GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

異能バトルは日常系のなかで 第4話「奇行 -カプリシャスレディ-」感想、寿来くんアウト! 千冬ちゃん回

小学生が混ざってる理由。寿来、プライド切り売りの千冬&円ちゃん回!

イメージ 24

イメージ 19

 千冬がなんで文芸部に入ったのかと、彼女の「小学校での」日常を掘り下げた第4話。
 大地さんの絵コンテゆえか、キャラの動きがめっちゃ可愛い!

 ――――俺はロリコンなんだ!

これはひどい
 しかしアレだ「自分のプライドを捨てて、仲間の居場所を作る」のは定番の展開ですが
 寿来、それはフツー速攻で通報ですよ?
 事態悪化ですよ?

 アホだアホだとは思ってましたが、まさか、ここまでアホだとは!(褒め言葉?)

千冬『やっぱり安藤はちょろ、いや優しい………』

イメージ 2

 寿来、ちょろい(確信)。

■千冬の奇行
 小学校を辞めたいと言い出した千冬、その理由は、皆と一緒に高校に通いたいからだという。
 高校に行きたがる千冬は、親友の九鬼円と大喧嘩になってしまい
 異能を口外できず仲違いしてしまった。

 寿来の社会的立場を犠牲に、仲直りできたのだが
 異能の事を秘密にして暮らすのは、辛いのではないかと文芸部は心配する。

 でも異能があるから楽しいし、それに「寿来は永遠の中二だから、後四年で追いつける」と千冬は微笑む。

 次回、第5話「厨二 -センシティブエイジ-」

寿来『そうかぁ、じゃあ九鬼ちゃん、これからも千冬ちゃんの事、よろしくね』

九鬼『あ、あなたに言われなくても解ってますっ!』

イメージ 3

イメージ 4

 今週のキルラキル成分、回収。

■その名は九鬼
 小学校を辞めたという千冬に、寿来は慌てて小学校まで運んでいった。
 そこにいたのは、千冬を心配する小学生

 九鬼円<くき まどか>だとぉぉぉぉぉぉぉぉ!? 超! かっけぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇッ!

 町名としても実在する苗字、九鬼。
 そして円、まどか。

 あまりにカッコイイ名前に悶絶する寿来………。ともかく、そんな初対面であった。

寿来『千冬ちゃんの異能があれば―――――! コスプレ、し放題じゃね?』

灯代『ド・シリアスな空気作って、言うことがそれかぁ!』

イメージ 5

イメージ 27

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 26

 かくて、ブラック・ヒストリーがまた一つ。

■寿来、ひらめく
 千冬のただならぬ雰囲気はさておき、彼女の「創造」で遊ぼうと思いつく寿来。
 当初ドンビキこそしたものの、女性陣もノリノリ。
 特に灯代な!

 記念、記念写真とって、みんなで撮った写真、まだ一枚も無いから――――。

 にしても寿来、ところどころ妙に可愛い。
※男です。

 メイド、ブルマー、太陽<ザ・サン>、拘束衣、ビキニアーマー……、うんまあノリノリでなにより。

里見詩春先生『千冬、お前、きょう学校早退したらしいな?』

イメージ 8

 九鬼、通称「くっきー」なのか……。

■けんか
 そうこうしていると顧問で千冬の親類である、里見先生により、千冬が早退していたと判明。
 かたくなに「小学校に行きたくない」らしい千冬。

 安藤たちと遊ぶな、もう高校に行くのは止めたほうが良いって………。

 親友の九鬼と、文芸部のことでケンカになったらしい。
 当たり前といえば当たり前。

 その仲裁に、寿来は半ば強引に駆りだされる。全裸で。

『タイトルがエ.ロそうだったから録画しといた、深夜映画でも見ようっと♪』

千冬『―――安藤、タイトルがエ.ロい深夜映画みるの?』

イメージ 9

 なお寿来、「姉ちゃん遅くなるって言ってったっけ~」だそうで、半裸で鼻歌を歌っていた。
 が、千冬が現れてしまった、と。

 というか、この物言いからし「寿来って両親がいない」のでしょうか?

