GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

棺姫のチャイカ AB 第6話「狂気の城」感想、カタコト祭り開催!彼女らも「チャイカ」らしい

ニーヴァもカタコト、国王の毒婦姉妹もチャイカ、変わり果てたジレット

イメージ 14

イメージ 1

 ニーヴァもカタコト、チャイカと話すシーンがちょっとカオスで可愛いなー、と思ってたら裏切った!?
 毒婦姉妹アリーナ&イリーナはチャイカジレット隊長の生存も確定!
 役者は揃った!

 でも、お前の気が済むまでやればいい――――。俺は、最後まで付き合うと決めたんだ。

トール、決意
 この台詞、やっぱりトール君って、サバターらしくないですね。
 今までの話を聞くに、「卑怯で勝利最優先、主の道具に徹する兵士」って感じらしいですが。

 てな訳で、次回、“トール君をサバター失格といいきった兄弟子”と対決か!

英雄のリーダー『アリーナ、イリーナ、案ずるな。武芸大会を止めはしない』

イメージ 2

 注進の言葉を、全く聞き入れない英雄……。

■ギィとニーヴァ
 ガズ皇帝を弔う心が強く焼きついたチャイカは、旅を続け、トールもまた最後まで見届けると誓う。
 危険を承知で、ギィが勧めた「遺体を賭けた殺し合い」が催される街
 ハルトゲン公の居城へ向かう。

 勝者には「職と賞金」、戦後食い詰めた戦士たちが集うハルトゲン公爵領。

 その血なまぐささに戦慄しつつ
 チャイカ、紅チャイカ、そしてヴィヴィ・チャイカジレット隊が集う。

 黒いチャイカ姉妹に促されたハルトゲン公は「大会」を続け、また、ギィはニーヴァを連れ去ってしまう。

 次回、第7話「黒い思惑」

チャイカ『海の幸、豊富っ!』

アキュラ兄妹『そろそろ良いぞ』『食べごろか』

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

 一方、フレドリカは聞き流し、殻ごと貝をむさぼっていた。

「気に入らねえ!」
 早くも海に適応した兄様とアカリは、新鮮な魚介類を調達、直火調理で堪能していた。
 が、目的を達成した彼らの元に「ギィ」が現れる。

 キミ達が手に入れたんだね?

 遺体を集めさせようとし、今回は「遺産の奪取」を促したギィは、皇帝の意志で動いているのか?
 にしては、開発者イズマッシュに根回しなかったり
 行動が怪しい?

 それはそれとして、「生き物・兼・ガンド」という事で、モリモリ食べるニーヴァかわいい。

ニーヴァ『貝、所望』

チャイカ『調理中っ。少々待機!』

イメージ 6

 にしてもニーヴァ、何故チャイカに要求するの!? チャイカのガンドだから!?
 チャイカもほいほい調理するんじゃありません!
 どっちが主なんだか!

レオナルド『お前ら、ガズ帝国の者か!』

キリル『だったら、どうだッ!』

イメージ 7

 ジレット隊のレオ君と同じ、兵器として生まれた人種。

ジレット隊の追撃
 一足遅く「遺産の島」にたどり着いたジレット隊は、キリルとウルスラと遭遇。
 あのチャイカが、超強力なガンドと「燃料」を手にしたと知り
 戦乱の発生を危惧する。

 戻るつもりは無い。大陸には居場所が無いからな……、俺たちのことは、もう放っておいてくれ。

 また、戦の為に生み出され、いまや大陸では差別されるだけの「亜人兵」二人は森へ消えた。
 辺鄙で何もない島、それでも差別されるよりマシだと。

 同じ亜人のレオ君には、複雑なシーン。

トール『遺体を集めて何になるのか、お前が迷う気持ちは分かってる―――』

『でも、お前の気が済むまでやればいい。俺は、最後まで付き合うと決めたんだ』

イメージ 8

イメージ 9

 トール、男前!

■気が済むまで
 以前、遺産探しを危険だと反対した結果、更にとんでもない事になってしまった。
 その結果を踏まえてか、トールは腹をくくったようだ。

 集めたその先に、何があるのかは解らねえ――――

 たとえ不合理な選択でも
 それが、チャイカが心から望む選択なら、もう最後まで付き合ってやるとトールは促す。

 トール、男前! 男前!

 人非人の合理主義野郎!くらいに言われるサバターなのに、非合理を貫くトール、男前!

アカリ『ただいまだ、兄様。軟体生物を大量に捕獲してきたぞ』

『兄様お求めの軟体生物も捕らえてきた』

トール『乗せてどうすんだよ!?』

アカリ『乗せたほうが男らしいという事がわからんかッ!』

イメージ 1

 その後、アカリさんによる冷静で的確なラブコメクラッシャーが発動。軟体生物が! 軟体生物が!
 何この謎の軟体生物押し!?

 味は不明だが、問題ない。酸味を加えてぶつ切りにするが良かろう!

 ナマコの酢の物だと……!?
 アカリ、海なんか見たこと無いって言ってたのに、ナマコの食い方よく知ってるじゃねェか!

 乗せたほうが男らしいという事が解らんか!

