GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

ガンダム Gのレコンギスタ 第8話「父と母とマスクと」感想、目がくらむ程に覆す真相。マスク先輩の熱い決意!

技術封印を謳い、自らは宇宙開発を進める「スコード教」。ベルリ母、曇る

イメージ 24

イメージ 1

 発展を禁じ、現世紀を管理しているはずの宗教本拠地が、実はメチャクチャ宇宙開発してただと……!?
 真相に目がくらむベルリママ、冷静に的確にお帰り頂くスルガン総督
 二人の両親の対比、とってもイエスだった!

 クンタラにもプライドがある。今はそれを遂げさせてくれ!

■掴めプライド
 また、恋人が部下として現れて「ハッ」としても、「マスク」として対応するマスク大尉
 そのプライドには感じ入らざるを得ません。

 おおよ!

 とエールに応えるマスク大尉
 負けてなるか!という意思が溢れ、カッコ良かったと言わざるを得んな! あとマニィ可愛い!

ジャハナムは貴様が使って見せろ!』『ええ!?』

イメージ 2

 何故か笑えたやり取り、この後「ベルリにやれたなら!」と頑張った!!

■教義と不義
 スルガン総督じきじきの補給を受け、新型「トリッキーパック」を装着したG-セルフは応戦に出る。
 その猛威に抗い、マスク大尉は、部隊を半壊させつつも徹底攻勢したが
 トリッキーの不可思議な機能に撤退となった。

 恋人のマニィが補充兵として現れても、なお「マスクとして恥を雪ぐ」とマスクは言い切る。

 一方、愛息子にようやく会えたウィルミット・ゼナム運行長官
 意図せず、アメリア総監との国際会談に。

 彼女は技術抑制による平和を謳ってきたスコード教
 実は「禁忌」とした宇宙開発を自ら行い、キャピタル・タワーを壊そうとしている知らされてしまう。

 次回、第9話「メガファウナ南へ」

アイーダ『お父様っ!』

ベルリ『お父様ってアレ、アメリア軍の総監だろ? 一番偉い人のはずだ』

イメージ 3

 急激にBGMが平穏になり、何故か笑います。

■戦闘中の再会
 アーマーザガンが時間を稼いでくれている内に、ジャハナムが飛び、ベルリは補給に入った。
 アイーダの父の、スルガン総監が持ってきてくれたのだ。

「飛びましたよ!」
「トリッキー・パックだからな」

 意外や、倍するサイズの「アーマー」にも怯まず、マスク隊は戦闘を続けていた。
 さすが士気が高いのがマスクというもの!

 合間を縫い、新バックパックを得たベルリは再び舞う、トリッキーパックだからな!

ミック『カトンボ共に、AZの後ろへは行かせはしないが……、中尉は遅いでしょ!』

クリム『済まない! 単独飛行がなァッ!!』

イメージ 4

イメージ 5

 いきなり怒られるクリム!

■高度は大切
 戦線ではアーマーザガンが圧倒していたが、マスク部隊もひらひら交わし、致命とはならない!
 致命となったのは、ザガンと連携したモンテーロだった!

 格闘戦は高度が高いほうが圧勝するんだよッ!

 MAとMSの連係プレイに驚いたり
 下から来た、一目見て全く違うシルエットになったトリッキーに驚いたり、忙しいマスク!

 だが敵が下から来たという事は、上が有利という事だ!
 高度、大切!

 しかし「トリッキー」は、リフレクタ同様のビーム無効機構を持ち、マスクはビックリさせられる事となる。

ベルリ『バックパックが、ライフルの邪魔になるじゃないか!』

イメージ 6

 相対するベルも、「トリッキーがデカすぎてライフルで狙えないよ問題」が発生。
 これだから技術屋はアホなんだ!

 ビーム無効も、今度は限定的にしか使えないらしく、いきなりエグられる事となる。

 前と比べれば、パンチを受けても平気な頑丈さ!
 しかし、無効機能は劣化か。

 平気どころか、パンチを受けても投げ飛ばすとか、頑丈なアームを使ってるなトリッキーとかいうの!