 この少年ノリノリである
 作画、動画に至るまでノリノリすぎである

九鬼『ちーちゃん! やっぱりこんな人と一緒に遊んじゃダメだよぉ!』

イメージ 1

イメージ 10

イメージ 11

 が、パンツ一丁略してパンイチのまま小学生の自宅にいる、というフレキシブルな高校生の存在に
 くっきーをますます警戒させる事に。

 安藤たちじゃないと、解らないこと、あるから――――。

 異能仲間として、「文芸部」から離れられない千冬だったが
 異能の事は口外できず、仲違いに。

 単純に、“自分より高校生の方が好きなんだ”と誤解した九鬼円と、決定的な仲違いをしてしまう。

『私が、九つの首を持つ鬼を、本来の姿に戻してさしあげましょう―――』

イメージ 14

 エス・ユア・ハイネス(了解です、お姫様)。今週はコードギアスのネタ多目。

■時には騎士の様に
 大切な友達と仲違いしてでも、「異能」を口外しなかった千冬に
 寿来は礼を言い、そして仲直りを約束する。

 くっきーの代わりはいない……、仲直り、できないのかなぁ……

 可憐な姫の為に、ナイト寿来は命をかける!
※ただし社会的な意味で。

鳩子『どんなものでも直せるんだよ、だから大丈夫だよ』

イメージ 15

 騎士寿来の出撃中、千冬は、ほつれてしまったぬいぐるみを鳩子につくろって貰う。
 どんなものでも、ぬいぐるみだって「友達との仲」だって
 きっと直すことが出来る。

 ケンカする程、仲が良いだよ――――。

 でも鳩子は、「ケンカするほど仲が良い」に微妙な声音。
 きっとコスプレパートの視線と同じ。

 寿来のケンカ友達になってしまった灯代に、ジェラシーを抱いているらしい描写も。

寿来『―――でも、隠し事の一つや二つあるもんだろう?』

九鬼『私はイヤなんです、ちーちゃんにウソや隠し事されたりするのが…』

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

 cv加藤英美里さんは良いものだ。

ウソを誤魔化すなら
 寿来は、一般論でまどかを諭そうとしたものの、「千冬に関してだけはイヤだ」と、まどかは断る。
 まどかちゃん、理屈が完全に「おかあさん」のソレである。 

 ――――俺はロリコンなんだ!

 その結果、寿来のスーパーロリコンタイムが始まってしまい
 まどかちゃん大混乱!

「言いたくないのも解る」と思って貰えるようなウソ、それにしたって寿来、身体張りすぎだ寿来!

九鬼『ごめんなさい、ちーちゃんが安藤さんの面倒見てあげてるなんて…』

千冬『くっきー……、これからも千冬のこと、いっぱい世話してね?』

イメージ 19

イメージ 20

 折りよく、里見先生に連れられた千冬も現れ、そんな理由なら言えなくて仕方ないと納得
 小学生二人は、涙ながらに和解する。

 まったく小学生は最高だぜ!

 いい話風にまとめてますが、もし先生がくるのが早かった場合、寿来くん死んでたよ!?
※社会的に。

 また、千冬が文芸部に通っていること自体
 親類である先生が、忙しさのあまり世話を押し付けてきた結果、馴染んでしまったせいだったらしい。

灯代『あー? ロリコンナイトが来たわよぉ?』

寿来『誰がロリコンナイトだ!』

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

 オマケ程度に出てくる会長がクッソ可愛い。

■永劫不変
 一件落着した千冬は
 そも、「高校に転校しよう」とした事自体が、文芸部に居たいからだったと告げる。
 良かった! 家庭崩壊なんていなかったんですね!

 あと四年、そしたら安藤と同じ中二。だって安藤はずっと厨ニだから――――♪

 でも大丈夫
 もうちょっとしたら安藤に追いつくから♪

 永劫不変の中二病、安藤は千冬の言葉にカッコ良く応じるのだった――――。

予告千冬&灯代『なるほど、灯代は多感なお年頃』『やめてよ恥ずかしい!』

イメージ 6

イメージ 15

イメージ 12

イメージ 13

 え!? 次週は彩弓さん回じゃないんですか!? それってひどくない!?

■友達と恋心
 予告どおりの千冬回でしたが、間に挟んだコスプレは必要だったのでしょうか?
 いやもちろん、めっちゃ可愛かったですが!

 なんて思ったら。
 その時の、意味深な鳩子の視線と
 ぬいぐるみ直しのシーン、「ケンカするほど仲が良い」が重なる演出だったっぽい。

 てな訳で、寿来×灯代の雰囲気が上がってきたところで
 次回は灯代回って訳ですね。
 多分。 

 次回、第5話「厨二 -センシティブエイジ-」


■制作スタジオさんが同じ
 キルラキル 放映終了、感想まとめ