~そしてご都合へ~
 彩弓の進化は、やはり「彼女があるべきだと思う姿へ戻す」効果を利用、拡大したものだった。
 戻ってきた鳩子、そして寿来は、あっさりと和解する。

 というか既に前回、互いが「問題と思っている事」を内面で解決ずみ

 寿来は「鳩子に負担をかけていた」事
 鳩子は、中二病を理解しない事は、寿来に対して悪い事だ」という自己嫌悪を払拭済み。

 灯代も、「引き止めた理由は、ラノベ作家を目指して、彼に相談をしていただけ」とカミングアウト。

寿来(中二病)『―――俺には、お前が必要だ……!』

鳩子『うん、良いよ?』

イメージ 22

イメージ 23

 じゅー君の中二病は、照れ隠しにも応用できる!

それでも一緒に
 寿来は、自分の話をニコニコ笑って聞いていてくれたのがずっと嬉しかった事
 だからこれからも一緒に居て欲しい、と。

 そんな思いを、照れ隠し気味に中二病で誤魔化し、告げる寿来!

 鳩子は受け入れ、一件落着。
 しいて言うなら中二病を理解できない事」が鳩子の負担といえばそう。

 でも一番の負担だった「理解できないのは寿来に悪い」という罪悪感は消え、一件落着、と。

寿来『(温かい?)俺の手には、煉獄の業火が宿っているからなッ!』

鳩子『ううん……、じゅー君の手だから、あったかいんだよ?』

イメージ 24

 その際、幼い頃と同じように「温かい」と微笑む鳩子。
 照れるじゅー君がかわいい。

 しかし、小学生の時は「俺の腕には、黒竜が燃え盛っているからな!」で頷いた鳩子ですが
 今回は「じゅーくんだから」と訂正。

 鳩子、一歩だけ前へ。かわいい。

千冬『あんどー、そんな事より、これ開けて?』

寿来『あ、ああうん! 良いよ! ……あれ固いな? 諦めてたまるかー!』

イメージ 25

イメージ 26

 いや、うん確かに「仲間の為に覚醒した」けどさ!?

覚醒した
 なお、その後「仲間である千冬の為に」、限界を越えて力を振り絞った寿来
 能力がセカンドステージへ。

 寿来、仲間の為にポテチの袋を開けたいという熱い想いで、黒焔を進化させる―――――!

 グダグダじゃないか!
 グッダグダじゃあないかァ!!

 なお、寿来の予想以上に「どてらい異能」だったらしいですが、その詳細は次回っ!

一十三『でも、その子たちは“戦争”から隔離しとくんじゃなかったの?』

イメージ 16

 何故にジョジョ立ちなのか。ってか彩弓さんミョーに似合うな!

■真相
 また前後しますが、寿来たちが「異能」に目覚めても戦いに巻き込まれなかった理由は
 桐生たちが、敢えて隔離していたからだ、と判明。

 覚醒後、半年経っても何も起きなかった真相がいま明らかに!

 逆に言えば、桐生たちの弱点として、彼らの敵に狙われる可能性もありますが、はてさて。

予告『明日に迫るは期末試験!』『それが終われば夏休み!』

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 3

イメージ 13

 今週、キルラキルを思い出すバトル作画でしたね! ハジメ君カッコイイ!

視聴者も根気が大事
 前回、めっちゃ気になるところで続きつつ、傍目には全く無関係な場面からスタートという暴挙回!
 ですが実は、今までの物語の「背景」となっていた
 大切なお話だった、と。

 彼らの話を聞く限り、異能も「精霊戦争」の為に付与された、なら間もなく消え去るのか……?

 次回は、鳩子と灯代の宣戦布告っぽい雰囲気もありますし
 いよいよラストが近付いてきた!

 次回、第9話「布告 -ガールズアプローチ-」


■制作スタジオさんが同じ
 キルラキル 放映終了、感想まとめ