GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

異能バトルは日常系のなかで 第7話「覚醒 -ジャガーノートオン-」感想。鳩子のもっともすぎる追及、雨降れど地は固まるか?

鳩子の追及、静夢の冷たい指摘が辛い。お兄さんってば何企んでるの!?

イメージ 22

イメージ 13

 前々から感じさせていた、寿来と鳩子のギャップが爆発、鳩子ちゃんの言葉が耳に痛い。
 寿来の悪友、金髪少年の静夢くんも冷たい指摘を。
 ごもっとも過ぎる………。

 解んない解んない解んないっ! じゅー君のいう事は、昔っから何一つこれっぽっちも解んないんだよ!

中二病兄妹の指摘
 鳩子の爆発と静夢の指摘、寿来と噛み合わなくてイラついていたのも紛れも無い真実。
 でもそれは、もっと寿来を理解したいからこそ。

 そもそもイヤだったら一緒に居ない、一緒に居たいから苛立ってた

 寿来は幸せですし
 だからこそ、鳩子ちゃんには彼と幸せになって欲しい回。次回も合わせて「解決」が楽しみすぎる!

『姉ちゃん、鳩子にメシ作らせる気かよ!』『だって絶対旨いだろっ!!』

イメージ 2

 真智ねーちゃん初登場! 大学生らしい。

矛盾、矛盾、ああ矛盾
 中二の事は解らないけれど、それ以外の事なら、自分が寿来を一番知ってると自負していた鳩子は
 寿来が、中二を理解できない自分より「灯代」を優先していると感じ
 二人の「秘密」に動揺、感情を爆発させる。

 癇癪を起こし走り去った鳩子、それを「鳩子が愛想を尽かしたからだ」と断言され、寿来も戸惑う。

 だが鳩子は、灯代の兄に「理解されない事もまた、中二病には嬉しいのだ」
 寿来も灯代に「嫌いなら、最初からそばにいない」
 二者二様に指摘される。

 二人は気持ちを持ち直すが、直後、灯代の兄「桐生一」は仲間と共に鳩子を連れ去ってしまう

 次回、第8話「戦争 -ホルムガングバトル-」

幼・寿来『バーカ、お前の隠れそうなところくらい、すぐ解んだよ』

イメージ 1

 小学校の頃から中二病だったのか……!

大失敗な思い出
 小学校の頃、ズレた鳩子は「学校の火災ベル」を押してしまい、学校中を騒ぎにしてしまった事があった。
 その時ヒーローのように現れて、一緒に謝ってくれた寿来を思い出す。

 なに笑ってんだよ。誤りに行くんだから、申し訳なさそうな態度になっとけっ!

 一から十まで察してくれて
 一緒に謝る、と手を差し出してくれた寿来。

 対する鳩子の反応もズレてますが、どんだけ幸せだったろうか! 子供の頃からヒーローかよ!

『ねぇねぇじゅーくんっ! 食べたいものとかあるっ?』『何でも良いよ』

鳩子『むぅー! 何でもいい、が一番困るんだよっ!』

イメージ 3

イメージ 4

 寿来は「迷惑だろーなー」と思ってるのに、鳩子はウェルカム! この深刻なギャップ!!

「幸せな時間」と、そのお終い
 ある日、寿来から「夕飯」を頼まれた鳩子はウキウキとしていた。
 が、寿来は放課後、ちょっと灯代と残ると言い出し
 鳩子の顔を曇らせる。

 解りましたぁ! テーマは“リアリティの追求”だねっ!

 寿来側の原因は「文芸部活動」なんですが、その際、鳩子ちゃんが選んだテーマもポイントなのかも。
 ぽやっとしているけれど、文学的にはリアリティ重視タイプ。

 寿来の言葉にピンと来てないケースが多い彼女ですが、そもそも嗜好自体が違うという。

中学時代『―――全然進まなくて、けっきょく、読めなくて……』

中学寿来『そっか……、やっぱ解んねえか…』

イメージ 5

 寿来にこんな顔させたら、そら「出来るだけ理解しよう」って思いたくなりますわ。うん。

ライトノベル
 中学時代も、寿来に進められたラノベが全く理解できず、彼を残念がらせた事があった。
 そのツボが理解できないのだ。

 理解できないところばかりで、物語に入り込めない、楽しめない。

 誰にでもある、理解できない分野のお話。
 鳩子はそれがラノベだった。

 中学生時代の二人が可愛い! けれど「今の状況」に被せ、思い出してしまう鳩子。

寿来『話ってのは、さっきの創作活動のことだよ』

イメージ 6

 現在時刻! ただの時報じゃねえか!!