 解んねーよ! ものっそい逆切れしてて堪りません。やっぱアカリさんのノリ好きだわー。

ダヴィード『こりゃ、城壁の中自体が戦場って事かッ!』

イメージ 10

イメージ 20

 どんどん柔らかくなっている紅。しかし。

狂気の城
 一足先に「ハルトゲン城」に到着した紅一行、そこは武道大会とは名ばかりの殺し合いだった。
 元々「武を奨励する」国柄だが、終戦以来変わってしまったらしい。

 俺の心配より、自分の目的を考えろ! 賞品の遺体を頂戴して、あの白い子の全部頂くんだろ?

 船が沈没した際の傷を、未だ引きずるダヴィード
 心配する優しさが生まれた紅。

 まだ「沈没」から一週間と経ってませんし、別に不自然ではありません
 が、ダヴィさんの死亡フラグに見えてならん……。

 終戦で行き場をなくし、今は紅を見守り続けるダヴィさん、いつ死んでも良いとか思ってそうで怖い。

ハルトゲン公『武芸大会の事なら、中止は出来かねる』

『ついでに言えば、“遺体”を返還する気もない』

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 21

 すぐそこに隊長がいるのにね……。

ジレット隊の窮地
 同じく、ハルトゲンに踏み込んだジレットは、ニコライとヴィヴィは身分を隠し武芸大会へ
 残ったメンバーは公的な面談、隠密の情報収集に励んだ。

「どうなってるんだ……!」「まともじゃないわっ!」

 その感想は、奇しくも紅一行と同じ。
 また、「連合国の使者」として面談したマテウスとズィータは、武装した部隊に囲まれる。

 その際「アリーナ、イリーナ」の姉妹を、マテウス黒いチャイカと評した。

黒いチャイカの姉妹、「生肉」を食らう

イメージ 16

 黒チャイカらしき女性が、無言で嬉しげに「食事する」シーンが映りますが、調理もせぬ生肉状態。
 というか、この毒婦二人は「意図的に殺し合いをさせている」訳で
 なら、この「肉」はもしかして……。

 彼女たちは「遺体に釣られ、他のチャイカが遺体を持ってやってくる」と踏んでいる模様。

 遺体狙いなのは間違いありませんが、マトモじゃなさそうですね。

ギィ『そうか、記憶が無いんだなったな?』

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

 ギィに助けられるシーン、軽いホラー。

■名誉なきキャヴァリア
 一方、粗暴で平気で殺人を行うよう成り果てたジレット隊長、やはり記憶を失っていた。
 彼をギィが助けたのは、憎悪を抱いているからだという。

 ジレット平和の為に戦ったが、その「平和」を主導する国家は、彼の部下を見殺しにしようとした。

 あの一件を始め、平穏な世の中ジレットは不満、疑問、歪みを感じていた。
 その様をして「この世界で生きられない証」と称し
 だから助けたのだ、と。

 逆に言えば、ギィも「今の世界に生きられない」男なのだと思われますが……?

ニーヴァ『人物に非ず、私、ガンド』

チャイカ『大差なし! ニーヴァ、人格ありっ!』

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 25

 自分も「道具」と言い切られたチャイカ、その優しい言葉。

■参戦
 同じくチャイカ一行も、ジレットジレット隊、紅チャイカに黒チャイカが集う魔都に来場!
 と言っても、まず「遺体」を盗み出してやろう
 って辺りがトール君らしい。

 大会はあくまで建前、中に入って盗み出してやろう!というトール。さすが兄様、外道!!

 チャイカとニーヴァが片言したり
 ニーヴァにフラグが立ったり、フレドリカが猫だったり。

 他参加者に奇襲されるどころか、やられる前に奇襲し返すとか流石過ぎですお兄様!!

トール『深いところか、行けるところまで行ってみる』

『出来るなら奪う! そしたら、こんな下らねえ大会に出る必要ねえだろ』

イメージ 22

 チャイカ「探査する者<ロケーター>」の魔法で、地下深くなのは探知できた。
 アキュラ兄妹は、さっそく奪取を試みる。
 おお、なんか一話を思い出す!

 トール、アカリ、慎重さ、とても大切

 ザ・ニンジャの本領を発揮しようとするアキュラ兄妹に、付いていけないチャイカ、心配する。

ギィ『“この子をここまで連れてくる”のは、君たちの役目の一つだ』

ニーヴァ『自主的了承』

イメージ 23

イメージ 24

 しかし、その帰り道「ニーヴァが、ギィに自主的に連れ去られる」姿を目撃し、さらに慌てる!
 元々「ハルトゲンまで連れてこさせる」のが目的!?

 ニーヴァの反応的に、やっぱりギィは皇帝の意思なのか?

 止める術もなく、チャイカはただ見送るばかり―――。ギィは、黒チャイカに使わせる気なのか?

予告『場内、荒くれ男大勢、筋肉いっぱい! 殺気充満!?』

イメージ 3

イメージ 6

イメージ 12

 チャイカとニーヴァ、スーパー片言劇場。うわぁ癖になる!?

■また片言か!
 視聴者の片言萌えを目覚めさせるファンタジーアニメ棺姫のチャイカにさらなる片言!?
 が、そのニーヴァが早くも裏切ったというか
 元々、意思が無いというか。

 自分を「道具」と自認する生きたガンド、ニーヴァ・ラーダ。

 生きてたジレット隊長に、トール達の師匠格、さらにジレット隊に紅チャイカに黒チャイカ
 キャラが押し合いへし合う場内!
 次回、楽しみ!

 次回、第7話「黒い思惑」