GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

異能バトルは日常系のなかで 第6話「罪悪 -ヴァイスペナルティ-」感想、寿来と彩弓と異能の回。寿来、頼もしい!

メガネが可愛い! ほんのちょっと余裕、前に進み続ける事が大切な第6話!

イメージ 10

イメージ 23

 ちょっと意外なオチから、良い話となった高梨彩弓さん回。素敵なおばあちゃんだったんですね。 
 テンプレ的な「厳しい家庭だった」と前振りしつつ
 本当に奇麗な着地の回。

 立派な人間になりなさい。そうすればきっと“立派じゃなくてもいい”って言ってくれる人が現れるから。

異能と寿来
 第一話での「空白の半年間」と、何で異能でくだらないことばかりしているのか
 それは、本当は異能を恐れている気持ちの裏返し
 いい話だった………。

 ホント、異能バトルっていうか日常バトルですね! 恋愛物とも言う!

魔王で勇者な寿来『人と共に、生きて見たいと思っちまったんだよ!』

イメージ 2

 なんか学芸会が始まった!

■異能と寿来と後悔と
 寿来の誕生日、プレゼントに頑張りすぎた高梨彩弓が風邪に倒れてしまい、寿来は見舞いに行った。
 その時、彼は「彩弓が生徒会長にならなかった」事に疑問を持つ。

 寿来は自分のせいだと勘違いして誤るが、むしろ教えられたのだと彩弓は返した。

 十ヶ月前、工藤会長と同じように、異能という非日常に怯えていた彩弓
 寿来のわがままで、「試合」をはじめてしまい
 そして彼の考えを知ったのだ。

 異能という非日常を、せめて楽しみ、精一杯前向きに過ごそうとする寿来。
 けれど今度は、日常からのトラブルが寿来を襲う。

 次回、第7話「覚醒 -ジャガーノートオン-」

寿来『――――すっげー! 何この神ゲー!?』

『『『『お誕生日おめでとうっ!』』』』

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

 なんという愛され系主人公。

■誕生会、そして
 オープニングを略して始まった、唐突な寿来たちの学芸会!
 かと思いきや、彼の誕生日プレゼントとして、文芸部女子が頑張って作ったゲームだったらしい。

 泣いてねえし!

 感涙する彼を見ていると、そら作ってあげたくなるよねー。
 そんな話。

 しかし、製作の多くを高梨彩弓が受け持った為か、風邪で倒れてしまい………。

彩弓『あ、あと……、あんまりじろじろ見ないでください』

寿来『―――初めて見ましたけど、眼鏡似合いますね?』

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

 普段はキリッとしてるけど、こっちはくつろいでる感じで可愛い。

■妹は嵐のように
 代表として見舞いにいった寿来は、豪邸にしり込みしつつ、寝巻き姿の先輩と出会う。
 いわく、「妹の寝巻きを借りてるだけ」とは言ってましたが
 体格的に私物っぽいですよね。

 さゆ姉が、オトコ連れこんでるぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅっ!

 そこに、見舞い品を持った妹が乱入
 そして退場。

 やっぱり、彼女の家にきたら、卒業アルバム見ないとね♪

 寿来くんをカレシと勘違いして大暴れしましたが、なんつうハイテンションな妹……。これは可愛い。

寿来『びっくりするくらい似てないですね……』

彩弓『よく言われます…』

イメージ 11

 妹さん、効果音がいちいちデストロイすぎて笑うしかないですね!
 元気そうってレベルじゃねえ!

 見かけはミニ彩弓さんって感じですけど、キャラはえらい違うという。

彩弓『おばあさまがご存命だったならば、どう思うやら……』

『――――“立派な人間になりなさい”。おばあさまはよくそう言っていました』

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

 寿来くん、きちんきちんと言葉に応えるところが好き。

■寿来と地雷
 いわく、彩弓さんは厳格な祖母に育てられ、「立派な人間になりなさい」と言われてきた。
 どこか大人びた印象は、その言葉に応えようとした為。

 生徒会長だったんですか! 向いてそうですものね~、何で高校じゃ入らなかったんですか?

 が、生徒会だった件に触れると、急にトーンダウン。
 薬で眠くなったので帰って欲しいと。

 中学の頃から大人っぽかったに苦そうな顔をする辺り、ホントはもっと可愛いのが好きなのでしょうか。

安藤『―――あの後、彩弓さんの様子って、どうだった?』

高梨舞矢『どうって…? あれぇ~、安藤さん、さゆ姉と何かありましたぁ?』

イメージ 1

イメージ 17

 ふふーん♪顔の妹さん可愛い、って会長久々の出番だ!

■生徒会長
 翌日、彩弓が「私用」で部活を休んだ事を気に病んだ安藤は
 たまたま舞矢が電話してきたのをきっかけに、彩弓が「生徒会長」にこだわっていた事を知る。

 異能だよ。高梨さんは、生徒会長になるよりも、お前たち文芸部の絆を優先したんじゃないのか?