プライドの空回り
 一方、寿来が灯代と残ったのは「灯代が秘密にしている、ラノベ作家の夢」を共有しているから。
 灯代の秘密を守る為に、敢えて何も言えなかった。

 スランプじゃないわ、実力不足! 自分の無能を棚に上げて「スランプ」って言葉を言い訳に使いたくないわ!

 灯代の意地っ張りなところと、ちょうど行き詰ってたののダブルパンチ!
 で、文芸部での「創作」が上手くいかなかった、と。

 灯代の骨っぽさ
 彼女のやる気を引き出す寿来が素敵ですが、かくして時間が過ぎちゃう訳で……。

鳩子『大丈夫、もうすぐ出来るから、のんびり待っててくださいな♪』

イメージ 7

 一方、寿来が遅い=灯代と何を長話していたのか、と不安になりつつも楽しげな鳩子。
 のんびり待っててくださいな♪
 が可愛すぎる!

 オープニングの料理シーンもそうですが、ほわっとした動きが可愛すぎる。

鳩子『教えてよ~』

寿来『だから言ってもしょうがねえって、どうせお前には解んねえだろっ』

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

 寿来、言っちゃったー! cv早見さんの徐々に爆発する感じがスゴかった……。

解んないよ!
 帰宅後も、部室の続きと「アドバイス」を欲しがった灯代と、LINEを始める寿来
 彼にしてみれば、それは秘密だったのだけれど…

 解んない解んない解んないっ! じゅー君のいう事は、昔っから何一つこれっぽっちも解んないんだよ!'

 積もり積もったものに
 鳩子は、中二病全てが解らないと爆発してしまう。

 すいませんホントすみませんとしか言いようの無い、cv早見さんの超爆発台詞!! すみません!

 でも全部わざわざ覚えている辺り
 ずっと理解しようと試み、考えに考えたとしか思えず、ホント鳩子ちゃん良い子すぎる………。

小学校時代の寿来『あいつ、どこ行ったんだよぉ!』

イメージ 16

 再び回想、冒頭と同じ「小学校時代」だけれど、実はメチャクチャ探し回った末だった、と。
 じゅー君の強がりがカッコよすぎて惚れる。
 そりゃ惚れるよ。

 廊下、図書館、屋上と駆け回る寿来。

 子供の頃から、鳩子ちゃん本の虫だったんですね。
 真っ先に図書室行ったみたいですし。

 ていうか屋上まで行ったって事は、屋上から一番下の階まで駆け下りたのか。頑張り過ぎィ!

寿来『待てよ相模! ストレスとか悩みとか、あいつはそういうのとは無縁な奴で』

静夢『おいおい安藤? そんな奴が現実にいる訳ないだろ?』

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

 この二人は仲が良くないって、ガチだったのかよ!

寿来、ヘシ折れる
 昔を思い出しつつ探し回った寿来は、静夢に決定的な「分析」を聞かされる。
 そもそも、鳩子はずっとストレスを溜めていた
 かみ合っていなかった、と。

 ま、一言でまとめちゃうなら、鳩子ちゃんが安藤に愛想を尽かした、それだけの事だよ――――。

 ずっと中二の話題を振ってきた
 けれど、鳩子は困惑し、客観視していた静夢に「それは迷惑だった」と言い切られた。

 鳩子は自分に嫌気がさしていて、決定打となったのだと、寿来自身、結論せざるを得なかった。

寿来『そうか、初めてなんだ……、“鳩子が傍に居ない”のが』

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

 同じく客観視していた灯代、熱いビンタ説教。

とても根本的な事
 後悔し、心配し弱りきった寿来は「ただ、鳩子と楽しみを共有したかっただけ」だと呟く。
 だが彼の後悔が、自分と一緒に居るのは辛かったのかに至り
 灯代の方も炸裂した!