ウィルミット『あの光は爆発…、あそこにベルがいるッ!』

イメージ 7

 大気圏降下グライダーを操りきったベルリママンだが、備え付けの水が古くてウゲェ!な場面も。
 ああ、このグライダーは技術遺産ですものね
 仕方ないね。

 しかし「あそこにベルがいる!」と確信する辺り、ただもんじゃないね!

 水を平和そうな顔で飲んだり、吐き出したり、確信したり、いちいち見逃せませんねベルリママン!

クリム『攻撃が雑だぞ! 取り逃がしているッ!』

ミック『中尉は文句を言ってるだろうけど! ビームが集中しない………』

イメージ 8

イメージ 9

 どうも、基盤がショートしたらしい。技術的にまだ安定していないのか。

■板ッペラが!
 クリムに怒られたミック・ジャックは、やむなくザガンを人型形態へと移行させる!
 ビームが安定しないなら、そこはそれぶん殴ればいい!
 ブン投げればいい!

 ナマイキなんだよ板っぺらが! 板っぺらなんてどっかへ行っちゃえ!

 クリム・ニックと、ミック・ジャックのコンビ!
 愉快ですね、語感的にも!

 ミックはテストパイロット気質らしく、こないだも新型機に乗って補給してくれましたよね。

『阻止できませんでした!』

スルガン総監『風船じゃ、無理だろ』

イメージ 10

イメージ 11

 人型でブースターを付けたエルフ・ブルック、超かっけぇ!

■風船じゃなあ……
 一方、高度を重視するマスク大尉に、部下がブースターを用意してくれた。
 しかしGは他所へ飛んでしまう。

 何だ、風船が!? 何だというのだぁぁぁぁぁぁ!

 それは、アイーダが「上空の飛行機(ベルリママ)」を見つけたのが原因だったが
 スルガン総督が巨大風船でサポート。

 風船じゃ無理だろ

 デカくても風船、マスク大尉は打ち散らしてしまう。うん、風船じゃ無理だね。パパ冷静。

マスク『フン! 落下する攻撃しか出来んくせに………。…!?』

『システムが殺されている!? 一時的な、…なんで島がある!?』

イメージ 13

イメージ 1

イメージ 14

 ベルが読み上げていた、「フラッシュアタック」とやらか!

「何の発作だ!?」
 ブースターを得たマスク大尉は海賊の雑兵を蹴散らすも
 Gのビーム無効に苦戦を強いられ、あまつさえ、謎の攻撃で「機体の制御が失われて」しまう!

 ああ、アイーダさん!?

 トリッキー怖い! 相手の機体を操縦不能にする機能があるらしい!
 大気圏上層への単独飛行も可能。

 マスクを行動不能にしたベルリは、アイーダが「やらかそうとしてる」と気付き、飛び上がってしまう!

 デカくて邪魔!
 だけどトリッキーはデカいだけの、強力な機能を有しているようですね。

アイーダ『機体が安定してくれれば、あんなモノは一発でッ!』

ベルリ『撃っちゃダメでしょぉ!?』

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

 スーパー大混乱タイム。

「母ァ!?」
 グライダーにいち早く気付いたアイーダだったが、機体を制御しきれず暴走していた。
 ようやく落ち着き、さあ落とすぞ!
 とドヤ顔を決める姫様!

 母さんなんです! 止めますっ!!

 が、ベルリに二回も制止され、ようやくテンションが収まった。
 無抵抗なグライダーを撃ち落そうとしていた。

 グライダーなんて何も出来ない……、私、本当に人殺しをするところだった……。

 主義主張で戦って殺すのではない、狂気に呑まれ無抵抗な相手を撃つ、それこそ「本当の人殺し」なのだ。

ベルリ『アルケイン、何であんな高度を飛んでたんですか?』

アイーダ『グライダー以外の敵の存在を、チェックしてました』

イメージ 18

 実は、単にアルケインを制御できずにフッ飛んでただけなのだが………。
 ウソをついちゃった♪
 が可愛い!

