GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

ライトニングバックウェポンシステム HGBC-15 ランナー構成 [ガンダムビルドファイターズトライ]

背中3mm穴で「合体」! その為のバックパック部品も付属するガンプラ

イメージ 2

イメージ 8

 HGBC-15 1/144 ライトニングバックウェポンシステム (ガンダムビルドファイターズトライ)

■「完成形」のアイテム
 小型ランナー4枚とホイルシールで構成され、ポリキャップや軟質樹脂は使用していません。
 別売「ライトニングガンダム」を、完成形にする追加キット。

 背中に3mmの穴があれば、他のガンプラにも「背負わせる」事が可能

 単独では飛行機のようですが
 機首パーツを分離し、シールドとして装着できるようになっています。

 ガンダムBFTでは第5話「憧れと挑戦を胸に」から登場し、ライトニングの性能を向上させました。

背中3mm穴が無いガンプラでも、一部に装備可能な「部品」

イメージ 6

イメージ 7

 背中への装着は「3mmのピンを使う」、いわゆるストライカーパックと同様の接続方式。
 そのアタッチメントとして、交換バックパックが付属。

 バックパック分の厚みは出来ますが、比較的スマートに装着で出来ます。

※既存のアタッチメントの場合
 胴体と腰の間に挟みこむ方式だったので、それと比べるとまとまりが良く感じます。

 画像では、HGAW ガンダムダブルエックスに、HGBFのベアッガイⅢ「リボンストライカー」を装備。

シールは数枚程度

イメージ 5

 キャノピーは、周囲と同じライトブルーで成型されているので、シールを貼って補色します。
 Z系を思わせるアクセント、黄色の小さいシールも付属。

ランナースイッチなし、「機体説明」は箱側にのみ掲載

イメージ 3

イメージ 4

 G1&G2(ダークブルー)
 G3(ダークブルー)、H(ライトブルー)、ホイルシール

 ランナー番号はライトニングからの引継ぎで、実質「大ランナー二枚分足らず」のシンプルな内容。

 比較的売れる「主要機」なのも加味すると
 800円は割りと強気な価格ですが、乗り換えタイミングがいつになるかも気になりますね。

ユウマ『もう一度挑戦するんだ……、僕の技術の粋を集めたガンプラで!』

イメージ 1

 模型の完成度を競う「アースティックガンプラ」を優勝したライトニングを、更に性能向上させた。
 第5話時点では未使用ですが、ミサイルは「ビームキャノン」に変更可能。

 ビームキャノンは、ライトニングの両肩にも装備可能
 MS形態での火力向上も狙えます。

 リ・ガズィのBWSが元ネタなので、同様に「ガンプラを、巡航形態に変形させる」事が可能。