 アンタと居る時、いっつもニコニコ笑ってたじゃない、あの笑顔がウソな訳ないじゃないっ!!

 イヤなら傍に居続ける訳がない
 自虐のあまり、鳩子への侮辱にすら陥りかかっていた寿来を、灯代は叱り飛ばす。

 憶測だけで勝手に落ち込んでんじゃないわよ!

 元はといえば、対話不足で始まったトラブルを、対話せずに終わらせて良いはずが無いのだから。

桐生一『結論から言うと、お嬢ちゃんの悩みはただの“罪悪感”だ』

『理解できない自分を恥じ、理解してあげられないのを申し訳なく思っている』

イメージ 20

イメージ 24

 なんでこの人、こんなに的確なんだ!?

冷静で的確で中二病
 一方、灯代の兄・桐生一を介して、鳩子自身も「寿来が迷惑だった訳じゃない」と語られる。
 彼女が怒ったのは、逆に理解したかったからなのだ。
 出来ないのが悲しかったのだ。

 そう簡単に理解されちゃいけない、万人に受け入れられるようなら、それは中二でも何でもねえ

 しかし桐生は、だからこそ「中二」の寿来には不可欠だと指摘する。
 理解されないという「一般の視点」が欲しい

 鳩子の存在は、寿来にとって不可欠だ。

 見ず知らずの眼帯マンの言葉だったが、自分たちを理解したその言葉に、鳩子は深い感謝を覚える。

桐生一『なあ、お嬢ちゃん。人間の幸せって何だと思う?』

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

 元文学部・桐生一、やはり「彼ら」も異能所持者か。

それが愛でしょう
 やがて桐生は、人の幸福とは「選ばれること」だという持論を述べ
 鳩子は深く得心する。

 そうか、私はただ、じゅー君に選んで欲しかったんだな………。

 オチは噛み合わない鳩子と桐生。
 最近、「何かと寿来が灯代を優先している」と感じ、自分が癇癪を起こしてしまっただけだと納得した。

 だが持論を披露し終えた桐生は、集った六人の仲間と共に鳩子をさらってしまう。

 第一話では「会長を焚きつけて文芸部を襲わせた」桐生、永い刻を経て、彼らとの斗いが始まる!

寿来『(人を探す異能)………、そうか! 今こそ俺が覚醒すれば!!』

彩弓『“黒焔”が覚醒しても意味はありません』

イメージ 30

イメージ 31

 ひどいわ!

ネクストステージッ!
 一方、そんな事なぞ露知らない文芸部の面々は、通常方法での探索を諦め、手段を模索する!
 彩弓が断言したのは、“始原”のランクアップだった!

 ですから、今回は私が覚醒します!

 彩弓が認識している「あるべき姿」へと対象を戻す異能、ルート・オブ・オリジン!
 人、物だけでない、新たな原状回復!?

 前回の寿来の言葉「覚醒します!」を華麗に引き継ぎ、彩弓さんが言い出した覚醒とは!?

予告鳩子&千冬『異能のケンカは、もっと良くないよねっ?』

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 7

 対話不足が生んだトラブルなら、対話で解決されてこそ!

覚醒めぬ想い
 寿来の中二病が迷惑なのかと思いきや、それを理解できない自分を責めていたというオチ。
 相模静夢の冷たく、冷静な指摘とはある面で真逆に
 ぜんぶ愛のせいじゃないですかー!

 ジャガーノート=止められぬ巨大な力そのままに、止まらぬ想いを炸裂させる鳩子!!

 丸く収まるかと思いきや
 中二病お兄ちゃんズが「ガチ異能持ち」と判明、その乱入で混迷の一途を辿る物語!

 次回、第8話「戦争 -ホルムガングバトル-」

 これはアレだ!
 最後のオチで「原因は自分だ」と、寿来と一緒に謝るオチしか無いなッ!!


■制作スタジオさんが同じ
 キルラキル 放映終了、感想まとめ