 戦闘の狂乱がとけ、カーヒルの痛みも遠のき始め、歳相応のいたずらっぽさを見せる姫。かわいい。

スルガン総監『確か、ネッタバルの国際会議以来ですな?』

ウィルミット・ゼナム運行長官『総監もお変わりなく』

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

 信じたものが、不義を働いていると見せ付けられる瞬間――――!

■覆す「写真」
 戦闘を終えたウィル・ゼナムは、アメリアの、こそこそとした軍事拡張策を非難する。
 だが、アメリアは「宇宙」を見て知ったのだ。

 これが「カシーバ・ミコシ」、そうで無いものが、ここ数年増えているのです――――。

 天体観測とは「禁忌」。
 その禁忌を悪用し、スコード教の本拠が「宇宙開発」を進めているとウィルは知らされる。

 技術発展を止めよと唱え、地球を平穏に治めるはずの宗教が…!

 その目のくらむほどの真相に、ウィルは冷静さを失い、ただただ帰ると言い募るばかりだった。

総監『“ヘルメスの薔薇”の設計図などとは、関係ありませんよ?』

イメージ 26

 アメリア軍は、その一番エラい総監いわく宇宙世紀の技術は、関係ない」と主張する。
 ただ、戦争相手の技術を拝借しているとは前置きしているので
 実際は使用しているのでしょう。

 自分らは禁忌破りなんてしてない、相手はやってるから、奪って拝借はしてますがね?

 という感じか。
 宇宙戦艦を建造して「禁忌破り」と怒られた時も、廃艦したとウソをつき、宇宙海賊に仕立てたらしい。

 ベルも無駄飯食ってたワケじゃなくて、しっかり調査していたとわかります。

アーミィ兵士『半分ヤられたんだってよ、クンタラらしいよねェ?』

アーミィ兵士『クンタラは、クンタラよ。ヒッハッハッ!』

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

 下層民ゆえ「実験台にされた」上、勝てなかった情けなさに、男泣きするマスク大尉……。

「自分もクンタラです!」
 一方、恋人のルイン達を探そうと髪を切り、前線に志願したマニィは「恋人」の姿を見る。
 悔しさに震える彼に、自分もクンタラと叫ぶマニィ。

 この敗戦の恥は、マスク大尉として果たさねばならない――――!

 ルイン先輩は、気分が高揚しているだけで「気が狂っている」訳ではないらしい。
 互いに恋人同士だと気付きつつ、兵として向き合う。

 クンタラにもプライドがある。今はそれを遂げさせてくれ!

 彼のプライドを尊重し、マスクと呼び応援するマニィ、力強く応えるマスク! カッコイイ!!

アイーダ『アーミィは、ゴンドワンから宇宙戦艦を借り出したんですよ?』

ベルリ『そうなんですか?』

イメージ 25

 一方、アーミィ部隊の戦艦がアメリアの仇敵、ゴンドワンから借りたもの」と話すアイーダ
 そこで何事か気付いたらしいが?

 キャピタル・タワーは大切な交通機関なのよ、宇宙から壊される事など絶対にない……!

 アメリアの主張は、スコード教がタワーを壊そうとしている事。
 だから、奪ってでも守る、という。

 敬虔な信徒であるベルリの母は、その主張と「事実」を示す写真にショックを受ける。

 事実上、地球を支配しながらも「地球との断絶」「宇宙開拓」を図るスコード教、その真意とは?

予告ベルリ『次回、見なけりゃ人生暗いぞっ?』

イメージ 12

イメージ 22

 アイキャッチでロングだったのに、いざ出てきたらショートというマニィ。可愛いという事だ!

コミカル母さんの絶望
 ベルリ恋しさのあまり、無茶してやらかして「真相」まで知ってしまったベルリママ。
 その示すものは、富野的には死亡フラグとも言えましょう。

 今週、全体にコミカルなノリで作画も可愛くカッコよく、特にエルフ・ブルックがカッコよくて堪らん!

 物語的にも、宇宙海賊とアメリアの動きは単なる技術欲や征服欲ではなく
 世界宗教の不義だった、という大きな動き
 教団の目的とは?

 次回、第9話「メガファウナ南へ」