 と共に、彩弓は「なろうとしなかったのだ」と工藤会長に示唆され
 自分のせいだと駆け出した。

 高校での生徒会長選直前、彼女を異能に縛り付けたのは寿来なのだから。

寿来『俺が“異能を消したくない”なんて言い張らなければ……!』

イメージ 6

イメージ 18

 実は、十ヶ月前、彩弓が「あるべき形に戻す」異能によって、みんなを異能がない状態に戻そうと主張し
 反対する寿来と勝負になった末、「戻せない」と判明した。
 異能を消せない、と確定させてしまった。

 寿来は、あの時、自分がもっと上手く立ち回り、異能を消す方法を探していれば?と後悔する。

 何より、消さなくてもいいから、一緒に異能を楽しみましょうと誘ったのは寿来だ。
 自分は「彩弓を異能に縛り付けてしまった」のだ。

 寿来は良かれと思ってやった、その自分のバカさ加減を強く後悔する。

彩弓『―――結局、自己満足の為に、生徒会長をやろうとしていただけなんです』

『そんな人間が、生徒会長に相応しいはずがありません』

イメージ 19

イメージ 20

 しかし寿来の見当違いで、彩弓は「ホントに体調を崩し」「ホントに私用で休んでいた」と判明

 中学時代、生徒会長として「失敗」したのは
 自分のやり方を他人に強いて、周りを見ていなかっただけだと理解していた。

 自分が悪いのだから、高校で生徒会をやろうなんて、その「やり直し」を求めているだけだ。

 そう気付かされたから、もう執着は無いと明かす。

彩弓『恨めるはずがないでしょう?』

『(安藤君の、あんなにも優しいたくらみを――――)』

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

 十ヶ月前、何事にも厳格な彩弓は、自分と仲間の異能を恐れて消し去ろうとした。
 が、彩弓では「消せない」事が判明してしまい
 ますます自分を追い詰めてしまう。

「始原」を使えば、いつでも異能を消せる。その可能性を残しておきたかったんです――――。

 そんな中、寿来が本心では異能を怖がり、出来るだけ負担を軽くしようとしていた
 おどけて、ただのワガママにしようとしていたと知る

 遊べばいいじゃないですか、異能を使って、何か楽しいことしましょうよ♪

 そんな寿来に、自分がいかに近視眼的だったか
 ひいては「高校で生徒会長になろう」とした自分の浅さも、彼女は思い知らされたのだ。

彩弓『こっけいな話です、こんな私のどこが立派だというのか……』

寿来『―――立派じゃなくたって、良いじゃないですか』

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

 おばあさん、厳格だけど優しい人だったのね……。

■克己心
 正しくあろうとするあまり、自分を卑下してしまう彩弓
 それが暗かった本当の理由だったが、でも彩弓は、決して努力を怠っている訳じゃない
 それを寿来は知っている。

 立派な人間になりなさい。そうすればきっと“立派じゃなくてもいい”って言ってくれる人が現れるから。

 寿来の言葉は、意図せず「祖母が予見した」言葉そのまま。
 だから彩弓は驚いたのだ。

 高く叶わない目標だと思っても、挑み続ける事の大切さ。

 努力をしない者への慰めではなく
 努力し続ける者へ、賞賛、ねぎらいをこめて言ってくれる理解者が、きっと現れる、と。

彩弓『なれなかったとしても、なろうとする意思は無駄な事ではないはずです』

寿来『俺、女だったら彩弓さんに惚れてたかもしれませんっ!』

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

 寿来が「似合う」と褒めてくれた眼鏡姿で、姿見を見つめる彩弓。乙女だ……。

■男前な乙女心
 傍らに理解者がいてくれる事ほど、挑戦者にとって嬉しいものはない。
 でも、その格好良すぎる「挑戦する意思」
 寿来は「男前だ」と褒める。

 やれやれ、私があなたに教える事もまだまだありそうですね――――。たとえば……。

 そこで、口にしないのが女心。
 解っとるのか寿来君!

 基本、理解力の高い少年ながら、女心にだけは極端に鈍感!

 もういっそ押し倒せ彩弓先輩!

予告彩弓&鳩子『ふとしたことで、過ちに気付く事ってありますよね?』

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 13

 オープニングの眼鏡彩弓さんが可愛いと思ったら、それを寿来君が褒める流れだったのか!

鳩子と「過ち」
 普段、余裕と強キャラの風格を持っていた彩弓先輩、それは彼女が強くあろうとしていたから。
 そのあまり、周囲を見渡す余裕を持てず
 寿来に教えられたのだ、と。

 寿来と彩弓さんの過去篇を挟みつつ、高みを目指し続ける大切さを説いた第6話!

 こういう人って好きですし
 報われて欲しいと思ってしまいますよね。

 そして次回は、幼い頃から寿来の傍に居たけれど、ある意味で「努力を怠っていた」というか
 諦めムードを持っていた鳩子さんの回!

 次回、第7話「覚醒 -ジャガーノートオン-」

 吼えろ!
 鈍感男は盛大に困らせてやれ! それが乙女の特権だ!!


■制作スタジオさんが同じ
 キルラキル 放映終了、感想まとめ